◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆(´・ω・`)は青春と共に在るようです その2

前の話/インデックスページ/次の話

3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 20:46:13.55 ID:LHBvjjefO

(´・ω・`)「ふぅ…」

(´・ω・`)「張り切って1時間も早く着いてしまうとは…」

正直、わくわくしてまったく寝れなかった。
目的はどうあれ、女の子とふたりきりで出かけるなんて初めてだったし、しかも相手は意中の人だ。
柄にもなくオシャレなんかしちゃってさ。
いま思えばかわいいもんだけどね。



4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 20:48:01.58 ID:LHBvjjefO

(´・ω・`)(流石に1時間は早く来すぎたか…)

(´・ω・`)(しょうがない。校舎内でもぶらついて時間を…)

(*゚ー゚)「ショーボーンくーん!」

(´・ω・`)「うわッ!しぃ!もう来たの?」

(*゚ー゚)「そういうショボンくんこそ。まだ1時間前だよ?」

(´・ω・`)「いや…まぁそうだけどさ」

(*゚ー゚)「ふーん。ま、いっか。1時間も待たなきゃいけないかと思ってたけど、ちょうどよかった!」

(*゚ー゚)「んじゃ、早速行きますか!」

(´・ω・`)「あ…うん」



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 20:50:10.74 ID:LHBvjjefO

(´・ω・`)「で、どこに買いに行くの?」

(*゚ー゚)「とりあえず雑貨屋です」

(´・ω・`)「雑貨屋?」

(*゚ー゚)「そう!雑貨屋はいいわよ。その名の通りいろいろ揃ってるからねー」

(´・ω・`)「なるほど…」

(´・ω・`)(しかし…)

(*゚ー゚)~♪

(´・ω・`)(初めて見たけど…私服、かわいいな…)



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 20:51:01.95 ID:LHBvjjefO

(´・ω・`)(休日のクラブでも、面倒だからって制服しか着てこなかったし)

(´・ω・`)(制服は制服でいいんだけど、私服がこんなにかわいいんなら毎回着てきて欲しいな…)

 ……ンくん……ボンくん………

(´・ω・`)(いや、やっぱり学生だけが着る特権を持った制服だからこそ…)

(*゚ー゚)「ショボンくん!」

(´・ω・`)「えっ…うわッ!!」

  ガッシャン!!



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 20:53:27.67 ID:LHBvjjefO

(;´-ω・`)「う…痛…」

(*゚ー゚)「ちょっと!大丈夫!?」

(;´・ω・`)「くう…なんでこんなとこにデッカい段差が…」

(*゚ー゚)「だから言ったじゃん!そこは危ないって…それなのにボーッとしてさ…」

(´・ω・`)「ほんとに?…ちょっと考えごとしてて聞いてなかった…」

(*゚ー゚)「まったく…ほんとショボンくんはどっかヌケてるよね」

(´・ω・`)「全部ヌケてるきみに言われたかないよ」

(#゚ー゚)「だっかっら、ひっとっこっとっ多いよッ!」

(;´・ω・`)「いたいッ!膝の裏をツネるなー!」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 20:55:07.69 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「さぁて、着いたよー」

(´・ω・`)「おぉ、結構デカいね」

(´・ω・`)「雑貨屋・冷米…か」

(´・ω・`)「こ…米?なんで米なんだ?」

(*゚ー゚)「さぁ?私はお米も売ってるからだと思ってるけど…」

(;´・ω・`)「米売ってるの!?何その雑貨屋!?」

(*゚ー゚)「うん。別にお米買いに来たことないから気にしてなかったけど…」

(´・ω・`)「世の中にはまだまだ僕が知らないことが多いんだな…」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 20:58:49.04 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「ま、それはいいじゃん!私、ここの常連だから店長と仲良いの。店長にも手伝ってもらいましょ!」

(´・ω・`)「常連なら、店長に米について聞いたことないの?」

(*゚ー゚)「うん」

(´・ω・`)(やっぱりヌケてるよな…)

