◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆(´-ω-`) 「また、アキアカネが飛ぶ季節のようですね。義姉さん」 後編

前の話/インデックスページ

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:29:13.24 ID:RFDuQ2/70
今回はラスト、後編です
そしてまさかの期日通り投下

三話構成です
前編、中編は↓のサイトからどうぞ

まとめサイトさん
 くるくる川 ゚ -゚)
 ttp://kurukurucool.blog85.fc2.com/

 ブーン文丸新聞
 ttp://boonbunmaru.web.fc2.com/

自作品置き場
 ttp://xcyv9xdvhq.sakura.ne.jp/



3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:31:43.19 ID:RFDuQ2/70
【 十 】

生きているのか、死んでいるのか。

それも分からなくなってしまうような、現実味の薄い日を、何日も何日も、繰り返す。

季節は、徐々に秋に変わり始めている。

ほんの少しだけ、日が落ちるのが早まるように感じられた。
蝉の声はすこし遠のき、空の青さが僅かに薄まったように感じられた。

けれど、何の感慨も湧いてこない。
僕の心の感情を司る部分が壊れてしまったように、ああ、そうなんだ、と思うだけだ。

夏休みも終わりが近づいてるんだな、とか、仕送りをやり繰りして秋服を買おうかな、
とか、寒くなり始める前に毛布をクリーニングに出さなきゃいけないな、とか。

そんな、普段思い付くようなことは、何も思わない。



――色々な感情が、すっかり麻痺してしまった。

   そんな中で、シューさんがたまに掛けてくれる声だけが、僕の心をざわめかせる。

   それは息苦しくなるほど、甘く、苦い。





4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:33:47.92 ID:RFDuQ2/70
僕は縁側から、無言で空を見上げる。

(´・ω・`) 「……」

あの夜、この部屋の縁側で。
シューさんが僕に手を伸ばしてきた時、その手を取ったとき。

僕は、堪えることが出来なかった。
衝動的に……シューさんの身体を抱き寄せて、抱き締めた。

そしてシューさんは、僕の彼女への想いに、気付いてしまった。

シューさんとの関係は、あれから、あのままだ。

顔も見ず、直接会話をすることもなく。
夜の食卓では、申し訳程度に世間話をする。

ただ、それだけ。
それだけの日が、続いている。

僕は、何一つできないまま。
時折見るシューさんの後ろ姿の、変わらずに揺れる長い髪を見る。



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:36:04.91 ID:RFDuQ2/70



――忘れられない。

   諦めたくなんか、ない。

   でも……もう、終わりにした方が、いいのだろうか。

   兄と、シューさんのために。

   両親にとってと同じように、兄さんとシューさんにとっても、

   僕は邪魔者でしかないのだろうか。

   僕は、やはり、ここにいてはいけないのだろうか……。





6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:38:24.29 ID:RFDuQ2/70






――そう思い始めた、翌日のことだった。








7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:41:41.82 ID:RFDuQ2/70
その日、兄さんは少し早めに帰ってきた。

それを僕とシューさんは、橙色の陽が差す玄関で出迎えた。

(`・ω・´) 「ただいま」

少しくたびれた様子の兄さん。
大きな鞄をどっかと玄関に置き、屈んで靴ひもを脱ぐ。

(´・ω・`)「お帰りなさい、兄さん。お疲れ様」

シューさんの横顔を見ながら、僕は兄さんに声を掛ける。

lw´‐ _‐ノv「……」

シューさんの表情は……いつもよりも、少しだけ固く見えた。

瞳は暗いままでも、いつもなら表情だけは普段通り、僕との間に起こったことを
隠して、そして何でもないように振る舞っていたシューさん。

(´・ω・`)「……?」

それを少しだけ疑問に思いつつも、僕はそれきりで部屋に戻ることにする。

三人で同じ空間にいるのはひどく辛くて、食事の時間のように、みんなで一緒に
いなければいけないとき以外は避けたかったから。



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:43:53.16 ID:RFDuQ2/70



lw´‐ _‐ノv「約束通り、早めに切り上げてきてくれたんだね。
       良かった」



そんな言葉が、二人に背を向けた僕の耳を掠めた。
兄の返答は、聞こえない。

約束通り。

二人は、何か約束をしているのだろうか。
そして、そのために、兄さんは早めに帰ってきたのだろうか。

恐らくは、そうだろう。

では、その「約束」って?

