◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆ξ゚⊿゚)ξ殺人鬼は微笑むようです 五 其の一

前の話/インデックスページ/次の話

1 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:05:37.44 ID:izrXzXjq0
奴は言った。

「そっくりなんだ」

私は未だその言葉の意味を知らない。

なあ、何時かちゃんとその意味を教えてくれるよな?



2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/06(火) 01:06:45.26 ID:I42/zhaAO
うん



3 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:07:45.96 ID:izrXzXjq0
 
 
五 其の一





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/06(火) 01:08:03.94 ID:O4NkS/wfO
鬼違いktkr!



5 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:09:54.45 ID:izrXzXjq0
生まれながらに僕は殺人鬼だった。
手に持つものはすべて凶器になった。
どう動けばいいのかも、どう攻撃すればいいのかも、全部理解できていた。
僕にとっての殺人とは単なる呼吸に過ぎない。

(  ω )「…………」

現代日本で、僕が過ごしてきた環境は普通じゃなかっただろう。
僕は生まれながらに殺人鬼だと自覚していた。

両親は居なかった。物心がついた頃には、とある場所で生活していた。
そこで行ってきたことを簡単に言うならば、世界で最も醜い事だった。

僕が初めて人を殺したのは凡そ五歳の時だった。
よく覚えている。

スナッフビデオというものがある。
娯楽用途に流通させる目的で行われた実際の殺人の様子を撮影した映像作品を指すものだ。

僕は、飼われていたんだ。とある大富豪の豚野郎に。
その豚野郎は僕をゲージへ閉じ込め、体中を鎖で雁字搦めにして僕を飼っていた。



6 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:12:03.48 ID:izrXzXjq0
豚野郎はどこまでいっても豚野郎だった。

「お前は犬だ。いやそれ以下だ」

毎度僕は奴のイかれた口臭を浴びせられそう囁かれた。
豚野郎は僕を道具以下の存在として扱う。

初めて殺した相手は、その時の僕より少しばかり年上の女の子だった。
着る物は無く、体中が痣だらけで、泣いていた。
豚野郎は僕にバットを、同じく少女にも持たせた。

周りには豚野郎とカメラを持った同じく豚野郎。
その他にも畜生以下のゴミクズが沢山居た。

下された命は目の前に居る少女を殺すこと。
少女も僕を殺すように言われた。

豚野郎は殺し合いを撮りたかったんだ。
周りのゴミクズ達が気持ちの悪い笑みを浮かべて僕と少女を急かす。

今思えば、僕が殺人鬼だと気付いたのはこの時だ。

少女はバットを振り上げた。
その瞬間に理解した。
隙が、体制が、筋力が、体力が、全部見て取れた。



7 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:14:12.87 ID:izrXzXjq0
ただ僕は、無意識的に少女をバットでミンチにした。
ゴミ達は失笑している。
そりゃそうだろう。たかだか五歳のガキが、こんな芸当できるわけがないのに。
大方合い打ちでも狙ってたのか、はたまた僕を殺すつもりだったのか。
それは今となっても分からない。

僕は肉の塊を見下ろす。
肉汁の中に白濁したものが混じっていて、僕は同情した。

殺してしまった事にじゃない。
こんな年端もいかない少女が、こんなにも辛い思いをして死んでいったことに対して僕は同情したのだ。

其の日から、僕は豚野郎の専属殺人鬼になった。
いや?言い方を変えよう。
僕は男優になったんだ。スナッフビデオの。

或る時は赤ん坊も殺した。
男の子も殺した。
目の見えない障害児も殺した。
奇形や、ダルマも殺した。

目の前に出されたモノは全てミンチにした。
そしてそれが僕のご飯になった。
比喩じゃない。その肉は全部僕が処理してきた。



8 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:16:21.32 ID:izrXzXjq0
別に、殺そうと思えば豚野郎は何時でも殺せた。
だが僕はそうしなかった。
何故かって?