カラカラン

川 ゚ -゚)「む、しぃちゃんじゃないか。いらっしゃい」

(*゚ー゚)「クーさん!お久しぶりです!」

川 ゚ -゚)「確かに久しぶりだなここしばらく見なかったが…」

(*゚ー゚)「受験があったんで…合格の報告も電話でしただけでしたし…」

川 ゚ -゚)「いや、構わんさ。改めて合格おめでとう」

(*゚ー゚)「ありがとうございます!」



10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:02:31.38 ID:LHBvjjefO

川 ゚ -゚)「それはさておきだな…」

川 ゚ -゚)゛チラッ

(´・ω・`)

川 ゚ -゚)「受験勉強だけじゃなくて恋のお勉強もしてたのかな?ん?」

(*゚ー゚)「え?いや…ちが」

川 ゚ -゚)「あんなに純粋だったしぃちゃんも…大人になってしまうんだね。嬉しいような、悲しいような…」

(*゚ー゚)「違いますよ!ショボンくんとはただの部活仲間です!今日はショボンくんの先輩の誕生日プレゼント選びを手伝いに来たんです!」

川 ゚ -゚)「む、なんだそうなのか。」

(´・ω・`)(ただの部活仲間、か…)



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:04:45.58 ID:LHBvjjefO

川 ゚ -゚)「まぁいいや。ショボンくんと言ったな。店長のクーだ、よろしく」

(´・ω・`)「あ、どうも。しぃの部活仲間のショボンです。よろしくです」

川 ゚ -゚)「うむ。えーっと…先輩のプレゼントがどうとか言ったな。先輩は女か?」

(´・ω・`)「はい」

川 ゚ -゚)「女の子ならやっぱり…しぃちゃん、わかるよな?」

(*゚ー゚)「はい!女の子へのプレゼントと言えば!」

川 ゚ -゚)(゚ー゚*)「せーのッ!」

川 ゚ -゚)「ぬいぐるみッ!」
「ジュエリー!」(゚ー゚*)

(´・ω・`)「え…」

(*゚ー゚)「あれ?」

川 ゚ -゚)「…なんと」



13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:09:29.08 ID:LHBvjjefO

川 ゚ -゚)「しぃちゃん…ジュエリーって…」

(*゚ー゚)「だって!テレビとかで男の人が女の人にするプレゼントって大体宝石ものですよ!」

川 ゚ -゚)「いや…それは恋人の場合だろ、常識的に考えて…」

(*゚ー゚)「えー…けど、私、ジュエリー貰ったら嬉しいですよ?」

川 ゚ -゚)「そりゃ嬉しいかもしんないけど…学生なんだから…」

(*゚ー゚)「あぁ!金銭的な問題ですね!」

(´・ω・`)「それだけじゃないけどね」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:10:22.86 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「むぅ…じゃあ私の案は却下か…」

(´・ω・`)「当たり前だよ…まったく…バカなんだから」

(*゚ー゚)「またバカって言ったなー!」

川 ゚ -゚)「いや、さすがにバカだと思うよ、うん」

(*゚ー゚)「クーさんにまで…トホホ…」

川 ゚ -゚)「ま、そこがしぃちゃんの愛嬌でもあるんだ。深く気にするな」

(*゚ー゚)「はぁい…」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:12:52.62 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「さて…プレゼントも買えたし…目的達成っと」

川 ゚ -゚)「しかし…本当にそのぬいぐるみでよかったのかな?」

(´・ω・`)「はい。普通にかわいいのあげたら文句言いそうな人なので」

カラカラン

lw´‐ _‐ノv「おいーっす」

(´・ω・`)「え…シューさん」

(*゚ー゚)「あら…」

川 ゚ -゚)「いらっしゃ…なんだシューか」

lw´‐ _‐ノv「いかにもシューでございやす」

(*゚ー゚)「…え?知り合いですか?」

川 ゚ -゚)「知り合いも何も…シューは私の妹だが…」

(*゚ー゚)「えー!?ほんとですか!?」

(´・ω・`)「すっごい偶然…」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:19:15.84 ID:LHBvjjefO

