◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆(´・ω・`)は青春と共に在るようです その3

前の話/インデックスページ/次の話

1 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 20:30:43.53 ID:tW/qbL2QO

夏が終わった…夏の間は全然VIPに来れなかった
久々にVIP来てブーン系スレ見て、感想スレに書き込んだらなんかやる気出た

やる



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/24(木) 20:33:04.62 ID:llEXtRCo0




3 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 20:36:12.25 ID:tW/qbL2QO

酉出しました
ふたつも現行を持ちながらどっちもほったらかしにして情けないです
必ず両方完結させます
頑張れオレ

まとめ先

ブーン芸VIP様
http://boonsoldier.web.fc2.com/tomoniaru.htm

面白ネタの蛇屋様
http://hebiya.blog40.fc2.com/blog-entry-8722.html

ブーン文丸新聞様
http://boonbunmaru.web.fc2.com/rensai/youth/youth.htm

くるくる川 ゚ -゚)様
http://kurukurucool.blog85.fc2.com/blog-entry-149.html



4 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 20:39:18.43 ID:tW/qbL2QO


そんな僕の片思いが絶賛進行中な中、入部から4ヶ月近い月日が経った夏。
さて、吹奏楽部の夏と言えば、コンクールの季節だ。
僕らの高校は毎年、地区予選からなかなか抜け出せずにいたんだ。
ちなみに吹奏楽のコンクールは地区大会→県大会→支部大会→全国大会と勝ち進まなければならない。
一大会ごとに金、銀、銅賞があって、しかも金賞を貰った学校が全て次の大会に進める訳じゃないんだ。
金賞の中でも、より優れた数高だけが、次の大会に進める、という過酷な大会なんだよ。



5 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 20:40:24.10 ID:tW/qbL2QO

僕らの高校は市立だったから、楽器や設備も良くはなかった。
対して私立高校は部活にドンドンお金をかけてるからそれだけですでに優位だった。
その中で僕らが県大会へと勝ち進むのはなかなか難しかったんだ。
実際、僕らの高校は数年続けて銀賞に甘んじていた。
だから今年こそは金賞を、とみんな張り切っていたわけだ。



6 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 20:42:42.77 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「はぁ…今日も疲れに疲れたーッ」

(´・ω・`)「夏休みは連日丸一日練習ばっかだしね。くたくただよ…」

(*゚ー゚)「うん。でもここが正念場だよ。コンクールまで一週間きってるし」

(´・ω・`)「そうだね。みんなの集中力も高まってるし、このまま維持していきたいね」

(*゚ー゚)「うん」



7 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 20:45:26.51 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「…あのさ、ショボンくん」

(´・ω・`)「ん?」

(*゚ー゚)「…ショボンくん。ショボンくんはベタな展開とか好き?」

(´・ω・`)「…は?何を急に…ベタ?」

(*゚ー゚)「いや…うん。ベタというかロマンチックというか…」

(´・ω・`)「…?」

急に何を言い出すんだ、って感じだったよ。
この時は彼女の真意に全く気付かなかった。
思えばいつもそうだった。
僕らはお互いすれ違ってばかりだったんだ。



8 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 20:47:58.66 ID:tW/qbL2QO

(´・ω・`)「うーん…そうだな。別に嫌いじゃない、って感じかな」

(*゚ー゚)「何よそれ。中途半端な答えだなぁ」

(´・ω・`)「展開自体は別に問題じゃないと思う。けど僕としてはね、あくまで結果が重要なんだよ。だから過程は特に気にしないね」

(*゚ー゚)「…ショボンくんのバカ!」

(;´・ω・`)「え?なんで?」

(*゚ー゚)「やっぱり何にもわかってないんだから!もう!」

(´・ω・`)「いや、わかんないって!どこに怒ってんだよ!」

(*゚ー゚)「もういいです!好きなようにします!じゃあまた明日!」

(´・ω・`)「あ、しぃ!ちょっと待っ…」

(´・ω・`)「…なんだったんだ…一体…」



9 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 20:50:17.62 ID:tW/qbL2QO

その日はそのまま彼女と別れたんだけど…次の日から彼女に小さな異変が起こったんだ。

(*゚ー゚)「あ、ショボンくん。私、今日急ぐから先帰るね」

(´・ω・`)「え?あ…うん」

その日以来、ちょっぴりだけど彼女は僕を避けるようになった。
あの意味深なセリフに対して、僕の返答は彼女の癪に触ってしまったのだろうか?
そんなことがコンクール前の練習の疲れと相まって、僕は毎日疲れきっていた。
そんな僕の気も意に介さず、時は進む。
気づけばコンクール本番の日を迎えていた。



