◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆( ^ω^)誰もが悩みを抱えているようです 第3話「車椅子のマイガール」

前の話/インデックスページ/次の話

32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:20:18.81 ID:n6F4BaNg0
( ^ω^)誰もが悩みを抱えているようです 

第3話 「車椅子のマイガール」




(,,゚Д゚)「よいしょっと」

慣れない手つきで車椅子を押し上げていく。
生協のエレベーターまで行くには入り口付近の5段ほどの
階段を超えなければならないのだが、車椅子の人には無理な注文である。
ギコは、女の子の指示通りに力を貸していた。


(*゚ー゚)「ふぅ、あがれた。本当にありがとうございます!
     えぇーと、名前はなんていうんですか?」

(,,゚Д゚)「俺はギコっていうんだ。あと、敬語はいいよ。同じ1回生だし。
     そっちは?」



33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:20:52.69 ID:fkvyXtnt0
なんか見たことある酉だなと思ったら帰宅部だった支援


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:20:55.30 ID:aN0KVes40
即行身体を洗ってやれる関係になって念入りに体臭防止石鹸を塗り込んでやればおk


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:21:17.43 ID:n6F4BaNg0

(*゚ー゚)「私はしいっていうの。これからよろしくね!」

(,,゚Д゚)「お、おう」

(,,゚Д゚)「(すごいかわいい子だな。緊張するなぁ)」


田舎のやんちゃ娘しか見てきていなかったギコにとって、
しいのような清楚な女の子は初めてなのである。
しかも車椅子に乗っているので、ギコは更に緊張していた。


(,,゚Д゚)「(車椅子のことは話に出していいのかなぁ。
     今後さりげなくいろいろ聞いていくか)」

(*゚ー゚)「あ、ギコくんもパソコンの受け取り?」

(,,゚Д゚)「そ、そうだよ。そっちも?」

(*゚ー゚)「うん」



36 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/27(木) 00:22:50.11 ID:n6F4BaNg0

パソコンの受け取りも終わり、ギコは2台分の箱を持ちながら
しいと帰路をともにしていた。


(*゚ー゚)「ごめんね、私の分まで持ってもらっちゃって」

(,,゚Д゚)「いやいや、いってことよ。
     車椅子じゃ、荷物持ちながらは無理でしょ?」

(*゚ー゚)「大きいものはやっぱり難しいね」

(,,゚Д゚)「下宿?とりあえず家まで運ぶよ」

(*゚ー゚)「おや?ギコ君意外に大胆なんだね」

(,,//Д/)「そ、そういんじゃないし!違うし!」

(*゚ー゚)「ふふふー。冗談だって」


15分後、下宿先が同じアパートだと知ることになる2人なのであった。

--------------------------
俺様用しおり
  ∧_∧   
 ( ・∀・)< 今日はここまで真面目にかいた     
--------------------------



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:23:30.93 ID:n6F4BaNg0

―――――朝だ。ブーンはいそいそと布団から這い出て、
朝ごはんの支度を始める。お湯を沸かしている間に顔を洗う。
それが終われば、今日使用するものをカバンに詰めていく。



( ^ω^)「鼻栓と、鼻栓と…あと鼻栓だお」




( ^ω^)「あ!鼻栓も必要だお」


( ^ω^)「…」



(((^ω^)))「大学行くの怖いお」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:24:22.65 ID:n6F4BaNg0

ブーンはツンの家に泊まったあの日、奇跡的に意識を取り戻し、
真夜中にこっそりと抜け出してきたのだ。ツンの連絡先もしらないので、
彼女はとても心配しているかもしれないが。やはり自分の命が惜しいのだ。

( ^ω^)「とりあえず、ドクオに相談するお」

ブーンは鼻栓を握り締めると、大学へと出かけていった。



美府大学、キャンパス内。

('A`)「はぁ?sneg?」

( ^ω^)「確かに、初日に速攻お泊りとか良く考えればありえないお」

('A`)「お前昔から変に運がいいよな。俺と一緒でもてないオーラでてるのに」

( ^ω^)「うるせーお。それにその女の子、超臭いんだお」

('A`)「臭い?あぁ、ハーフだからだろ?いいじゃんそれくらい。
   すぐ慣れるだろ。住めば都っていうし。」



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:25:02.44 ID:hGvT2Pwr0
おもしろいなw
支援


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:25:13.91 ID:n6F4BaNg0
(;^ω^)「いや、彼女の臭いはそんなもんじゃないんだお」

('A`)「はいはい、もう自慢話はやめろって」

( ^ω^)「うぅ、一回臭えばわかるお」

('A`)「ってか、向こうにいるハーフの子、そのツンって子じゃね?
   こっちに気づいて近づいてくるぜ」


ξ゚⊿゚)ξ「あ、内藤君だ!」

(;^ω^)「あ!昨日はごめんだお!」

(;^ω^)(鼻栓しててよかったお…)