lw´‐ _‐ノv「ふはは。妹だぞ。まいったかこのやろう」

川 ゚ -゚)「姉の前なんだからちょっとはつつしんでくれ…」

lw´‐ _‐ノv「つつしむと思うてか!ワールドイズマイン!ふはは!」

川 ゚ -゚)「くっそう…妹が年々うっとうしくなっていく…はがゆい」

(*゚ー゚)「昔はおとなしかったんですか?」

川 ゚ -゚)「そう、昔は…昔は…いや、あんま変わりないわ…」

(´・ω・`)「ご苦労様です…」

lw´‐ _‐ノv「あれ?ワールドイズマイン…米ン…?ワールドイズライスン…?」



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:24:26.29 ID:LHBvjjefO

川 ゚ -゚)「ほう。するとシューはきみらの先輩なのか」

(*゚ー゚)「そうですよー」

川 ゚ -゚)「全然知らなかった…不思議な偶然もあるもんだな」

(*゚ー゚)「でも私、前にシュー先輩にココのこと話したことありますよ?なんでその時何も言わなかったんですか?」

lw´‐ _‐ノv「いや、姉が雑貨屋の店長とか死ぬほど恥ずかしいから…」

(´・ω・`)「そんなことないでしょ…」

川 ゚ -゚)「妹が米好きな変人な方がよっぽど恥ずかしいんだよ、シュー」

lw´‐ _‐ノv「面目ねぇズラ」



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:28:27.65 ID:LHBvjjefO

(´・ω・`)「あ…!あの、もしかして…」

川 ゚ -゚)「ん?」

(´・ω・`)「店名の米クールってまさか…」

川 ゚ -゚)「あぁ…シューが米を入れろってうるさくてな…」

(*゚ー゚)「ダダこねたんですか、シューさん」

lw´‐ _‐ノv「こねにこねまくったよ。泥団子のように」

川 ゚ -゚)「で、私の案であるクールって店名と合わせよう、ってことになって」

川 ゚ -゚)「米クールはださいから冷米にした。自分でも後悔してる」

lw´‐ _‐ノv「補足だが、米を売る方針も私のダダだ」

(*゚ー゚)「言わずもがなです」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:30:50.56 ID:LHBvjjefO

lw´‐ _‐ノv「まぁこんな絵にも描けないようなダメ人間な姉だが、よろしく頼むよ」

川#゚ -゚)「それ絶対私のセリフだよな、なぁ」

lw´‐ _‐ノv「ぐへぇ…首はやめい、首は」

(;゚ー゚)「ク、クーさん落ち着いて…」

川 ゚ -゚)「あぁ…すまん…ちょっと久々のマイペースっぷりにイラッとしてしまった」

川 ゚ -゚)「とにかく、こんなやつだが愛想尽かさずついていってやってくれ」

(*゚ー゚)「はい!任せて下さい!」

(´・ω・`)「任せて下さいってのはちょっとおかしいけど…まぁ、わかりました」

lw´‐ _‐ノv「ふほほ」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:34:59.53 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「さーて…プレゼントも買えたし…帰りますk」

(´・ω・`)「あのさッ」

(*゚ー゚)「?…なぁに?」

(´・ω・`)「えーっと…その…」

(´・ω・`)(言うんだ…言うんだッ…)

せっかくふたりきりになれたんだ。
彼女と距離を縮める絶好のチャンス。
ここでそのままデート的なの流れにもっていくべきだ、と思ったんだ。
恋愛なんて真面目にやったことなかったからね。
僕にとっての最善はそれだった。



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:38:15.20 ID:LHBvjjefO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

从 ゚∀从「んだよお前ぇ!なかなか積極的じゃんかよ!ヒュー!」

(´・ω・`)「いやぁ、お恥ずかしい…」

从 ゚∀从「んでんで!どうなったのよ!デートにしゃれこめたのかよ!」

(´・ω・`)「いや…ほんとはさりげなく買い物に誘うつもりだったんだ…それならデートの誘いっぽくも聞こえないし」

从 ゚∀从「慎重だねぇ。まぁ急ぎ過ぎてもよくねぇしな」

(´・ω・`)「でしょ?…けどさ…」

从 ゚∀从「あ?…けど?」



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:41:47.88 ID:LHBvjjefO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

(;´・ω・`)(頑張れショボン!男だろ!バシッと決めろぉお!)

