◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆(,,゚Д゚)は居候な猫のようです (#゚;;-゚)編

前の話/インデックスページ/次の話

2 :◆jSMnX91Kl2:2009/09/30(水) 23:40:16.46 ID:ifAcCydC0


   (#゚;;-゚)編





3 :◆jSMnX91Kl2:2009/09/30(水) 23:45:15.65 ID:ifAcCydC0
4日間。
わしは宿無しにVIP町をさまよっていた。
今日も居候先はなく、ヘトヘトで住宅街の片隅を歩く。
野良猫のような真似はしたくなかったが、今日は仕方ない。

建物の間の細い道に入り、その先を目指す。
こういう所は衛生面こそ悪いが、建物に挟まれた生暖かい空気と薄暗さも相まって、猫にとって寝床にするには十分な場所だ。



4 :◆jSMnX91Kl2:2009/09/30(水) 23:48:48.41 ID:ifAcCydC0
わしは野良猫の気配を注意深く嗅ぎとる。
野良猫は気性が荒い。
他の猫に勝手に居座られては黙ってはいないだろう。

(,,゚Д゚)「……誰もおらんな」

わしは安心して、雑多に山積みされたダンボール板の上に座り込んだ。

(,,゚Д゚)「にしても、腹が減った」

換気扇から排出されるシチューの香りに悪意を感じる。
遠くで、酔っぱらった男たちの騒ぎ声が聞こえた。
今日も一人、じゃなくて一匹。
なんか寂しい。



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 23:53:02.22 ID:ifAcCydC0
(,,゚Д゚)ゴルァルァルァ

(,,゚Д゚)「ありえん腹の鳴り方だろ」

わしの独り言は、虚しくも虚空の闇に消えた。

(,,゚Д゚)「ぐすん」

(,,゚Д゚)「……こういうときは寝るに限る」

(,,-Д-)「ぐぅ」

(,,-Д-)zzZ

(,,-Д-)「……?」

不意に何者かの気配を感じた。
わしは目を細め、暗闇の奥を見やる。



(#゚;;-゚)「……」


一匹の、汚い猫がいた。



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/09/30(水) 23:54:25.12 ID:QMPxhfBDO
久しぶり



7 :◆jSMnX91Kl2:2009/09/30(水) 23:59:09.47 ID:ifAcCydC0
野良猫。
元々白であっただろうその体毛は、この環境のせいか薄茶色に黄ばんでいる。
身体の所々に虐待されたような傷があり、左耳に至っては無残に千切れていた。

なのにその目は、強い意志を持ってわしを睨みつけてていた。

(,,゚Д゚)(……まずいよなこれ)

喧嘩ふっかけられている、まではいかないまでも、敵意を持っているのは明らかだ。

8 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:03:22.11 ID:+ExTMHbR0
(,,゚Д゚)「ハ、ハニャ~ン」

とりあえず出来る限りの猫撫で声で(猫だけど)好意を向けてみる。

(#゚;;-゚)「……そういうの、いらないよ」

(,,゚Д゚)「!」

(#゚;;-゚)「ねぇ、どいてくれない? そこ私の寝床なんだけれど」

野良猫の視線がわしの足元のダンボールに向く。



10 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:07:34.45 ID:+ExTMHbR0
わしは慌ててそこから降り立った。

(,,゚Д゚)「おぉ、すまんすまん」

(,,゚Д゚)「というかお前も喋れたんだな」

喋る猫など、わしとロマ以外初めてだった。
野良猫はわしの前を横切り、山積みダンボールの上によじ登る。

(#゚;;-゚)「どうでもいいわ、そんなこと」

(,,゚Д゚)「どうでもいいものか。せっかくこうして言葉を持っているのに、もっと意志を伝えあえる喜びを感じるべきだ」



11 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:11:41.14 ID:+ExTMHbR0
(,,゚Д゚)「お前見たところ野良猫だが、名前はあるのか?」

(#゚;;-゚)「あるわよ。私だって最初から野良猫だったわけじゃない」

(#゚;;-゚)「ていうかさ、名前なんてまず自分から名乗るのが礼儀じゃない?」

(,,゚Д゚)「……あぁ、失礼」

(,,゚Д゚)「わしの名前は、あー、なんだったかな。長いこと呼ばれてないと忘れてしまうな」

(#゚;;-゚)「しっかりしてよ。いくら爺さん猫だからって、それくらい覚えてなさいよ」

(,,゚Д゚)「むっ」

失礼な奴だ。



13 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:15:06.12 ID:+ExTMHbR0
(,,゚Д゚)「あーそうだそうだ。思い出した」

(,,゚Д゚)「わしの名前はギコ。昔の知り合いにそう呼ばれていたっけな」

(#゚;;-゚)「ふぅん……どうでもいいけど」

(#゚;;-゚)「私はでぃ。ま、私の名前なんて忘れてくれてもいいけど」

(,,゚Д゚)「ほう、なかなか洒落た名前ではないか」

(#゚;;-゚)「昔の飼い主に付けられた名前だから思い出したくもなかったけど」



14 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:19:17.83 ID:+ExTMHbR0
(#゚;;-゚)「それより、ギコ? あなた人間の家を居候して回ってるそうね」

