◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆(,,゚Д゚)「もしもし○○?今すぐ来て!」~助け屋ギコ~のようです 四日目 午後

(,,゚Д゚)「もしもし○○?今すぐ来て!」~助け屋ギコ~のようです インデックスページ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 21:47:40.08 ID:M3iCJ71s0
立ったら投下しましょうか

まとめは、ブーン速。さん、面白蛇屋さん、ブーンがまとめブログを武器にさん、そしてくるくるくーるさん

…夏ですね!
自分の産まれは、蛍と蛙だらけのド田舎です
…どーでもいい話でした


…では、いきましょう



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 21:50:21.73 ID:M3iCJ71s0
困った時は助けを呼ぼう。
電話のボタンをプッシュして、あの番号にかけるんだ。
彼が出たらこう言うのさ。

「もしもし○○ですか?今すぐ助けに来てください」

…ってね。
安請け合いな彼を優しいと思うか、愚かだと思うかはあなた次第。
しかし、知り合いに居て楽しい奴だとは思うよ?


(,,゚Д゚)「もしもし○○?今すぐ来て!」~文芸部ギコ~のようです


四日目 午後
『件を殺せ!切なさ炸裂アドベンチャー?』



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 21:53:12.08 ID:M3iCJ71s0
どこかの世界の、いつかの時間。
とある国の、とある町の、とある公立高校の体育館。
その物置っぽいスペースで、ギコール・ハニャーンは戦々恐々としている。

(,,;Д;)「ねぇー、やめようよー。今なら間に合うってー…」

ミセ;゚ー゚)リ「ここまで来てやめられるわけないじゃないですか!!」

薄暗いその場所。
目の前には蓋のされた壺。
響くはすすり泣き。

(,,;Д;)「いや、マジでこれはなんか入ってるってー。なんか、俺の霊感がビシビシと……」

ミセ#゚д゚)リ「適当なこと言わないでください!『霊感がある、なんて言う奴は八割嘘』ってお兄ちゃんが言ってました!!」

ミセリ・M・ツリーは普通の人間だ。
恐い話は大好きだが、信じてはいない。
そんな2人を尻目に人外と人外もどきはこっそりと会話する。



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 21:56:13.73 ID:M3iCJ71s0
(-@∀@)「…これはいるね」

( ^Д^)「ええ、いますね」

(#゚;;-゚)「いるに違いありません。間違いないのです」

(-@∀@)「…恐くない?」

( ^Д^)「どうでしょうねー…。自分達からして見れば、あなたみたいな『イレギュラー』の方が恐いですけど」

(-@∀@)「……気にしてるんだけどなー」

中性的な容姿の朝比奈そよ、もといアサピーは、大変特殊な体質だ。
簡単に言えば「化物っぽい人間」である。
いや、「人間っぽい化物」の可能性もなくはないのだが。

大して違わない?…いや、大きな違いである。
…たとえるならカレー味の(ry



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 21:59:17.91 ID:M3iCJ71s0
ミセ*゚д゚)リ「ええーい!ままよ!!」

(,,;Д;)「ああぁあぁ!!」

堂々巡りの議論に飽きたのか、ミセリは勢い良く壺を開けた。
…何かお札的なものが貼ってあった気がするが……
気のせいだ。気のせいに違いない。気のせいだと信じよう。

…壺の中、あったのは巻物だった。
いつの間にやら鳴き声もパタリと止んでいる。

ミセ;゚ー゚)リ「…巻物?」

ミセリは後先考えず、とりあえず開いてみることにする。
…こういう場合、最初に開いた奴が呪われるって定番を知らないのか。

(,,;Д;)「…日本語?アサピー、読める?」

(-@∀@)「読めるけど……、読みたくないなぁ。呪われそう」

( ^Д^)「……ヘタレめ」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:02:14.34 ID:M3iCJ71s0
流石、腐っても朝比奈家。
自分が不幸になりそうな選択はしない。
…長い巻物をどんどん広げて行くと、絵が描いてあるのを見つけた。
それを見たプギャーが一言。