(*゚ー゚)「…ショボンくん…?」

(;´・ω・`)「しぃ!!」

(;゚ー゚)「は、はいぃッ!!」

(;´・ω・`)(買い物デートに誘うんだ!デートに、デートに、デートに…)

(;´・ω・`)「ぼ、僕と!」

(;´・ω・`)「僕とデートして下さい!」

(;゚ー゚)「は…え?デート?」

(;´ ω `)「――――――!!」

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

从 ゚∀从「“デート”、って言っちゃったんだな…」

(´・ω・`)「うん、言っちゃったの…」



27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:43:58.42 ID:LHBvjjefO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

(;´・ω・`)「いや!ちがッ!これは…その…あの…」

(*゚ー゚)「……………」

(;´・ω・`)(うわあああああ!!そりゃそうだよな!!急にデートとか言いだしたら気持ち悪いよなぁあああ!!)

頭が真っ白になった。
その時点での僕らはあくまで仲の良い部活仲間だ。
だのに急にデートなんて言ってしまったら…最悪その関係まで壊れてしまう。
なんてことを…激しい後悔が僕を襲った。



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:46:18.65 ID:LHBvjjefO

(;´・ω・`)(なんとかッ!なんとかうまく言いくるめなきゃ!)

(;´・ω・`)「いや…その…デートってのは…」

(;´・ω・`)「あ…デパート!デパートに行こうって言おうと思って…パが抜けちゃって…」

(*゚ー゚)「…つまんないよ」

(;´-ω-`)「…はい」

(;´ ω `)(もう…死にたい…)

こんなに自分を殺してほしいと思ったことはなかったね。
自分が焦るとここまでダメな人間とは思わなかった。
夢のような青春の日々がこんなくだらないことで終わってしまった…そう思ったよ。



30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:49:08.04 ID:LHBvjjefO

(;´-ω-`)「あう…あう…」

(*゚ー゚)「…はぁ…まったくショボンくんったら…」

(*゚ー゚)「いきなりデートなんて言われたらビックリするじゃない!」

(;´-ω-`)「ご…ごめんなさい」

(*゚ー゚)「やっぱりショボンくんは女心がぜんっぜんわかってないよ!」

(*゚ー゚)「よし!いいわ!今日1日、私とデ…デートしてッ、女心を学びなさい!」

(;´-ω-`)「はい…すみませんでし…」

(´・ω・`)「え?」



31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:50:35.56 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「さぁ、そうと決まれば遊ぶわよー!お金ある?」

(´・ω・`)「え…うん。一応プレゼント用に多めにもってきてるけど…」

(*゚ー゚)「よしよし!なら片っ端からデートスポットっぽいとこ回るよ!レッツゴー!!」

(´・ω・`)「え…う、うん!」

(;´・ω・`)(なんだこの展開…)

意味がわからなかった。
死んだと思った僕の青春が、なんとか息を吹き返した。
それどころか妙な方向に動き出した。
あまり腑に落ちなかったけど、とりあえず彼女とデートっぽい流れになった。
その事実はやっぱり嬉しかったんだけどね。



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:55:11.00 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「映画です。何見る?」

(´・ω・`)「やっぱ…恋愛映画?」

(*゚ー゚)「バカモーン!いきなり恋愛映画に手を出すやつがありますか!ここは手堅くアニメよ!」

(´・ω・`)「ごめ…いやアニメもおかしくない?」

(*゚ー゚)「わー!この服かわいいッ!ほしいなー!」

(´・ω・`)「か…買った方がいいの?」

(*゚ー゚)「ブブーッ!甘やかしたらダメよ!女はその気になれば、男の骨の随まで搾り取れる生き物なのよ!」

(´・ω・`)「えぇ…恐ろしすぎるよ、女性」

(*゚ー゚)「遊園地と言えばジェットコースター!!さぁ、乗りなさい!」

(´・ω・`)「しぃは乗らないの?」

(*゚ー゚)「私の失禁シーンが見たいのかしら?」

(´・ω・`)「あぁ…苦手なんだね、絶叫系」

楽しかった。
今でも鮮やかにあの日を思い出せるよ。
なかばしぃにペースを持って行かれてたけど、それも悪くなかった。
ほんとのカップルみたいだ、なんて自惚れたもんさ。



