◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆( ^ω^)誰もが悩みを抱えているようです 第2話「出会いと臭いは突然に」

前の話/インデックスページ/次の話

13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:07:25.96 ID:n6F4BaNg0
( ^ω^)誰もが悩みを抱えているようです

第2話 「出会いと臭いは突然に」


美府大学 医務室内

ツンは、突然意識を失った内藤を担いで医務室にきていた。
ブーンの意識は未だ戻らない。



( ーωー)「うーん・・・うえ・・・」

ξ゚⊿゚)ξ「あの、彼は大丈夫なんですか?」

(´・_ゝ・`)「うん、大丈夫だよ。
       多分ものすごいショックを脳に受けて、発作を起こしたんだろうね」



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:08:14.39 ID:n6F4BaNg0

(´・_ゝ・`)「……!」




(;´・_ゝ・`)「(く、くせえええええ!
        医療用のマスクをしててもすごい腐臭だ)」

(;´・_ゝ・`)「(この女、ワキガってレベルじゃねーぞ。
        髪の色からしてハーフか?顔立ちは整っているが体臭は危険度S。
        これぞ本当の最終兵器彼女だ)」

(;´・_ゝ・`)「(この男の子、新入生か?よく近づこうと思ったな
        かわいいけど臭いだろ。無理だろ。無理だろ)」

(´・_ゝ・`)「うっ、吐き気が」

ξ゚⊿゚)ξ「え、大丈夫ですか?」

(#´・_ゝ・`)「近づくな!!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「え」

(;´・_ゝ・`)「いや、先生風邪だから。うつすとあれだから。
        あ、もうこの子大丈夫だから連れて帰ってくれない?
        我慢してたけどもう限界だし、吐きそうだし」



15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:08:59.79 ID:n6F4BaNg0

ξ゚⊿゚)ξ「え、まだ内藤君寝てるのに?」

(;´・_ゝ・`)「(え、まじで?口も臭いじゃんこの子。
         やばい本当に早く帰ってほしい。酸素が恋しい)」

(´・_ゝ・`)「あ、あれだ。そうだ、あれだよ!
       彼は恋の病にかかっているんだよ。」

ξ゚⊿゚)ξ「恋の病?」

(´・_ゝ・`)「そうだよ。きっと君に一目惚れしちゃったんじゃないかな。
       だから、君と一緒にいればそのうち目覚ますから大丈夫だよ」

ξ///)ξ「え・・・一目惚れだなんてそんな。
     もう!わかりました。連れて行きます。これぐらいおぶっていけます」

(´・_ゝ・`)「よかった。それじゃ早く連れていってあげなさい」


ξ///)ξ「はい!」



16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:09:45.20 ID:n6F4BaNg0
バタン!

ツンはブーンをおぶると医務室を出て行った。






(´・_ゝ・`)「うわああああ!セーフ!!!!
       くさかったーーーーー!!!」

(´・_ゝ・`)「はい深呼吸!はい深呼吸!!!
       スーハースーハー!!」




(´・_ゝ・`)「マジ危なかった。臭すぎた。まじで」




17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:10:42.67 ID:n6F4BaNg0

ξ゚⊿゚)ξ「と医務室を出たものの、どこに行けばいいのやら。
     内藤君家どこなのかな。わかんないや」

ξ゚⊿゚)ξ「しょうがない、目覚ますまで私の下宿先に・・・」

ξ///)ξ「会ったばかりの男の人を家に連れ込むなんて。
      し、仕方ないわよね。緊急事態だもんね」

ξ///)ξ「でも、私に一目惚れしてるのよね…」

ξ///)ξ「…・・・・・・」



(⌒⌒⌒)
 || どかーん!