(;´・ω・)「……」



9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:46:34.87 ID:RFDuQ2/70
……僕のことだろうか。

シューさんは、兄さんに、僕の話をするつもりなのだろうか。

いや。

そんなはずは、ない。
話すなら、もうとっくに話しているはずだ。

これからのことだろうか。

でも、何でもない話なら、シューさんの表情の説明が付かない。

漠然とした不安を抱えたまま、僕は自室に戻った。
この期に及んで保身を考えている自分を、また嫌悪しながら。



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:48:52.73 ID:RFDuQ2/70
僕の部屋の前を、何度かぱたぱたと往復する音が聞こえていた。
それが何事かとは思うけれど、顔を出して確認する勇気はない。

しばらくして、シューさんに呼ばれる。

今日は兄さんが早く帰ってきていたのに、呼ばれたのは普段よりも
ずっと遅かった。

憂鬱な夕食の時間だ。
二人に悟られないように、小さな溜め息を付きながら食卓に着く。

けれども、普段とは様子が違った。

(´・ω・`) 「……?」

すでに席についていた兄とシューさんの顔を見て、僕は首を傾げた。

(`・ω・´) 「……頂きます」

いつもは、明るい表情で、待ちかねたようにその日の出来事を話し始める兄。
その兄はそう言ったきり、険しい顔をして、黙々と箸を口に運んでいる。



12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:50:58.55 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「……」

シューさんの表情も、違う。
夕方に兄を出迎えたときのような、硬い表情をしていた。

兄に話しかけず、何も聞かずに、やはり黙って座っている。

食卓の空気は、重い。

その理由を尋ねることもできないまま、僕も箸に手を伸ばした。



――何分ぐらい、黙って食事をしていたのだろう。



不意に兄が大きな溜め息を付き、箸を食卓に置く。
陶器の箸置きに木製の箸が当たる、きん、という軽い音が、食卓に響いた。

兄は首を振り、シューさんを見て、口を開いた。

(`・ω・´) 「……なあ、シュー。
      まだ、納得してくれないのか?」

その言葉を聞き、シューさんも手を止める。
兄を水、俯きがちのまま、同じように箸を置いた。

張り詰めるような、沈黙だった。



14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:53:10.26 ID:RFDuQ2/70
(`・ω・´) 「何度も、言っているだろう?
      さっきも、父さんと母さんと話したじゃないか」

lw´‐ _‐ノv「……」

無言のシューさんを見て、兄は続ける。

(`・ω・´) 「君に譲れない物があるのは知ってる。
      でも、仕方ないだろう? 仕事は、諦めるしかないんだ」

仕方ない。

その言葉に、シューさんの表情が、ぴくり、と動いた。

僕はその言葉を聞き、察する。

兄が早く帰ってきた理由。シューさんとの約束。
そして、二人が話し合った内容と、この空気のわけを。



――シューさんは、きっと、話したのだ。兄と、父と母に。

   結婚しても、医者の仕事は続けていきたいと、そう言ったのだ。





15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:55:08.99 ID:RFDuQ2/70
シューさんはやはり動かない。
少しだけ顔を下に向けて、食卓の上の料理を見ている。

やがて、ぽつり、と呟いた。

lw´ _ ノv「……仕方ない。
      貴方は、さっきもそう言った。仕方ない、諦めろ、って」

兄は、首を引いて頷く。

シューさんは、とつとつと続けた。

lw´ _ ノv「貴方自身は、どう思ってるのかな。
      私はそれが知りたいんだよ。そう言ったよね?」

(`・ω・´) 「……」

lw´ _ ノv「貴方のご両親は、私に仕事を続けて欲しくない。
      それは分かってる。
      ……じゃあ、貴方は?」

僕は口に運んでいた箸を止める。
そして、シューさんの表情を見る。

彼女は、やはり無表情だ。

けれど、声は違う。
今までに一度も聞いたことがない調子の、静かな、細い声。



18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:56:57.79 ID:RFDuQ2/70



――けれど、シューさんは、きっと……怒っている。

   僕は、直感する。



lw´ _ ノv「これは、私たちの問題。結婚するのは、私と貴方だよね。
      私が知りたいのは貴方の気持ちなんだよ?
      ねえ。貴方は、どう思っているの? 私にどうして欲しいの?」

