◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆( ^ω^)誰もが悩みを抱えているようです 第5話「狂人達のバイト探し」

前の話/インデックスページ/次の話

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 21:59:14.14 ID:AyIVJUZW0

( ^ω^)誰もが悩みを抱えているようです 

第5話 「狂人達のバイト探し」


美府大学で講義が始まるまで、今日を含めて三日ある。
新入生の多くが部屋の片づけをしたり、バイト探しを始めたりする時期である。
それは彼らとて例外ではない。


――――――ブーンの下宿先


(;^ω^)「うむ、どこで働けばいいのかわからんお・・・」

('A`)「どこでもいいだろ、どうでもいいだろ」



57 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/29(土) 21:59:55.05 ID:AyIVJUZW0
テーブルに積み上げられた大量の求人雑誌をよそに、
人の家で寝転がりつつ鼻くそをほじっているのはドクオ。
昨日のうちに鼻栓を買占め、それを売り切り、2500万もの大金を手にしたのだ。
もはや彼に働く理由はどこにもない。


(;^ω^)「うーん。まかないつきの所ならどこでもいいお」

('A`)「こことかどうよ?大学に近いし、何故か時給高いし」

( ^ω^)「喫茶『羽交い絞め』時給1200円。地獄のまかないつき。
       俺の勘だとこれは地雷だお」

('A`)「うーん・・・、ちょっと待って。俺が電話してみるわ」

プルルルルルルルルルル、ガチャ

('A`)「バイトの募集をみて連絡させていただいたのですが」

「む、では今日の夕方5時にこれるか?」

('A`)「はい、大丈夫です。名前は内藤です。よろしくお願いします」

ガチャ、ツーツーツー

('A`)「ブーン、とりあえず面接行ってこい」

(;^ω^)「ひでえお」



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 22:00:36.34 ID:AyIVJUZW0

('A`)「お前、俺が決めなきゃ結局何もしないままだろ、せっかくだから行って来い」

( ^ω^)「一体どんな店かも分からないのに」

( ^ω^)「まぁ、時給よさそうだし、いくしかないお」


ピンポーン!


( ^ω^)「お?誰かきたお!」

( ^ω^)「お?誰だおー?」


「ツンよ」


( ^ω^)ポカーン

(( ;^ω^))アワワワワ

(((( ;^ω^)))ガクガクブルブル

(((((((( ;゚ω゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク



59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 22:01:22.18 ID:AyIVJUZW0

     )、._人_人__,.イ.、._人_人_人
   <´ 腐臭の神様がきたおおお!! >
    ⌒ v'⌒ヽr -、_  ,r v'⌒ヽr ' ⌒
// // ///::                 ;;;ヽ  //
///// /::::    /\     /\     ;|  /
// //,|:::     ( (       ) )+     ;| /
/ // |:::     +  ) )     ( (       ;;;|// ////
/// :|::       ( (       ) )      ;;;|// ///
////|::::    +   U      U    ;;; ;;;| ///
////|:::::                   ;;;;;;| ////
// / ヽ:::::        (__人__)     ;;;;;;/// //
// // ゝ:::::::: :            __////





(゚A゚)「鼻栓だああああああああ!!!」



60 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/29(土) 22:02:03.15 ID:AyIVJUZW0

( ;ω;)「はい、どうぞ。あがってください。どうしたんだお?」

('A`)「うっ!セーーフ!!!!」

( ;ω;)「(昨日家教えるんじゃなかったお!家中のものに臭いうつるお!
カーペット捨てなきゃいけないかもしれんお!)」

ξ゚⊿゚)ξ「あら、ドクオ君?私、おじゃまだったかな?」

('A`)「いえいえいえいえいえいえいえいえいえ!
   小生、今まさしく自宅に帰る所だったでございます!」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、そうだったの?」

('A`)「それでは、あとは若い男女でお楽しみ下さい!では!
   ブーン、バイトの面接いけよ!」


      ┌    三ニ一
  └('A` )┏   三ニ一
   ┌ヽ ノ┘  三ニ一
   ┛     三ニ一  ピュー



61 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/29(土) 22:02:43.62 ID:AyIVJUZW0

        ::               .|ミ|           ::::::::  
         :::::     ____ |ミ|          ::::   
           :: ,. -'"´      `¨ー 、       :: 
   ::        /               ヽ、    ::   
   ::      / '"                 ヽ、 ::
   ::    /                        ヽ、  
   ::    /   /\      /\          ヽ   ついさっき親友に裏切られた18♂だけど何か質問ある?(1001)
   ::   ./               ∪             ヽ   
  ::   /             ヽ               i  
  ::   /    i   人_   ノ              .l  
  ::  ,'     ' ,_,,ノ    ∪                /    
    i                            / :: 
    ',                           /
     ヽ、         __,,.. --------------i-'"  ::     
      ヽ、_   __ -_'"--''"ニニニニニニニニヽ 
         `¨i三彡--''"´              ヽ  ::   
          /                      ヽ
         /                     ヽ::