10 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 20:52:18.99 ID:tW/qbL2QO

(´-ω-`)(結局、しぃは変なまんまだし…はぁ…)

(´・ω・`)(けど、今は忘れよう。演奏に集中だ)

ξ゚⊿゚)ξ「ちょっと、ショボンくん」

(´・ω・`)「…ツンさん。なんですか?」

ξ゚⊿゚)ξ「練習ではいろいろ言ったけど…緊張しないで、いつも通りやればいいから」

ξ゚⊿゚)ξ「いまのあなたは随分レベルアップしたわ。焦らないでやればきっと大丈夫」

ξ゚⊿゚)ξ「穫りましょ、金賞」

(´・ω・`)「…はい!ありがとうございます」

すごく救われる言葉だった。
モヤモヤが一気に吹き飛んで、自然とリラックスした。
ツンさんにはこういう肝心な場面で、幾度となくお世話になったなぁ。
本当に…素敵な先輩だった。



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/24(木) 20:52:59.73 ID:0GvrtdbkO
しぃちゃぁぁぁぁん



13 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:01:40.10 ID:tW/qbL2QO

本番が終わった。
全てを出し切った。
後は結果を待つだけだった。

(´・ω・`)「いよいよ次か…」

(*゚ー゚)「…緊張する……」

ξ゚⊿゚)ξ「大丈夫よ。間違いなく、今までで一番いい演奏だったわよ」

lw´‐ _‐ノv「うむ。なるようになるさ。けせらせら」

(*゚ー゚)「……きたっ!」

「ニュー速高校…」

(´・ω・`)「……」

(*゚ー゚)「………」

ξ゚⊿゚)ξ「………」

lw´‐ _‐ノv「…………」

「金賞、ゴールド!!」

(´・ω・`)(*゚ー゚)「!!!!」ξ゚⊿゚)ξlw´ ゚ 3 ゚ノv



14 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:05:08.61 ID:tW/qbL2QO

(´・ω・`)「や…」

「やったああああぁぁぁぁあああああ!!」

わああぁぁああああああ!!

僕らは見事、金賞を得た。
残念ながら県大会には進めなかったけどね。
それでも金賞を得たことは僕らの高校にとっては実に十数年ぶりの快挙だった。

(´・ω・`)「ツンさん!やりましたね!」

ξ;⊿;)ξ「あぅ…やったよぉ…」

lw´‐ _‐ノv「ふはは。これも一重に肩パットのおかげだな。ツン」

ξ;⊿;)ξ「入れてないわよ…ばかぁ…えぐっ…」

(´・ω・`)「ははは…あ…」

(*゚ー゚)「ショボンくん!やったね!」

(´・ω・`)「しぃ…」

こんなハイテンションで彼女に話しかけられたのは久しぶりだった。
それと同時に件のモヤモヤが思い出されることとなった。



15 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:07:18.75 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「金賞だよ!金!賞!ゴールドォオオ!!」

(´・ω・`)「テンション高いね…」

(*゚ー゚)「あったり前!!念願の金賞だよ!?頑張ったかいがあったよ!ほんとッ!」

(´・ω・`)「………うん!」

普段の彼女に戻っていた。
ホッとしたと同時に、ますます疑問が深まった。
一体、アレはなんだったのか…。
しかしそれも束の間、全てはその帰り道に明かされたんだ。



17 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:10:50.88 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「ふぃーッ…まだ興奮冷めやらないなぁ…」

(´・ω・`)「うん。ほんとうに嬉しいね」

(*゚ー゚)「はぁー…」

(*゚ー゚)「…………」

(´・ω・`)「…………」

(*゚ー゚)「あのさッ」(´・ω・`)

(´・ω・`)「あ…」

(*゚ー゚)「あう…なんてタイミング…」

(´・ω・`)「…いいよ、先言って」

(*゚ー゚)「…なら、同時に言おう?」

(´・ω・`)「はぇ?」

(´・ω・`)(なんで同時なんだ?)