34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:56:31.20 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「あー!楽しッ!やっぱり遊園地はいいなぁ!」

(´・ω・`)「コーヒーカップとメリーゴーランドばっかり乗ってたじゃん…」

(*゚ー゚)「十二分に楽しいですよ!私は!」

(´・ω・`)「まぁきみがいいならそれで構わないけどさ」

(´・ω・`)「っと…もうこんな時間だ。閉園近いよ」

(*゚ー゚)「ほんとだ。楽しい時間はあっと言う間だねぇ…」

(*゚ー゚)「よし!最後はアレ乗ろッ!アレ!」

(´・ω・`)「アレ?」



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 21:57:33.17 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「わーい!」

(´・ω・`)「…」

乗ってしまった。
観覧車。
ふたりきりの空の密室空間。
しかも相手は意中の人だ。
思春期の僕にはたまらない状況だったよ。

(*゚ー゚)「やっぱり観覧車からの眺めは爽快だねー!」

(´・ω・`)「うん…」

(*゚ー゚)「ん?どったの?元気ないね」

(´・ω・`)「あ、うん…ちょっと疲れてさ…」

ほんとは緊張と歓喜が入り混じって落ち着かないだけだったんだけどね。
彼女といると不思議と疲れなんて感じなかったし。
恋は盲目だね、ハハ。



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:01:35.10 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「…ショボンくん」

(´・ω・`)「ん?」

(*゚ー゚)「私といると…疲れる?」

(´・ω・`)「…は?いや、そういう疲れじゃなくて身体的に…」

(*゚ー゚)「そうじゃないの」

(´・ω・`)「…ん?」

(*゚ー゚)「…少し、昔話になるんだけど…聞いてくれる?」

(´・ω・`)「え?…うん」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:03:17.96 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「中学生の時、私、一度だけ彼氏がいたことがあるの」

(´・ω・`)「…へぇ…」

少しショックだった。
彼女は一般的な目線から見てもそれなりにかわいい容姿をしてるし、性格も明るい。
だから恋人がいたことがあっても別段不思議じゃない。
けど当時の僕みたいに、恋愛経験の浅い人間からしたら、それは些細だけども衝撃な事実だった。

(*゚ー゚)「雰囲気が素敵な人でさ…クラスが同じ、ってこと以外関わりなかったんだけど…」

(*゚ー゚)「近づくために試行錯誤したなぁ。あの手この手で」

(´・ω・`)「………」

まるで今の自分だ、と思ったよ。
彼女も人並みに恋に苦労していたんだな、そう思った。
あと、そいつが羨ましいとも思ったけどね。



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:07:26.83 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「それでね、なんとか告白までこじつけて、付き合ったんだよ」

(´・ω・`)「お盛んな中学時代だねぇ…」

(*゚ー゚)「うん…けど1ヶ月でダメになっちゃった。だからなーんにもしてないよ」

(´・ω・`)「1ヶ月…早いね。なんかあったの?」

(*゚ー゚)「…彼が別れの理由に行ったの」

(*゚ー゚)「お前といると楽しい、けど疲れる。って…」

(´・ω・`)「…………」

僕はその彼のことを知らない。
彼女が惚れた男だ。
きっと悪いやつじゃあないとは思った。
けど、なんか自分の好きな人を悪く言われてる感じでさ。
なんだかちょっぴりムカついたね。



41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:10:10.51 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「ねぇ、ショボンくん。私といると疲れる!?」

(´・ω・`)「え…」

(*゚ー゚)「確かに言いたいこと言う性格だし、声は大きいし、空気読めないけど…」

(* ー )「けど…けど…」

(*;ー;)「友達とか大切な人に、そんな風に思われて生きるのは…私、嫌なの…」

(´・ω・`)「しぃ…」

意外な一面だった。
あの底抜けに明るい彼女に、こんな弱々しい一面があるなんて。
恋愛初心者の僕には、どうすれば最善なのかはわからなかった。
だからとにかく、自分の思いを率直に伝えようと思ったんだ。