静かだけれど、胸に響く声。

それは、シューさんの偽らざる気持ちだ。

兄は、両親の言葉に従って、シューさんに仕事を諦めさせようとする。
そこに兄の感情はない。

兄は、両親を疑っていない。
シューさんには、それが許せない。

僕と、同じように。

兄は口ごもる。
食卓に肘を着き、額を指で押さえた。

悩んでいるときの兄の癖だ。



19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 21:58:51.51 ID:RFDuQ2/70
兄はしばらくその姿勢でいて、それからゆっくりと首を振った。

(`・ω・´) 「……俺のことは、いい。
      結婚する以上、シュー、君には家庭に入って欲しい。そのためには、
      仕事を続けてもらうわけにはいかない……仕方ないんだよ」

また。

また、仕方ない、と。

それを聞いて、シューさんは微笑む。

(;`・ω・) 「……」

また同じ言葉を口に出していたことに気づいて。
兄は、はっとしたように顔を上げる。

シューさんは微笑んだまま、静かに椅子を引いて立ち上がった。

lw´ _ ノv「……私はね、君を愛しているんだ。君と、一緒になりたいんだよ。
      この家と結婚したいわけじゃ、ないんだよ」

それは、か細い声だった。
寂しげで、消え入りそうで、全く力のこもっていない声だった。

けれど。



21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:01:28.63 ID:RFDuQ2/70
それでも、僕がはじめて聞くその声は、今までのシューさんの、どんな声よりも、
僕の胸をえぐるように、鋭く響いた。



――その言葉に込められた、憤りと悲しみを。

   そして、シューさんが兄を本当に愛しているのだと……思い知らされて。



シューさんはそのまま、食器は後で片付けるから、そのままにしておいて、と
そう言い残して、静かに食堂を出て行った。

後には、僕と兄の二人が残される。

(;`・ω・) 「……」

兄はしばらく動かない。
やがて、握り拳で力なく、食卓を一度叩いた。

(`・ω・´) 「……くそっ」

食べかけの食事をそのままにして、立ち上がる。

(`・ω・´) 「すまないな、ショボン。
      お前は、気にしないで食べてていいからな」



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:03:42.91 ID:RFDuQ2/70
シューさんの後を追う兄。
僕の背中を、荒い足音が遠ざかっていった。

食卓に三人分の料理を置き去りにされたまま、僕はひとり、そこに残された。

(´・ω・`) 「……」

食欲は、元から全くない。
それを通り越して、胃の中の物を全部吐き出してしまいそうだった。

(;´・ω・) 「う……っ」

僕は、何もせずに、椅子に座っていた。

( ´;ω;) 「っ……!」

涙がこぼれた。

シューさんの口からはっきりと、兄を愛している、と聞いて。

兄とシューさんの間の亀裂を見せ付けられて。

勝手に流れ始めた涙が収まるまで、動けなかった。
僕は湯気の立つ食卓に座って、独り、ただ俯いていた。



24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:05:19.44 ID:pxq0UeaRO
重いなあ
支援



26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:08:21.98 ID:RFDuQ2/70

【 十一 】

あれから、食事には一口も口を付けられなかった。

シューさんと兄の会話。シューさんの言葉。
そして、そんな苦境にあるシューさんを余計に悩ませる、僕自身の存在。

それが、溜まらなく辛くて。
すこしの間泣いてから、僕は部屋に戻った。

(´-ω-`) 「……」

灯りも付けずにバッグから煙草を取り出す。
そのまま縁側に座り、火を点ける。

目を閉じて、何度も深く吸い込む。
何も考えたくなくて、僕はただ黙って煙草をふかし続けた。



――何本も、何本も。

   喉が腫れて、声も掠れてしまうぐらいまで、何本も続けて。





27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:11:14.75 ID:RFDuQ2/70
夜空は、厚い雲に覆われている。
星も、月も、何一つ見付けることができない、暗澹とした闇。