( ^Д^)「あー…、これは確かに封印したくなりますねー……」

(-@∀@)「…なるほど。確かに」

(#゚;;-゚)「不吉ですね、不吉なのです」

オカルトに詳しい2人が同意。
気になったギコは、絵を覗き込む。
そこに描かれていたのは――

(,,゚Д゚)「…件だ……」

――顔が人で、身体が牛。
人の言葉を話し、予言をすると言われる妖怪、「件」だった。



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:05:11.81 ID:M3iCJ71s0
……………


「件」は日本では知名度の高い妖怪だ。
絵にも描かれるし焼物にも描かれる。厄除招福になるとされているからだ。
人の言葉を話し、予言をすると言われる妖怪。
…しかし予言を聞きたくない場合は殺してしまうこともあるらしい。

まぁ、知名度の割には二次創作で主役になることは少ないが……
…それでも、「件」の少女が主人公のライトノベルや「件」の雌がヒロインのゲーム(18禁)などもあることはある。
乳がデカイ。牛だから。

ちなみに、「因って件の如し」という慣用句の説明が、
「件の予言が外れないように~~」と実しやかに説明されることがあるが、これは間違いである。
豆知識。



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:08:14.51 ID:M3iCJ71s0
…しかし、なんにせよ、知名度が高いわけなので。

( ^Д^)『乾坤屯蒙需訟師比小畜兮履泰否……』

(;゚Д゚)「ちょっと、ストップ!!八卦使って封印し直そうとするのは止めて!!詠唱ストップ!!」

(# ;;-)「当主様……。あなたの言いつけを守らず、手を汚してしまう愚かな家臣をお許しください……」

(;-@∀@)「爪を伸ばすな!それで切り裂くつもりか!?細切れにするつもりなのか!!?」

ミセ;゚ー゚)リ「……?」

…プギャーもでぃも、余計な予言を言われる前に抹殺しようと必死である。
まさしく「件を殺せ」だ。容赦がない。
ミセリはポカーンとしているが、それは見えていないからだ。
霊力によって伸びた爪とか、周囲に浮かぶ八卦の文字とかが。



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:11:12.11 ID:M3iCJ71s0
( ^Д^)「いや、だってご主人。余計なこと言われる前に……」

(,,;Д;)「それにしたって酷いだろー!」

(#゚;;-゚)「当主様はよく言っておられました。『人間須らくエゴイスト。一殺多生こそこの世の真理』と」

(;-@∀@)「確かにお兄ちゃんそういう人だけど!!」

なんとか人外2人を止める。
その時だ。

( "ゞ)「…100年振りの、景色だ……。新世界に乾杯…」

…巻物より、件が登場。どっかの三世みたいな台詞を言いながら。
まさしく妖怪としか言えない妖怪を見て、ミセリは、



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:14:14.42 ID:M3iCJ71s0
ミセ*゚д゚)リ「妖怪だー!!!」

(;"ゞ)「え?ええ?」

ミセ*^ー^)リ「凄い!妖怪だ!写メ撮ろう!!」

…何故か、超喜んだ。
霊感がない人間にとって分かりやすい「0の世界」の住人である妖怪は、一種の夢のようなものなのだろう。
…ちなみにたとえ見えても写真には写らない。
ミセリに身体中をペタペタ触られている件は、戸惑いぎみだ。

(;"ゞ)「くっ…。あまりにも長い間封印され続けたせいか、磁場のせいか、上手く身体が隠れない……」

ミセ*゚ー゚)リ「凄いなー。ホントにいたんだー」

(;"ゞ)「…そしてこのお嬢さんは、なんでこんなに喜んでいるのだろう……」

( ^Д^)「さぁ?」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:17:12.06 ID:M3iCJ71s0
……………


とりあえずミセリが落ち着くまで待ち、話を聞くことに。
高校生が牛男の周りを囲む光景は実に奇妙奇天烈だ。

( "ゞ)「私は…、もともと武士だったのだ」

件こと、「関ヶ原」さんは語りだす。
本人曰く「デルタ」と呼んで欲しいとのこと。ペンネームらしい。

( "ゞ)「…しかし主君を裏切ったり、その他諸々の悪いことをした結果、罰としてこのような姿に変えられてしまった……」

( ^Д^)「へぇ。輪廻転生が本当にあったとは驚きですね」

( "ゞ)「いや、私の場合は特殊なパターンだ。参考にはなるまい」

そう言いデルタは溜息をつく。

( "ゞ)「…だが予言は当たらないわ、封印されるわ、女子高生にキャーキャー言われるわ、踏んだり蹴ったりだ……」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:20:27.17 ID:M3iCJ71s0
ミセ;゚ー゚)リ「ごめんなさい……」