認めたくはないが、僕はこの豚野郎が居なければ生きていけなかったんだ。
豚野郎の言いなりになっていれば、少なくとも住居と飯にはありつけた。
日々の暴力や、性的な事は我慢した。
生きていくにはそう言う事に慣れなきゃいけないと思ったんだ。

次第に、僕は全部を受け入れ始めた。
その内殺し屋の真似事も始めた。
あの時は……まだ七歳くらいだった気がする。
普通の子供なら考えられないだろう?だが僕にはそれが出来た。
僕に必要なのは、物。
武器という部類でなくてもいい。消しゴムでも十分僕には凶器になる。
爪一枚で僕は首を掻っ切る事が出来た。

そう。
僕は、異常だった。

生まれながらに殺人鬼。
僕はよく思ったものだ。

今ある環境は、その実、自分にとても相応の場所だったんだ。



10 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:18:30.98 ID:izrXzXjq0
だけども、全ては唐突に終わりを迎えたんだ。

(*゚∀゚)

ミ,,゚Д゚彡

二人組の男と女が、全てを殺し尽くした。
豚野郎も、他のゴミクズ共も、全て。

(*゚∀゚)「いい仕事だぜ、布佐。この糞鬼違い共、一斉に掃除できたんだ」

ミ#゚Д゚彡「反吐すらでやしないさ、こんな糞っ垂れたところ」

血塗れになったその二人は、僕へと歩みよる。
女は僕を抱きしめようとした。

僕はその時、殺人鬼だった。
何よりも、誰よりも、冷徹にして非常。
情けも容赦もなく、豚野郎たち以外は全てを敵とみなしていた。
だから僕はその拳と足で、女と闘った。

(*゚∀゚)「おっ、おっ?」

(  ω )「っ、っ!」

女は強かった。今まで対峙したどんな奴らよりも。
全てが違った。



11 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:20:40.77 ID:izrXzXjq0
僕は遊ばれていたようなもんだった。
後から聞いたら、彼女は僕を殺そうか迷っていたらしい。
あの時、僕が、あんな行動をしなかったら、と。

(*゚∀゚)「――お前」

女と何度目かの激突。
僕は右拳を女へとぶつける。
が、それは彼女の左手に阻止された。
ぐっと力を込める。だがどれだけ頑張ってもびくとも動かない。

(*゚∀゚)「泣いてるのか?」

( ;ω;)「――え?」

人生で――物心がついて――初めて泣いた瞬間だった。
どれだけ殴られても、どれだけ殺しても、どれだけ犯されても泣いたことは無かったのに。
全てが解放された。もう、僕は自由になった。それがとてつもなく嬉しくて……僕は泣いた。
その時僕は大声を上げて泣いたんだ。

そして、その瞬間に、僕は生まれたんだ。
ようやくこの世界に意味のある生を授かったんだ。

僕の愛する姉さんの手によって。



12 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:22:49.23 ID:izrXzXjq0
新しい環境は、僕には馴染みの無いものばかりだった。

学校へ行かされた。友達が出来た。
勉強なんてした事がなかったから、僕は何時もテストでは一桁ばかりを取っていた。
その度に、僕は彼女に――姉さんに叱られたものだ。
でも、僕は運動だけは出来た。それはよく褒めてもらった。
給食も残さず全部食べた。どれも美味しくて、初めてで、感動した。

僕の中の普通が普通ではなかったんだと改めて思い知らされる。
ここには誰も僕を傷つける奴が居ない。ここには僕の飯になる奴もいない。
危険な奴も、嫌いな奴も、臭い奴も、居なかった。

(*゚∀゚)「ブーン、楽しいか?」

姉さんはよく、唐突にそんなことを僕に訊いた。
果たして何を指して訊ねているのかは知らない。

だが答えはいつも決まっていた。

(*^ω^)「楽しいお!!」

僕は姉さんに引き取られた。
彼女の家は広く、何でもあった。
テレビだとか、冷蔵庫だとか、他にも僕が目にした事の無い物が沢山あった。
友達が話題に出しているゲームを買ってもらったこともある。
僕はその日一日中、姉さんと楽しくゲームをやったものだ。



13 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:24:57.45 ID:izrXzXjq0
全てを取り巻く環境は最高だった。
もう僕は違う僕だった。
何時の日か、過去、僕が殺人鬼だったことなんて、まるで嘘だったかのように。
僕は普通の子供になった。
遊んで、勉強して、姉さんに甘えた。