僕は彼女に最近までのそっけなさの理由を聞こうとしていた訳だ。
対して彼女は僕に何を言うつもりなのか。
それは…正に青天の霹靂。
僕の想像の範疇に全くなかった言葉だった。



18 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:14:24.91 ID:tW/qbL2QO

(´・ω・`)「まぁ…いいけど…」

(*゚ー゚)「それじゃ、せーので言おっか」

(´・ω・`)「ん」

(*゚ー゚)「せーのッ」

(´・ω・`)「最近なんかそっけなくない?」
     「私、ショボンくんが好きッ!」(゚ー゚*)

(´・ω・`)

(´・ω・`)

(´・ω・`)「は?…えぅいあ?」

(*゚ー゚)「え?…あ…あれれ?」

聞き間違いかと思った。
だっておかしいだろ?
僕はてっきり嫌われたかと思ってた訳だ。
いま、その理由を確かめて、改めて彼女に好かれようと努力しようと思っていたのに。
それがなんだ、僕のことが好き、だって?
簡単に信じられる訳がない。
まさかの展開に僕の思考は一旦停止し、再起動に時間を要した。



20 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:19:47.91 ID:tW/qbL2QO

(;´・ω・`)「…あ…の…いま…好きとか聞こえたんだけど…」

(;*゚ー゚)「あの…うん…言いました、好きって…」

(;´・ω・`)「え…あの…僕嫌われてたんじゃあ…?」

(;*゚ー゚)「ちっ、違うよ!えっとそれは…」

(*゚ー゚)「私、ベタがどうとか聞いたよね?あの日に決めたんだよ。コンクールが終わったら告白しようって」

(*゚ー゚)「そう思ってたら…なんだか緊張してさ…練習に手がつかなくなりそうで」

(*゚ー゚)「だからしばらく、ショボンくんと距離を置こうかと…」

(´・ω・`)「あ…そうだったんだ…」



21 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:23:58.58 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「…裏目に出ちゃったかな!?私…一度決めたら深く考えず突き進んじゃうから…」

(´・ω・`)「いや…えーっと…」

(´・ω・`)「僕としては、しぃ嫌われたとばかり思ってた訳で、まさか好かれているとは思いもしなかった訳で…」

(´・ω・`)「あの…えっと」

(´-ω-`)「僕も…しぃが…その、好きです…よ…」

(*゚ー゚)「…ひゃっ…!」

(´・ω・`)「だから…うん、よろしくね」

(*゚ー゚)「あ…はい!よろしくお願いしますです!!」



22 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:26:04.14 ID:tW/qbL2QO

(*´ー`)「ひゃあぁう~…なんだか夢みたいだ…」

(´・ω・`)「それはこっちのセリフだよ…まさかまさかだよ」

(*゚ー゚)「でも私、実は同時に告白になると思ってたの」

(´・ω・`)「はい?」

(*゚ー゚)「だからさっきさ、同時に言おう、って言ったのは、そんなロマンチックな展開を期待したのよ」

(*゚ー゚)「それなのにショボンくんったら…」

(´・ω・`)「いやいやいや!僕、嫌われてるかもって思ってたんだよ?それなのに急に告白する訳ないじゃん!」

(*゚3゚)「そんなの知らないもん!!察してよ!」

(´・ω・`)「り…理不尽だ…」



24 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:29:04.50 ID:tW/qbL2QO

(´・ω・`)「あ、そういえばさ…ベタがどうたらって言ってたじゃん。アレは……」

(*゚ー゚)「あぁ、アレはね、コンクールで県大会行けたら告白しよう、って思ってたの」

(*゚ー゚)「私、結構ロマンチックにこだわりたい派なの」

(´・ω・`)「ロマンチックかは微妙だけど…まぁ美談にはなるね」

(*゚ー゚)「でしょ?なのにショボンくんに一蹴されたからさ…もう銀賞でも銅賞でも告白してやる!って躍起になりまして」

(´・ω・`)「あぁ…そうだったんだ。なんかごめんなさい」



25 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:34:34.83 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「うん。まぁ、いまとなっちゃあショボンくんの意見もわかるよ」