( "ゞ)「気にしてくれるな。少し吃驚しただけだ」

また、溜息。
他人に不幸を呼び込むとも言われる彼が、一番不幸にも見える。
…こんな可哀想な人間をギコール・ハニャーンが放っておくわけがない。

(,,゚Д゚)「じゃあ、自分は召喚師なんで、俺の仲間になりませんか」

( "ゞ)「なに…?」

(,,^Д^)「いやー、やっぱ、1人は寂しいじゃないですか。人も、妖怪も、それは同じですよ」

辛い経験をしたから、人の気持ちが分かる。
自分が寂しいから、他の誰かに優しくできる。
…ギコール・ハニャーンは、そういう人間だ。



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:23:14.60 ID:M3iCJ71s0
( "ゞ)「……なら、お願いしようかな」

(,,^Д^)「ギコハハハ!こちらこそ、よろしくお願いします!!」

握手っぽいこと(デルタは蹄なので握手できない)を交わす2人。
…そして、面倒ついでに、と付け加えて件は言うのだ。

( "ゞ)「…少し、頼み事をしてもよろしいかな?」

(,,゚Д゚)「もちろん!仲間ですから!!」

安請け合いだ。
手に負えない頼みだった場合、どうするのだろう。
デルタは遠慮がちに、ぼつぼつと話し出す。

( "ゞ)「…頼みとは、私の子孫のことだ」

(#゚;;-゚)「子孫…、ですか……」

( "ゞ)「私が誇れる数少ないこととして、槍の名手だったことがある。そして、独自の流派を作ったのだが……」



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:26:20.02 ID:M3iCJ71s0
(-@∀@)「…それが今どうなっているか、ってことですか?」

( "ゞ)「そうだ。廃れたならばそれでよい。…しかし、自らの子孫はやはり気になる」

彼を除き全員、子供はまだいない。
親心はよく分からないが、多分、そんなものなのだろう。
それを快く承諾したギコは携帯に手を伸ばす。

(,,゚Д゚)「…よし、こういう場合はあの人だ!」

かけるは電話。
…今日は、召喚でもなんでもない、ただの電話だ。

ちなみにギコの召喚術には2通りある。
レベル1…任意の相手に自分の居場所を伝える。
レベル2…任意の相手を自分の周辺にテレポートさせる。
…レベル2の方が召喚っぽいが、まず使わない。
なぜか。疲れるから。ヘタレだ。



25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:29:20.62 ID:M3iCJ71s0
どれくらい疲れるかと言えば、そうだな……
100メートル全力疾走>>レベル2召喚>>>自慰行為。……うん、これぐらいか。

プルルルル プルルルル …ガチャ

『はい、ペニサスですけど』

(,,゚Д゚)「もしもし、ペニサスさん?今すぐ調べて欲しいことがあるんだけど」

『…でもお金がなー……、身体で払う?』

(;゚Д゚)「えっ、いや、その……」

『…若い男性の内臓器官は高く売れるわよ』

…恐ろしいことをサラリと言う女である。伊藤ペニサス。
仕事上洒落にならないから怖い。
…そんな彼女は突然声音変えて、笑う。



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:32:14.65 ID:M3iCJ71s0
『…フフ。冗談よ。私がギコちゃんにそんなことすると思う?』

(;^Д^)「ですよねー」

( ^Д^)「(やりそうだから怖いんだよ、この無駄巨乳め)」

『…ギコちゃん、近くにあの烏ちゃんが居たら、塩かタレかどっちが好きか聞いといて』

(;^Д^)「!?」

…嗚呼、焼き鳥にするつもりである。
やるやらない、謝る謝らない、ではなく既に味の相談に入っている。怖い。
…まぁ、なんだかんだで、問題は解決に向かっていく。
いつものことだ。



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:35:16.96 ID:M3iCJ71s0
……………


ミセ*-ー-)リ「うぅん……」

…前半ハシャギ過ぎたせいか、話の途中で寝てしまったミセリ。
ギコ達は子孫を探しに行ったので、今体育館にいるのは彼女とデルタだけだ。
…目を覚まし、起き上がり、辺りを見回す。