けれど時折不安にもなった。
これは夢なんじゃないのかと。
次に目覚め時、僕はあの鉄臭い部屋の中で、また誰かを殺す日々に戻るんじゃないのかと。

よくそんなことで魘された。
酷い夜は泣き叫んで起きた事もある。

(*-∀-)「大丈夫だ、ブーン。お前はもう、大丈夫なんだよ」

( ;ω;)「姉さん……」

その度に、姉さんは僕を優しく抱きしめてくれた。
いつぞやの豚野郎たちのような、荒々しく、痛みを伴うような抱擁なんかじゃない。
温かくて、ふわふわしていて、とても気持ちがよかった。

姉さんは僕をブーンと呼ぶ。
渾名だそうだ。
何故そういう名で呼ばれるようになったのかと言えば、ある日姉さんと二人でピクニックに行った日の事。



14 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:27:06.80 ID:izrXzXjq0
広い空の下、雄大な草原の上に立つ。
こんなにも青々とした空は初めて見た。
空は四角い物で、黒一色だと思っていた僕には、新鮮で、あまりにも綺麗に見えた。

と(*^ω^)つ「ブーン!!」

両手を広げて走り出す。
どこまでも自由に、どこまでも気ままに。
僕は草原の上を走る。

(*゚∀゚)「そうだそうだ!子供はそうあるべきだぜ、ブーン!」

と、姉さんはそう呼ぶ。
今、何て呼んだんだ?

(*゚∀゚)「お前があまりにも嬉しそうにそう叫んで走り回るからさ、そう呼ぶことに決めたよ」

姉さんが僕に名前をくれた。。
内藤平助。それが僕の名前だそうだ。
内藤とは姉さんの名字だ。僕には戸籍は無い。

勿論名前をもらったのは凄く嬉しかった。だが僕には姉さんがつけてくれた渾名の方が特別に思えた。
ブーン。僕の渾名。
初めて、僕を呼んでくれた名前。



15 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:29:15.53 ID:izrXzXjq0
ずっと、そんな毎日が続くものだと思っていた。

普通に学校に通って、普通に友達と遊んで。
普通に給食を食べて、普通に勉強して。
普通に姉さんに甘えて、普通にお風呂に入って。
どこまでも普通な生活が、永遠に続くと思っていたんだ。

(*゚∀゚)「ブーン。少し遠くへ出かけよう」

姉さんは真っ黒なスーツを着て、険しい表情でそう言った。
僕も似たような格好をさせられた。

生まれて初めて新幹線に乗る。
これもまた子供らしい反応を僕は見せた。
兎に角速くて、はしゃいだ。

だが姉さんは、ずっと険しい表情だった。

着いた先は、以前テレビで見たことのある建物だった。
「こっかい」とか言う所で、偉い人が話し合う場所。
そこに僕たちは乗り込む。

エレベーターを下り、地下へ。
幼いながらに、僕は以前のような感覚を思い出していた。
この緊張感、そして緊迫感。
……何だ?



17 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:31:24.07 ID:izrXzXjq0
姉さんが扉を開け放ち、そこに入る。
その瞬間に、姉さんが吹き飛ばされた。

( ^ω^)「え?」

姉さんが受け身を取って倒れる。
僕は、目の前に立つ謎の男と向き合った。

ああ。

敵か。

一瞬で相手の頭まで跳躍して、頭に蹴りを放つ。
男は真横に吹き飛ぶ。僕はそれを信じられない速度で追う。
懐に潜り込んで脇腹をへし折る。
男が呻き声を上げた。

(*゚∀゚)「よせ、ブーン。十分だ」

男が横たわり、僕がそいつの頭を壁に打ち付けていると、姉さんはそう言って僕を止めた。
久しぶりに動いてみたけれども、まだまだ僕も現役のようだった。
この時、まだ僕は九歳。

ミ;゚Д゚彡「なんて強さだ、あり得ん」

部屋に、何人かの人間を連れて布佐の兄さんが入ってくる。
僕は彼をよく知っていた。姉さんと恋仲にある人だ。
彼は僕を助けてくれたし、よく用事か何かで姉さんの所に来ると、決まって僕を構ってくれた。
だから僕は彼が好きだった。姉さんが布佐の兄さんを好きなように、僕も好きだった。



20 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:33:32.63 ID:izrXzXjq0
(*゚∀゚)「オレは反対だ。こんなテストやらされても、どれだけこいつが力を持ってようが、絶対に反対だ」