(´・ω・`)「ん?」

(*゚ー゚)「思いが届けばそれでいいよね!過程なんてどうでも!結果オーライッ!」

(´・ω・`)「よくもまぁ真顔でそんなことが言えるね…流石は青春バカと言ったところか」

(*゚ー゚)「バカって…まぁいいよ!今日は許す!私はご機嫌なのだ!」

(´・ω・`)「ふふ…まぁきみのそういうとこ、僕は好きだけどね」

(*゚ー゚)「……!!」



27 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:37:08.79 ID:tW/qbL2QO

(* ー )「………」

(´・ω・`)「どしたの?急に黙って…」

(*゚ー゚)「…なんか…んもう…バカ!!」

(´・ω・`)「えぇ…なんで」

(*゚ー゚)「もう!私もそういうとこ好きだよ!バカ!」

(´・ω・`)「どういうとこ!?あとバカはきみだから」

(*゚ー゚)「じゃあバカ同士バカップルを貫きましょう」

(´・ω・`)「お断りします」



29 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:44:06.53 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「まぁバカップルとまではいかなくても…」

(*゚∨゚)「うふふ!」

(´・ω・`)「なんだよ…気味悪いよ」

(*゚ー゚)「…ショボンくん!」

(´・ω・`)「はい」

(*゚ー゚)「これから末永く、よろしくね!」

(´・ω・`)「…うん。こちらこそ」



30 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:45:58.86 ID:tW/qbL2QO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

从 ゚∀从「ケッ、なんじゃそりゃ。うまくいきすぎだっつの」

(´・ω・`)「うん。まぁ改めて思い返すと、トントン拍子に事が運んだな、と僕も思うよ」

从 ゚∀从「なんだかつまんねーぞー。オレは他人の美談は嫌いなんだぜー」

(´・ω・`)「ひねくれてるね」

从 ゚∀从「ひねくれ上等だよ。さぁてさっさと別れるとこまで話してくれよ!」

(´・ω・`)「………」

从 ゚∀从「んぁ?どした?」

(´・ω・`)「彼女は………ほんとに強い子なんだ。でもそれは、分かってあげる人がいなきゃダメなんだ」

(´ ω `)「ごめんね……しぃ………」

从 ゚∀从「………」

(´・ω・`)「……続けよう」



31 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:47:53.60 ID:tW/qbL2QO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

(*゚ー゚)「ショボンくん!おっはよー!」

(´・ω・`)「おはよう、しぃ」

めでたく彼女と恋仲になったわけだが…別段毎日に大きな変化が起こった訳ではなかった。
元々、部活でも一番からむ相手だったし、一緒に帰宅してた訳だし…。
後は昼休みにご飯を一緒に食べるようになったり、休日にデートしたり…まぁ一般的なカップルのそれだったよ。



32 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:52:15.83 ID:tW/qbL2QO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

(´・ω・`)「まぁ別段話すほど大きなエピソードなんてないけど…」

从 ゚∀从「…どこまでいったんだよ」

(´・ω・`)「はい?」

从 ゚∀从「その娘と、だよ!別れるまでなーんにもしなかった、なんてこたぁねぇだろ!」

(´・ω・`)「いや…ほんと何もなかったって!……手繋いだくらいだよ」

从 ゚∀从「マジかよ…。慎重だなーお前」

(´・ω・`)「大切だったからね。それにすごくプラトニックだったから…」

从 ゚∀从「綺麗事じゃねぇかよ。ほんとはがっつきたかったんだろ?」

(´・ω・`)「それは、ほんとに違う」

从 ゚∀从「ほんとかねぇ…」



33 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 21:58:31.03 ID:tW/qbL2QO

(´・ω・`)「彼女と一緒に過ごすだけで…僕はほんとに満たされてたんだ」

(´・ω・`)「それ以上のことは…まだ学生だし、これから少しずつ進んでいけばいいって思ってた」

从 ゚∀从「ふーん…」

从 ゚∀从「…そんな大切に…思われてたんだな…」

(´・ω・`)「………」

(´・ω・`)「……彼女と、将来の夢について語り合ったことがあってさ…」

(´・ω・`)「少し…その話をしていいかな?」

从 ゚∀从「……おう」



35 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:04:17.17 ID:tW/qbL2QO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