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:13:47.28 ID:LHBvjjefO

(´・ω・`)「そうだね…うん。疲れる。疲れるよ」

(*;ー;)「…………」

(´・ω・`)「しぃはバカだし、無知だし、マイペースだし、ウザい時もあるし…」

(*;ー;)「…う」

(´・ω・`)「きみの相手は実に疲れるよ。ツッコミ疲れる」

(*;ー;)「…うん………」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:15:45.48 ID:LHBvjjefO

(´・ω・`)「でもさ」

(´・ω・`)「それよりはるかに楽しいよ。きみの相手は。なんてゆうか…飽きない」

(*;ー;)「………!」

(´・ω・`)「きみの元彼もそんな気持ちだったんじゃないかな?ただ心の余裕がなかっただけで」

(´・ω・`)「だから僕から言わせれば…しぃといると…」

(´・ω・`)「疲れるけど、楽しい…かな」

(*;ー;)「…それじゃあ…一緒じゃん……バカ………」

(´・ω・`)「うん。けど、言葉の順序が逆になっただけで随分いいセリフに聞こえるでしょ?」

(*;ー;)「…うん………ありがと…………ショボンくん………」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:19:36.78 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「ふぅー…スッキリした」

(´・ω・`)「お疲れ様」

それ以上は何もなかった。
そのまま彼女とロマンチックな雰囲気で、観覧車の頂上でキス…みたいなことはね。
僕がカッコつけて終了です。

(*゚ー゚)「…ほんとにごめんね。いきなり泣いちゃったりなんかして…」

(´・ω・`)「うん。女の涙は武器、って改めて納得したけど」

(*゚ー゚)「だよねー。だから私、めったなことじゃ泣かないようにしてるんだ。卑怯だもん」

(´・ω・`)「そうなんだ…」

めったに見せない涙、とやらを僕の前で見せてくれたことがちょっぴり嬉しかった。
人の弱い部分を見るのは嫌いじゃない。
簡単に見せれるもんじゃないからだ。
それを見せるってことは、彼女が僕を信頼してくれてるからだな、なんて思った。



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:21:35.64 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「ショボンくんに女心のなんたるかを教えるためのデートだったのに…なんか私の話が中心になっちゃったね」

(´・ω・`)「いや…あれはあれで勉強になったよ、うん」

(*゚ー゚)「そっか。…でも良かった。今までずっとモヤモヤしたまま生きてきたから…」

(´・ω・`)「誰にも聞いたことなかったの?」

(*゚ー゚)「うん…元彼と同じこと言われるのが怖くて…」

(´・ω・`)「そっか…」

(*゚ー゚)「うん。でも、相手がショボンくんで良かった」

(´・ω・`)「…え?」

(*゚ー゚)「えへへ。まぁそれくらいきみのことを頼りにしてるってことだよ!」

(´・ω・`)「あ…あぁ、ありがとう」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:24:04.77 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「さてと…じゃあまた明日、部活で」

(´・ω・`)「うん。気をつけてね」

(*゚ー゚)「バイバイ」

(´・ω・`)「バイバイ」

小さくなっていく彼女の背中を見ながら、なんだがセンチメンタルな気分になった。
あの小さな背中を僕が守ってあげたいってね。

(´・ω・`)「………」

帰り道。
ひとり自転車を漕ぎながら、僕は今日のことを思い返していた。
今日の一件で…僕は彼女との距離を詰めれたのだろうか。
少なくとも、観覧車での一件は、僕に自惚れをもたらすに十分だった。



48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:27:39.35 ID:LHBvjjefO

(*゚ー゚)「おはよう!ショボンくん。今日も1日頑張ろうね!」

(´・ω・`)「ういー」

その後の彼女はいつも通りだった。
いつも通り、部活で4バカをやって。
いつも通り、2人で帰って。
けど心なしか、以前よりもさらに明るくマイペースに振る舞うようになった気がした。
あの一件で心が楽になったんだろうね。
僕が彼女の役に立てたと思うと、うれしかったな。