ξ///)ξ「いやーん!!」


※一応言っておきますが、こいつすごい臭いです




18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:11:29.63 ID:n6F4BaNg0


そして夜は更け・・・ツンの下宿先


ξ゚⊿゚)ξ「内藤君、起きないなー」


( ーωー)「うーん・・・くさいお」


ξ゚⊿゚)ξ「くさい?”くさい”ってどういうことかしら?」


ξ゚⊿゚)ξカタカタ「”くさい”をパソコンで調べてみよう」


ξ゚⊿゚)ξ「ξ…。私の髪じゃない」


ξ///)ξ「寝てるときまで私のことを…
     なんて不埒な子!」

ξ゚⊿゚)ξ「なんかドキドキしてきたわ、どうしよう
     とりあえずコンビ二で飲み物でも買ってきましょう」

ガチャ、タッタッタッタ…



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:12:10.96 ID:n6F4BaNg0

( ^ω^)「うーん、おはようだお」

(^ω^三^ω^)「あれ?ここはどこ?」

( ^ω^)「よく思い出してみるお、確か…」

( ^ω^)「女の子に話しかけたら臭くて、それで…多分ここはその子の家」










( ^ω^)「やばい、このままじゃ死ぬ」

( ^ω^)「よし、逃げよう。大学もやめよ」



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:12:55.57 ID:n6F4BaNg0
ガチャ

ξ゚⊿゚)ξ「ただいま」

( ゚ω゚)「うっ!」



ξ゚⊿゚)ξ「あ!起きたんだ。よかった
     …どうしたの?鼻にティッシュつめて」

( ^∞^)「あ、あれだお。
       鼻づまりがひどいからだお」

ξ゚⊿゚)ξ「そうなんだ。体弱いのね」

( ^∞^)「そうだお。
       ごめんだお。家におじゃましちゃって。
       まだ名前も聞いてないのにごめんだお」



22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:13:43.59 ID:n6F4BaNg0
ξ゚⊿゚)ξ「私はツンよ、イタリア人とのハーフなの。よろしく」

( ^∞^)「(ハーフだから臭かったのか?)」

ξ゚⊿゚)ξ「今日は話しかけてくれてありがとうね。
      私、昔から友達とかいなくて、結局大学でも一人ぼっちなのかな?
      って思ってたからすごい嬉しかったわ」

ξ///)ξ「改めて、これからよろしくね。内藤君…」

(;^∞^)「よ、よろしくだお!」


( ^∞^)「(うーん、冷静に見ると超かわいいのだけど)」

( ^∞^)「(やっぱ超臭いお。そりゃ友達できるわけないお。
       早く帰りたいお)」



( ^∞^)「あ!初っ端から長居して悪かったお!
       僕も下宿だし、ここからそう遠くないからすぐ帰るお!」

ξ゚⊿゚)ξ「あっ、そうなんだ。…そうだよね」


∑( ^∞^)「(うわ、何でノースリーブなの?
        ていうか腕上げるなよ!!臭いお!!)」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:14:27.06 ID:n6F4BaNg0

( ゚∞゚)「う、くさ・・・。っう!!」

( ゚∞゚)「ハ」

( ゚∞゚)「ハ」













( ゚ω゚)-= ≡:.. :.∞ 「ヘーーーックシ!!」




25 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/27(木) 00:15:10.43 ID:n6F4BaNg0

ξ゚⊿゚)ξ「あ、クシャミ。大丈夫?」


( ゚ω゚)「あ、ティッシュ取れた」




流れ込んでくる。悪魔が。
ブーンは理性でなく、本能で感じとった。
子供のころにかいだ、アンモニア。奴のウエポンはそんなものを凌駕している。
脳全体をかき回す悪臭。これこそ、16th-W「アンモニール」だとすら思った。


( ゚ω゚):;*.':;ブー!!「エンッ!!!」


ξ;゚⊿゚)ξ「きゃあああああああ!!」


ブーンの意識は、またも途切れることとなった。
このあと、ツンは一人暮らし初日の夜を倒れた男と過ごすこととなった。




26 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/27(木) 00:16:05.24 ID:n6F4BaNg0
―――――時間は少し戻って、美府大学 キャンパス内



(,,゚Д゚)「さて、パソコンの受け取り場所は・・・ここの3階か」


新入生向けの地図を片手に、キャンパス内を歩く男は名をギコという。
田舎から出たいという理由で猛勉強に励み、なんとか法学部に合格できた。
今日のオリエンテーションでも話すことのできる知り合いくらいはできた。

これからもうまくやっていける。そんな気がしていた。



(,,゚Д゚)「はぁ、大学ってのは広すぎて困るなゴラァ・・・」



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:16:56.22 ID:n6F4BaNg0


(  )「あ、あの!すいません!」


(,,゚Д゚)「ん?」


ふと、後ろから声をかけられる。
サークルの勧誘だろうか?宗教系のサークルだったらどうしよう?
もしそうなら無視して逃げようか。そう思って振り向いた。



(,,゚Д゚)「!!」


(;*゚ー゚)「あ、あの!同じ法学部の人ですよね?
     もしよかったら、あがるの手伝ってほしいなー、なんて」



29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:17:42.25 ID:n6F4BaNg0

(*゚ー゚)


そこにいたのは、車椅子に乗った女の子だった。

赤く染まった頬、大きな丸い瞳。

桜が吹き荒れる中、ギコは、恋に落ちた―――――



第2話 おわり





30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:18:04.71 ID:6WGT4vo6O
臭い方が萌えるよな?




…え?俺だけ…?



31 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/27(木) 00:19:33.68 ID:n6F4BaNg0
確かに少し臭う方が萌えるのには同意。

では、とりあえず。規制するまで3話投下続けます。




前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

  1. ■ [くるくる名無しさん]

    ノードックンでフィニッシュです。
    ギコはまさに夢にときめく、明日にきらめく状態
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

お知らせ

管理人へメール

トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)

ブーン系“短編”小説更新状況

    プロフィール

    kuru

    Author:kuru
    特に何も無いよ。

    カウンター

    トータルアクセス:
    ユニークアクセス:
    閲覧者数:



    クリックで救える命がある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。