そこに、僕が吐いた煙が風に吹き散らされ、散らばって消える。
僕はただ、それを見送る。

縁側に体育座りをして、ただ、夜空をずっと見ていた。

目の前はぼやけ、霞んで、それから夜空よりももっと、ずっと暗くなっていった。



――風。



外から涼しい風が吹き込んで、僕ははっと身体を起こす。

少し、うとうとしていたようだった。
壁掛け時計を見ると、部屋に戻ってから二時間以上が経ってしまっていた。

(´・ω・`) 「……」

頭がぼうっとする。

色々なことを考え続けていたせいで、頭の中は混乱している。



28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:13:14.45 ID:RFDuQ2/70
シューさんのこと。
両親のこと、兄のこと。

シューさんの顔を思い浮かべるときの、甘く切ない気分。
身体の中で暴れる、彼女をめちゃくちゃにしてしまいたい、という野蛮な衝動。

その衝動にあまりにも素直な……僕の醜い身体の一部分。

両親の言いなりの兄と、シューさんとの確執。
僕自身の、両親との軋轢。

色々なことが立て続けにたくさん起こって、僕は翻弄されっぱなしで。
そして……こんなにも苦しい胸の内を、自分ではどうすることもできなくて。

……もう、いい。

……逃げ出したい。全て、忘れてしまいたい。

そう、思いかけた、その時。



――とん、とん、と。

   襖をノックする音が、控え目に響いた。





29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:15:13.39 ID:RFDuQ2/70
(´・ω・`) 「……」

僕は襖を見る。

その外に立っているのは、兄だろうか。
それとも……。



     「……少年。入っても、いいかな」



耳を澄まさなければ聞き取れないほどの、小さな声。
シューさんの……声。

嬉しい、悲しい、切ない、辛い。
息がつかえそうなほどたくさんの複雑な感情が、一度に湧き起こる。

返事は、決まっている。

(´-ω-`) 「……どうぞ」

僕の返事に応えて。
襖をそろそろと開き……俯いたシューさんが、姿を現した。



32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:17:15.13 ID:RFDuQ2/70
シューさんは俯いたまま、静かに僕の隣に来た。
少し距離を置いて、僕と同じように縁側に体育座りをした。

(´・ω・`) 「……」

lw´ _ ノv「……」

お互い、言葉はない。
少しの間、お互いの顔を見ることもなく、無言でそうしている。

視界の端で、シューさんが顔を起こす。
僕の方は見ない。

lw´ _ ノv「ごめんね。
      嫌な場面、見せてしまった」

(´・ω・`) 「……いえ。いいんです」

まともな会話は、何日ぶりだろうか。

それでも、僕は自然に彼女と言葉を交わしていた。

シューさんは、そのまま、問わず語りに。
ぽつぽつと、話を続ける。

今まで聞いたことがない、小さな細い声で。



35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:19:25.10 ID:RFDuQ2/70
lw´ _ ノv「今日ね。君たちのご両親と、彼と、話をしてきたよ。
      結婚しても、できる限り今の仕事を続けていきたいって」

僕が思ったとおりだった。
両親とも話をしていたとは、思わなかったけれど。

しん、と静まり、沈む夜の闇。そこにシューさんの言葉が溶けていく。

lw´ _ ノv「……最後まで、三人は首を縦に振らなかった。
      挙げ句の果てに、君のお父様がね……」

黒い空を見て、一度、大きく息を付く。

lw´ _ ノv「……女は、黙って家にいればいい。
      お前の仕事は、跡継ぎを産んで育てることだけだ……だってさ」

全身の毛が逆立つような思いだった。

(´・ω・`) 「……父さん」

その言葉を吐いた父の顔は、容易に想像できる。

父なら……きっと、そう言うだろう。
それがどんなに時代遅れで下らない思想かなんて、疑いもせずに。

lw´ _ ノv「腹が立った。けど、それ以上に、悲しかったな。
      お兄さんは、私の隣で、ずっと黙って座ってた。私は……」

言いかけて消えた、その語尾が揺れる。



37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:22:00.62 ID:RFDuQ2/70
lw´ _ ノv「私は、本当に……どうすればいいんだろうね。
      何もかも、自信がなくなってしまいそうだよ」