ミセ*゚ー゚)リ「…アレ?皆は?」

( "ゞ)「ちょっと野暮用でね」

ミセ*゚ー゚)リ「そっかー…」

もう一度、寝そべる。
デルタはのん気に「生活の水準が良くなると女子の発育もよくなるものなのだな…」と馬鹿なことを考える。
…まぁ、確かにそうなのだが。



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:38:16.63 ID:M3iCJ71s0
ミセ*-ー-)リ「…ねぇ、牛さん。人を好きになったこと、ある?」

( "ゞ)「私は妻帯者だ。…もっとも、妻はとっくの昔に死んでしまっただろうが」

ミセ*-ー-)リ「…ふーん。寂しいね」

( "ゞ)「……そうだな」

遠い、遠い輪廻の果てに置いてきた、妻と子供のことを考える。
…次に死んだら、ちゃんと謝りに行かないとな。
そんなことを彼は思っている。

ミセ*-ー-)リ「…私ね、好きな人がいるんだよ」

( "ゞ)「そうか。良いことだ。…相手は、あの朝比奈という子か?」

ミセ*゚ー゚)リ「うん。そう。…私を救ってくれた、大事な人。よく分かったね」

( "ゞ)「…男児たるもの、女子の目線にはいつも気を配るものだ」



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:41:15.21 ID:M3iCJ71s0
…正直言って、他人の恋路にはなんの興味もないが、しかしここはそういう場面ではない。
多少なりとも相手に合わせようとするのが、日本人的「奥ゆかしさ」なのだ。

ミセ* -)リ「…昔って、身分差とか厳しかったんでしょ?」

( "ゞ)「ああ。…それで死んだ奴も、幾人かは知っている」

ミセ* -)リ「…でも、禁断の愛だとしても、好きな気持ちには変わりはないよねー……」

( "ゞ)「………」

ミセ* -)リ「…たとえ、一生振り向いてくれないとしても……関係…ないよね……」

くー、とそのまま眠りに落ちるミセリ。
再び1人の孤独が満ちる。

( "ゞ)「…なるほど、な……」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:44:18.61 ID:M3iCJ71s0
…デルタは、分かってしまった。
彼女の抱える問題。そして、彼女の未来が。
予言などくだらない能力だ。
…彼は、いつもそう思う。

( "ゞ)「………」

彼はあの占い師疋田退とは違う。
ただ殺し合いで負け、死に、この姿になっただけ。
それ故に悲しい。
「未来は変わる」と、断言できないのが。

絶対的な実力と、小賢しい策略が実を結ぶ世界。
「運命」という言葉を辞書で引けば、こう記されている。
「人の意思に関わりなく巡る吉凶禍福。それをもたらす人間の力を超えた作用」
なら……



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:47:12.43 ID:M3iCJ71s0
( "ゞ)「もしかすると……」

頭に浮かんだ嫌な考えを振り払う。
それが真理だとすれば、世の中などなんと無常なことか。

…そこまで考えた時、体育館の扉が開いた音がした。
どうやらギコが帰ってきたらしい。
…誰かを連れているようだ。


……それを見てデルタは思い直すのだ。
自分が不可能と思い込んでいたことを、あっさりやり遂げた彼の、彼等の笑顔を見て。

( "ゞ)「…若者が持つという、『無限の可能性』とやらに賭けてみるか」

…賭けの行方は、誰も知らない。



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:50:14.04 ID:M3iCJ71s0
四日目 午後 終



他人の色恋沙汰に手を出す奴は馬に蹴られて死ぬと言うが、依頼ならばそうは言っていられない。
依頼者は美少女。これだけでもモチベーションが上がるというもの。
しかし夫婦の仲を取り持つなんて、そんな繊細なことができるのか……!?

…それはまた、次のお話であるのだが。



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/07/18(土) 22:53:13.50 ID:M3iCJ71s0
ご支援ありがとうございました
質問あれば答えましょう

…温泉旅行が完結してる……
寂しいぜ
ああいう自分には絶対書けない話は好きですね
この作品も、ほのぼのと見せかけあと3話分ぐらいガチな中二バトルがあるので

…では補足説明的番外編でも
てかこれ、これだけ別でまとめるべきかもしれませんね
じゃ、行きましょう




インデックスページへ/次の話へ

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。