(*゚ー゚)「ふはぁ…寒い寒いっ」

(´・ω・`)「今年はよく冷えるよね」

(*゚ー゚)「ほんとそう!寒すぎて練習に集中出来ないよ…」

(´・ω・`)「でも、最近教室での室内練習の許可が出たからだいぶマシじゃん」

(*゚ー゚)「んー…でも私、あんまり室内練習は好きじゃないな。やっぱり音が飛ぶ限界があるから…」

(´・ω・`)「あー、それはわかる。僕なんかベルが天井向きだから…天井の低い教室じゃヒドいもんだよ」

(*゚ー゚)「夏は夏で暑くて辛いけど…冬も考えものよね」

(´・ω・`)「全くだ」



36 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:07:11.83 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「しかし…もう冬…11月かぁ…早いなぁ。あっという間だね」

(´・ω・`)「なんだよ、老人みたいなこと言って」

(*゚ー゚)「だって、この前入学したと思ったとこなのに…もう半年もたったなんて…信じらんないよ」

(´・ω・`)「確かにね。まぁそう感じるのは、毎日が充実してるからでしょ」

(*゚ー゚)「そうそう!アレだね、相対性理論だね!」

(´・ω・`)「うん…まぁ間違ってはないと思うけど…相対性理論を具体的に説明出来る?」

(*゚ー゚)「出来ません!」

(´・ω・`)「だと思った…」



38 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:12:00.53 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「でもさ…それってつまりあっという間に高校生活が終わっちゃうってことだよね…さみしいな」

(´・ω・`)「そんなこと言い出したらキリないじゃん。とりあえず毎日を楽しめばいいんだよ」

(*゚ー゚)「…ショボンくんってそうゆうとこ意外と楽観的だよね」

(´・ω・`)「まぁね、人生なんて深く考えるもんじゃないよ」

(´・ω・`)(恋愛のことはしっかりじっくり考えるんだけどね…)



40 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:18:17.75 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「ショボンくんはさ…卒業したらどうするの?」