僕は顔を起こし、シューさんの横顔を見る。
シューさんは、空を見て、ただ無表情に座っているだけだ。

(´・ω・`) 「……シュー、さん」

僕の隣で、シューさんは天を仰ぐ。
そしてひととき、揃えた両脚の間に顔を埋め、そして起こして、笑った。

lw´‐ _‐ノv「ごめんね。誰かに、聞いて欲しかった。
       あんなひどいことを言って突っぱねて、都合のいいときだけ
       私の方から頼るなんてね。本当にひどい奴だな……ははっ」

久しぶりに真っ正面から見る、シューさんの顔。

その笑顔には……何もなかった。

何もかもが抜け落ちてしまって、後はもう、笑うことしかできない。
空っぽで、崖の上に立ってでもいるような、先のない笑顔だった。

謎めいていて、捕らえどころがなくて、不思議に澄み切っていた瞳。

その瞳は、今はもう、重く沈んだ感情ですっかり曇ってしまっていた。



39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:24:31.98 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「さっき、また押し問答してね。兄さんも、とっくに不貞寝してしまった。
       私も、もう、寝るよ。……済まなかったね、少年」

そう言って立ち上がる。
座る僕を見下ろす、その肩を落とした立ち姿にさえ力が感じられない。

lw´‐ _‐ノv「お休み。
       ……風邪、気を付けて」

(; ´・ω・) 「……っ!!」



――行ってしまう。

   ……嫌だ。

   行かせたくない。

   これきりなんて、絶対に嫌だ。

   そんな悲しい顔のままで、また、今までのように。

   絶対に、嫌だ。

   だって、僕は……!





40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:26:41.67 ID:RFDuQ2/70
それ以上、何も考えていなかった。
僕は、床に手を突いて、一気に立ち上がっていた。

そして、僕の隣に立つシューさんに……しがみついていた。

よろけながら、身体ごとぶつかるように。

lw;´‐ _‐ノv「あ、わ」

緊張感の薄い声を上げて、シューさんがよろける。
彼女の胸に顔をぶつけた僕の視界は真っ暗になる。

ほんの一瞬だけ身体が浮く、その浮揚感。



――気が付くと、僕は。

   シューさんの身体に覆い被さり、部屋の中央の布団に倒れていた。



僕の身体の下には、シューさんの身体がある。
手足を大きく広げて仰向けになったその上に、僕がいる。

照明が落ちた、暗い部屋。
二度目に触れる……シューさんの身体。



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:28:43.69 ID:RFDuQ2/70
胸に押し当てた頬。
柔らかい感触の奥から、シューさんの心音が……微かに、聞こえる。



――とくん、とくん。

   とくん、とくん。



lw;´ _ ノv「ちょっと……少年、っ?」

シューさんは慌てて身じろぎをする。
離れたくない。離したら、シューさんは行ってしまう。

また、顔も合わせられない。
最後まで、僕がここを去るまで。

絶対に嫌だ。

もう傷つけたくないのに……それ以上に、恋しくて、恋しくて。
離れたくない、離れられない。

lw;´ _ ノv「こら、少年っ、離しなさいってば!」

シューさんの吐息。豊かな胸。
僕の腰の下にある、ほっそりとした腰と、柔らかく張りのある太腿の感触。



44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:30:34.89 ID:RFDuQ2/70
(;´-ω-) 「……っ」

違う。

押し倒すつもりなんて、微塵もなかった。
ただ、引き留めたくて、離れたくなくて。



――胸の奥でくすぶっていたものが、一気に膨らむ。



今までは、それを押さえ込んでいた。

疲れて、悩んで、苦しんだシューさん。
久しぶりに僕に向けられたその声を聞いた時、僕はもう、とっくに限界だった。

( ´;ω;) 「……嫌だ……!」

涙が、一気に、ぼろぼろとこぼれる。

lw;´ _ ノv「……少年?」



――もう、何をどうしたらいいのかも分からなかった。

   溜め込んできた想いを遮る堰が切れて、涙と一緒に流れ出た。



46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:33:06.10 ID:RFDuQ2/70
( ´;ω;) 「嫌だよ。見たくない……」