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 22:03:24.62 ID:AyIVJUZW0

――――――――――― 一方その頃ギコ達は・・・


(,,゚Д゚)「今日は暇だなー。しいちゃんと会う理由もないし」

(,,゚Д゚)「流石に隣の部屋だからといって急に遊びに行くわけには・・・」

ふと、目の前に壁に目をやる。この薄っぺらな壁一枚の向こうにはしいがいるのだ。
もしかしたら、着替えの途中かもしれない。壁を透視できたらどんなによいだろう。
いや、せめて声だけでも聞ければいいな。ギコの頭に悶々とした感情がよぎる。

(,,゚Д゚)「いや、盗み聞きなんで・・・だめだ!いけない!」











~10分後~

(,,゚Д゚)「よし、録音準備OK!」



63 : ◆dbfYY/UHbhJE :2009/08/29(土) 22:04:14.78 ID:AyIVJUZW0
壁にゆっくりと耳をつけ、隣の部屋の様子を伺う。
そこで聞いた声は、ギコの知るしいの声ではなかった。


(* ー)「しかし、機関の命令で潜伏する学校がこんなものとは・・・
    フッ、大した奴も居なそうなのに…どうして機関は俺を送り込んだ? 」

(* ー)「しかし、あの臭い。『カノッサ機関』の兵器の生物兵器か・・・?
    だとしたら・・・クックック、面白いことになりそうだな」

(* ー)「まぁ、奴らが動きだしたら、
    
             セブンスマインド       ダークパワー
    私の中に眠る『7つの人格』総力あげて『闇の力』解き放つが──── 」

(* ー)「フッ、"封印されし脚"が騒いでいるな・・・
    お前も血を欲しているのだな。もうすぐ飽きるほどくれてやる・・・」

(* ー)「フハハハハハハハハハハハハハ!!」



(,,゚Д゚)「・・・」
  _、_
(;,,゚Д゚)「・・・」



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 22:05:17.43 ID:AyIVJUZW0

            スポポポポポポーン!!!
      。     。
        。  。 。 。 ゚
       。  。゚。゜。 ゚。 。
      /// / /
     (,,Д )   ワイは西の連射王や!!


(,,゚Д゚)「しいちゃん・・・一体何者なんだ?」




―――――――――――――― 一方その頃ドクオは・・・


('A`)「アブねー。また体中の粘膜が灰色になるところだった・・・」

('A`)「財布にびっくりするくらい余裕あるし。買い物でも行こう」

('A`)「服、買おうかな。でもセンスねーしな・・・」

('A`)「うーん。金の使い道がねー」

「おいおい、随分と景気のいい奴だな」

('A`)「え?誰?」



65 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/29(土) 22:05:57.23 ID:AyIVJUZW0

不意をつかれて振り向いたそこには・・・


川 ゚ -゚)「そんな独り言をしてるとそのうちカツアゲに遭うぞ」


長身、黒髪の美しい女性が立っていた。
対女性コミュニケーション力0のドクオは、すばやくこの状況を分析し、
次の行動に移る。


(;'A`)「つ、壺なら買いませんよ!」

川 ゚ -゚)「君はおもしろい奴だな。すでに2chはひろゆきのものじゃない。
     買えるわけないだろう」

(;'A`)「そっちの壺じゃねえよ!」

川 ゚ -゚)「いいツッコミだ。やはり変な奴には声をかけるべきだな。
     私は素直空。クーと呼びたまえ。君と同じ経済の新入生だ。
     鼻栓で一発当てたらしいな。わたしも1セット買わせてもらったよ」



66 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/29(土) 22:06:38.62 ID:AyIVJUZW0

('A`)「そ、そりゃどうも。で、何の用なの?」

川 ゚ -゚)「なに、金をたかりにきたわけではない。私は自宅生だし、金には困らんからな。
     まぁ、何だ。バイトの時間まで暇なんでな。お前の服選びを手伝ってやろう」

('A`)「は、はぁ」

川 ゚ -゚)「さぁ、行こうじゃないか。というか来い」


クーは、ドクオの手を取るとグングンと歩き出した。
突然のことに戸惑うドクオ。ここ数日意味のわからないことが続く。
でも、悪くないな。と思ってしまうドクオなのであった。

第五話 おなれ





67 :◆1H.yGXiHI.:2009/08/29(土) 22:08:10.42 ID:AyIVJUZW0
臭い女っていいよね。では!



68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 22:09:02.89 ID:CSc8ZyPe0
面白かった
乙!


69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/08/29(土) 22:11:52.46 ID:/J88HaQSO





前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

  1. ■ [くるくる名無しさん]

    ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
    講義や一人暮らしに慣れる前にバイト決めるとしんどい気が…
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

お知らせ

管理人へメール

トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)

ブーン系“短編”小説更新状況

    プロフィール

    kuru

    Author:kuru
    特に何も無いよ。

    カウンター

    トータルアクセス:
    ユニークアクセス:
    閲覧者数:



    クリックで救える命がある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。