だのに、その日の姉さんと布佐の兄さんは険悪な感じだった。

ミ,,゚Д゚彡「俺だって反対だよ。けど、これも上からの命令なんだ」

(#゚∀゚)「まだ九歳だぞ!?」

姉さんが叫ぶ。
布佐の兄さんが顔を伏せた。後ろの人たちも悲しそうな顔をしている。

ミ,,゚Д゚彡「だが、その子は間違いなく超感覚者だ!その子は、生まれながらに殺人鬼なんだよ!」

生まれながらに殺人鬼。
そうか。そうだった。
僕は今もまだ尚、殺人鬼だったのか。
そうかもな。さっきも、あそこで寝ている男を殺そうとした。
染み着いているんだ。殺すことが当然になってる。
僕に――姉さんに危害を加えた奴は、殺さなきゃ。

そんな自分にぞっとした。
たぶん昔の僕なら何ら不思議に思うこともなかったろう。
だが、僕は今、普通の子供に近い。
だから僕は、自分自身を汚らわしい存在だと思った。



24 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:36:28.67 ID:izrXzXjq0
ミ,,゚Д゚彡「……その子は何十人も殺してきた。その罪は償わなければならない。
      例えその子の意思じゃなかったとしても、許されることではないだろう!?」

(#゚∀゚)「だから殺させるのか!?その元凶となった、鬼違い共を!?」

ミ,,゚Д゚彡「その子は超感覚者だ!適しているんだよ!」

(#゚∀゚)「何で普通に生きさせてやれないんだ!?こいつに罪なんか無いじゃないか!?
     確かにどんな理由でも殺人が正当化されるなんてのはあり得ないさ!ましてや一般人だ!
     だけどこいつはやっと解放されたんだぞ!?なのにまた、殺人鬼の道に戻れって言うのかよ!?」

ミ#゚Д゚彡「お前は――!!」

がしっと布佐の兄さんが姉さんの肩を掴む。
姉さんの耳に、布佐の兄さんが小言で何かを呟く。
僕にはそれが聞き取れた。

ミ#゚Д゚彡「……これを拒むと、上が抹殺するように命令しているんだ」

(#゚∀゚)「――!」

じろっと姉さんが布佐の兄さんの後ろに控える奴らを睨む。

ミ# Д 彡「頼む、耐えてくれ。俺だって……俺だってブーンをこんな道に堕としたくはない……!
      だが、これはブーンを生かすためなんだ……!」

二人が離れる。
姉さんは、僕に近寄ると強く抱きしめた。



25 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:38:37.19 ID:izrXzXjq0
(* ∀ )「ブーン」

( ^ω^)「……姉さん?」

(* ∀ )「学校、楽しいか?」

( ^ω^)「……うん」

(* ∀ )「友達、いっぱいできたか?」

( ^ω^)「……うん」

(* ∀ )「ご飯、美味しいか?」

( ^ω^)「……うん」

(*゚∀゚)「オレは、好きか?」

僕の目を見つめてそう問う。

( ^ω^)ノ「……大好きだお」

僕は、彼女の頬を撫でてやる。
今にも泣きそうな顔だったから。
僕は姉さんに泣いてほしくなかったから、そうした。

(* ∀ )「ごめんな……ごめんな、ブーン」

( ^ω^)「大丈夫……大丈夫だお……姉さん」



27 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:40:45.66 ID:izrXzXjq0
僕は強いから。
全てを受け入れるから。

生きるために、僕はそれに頷く。
再び僕が殺人鬼になる事をよしとしよう。

普通は僕には贅沢過ぎた。
姉さんは、何も謝ることは無いんだ。

全てを理解できていた。
後ろに控える奴らが、敵になり得たかもしれないということも。
僕がこの先、自由と呼べるものを手に入れることができないことも。

でも、それでも。
僕は姉さんと一緒にいられれば十分だった。

だから僕は頷く。

僕は、『国解機関』にその命を預けた。



29 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:42:54.17 ID:izrXzXjq0
できるだけ姉さんは僕が普通に生きることを望んだ。
それからも、学校には通い続けた。
ただ、友達とは距離を置くことに決めた。