ξ゚⊿゚)ξ「もう、急にいなくなるから凄い心配したんだよ?」

(;^ω^)「おー、ごめんだお。家の鍵閉め忘れてたの思い出して、
       ツンさん寝てたから、起こすのも悪かったからそのまま出てしまったお」



42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:25:55.19 ID:n6F4BaNg0

ξ゚⊿゚)ξ「もう!おっちょこちょいなのね。
     あ?こちらの方は…?」

( ^ω^)「あ、こいつは高校からの友達のドクオだお!
      経済学部だから会うことも少ないと思うけど、仲良くしてほしいお!」

('A`)「ドクオです。よろしく・・・」

∑('A`;)「・・・うっ」

(;'A`)「(く、臭い・・・。いや、臭いなんてものではない。なんだこれ、
    口呼吸でもむせる。やばい・・・呼吸が)」







(;'A`)「ゲホッ!ゲホ!ウエエエエエエエ!・・・カハッ!」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:26:36.42 ID:n6F4BaNg0

(;^ω^)「ドクオーーー!大丈夫かお?」

ξ;゚⊿゚)ξ「え?何?急に?どうしたの背中さすってあげる!」

('A`;)「ゲハホフハッ!(近寄るな!)」

ξ;゚⊿゚)ξ「喘息か何かかしら?大丈夫?スリスリ・・・」





ツンは、ドクオのそばに座るとゆっくりと背中をさすった。
彼女の華奢な腕が動くたび、ノースリーブの脇からは悪臭という悪魔が飛び出し、
ドクオの粘膜全てを喰らいつくす。



44 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/27(木) 00:27:21.46 ID:n6F4BaNg0

(;A;)「ウゲゲゲゲゲゲゲエゲエエエエ!!ゲロゲロゲロゲロゲロ!」

ξ;゚⊿゚)ξ「キャアアアアアア!!」

(;゚ω゚)「うわあああああああああああああお!!」













( ^ω^)「あ、死んだ」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:27:53.37 ID:pvhbxWwPO
ツンのワキがブーンの鼻の位置に当たるようにして
アームロックかけつづければ
主人公補整が起きて慣れるかワキガ消滅か起きるよ


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:28:32.56 ID:n6F4BaNg0

ブーンには目の前の光景が信じられなかった。先ほどまでの友人との楽しい一時が
一人の女、いや悪魔によって地獄絵図へと姿を変えたのだ。
世界で一番偉大な発明品は何か、紛れもなく鼻栓であろう。




ξ;⊿;)ξ「いやああああああ!ドクオ君動かなくなったよ!どうしよう!」

(;^ω^)「ととととととりあえず落ち着くお!
       あ、あれだお。ドクオは発作持ちなんだお!一見ひどそうにみえるけど、
       ちょっと寝かせておけば直るんだお。ベンチに寝かせておくからツンさんは
       もう帰ったほうがいいお」

ξ;⊿;)ξ「そうなの?よくわからないけど大丈夫なのね?
      よかった。学内の施設みたら帰るわ。それじゃあね、ドクオ君によろしく」



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:28:32.89 ID:fkvyXtnt0
ひどすぎるwwwww


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:29:13.73 ID:n6F4BaNg0

(;^ω^)ノシ「バイバイだおー!」←手を振っているのは臭いを拡散させるため。







( ^ω^)「ドクオ、生きているかお?」

(゚A゚)「おう・・・。何とか目が覚めた。信じてもらえないかもしれないが、
   死んだはずのおばあちゃんと川を隔てて目があったよ・・・」

( ^ω^)「いや、俺は信じるお」

(゚A゚)「ブーン、疑ってごめんな。確かにあの子はかわいいけどよ、
   同時に化け物だぜ。鼻栓くれや」



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:30:00.31 ID:n6F4BaNg0

( ^ω^)「ほら、鼻栓だお」

(゚A゚)「ブーン、今日は一つ分かったことがあるんだ・・・」

( ^ω^)「何だお」

(゚A゚)「清潔な空気は・・・万金に値する・・・経済尺度じゃ計れやしないな」

( ^ω^)「心から同意するお」



ブーンに続き、ドクオまで倒すことに成功したツン。
彼らの学園生活はどうなってしまうのか?


第3話 あなる





50 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/27(木) 00:33:19.31 ID:n6F4BaNg0
書き溜めはまだまだあるけど、
次回の投下でもう一回最初から投下することになると思うので今日はこの辺で。

多分4話ぐらいからAA多様すると思います。携帯の人見えにくいこともあると思いますがそこはご愛嬌。


一応昔の作品貼らせていただきます。お暇ならどうぞ

http://vipmain.sakura.ne.jp/end/140-top.html



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:34:52.30 ID:20shtJPc0
乙!
帰宅部も結構好きだった


54 :Fランク大学:2009/08/27(木) 00:43:19.27 ID:ifo/Z4cy0
楽しませて頂きました。
個人的な感想…というか考えですが、中学上がった時点で彼氏の居ない美人の女の子は
いわく付きだと考えています、それが大学まで行くとやっぱり酷いでしょうね^^
人はなんのために大学なんかに行くのでしょう(笑)


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 00:57:47.89 ID:rVe5caKpO
帰宅の人か!
ついさっきまた帰宅読んできたのは何かの運命なのかね…


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/27(木) 01:21:48.62 ID:9qsLjDQzO
面白かったw




前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

  1. ■ [くるくる名無しさん]

    ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
    経済と工学じゃあ一般教養とかもかぶってなさそう
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

お知らせ

管理人へメール

トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)

ブーン系“短編”小説更新状況

    プロフィール

    kuru

    Author:kuru
    特に何も無いよ。

    カウンター

    トータルアクセス:
    ユニークアクセス:
    閲覧者数:



    クリックで救える命がある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。