シューさんの襟元に、握り拳を押し付ける。
口を歪ませて、吐き出す。

( ´;ω;) 「シューさんのそんな顔、見たくないよ。
      だって……好きなんだ、シューさんのことが、大好きなんだよ……!
      好きになっちゃいけない人なのに、どうしようもないぐらい、っ」

シューさんの衣服の胸元のはだけた素肌に、涙がぽたぽたとこぼれる。

( ´;ω;) 「でも、僕も、僕も……シューさんを苦しめてるのは僕も同じだから、
      だから……だから、何も助けてあげられなくて……!」

lw´ _ ノv「……少年……」

シューさんには、味方がいなかった。

父と母は、嫁など跡継ぎの「材料」ぐらいにしか思っていない。
そして兄は、両親に逆らえない。

この家で、僕だけがシューさんの立場を理解できたはずだった。

それなのに。

僕は彼女に横恋慕し、彼女を陵辱する空想に耽って。
そして結局、シューさんを余計ひどく傷つけてしまった。



47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:36:04.72 ID:RFDuQ2/70
( ´;ω;) 「こんなはずじゃ、こんなはずじゃ……なかったのに……」

そうだ。
僕は、醜い。

シューさんの気持ちなんて、本当は考えてもいなかった。
ただ、いきなり目の前に現れた綺麗な大人の女性に、欲情した。

彼女の境遇に、共感できたから。
彼女は、実の家族のように……いや、それ以上近い距離で接してくれたから。

今だって、そうだ。

いきなり僕に押し倒されて、シューさんは、怖がっているに違いない。
なのに、僕の身体は……。

( ´;ω;) 「なのに、僕は最悪だ。
      こうしてる、今だって……!」

……僕の男性器は、シューさんの身体に反応して、硬くなっている。
脚の内側に当たるそれが何なのか、シューさんにはとっくに分かっているだろう。

( ´;ω;) 「っ……僕は、っ。僕は……どうすればいいんだよ……!
      こんなに、こんなにシューさんのこと、好きなのにっ!」

シューさんに好意を抱いて、彼女の身体を思い浮かべて自慰をした。
恋することの幸せの、その裏にある自己嫌悪。どうにもならない歯がゆさ。

全て涙と嗚咽に変えて、吐き出す。



49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:38:01.92 ID:RFDuQ2/70



――こんなに近くにいるのに、決して手が届かない。

   永遠に、ずっと。

   その空しさと絶望に、僕は、赤ん坊のように声を上げて泣いた。

   歯を食いしばり、拳を握りしめて、固く閉じた目から涙をこぼし続けて。

   シューさんの身体の上で。

   もう幾分小さくなった、虫の声だけが、自分の嗚咽の影から聞こえた。





52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:42:19.98 ID:RFDuQ2/70
lw´ _ ノv「……」

シューさんは……しばらく、動かなかった。
僕が彼女を押し倒したきり、何もしようとせず、ただ泣き出したのを見ていた。

その両手足から、ふ、と力を抜く。
ゆっくり手を上げて、僕の肩に触れた。

( ´;ω;)「っ……!」

僕は、身を縮こまらせる。

僕は、なんということを。

おしまいだ。
もう、なにもかもおしまいだ。

こんなことをして、許されるはずがない。

けれど。

シューさんは、僕を押し退けたりはしなかった。
そのまま、小さな子供を抱くように、きゅうっ、と力を籠めて、僕の肩を抱いてくれた。



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:44:25.74 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「……少年。
      君は、本当に少年なんだね」



――あたたかい両手を、僕の身体にそえたまま。

   シューさんはそう言って、静かに笑った。



いたずらをした子供に言い聞かせるような、優しい声。

( ´;ω;)「シュー、さん、っ……」

不思議な構図だった。

シューさんを押し倒した格好になってしまったのは僕なのに、その僕を彼女は抱いて
くれている。

我が子を抱く母親のように、僕の肩を抱いてくれている。

( ´;ω;)「あ、ううっ……ああああっ……!」

僕はシューさんに抱かれたまま、彼女の胸に両方の拳を押し当てて、泣き続けた。



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:46:55.58 ID:RFDuQ2/70
僕は、涙を流しながら、詫びた。