最悪、もう次が無くなるかもしれないから。
別れは辛いだろう。僕にとっても相手にとっても。

(*゚∀゚)「お前は殺人鬼の素質がある」

( ^ω^)「おっ」

姉さんに包丁を渡され、僕は何羽目か分からなくなるほど、鶏を捌いていた。

(*゚∀゚)「鶏を捌くのも、人間を捌くのも変わらない。
     ようはどれだけ早く構造を把握し、見極められるかだ」

姉さんがペティナイフで、鶏をゆっくりと、骨や筋肉を一つ一つ確かめるように捌く。

(*゚∀゚)「いいかブーン。人間なんかも、ペティナイフ一本あれば十分だ。
     刃に指を当てろ。切れるだろ。それを信じろ」

それ一本で、何処までも、何人でも斬り殺せる。
姉さんはそう語る。



30 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:45:03.96 ID:izrXzXjq0
徒手格闘、組手、体術も一通り姉さんに叩き込まれる。
経験して分かったことは、いくら感覚や才能が恵まれているからと言っても、
拳の形、腕の動き一つをとっても本物相手じゃ敵わないということだ。

(; ω )「ぐええええ!!」

姉さんが僕の首を絞める。

(*゚∀゚)「いいか。この状態で首を捻る。軽くでいい。流すように、自然にだ」

ぎっぎっ、と僕の骨が軋む。

(;^ω^)「ぜはーっ!ぜはーっ!」

解放され、酸素が体中を駆け巡った。
生きている。
姉さんと訓練をしていると、毎度毎度生きていることを実感できる。

姉さんは強かった。
それこそ、僕が敵わないくらい。
動きの一つ一つに無駄が無く、武器を持たせたら誰もが敵わない。
素手でも、僕がぼこぼこにされるくらいだ。

(*゚∀゚)「まだまだだな」

姉さんは毎度決まってそう言った。

(;^ω^)「おっおっ。直に追いついてやるお」

僕も毎度決まってそう答えた。



32 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:47:11.29 ID:izrXzXjq0
何時しか僕は姉さんと共に、鬼違いを狩る毎日に身を投じていた。
最初に殺した鬼違いはどんな奴だっただろうか?
そんなことすら覚えられないくらい、僕は殺してきた。

罪を背負っていたんだ。
鬼違いでもない、年端もいかない子供たちや、一般人を殺してきたんだ、僕は。
だから僕は償いの意味も込めて鬼違いを殺す。
嘗て僕を飼っていた鬼違いの豚野郎を重ねて。
殺す事が贖罪になるとは思わない。
けれど、それ以外に僕は方法を持たなかった。

(*゚∀゚)「大分いい動きになってきたな」

( ^ω^)「おっおっ。姉さんのお陰だお」

中学一年生になると、僕は何時しか機関でもそれなりの立場になっていた。
曰く、序列三位。
一位は姉さん、二位は布佐の兄さん、そして三位が僕。

(#^ω^)「布佐の兄さんは銃使ってるからだお」

(*゚∀゚)「馬鹿野郎、銃の扱いは武器の中で一番難しいんだぜ?」

僕は殺す際に包丁を使う。
姉さんの影響だった。



33 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:49:19.71 ID:izrXzXjq0
( ^ω^)「姉さん」

(*゚∀゚)「ん?」

死体を片付けながら、僕は常日頃思っていた疑問を投げかける。

( ^ω^)「どうして包丁なんだお?」

姉さんの家には、銃だって、刀だって、なんだって揃っているのに。
なのに何で態々包丁を?

(*゚∀゚)「ああ、そのことか」

ぽりぽりと顎をかいて姉さんは答える。

(*゚∀゚)「だって包丁ってそういうための物だろ?」



34 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:51:28.21 ID:izrXzXjq0
その年の、雪の強い冬だった。

(;^ω^)「さみーおー」

頭や肩に乗った雪を払い落し、僕は我が家へと帰宅する。
今日は学校――中学校――でテストがあった。
勉強はどうにも、この歳になっても苦手なままで、僕は普段使わない頭を酷使したためか酷く疲れていた。

扉を開けてリビングに出る。

ミ,,゚Д゚彡ノ「おう、ブーン」

( ^ω^)「兄さん!久しぶりだお!」

そこには、向かい合って座る姉さんと、布佐の兄さんの姿があった。
かれこれ半年は見ていなかったから、僕は嬉しさのあまり彼に抱きついた。
相変わらず濃い髭が頬に当たって痛い。