(´・ω・`)「んー…とりあえず大学かな。受験するつもりではいるよ」

(*゚ー゚)「……将来の…夢とかないの?」

(´・ω・`)「…夢……ねぇ……」

(´・ω・`)「……恥ずかしいからあんまり言いたくないんだけどなぁー……」

(*゚ー゚)「えー!!何よソレ!聞かせてよ!」

(´・ω・`)「でもなぁ…うーん……」

(*゚∧゚)ムッ

(*゚∧゚)「…ショボンくん、私はあなたの何ですか?」

(´・ω・`)「…は?なんだよ、急に」

(*゚∧゚)「いいから!私はあなたにとって、何?」

(´・ω・`)「何、って言われても…」

(´・ω・`)「…世界で一番好きな人…?」

  ブッ
(*゚3゚)。;゜∴


41 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:20:49.89 ID:tW/qbL2QO

((;*`□´))ゲホゲホッ

(;´・ω・`)「ちょ……なんなんだよ!大丈夫?」

(*゚ー゚)「だ、だって…」

(*゚ー゚)「普通に“彼女”とか“恋人”とか言うと思ったのに…そんなすごい表現されると思わなかった…」

(*´・ω・`)カァッ

(*´・ω・`)「なんだよ!もう!ちくしょう!恥かいた!」

(*゚ー゚)「えへへ!でも嬉しいよ!私も世界で一番好きだよッ!」

(´・ω・`)「…バ…バカップルだ…」

(*゚ー゚)「バカップルだね♪」



43 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:25:38.46 ID:tW/qbL2QO

(*゚ー゚)「それで?聞かせてよ、夢」

(´・ω・`)「うーん…さすがにもう引っ張れそうにないか…」

(´・ω・`)「…笑わないでよ?」

(*゚ー゚)「笑わないよ!好きな人の夢を笑うわけないじゃん!」

(´・ω・`)「…………」

(´・ω・`)「……僕、俳優になりたいんだ」

(*゚ー゚)「……………」



44 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:27:26.95 ID:tW/qbL2QO

(´・ω・`)「小学校の頃さ、学芸会みたいなやつで演劇をやってさ。その時以来、そういうのに憧れてたんだ」

(´・ω・`)「中学に入ってからは、心の片隅に忘れてたんだけどさ…最近、部活に真剣に取り組んでたら、ふと思い出したんだ」

(´・ω・`)「この楽しい青春の時は、たった3年で終わっちゃうだろ?そうしたら真剣に将来のこと考えなきゃならない」

(´・ω・`)「だったら…その先は、自分が一番やりたいことをしたい、と思ったんだよ」

(*゚ー゚)「……………」

(´・ω・`)「ま、そんなわけで…厳しい道だと思うけど、目指してみようと思ってる。まぁ今は部活が一番大切だけどね」

(´・ω・`)「……笑わないの?」

(*゚ー゚)「……全然笑えないよ」

(*゚ー゚)「立派だよ、ショボンくん。ショボンくんにそんな立派な夢があるとは思わなかったよ」

(´・ω・`)「恐縮です」



45 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:29:16.92 ID:tW/qbL2QO

(´・ω・`)「そう言うしぃはどうなのさ?何か夢、ないの?」

(*゚ー゚)「………いま出来た」

(*゚ー゚)「私はそれを支える。いつもショボンくんのそばで支える立派なお嫁さんになる!」

(´・ω・`)「…まぁたこの子は恥ずかしいことを…」

(*゚ー゚)「いいじゃん!これも立派な夢だよ!」

(´・ω・`)「…まったく…バカなんだから…」

(*^ー^)「えへへー」



46 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:31:19.42 ID:tW/qbL2QO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

从 ゚∀从「…なんだそれ、そいつ頭湧いてんじゃねぇのか?」

(´・ω・`)「ちょ…えらい言われようだね」

从 ゚∀从「なぁにがお嫁さんだよ。バカも休み休み言えってんだよ」

(´・ω・`)「そんなムキにならなくても…」

从 ゚∀从「無責任に結婚だのなんだのほざくやつぁロクでもねぇ。でもってそんなカップルは長続きしねぇんだよ」

(´・ω・`)「昔の話じゃないか。きっと彼女も、この話思い出したら顔真っ赤だよ」

从 ゚∀从「ふん…」



48 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:43:09.20 ID:tW/qbL2QO

(´・ω・`)「おっと…いつの間にかもうこんなとこまで歩いてたんだ」

从 ゚∀从「ん…あぁ」

(´・ω・`)「ハインはこっちでしょ?じゃあね、また明日」

从 ゚∀从「待て待て待て待て待て!バカかてめぇは!」

(´・ω・`)「なんだよ…明日も早いんだから…」

从 ゚∀从「まだてめぇらバカップルの破局話が終わってねぇよ!このまま帰れるか!」

(´・ω・`)「えぇー…明日も早いんだから早く休め、とか言ってなかったっけ?」

从 ゚∀从「事情が変わってるだろ!オラ、あっちの公園行くぞ!公園!」

(´・ω・`)「えぇー…まぁこうなるよね…」



49 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:45:47.56 ID:tW/qbL2QO

从 ゚∀从「さぁ!さっさと話を聞かせな!」

(´・ω・`)「はいはい…」

(´・ω・`)「うーんっと…とりあえずなんだかんだで僕らは2年生になって…」

(´・ω・`)「まぁそれまで普通に幸せなカップルだったんだ。けど…」

(´・ω・`)「ひとつの事件が起きた」

(´・ω・`)「彼女が…引っ越すことになるんだ」

从 ゚∀从「うっおー…ベタだな、オイ」

(´・ω・`)「ですよねー」

从 ゚∀从「んで…やっぱりそれが原因なのか?」

(´・ω・`)「それ自体が原因とは言えないかな…けど、それが結局…全ての引き金になったんだけどね…」





50 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 22:50:01.82 ID:tW/qbL2QO

本日はここまでにします
支援ありがとうございました



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/24(木) 22:51:15.69 ID:RK8WBPTEO
乙。出来れば次回の日時とか報告して欲しいです。



52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/24(木) 22:53:53.33 ID:a4Lry9PR0
更新キタああああ
乙!!



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/24(木) 22:56:02.86 ID:a4Lry9PR0
芸さんに報告しときますたお!



55 :◆OrZwbhoQDU:2009/09/24(木) 23:00:27.40 ID:tW/qbL2QO
>>51
出来るだけ1ヶ月以内には更新したいですが…
もう一方の現行もあんまりほったらかしにしすぎたくないので明言は出来ないです

>>54
ありがとうございます



56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/24(木) 23:08:10.21 ID:TQMgej3nO


この作品好きだからゆっくりでもいいから完結がんばってくださいな



前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。