(,,゚Д゚)「うん? お前とは初対面のはずだが……わかるのか?」

(#゚;;-゚)「わかるわよ。私たちみたいな猫ってね、他にも不思議な力を持っているの。あなたにも心当たりがあるでしょう?」

(,,゚Д゚)「ふむ……まぁ確かにな」

ふと、でぃがクスクスと笑い出す。



15 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:23:03.18 ID:+ExTMHbR0
(#゚;;-゚)「私ね、『不幸』が見えるのよ。なんとなくね」

(#゚;;-゚)「暇潰しに『不幸』を探って見ていると、たまぁに不幸の隣に一匹の猫が見えるの」

(#゚;;-゚)「それが、あなた」

(,,゚Д゚)「はぁ、なるほどね」

(#゚;;-゚)「あなたがその人間のもとに居候してほんの数日もすると、その人間の不幸が消えて、それからぷっつり見えなくなるの」

(#゚;;-゚)「あなたの力は私のものと相反していそうね。幸運を寄せる力とか、そんなものかしら?」

(,,゚Д゚)「似たようなものだ」

厳密に言えば違うけど。



16 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:25:23.75 ID:+ExTMHbR0
(#゚;;-゚)「ふふ、まるで招き猫ね」

(,,゚Д゚)「だがわしは人間の行く先に手を加える気はないよ。わしはいつも傍らで茶々をいれているだけ。わしなんて及ばずもがなってことさ」

(#゚;;-゚)「よく言うわ。不幸なんていうのはね、人間の暗い部分にべったりと張り付いて、そう簡単に払拭できるものではないのよ」

でぃは吐き捨てるように言う。

(#゚;;-゚)「いい気なものね。人間を諭して夢を与えて、それで優越感に浸っちゃってるんだわ」

(#゚;;-゚)「ほんと、反吐が出ちゃう」



17 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:30:02.90 ID:+ExTMHbR0
(,,゚Д゚)「違う。わしの目的はあくまで居候と飯とお喋りだ。人間への助言はそのついでに過ぎん」

(,,゚Д゚)「奴らは結局、自分の足で歩いていかなければならないんだ。わしがどうこうする問題ではない」

(#゚;;-゚)「言ってなさい。人間なんて脆いもの。一度挫折にはまり込めばずるずるとそこに落ちていく」

(#゚;;-゚)「よかったじゃないギコ。あなたの力の賜物よ」

(,,゚Д゚)「……ひねくれとるなぁ、お前」

わしは困り果てて、前足でぽりぽりと耳の後ろを掻く。



18 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:34:31.79 ID:+ExTMHbR0
(,,゚Д゚)「そうだ、わしと一緒に来んか。わしの言うことが少しは理解できるかもしれん」

(#゚;;-゚)「お断り。あんな醜い生き物と二度と関わり合いたくないわ」

(#゚;;-゚)「それに私みたいな不幸をまとった汚い猫がついてきたら、居候すらさせてもらえないんじゃない?」

(,,゚Д゚)「……」

(#゚;;-゚)「……わかったら、出て行って」

(,,゚Д゚)「お前は知るべきだ。どんな過去があったのかは知らないが、もっと人間の良い部分を――」

(#゚;;-゚)「あぁもう! ほんと五月蠅い奴ね!」

突然、でぃは血相を変えて激昂する。



20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/01(木) 00:38:19.91 ID:KHSht0ZyO
いつのまに来てたのか



21 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:39:57.53 ID:+ExTMHbR0
(#゚;;-゚)「あのね、私あなたみたいなのほんっっとに嫌いなの。口を開けば気持ちの悪い綺麗事ばかり。吐き気すら覚えるわ」

(#゚;;-゚)「あなたの戯れ言なんて二度と聞きたくない。わかったら消えなさい」




「この――偽善者」







23 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:42:52.40 ID:+ExTMHbR0
(,,゚Д゚)「……」

偽善者、か。
あるいは、間違いではないのかもな。

(,,゚Д゚)「……邪魔したな」

わしは踵を返し、来た道を戻り始めた。

(#゚;;-゚)「あ、そうそう」

思い出したようにでぃに声を掛けられ、わしは振り返る。

(#゚;;-゚)「あなたの次の居候先の家主、とんでもない欠陥人間よ」



24 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:46:10.83 ID:+ExTMHbR0
(#゚;;-゚)「あなたの上辺だけの薄っぺらい言葉なんて聞き入れちゃくれない」

(#゚;;-゚)「最悪のバッドエンディングはもう見えているけれど、せいぜい頑張りなさい」

(,,゚Д゚)「バッドエンディングね。ま、人の人生なんてどう転ぶかわからんからな。そうならないことを祈るよ」

(#゚;;-゚)「わかるわよ」

そしてでぃは、皮肉げにせせら笑う。


(#゚;;-゚)「だって私、『不幸』が見えるもの」


(,,゚Д゚)「……」

それからわしは何も言わず――いや、何も言えずにそこを立ち去った。



25 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:48:13.09 ID:+ExTMHbR0



   (#゚;;-゚)編終わり




26 :◆jSMnX91Kl2:2009/10/01(木) 00:50:56.93 ID:+ExTMHbR0
続いて川 ゚ -゚)編投下します

長くなるので今日は前編のみ
後編は明日投下です



前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

  1. ■ [くるくる名無しさん]

    ノードックンでフィニッシュです。
    久々にキタ━(゜∀゜)━!!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

お知らせ

管理人へメール

トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)

ブーン系“短編”小説更新状況

    プロフィール

    kuru

    Author:kuru
    特に何も無いよ。

    カウンター

    トータルアクセス:
    ユニークアクセス:
    閲覧者数:



    クリックで救える命がある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。