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:29:16.44 ID:LHBvjjefO

あぁ、そう言えばプレゼントの件だけど…

(´・ω・`)「はい、ツンさん!誕生日プレゼントです!」

ξ゚⊿゚)ξ「アラ、ありがとう。ちゃんと買ってきたみたいね。頂くわ」

ξ゚⊿゚)ξゴソゴソ…

ξ゚⊿゚)ξ「ぬいぐるみ…」

(´・ω・`)「無難ですけど、いいでしょ?」

ξ゚⊿゚)ξ「ぬいぐるみって点はいいわよ。ただ…」

ξ゚⊿゚)ξ「なんで米俵のぬいぐるみなのよ…」

(´・ω・`)「すいません…それしか売ってなくて…」



50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:31:50.93 ID:LHBvjjefO

ξ゚⊿゚)ξ「さてはシューのお姉さんの店で買ったわね」

(´・ω・`)「あ…モロバレですか…」

ξ゚⊿゚)ξ「こんなイロモノ売ってるのアソコくらいじゃない…」

(´・ω・`)「ごもっともで…」

lw´‐ _‐ノv「ふはは。すまんな、趣味の悪い雑貨屋で」

(´・ω・`)「シューさん…」

ξ゚⊿゚)ξ「あんたの趣味でしょうが」

lw´‐ _‐ノv「まぁそういうな。私からもプレゼントをやろう、ツン」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、珍しい。あんたにもいいとこあるじゃない」

lw´‐ _‐ノv「ふはは。喜べ。そして明日から私をライス国米長官と呼び、崇めるがいい!」

ξ゚⊿゚)ξ「あんたがそれでいいなら…」

lw´‐ _‐ノv「いや、やっぱ恥ずかしいから却下で」



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:37:21.47 ID:LHBvjjefO

lw´‐ _‐ノv「はい!プレゼントふぉうゆー!」

ξ゚⊿゚)ξ「ありが…」

ξ゚⊿゚)ξ「何よコレ」

lw´‐ _‐ノv「ツンのそのまな板のような…いや、もはや地平線のごとき美しきまでに平らな胸が気の毒でな…」

lw´‐ _‐ノv「少しでも見栄が張れるように私からパットを進呈いたす」

ξ゚⊿゚)ξ「首絞めたろかい、貴様。しかもこれ胸パットじゃないじゃない!」

lw´‐ _‐ノv「すまん。肩パットが目についたんで…衝動買いしちゃって」



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:39:44.74 ID:cGv0YoRI0
肩パットふいたww


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:40:47.06 ID:LHBvjjefO

ξ*゚⊿゚)ξ「べ、別にシューからプレゼントもらったって嬉しくなんか…」

ξ#゚⊿゚)ξ「ほんとに嬉しくねぇえええ!!きぇえええええええ!!」

lw´‐ _‐ノv「いえーい!だーいせーいこーう!ひゅー!!」

マテヤコラアアアアアアア!!
    ヤーイヤーイ!オマエノムナイタ、スイヘイセン-!!ムナイタホライゾン-!!

(´・ω・`)「…相変わらず、仲いいなぁ」

ってことで結局シューさんに全部持ってかれちゃったけどね。
そのおかげで、僕のプレゼントもあまり咎められなかったしね。
結果オーライだったね。



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:44:33.29 ID:LHBvjjefO

今日はとりあえずここまでにします。
人が少ない中、支援して下さった方ほんとに感謝です。
ありがとうございました。



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:45:38.92 ID:z/Z1liKl0
乙!!
次も楽しみしてます


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:49:07.96 ID:3P5S++JKO
おもしろいぜ…………!!!


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:50:11.33 ID:bi3K17/tO

ドクオは出る予定あります?


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 22:58:10.51 ID:MT/6uqeZO
乙でした。最近のSSじゃ1番期待してます

次回はいつ頃になりそうですか?


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/09(日) 23:21:05.46 ID:LHBvjjefO
まだあったか
質問がでてるので答えます

>>57
いまんとこドクオの登場予定はないです

>>59
2話分書きためして投下してるので…いまは1話分しかストックがないので少し先になります




前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    03 | 2017/04 | 05
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。