(*゚∀゚)「今日は寒かったろ?早く風呂入って温まりな」

( ^ω^)「あいあいおー」

促されるままに僕は風呂場へと向かう。



35 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:53:36.78 ID:izrXzXjq0
しっかし、未だに考えられない。
こんな生活、あの頃じゃあり得なかったろうな。
程良い温度の湯を身体に浴びせて思う。

身体を綺麗にすることは好きだ。
湯船につかれば疲れも取れる。
風呂はいい。大好きだ。

(;^ω^)「あ、シャンプーねーお」

何度押しても洗剤が出ない。
仕方がないが自分で取りに行こう。
浴室の扉を開ける。寒っ。

(;^ω^)(えーと、確か……)

洗面器の下の棚を開く。
あったあった。

(;^ω^)(姉さん、これくらい補充しといてくれお)

と、そんな事を思っていると耳に何か話声が届いた。

( ^ω^)(……?)

意識を耳に集中させる。感覚を研ぎ澄す。
姉さんと布佐の兄さんの声だ。何かを話し合っているようだが……。



36 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:55:45.33 ID:izrXzXjq0
「……と、言う訳だ」

「へえ……路麻と伊藤を殺せるほどなのか」

「どうする、やるのか?」

「今この街に来てるんだろ?」

「ああ……」

「なら、やるさ」

「でも」

「お前が態々出向いてまでこんな話を持ち掛けてきたんだ。相当ヤバイ奴なのは分かってるよ」

「……つr」

「ストップ。その名前で呼ぶな……」

「スマン……」

……仕事の話だろうか?

(;^ω^)(路麻のおっさんと伊藤さんが殺されただって?)



40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/06(火) 02:00:32.48 ID:O4NkS/wfO
……つr



支援



38 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 01:57:54.86 ID:izrXzXjq0
僕の記憶が正しければ、二人ともかなりの実力者だ。
各個人の戦闘力はそこまで高くは無い。
だが二人の連携には目を見張るものがある。僕だって相手しきれるか危うい二人組だ。
その二人が、殺されただって?

バスタオルを腰に巻いたままリビングへと入る。
布佐の兄さんはしまった、という顔をして、姉さんは上を向いて呻いた。

(;^ω^)「姉さん」

(*-∀-)つ「ん」

と、寄越されたのは分厚い資料。
適当に捲って目ぼしい情報だけを頭に叩き込んでいく。

(;^ω^)「んな」

きっと、日本史上、いや世界の殺人史上、これほどの大量殺人を犯した人間は多分いない。

(*゚∀゚)「必ずしも全てそいつが殺しているというわけじゃない。証拠も不足している」

だがそいつは確実に百を超える殺人を犯している。
そう姉さんは言った。

(*゚∀゚)「ここ何年か、行方不明者と死体の数が異常に増えているんだ。
     それと同時にそいつがちょこちょこと姿を現すようになった」



39 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 02:00:03.37 ID:izrXzXjq0
そしてつい先日、そいつは路麻のおっさんと伊藤さんが担当する地区で発見されたそうだ。

(*゚∀゚)「二人が生きていれば……奴の目的やら色々と情報が増えただろうに……」

だが、顔は割れていたようだ。

(*゚∀゚)「名前は無い。その上、そいつには戸籍も無い」

何だそれは。
まるで昔の僕のようじゃないか。

(;^ω^)「…………」

顔写真を見つめる。
こんな……穏やかそうな顔をした奴が、鬼違い?
こんな普通そうな奴が何百人を殺し回っている殺人鬼なのか?

( ´∀`)

(*゚∀゚)「奴の目的は極めて謎だ。ただ単に殺し回っているようにしか見えないんだよ」

次の貢を見てみろと言われて言う通りにする。



41 :◆io1Iv96tBU:2009/10/06(火) 02:02:20.26 ID:izrXzXjq0
(;^ω^)「……?」

さっぱりだった。
こいつの目的が理解できなかった。

(*゚∀゚)「分かるか?オレには分からない。そいつの目的なんか理解できないよ」

何も無いのだ。
持ち帰る物も無い。残す物も無い。

そう、そいつはただ、殺していくのだ。
あまりにも淡泊に、ただ狩っていくのだ。

分からない。
こいつは今まで出会った鬼違いとは何かが違う。



前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    05 | 2017/06 | 07
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。