泣きながら、ごめんなさい、とか、許してください、と言ったような気がする。
けれど嗚咽混じりのその言葉は、シューさんにも聞き取れなかっただろう。

長い時間、僕は泣き続けていたと思う。
その間、シューさんはずっと無言だった。

そのまま、僕は涙が枯れるまで泣いた。

自分の身体の中の、嫌なものや汚いものが、涙で洗い流されていくような。

固まり、滞っていた時間が緩やかに溶けて、とろとろと流れ落ちていくような。

そんな気分を、僕は味わっていた。

これ以上涙が出なくなるほどに泣いてから、僕は身体を起こす。
涙の跡がくっきり残っているであろう顔を手で拭って、それから……シューさんに、
深く頭を下げた。

( うω-)「……シューさん。
      ごめん……なさい」

そんな僕を、シューさんは上半身を起こして、やはり何も言わずに見た。

暗い室内で、外の微かな光を受けたその瞳は、柔らかい色をしていた。



57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:50:48.47 ID:RFDuQ2/70

【 十二 】

いつの間にか、雲間から月が見えていた。

僕とシューさんはまた隣り合わせに座って、それを見上げている。

心は、今は穏やかだった。
色々な感情が荒れ狂っていた僕の心は、たくさんの涙を流したことで
洗い流されたようで、激しい衝動も、後悔も、静まりかえっている。

lw´‐ _‐ノv「……まったく。
       君は私に、ゆっくり落ち込んでいる時間も与えてくれないんだね」

シューさんは僕の目を覗き込んで、笑う。
その笑顔は全くの元通りというわけでもないけれど、暗く陰ってもいない。

( ´-ω-)「……ごめんなさい。
       シューさんだって困っていたのに、僕……また」

また、頭を下げる。

lw´‐ _‐ノv「まあ、びっくりしたけどね。
       びっくりしすぎて、どこまで考えていたか忘れてしまった」

シューさんは立ち上がり、伸びをするように腕を伸ばす。
僕は、シューさんを黙って見上げる。

月光は、日光よりもずっと静かで、柔らかい。
蒼い光が、遠い目をしたシューさんの横顔を暗闇に浮き上がらせる。



58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:53:19.12 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「正直言って、迷ってた。
       君のお兄さんと結婚するか。
       それとも結婚を諦めて、仕事に専念するか」

(´・ω・`)「……そんなに、なんですか」

シューさんが悩んでいるのは知っていた。
けれど、兄との結婚と、今の仕事のどちらを取るかまで考えていたとは、
思いもしていなかった。

lw´‐ _‐ノv「……」

シューさんは、急に押し黙る。
視線を少し険しくして、軽く睨むように月を見た。

lw´‐ _‐ノv「……私ひとりの問題じゃないんだ。
       自分勝手な都合で諦めていいものじゃ、ないから」

(´・ω・`)「……?」

視線を和らげ、僕を見る。
僕は、顔中に疑問符を浮かべてシューさんを見上げていた。

僕の表情を見て、シューさんは少し困ったように首をかしげる。

lw´‐ _‐ノv「なんて言ったらいいのかな……うん。そうだね。
       少年。ちょっと、向こうを向いていてもらっていい?」



60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:55:38.85 ID:RFDuQ2/70
何を言われているのか分からないながらも、僕は彼女の言葉に従う。
座ったまま身体を動かして、シューさんに背中を向けた。



――するり、と、衣擦れの音が、背中に聞こえた。



(;´・ω・)「……シュ、シューさん?」

      「待って。まだ、こっちを向いちゃ駄目」

慌てて振り向こうとした僕を制する。
僕は全身を耳にして、背中で動くシューさんに意識を集中していた。

      「……いいよ」

その声に従って、顔を起こす。

(;´・ω・)「シューさん、一体何を……」

口を開きながら振り向き、僕は絶句した。

……シューさんの、裸の肩。白い肌。

それが、冴え冴えとした月の光の中に、浮かび上がって見えた。
シューさんは……上衣を脱いで、振り返った僕の前に立っていた。



61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 22:58:13.66 ID:RFDuQ2/70
(;´・ω・)「あ、え……!」

言葉を詰まらせて、僕はシューさんを見る。

視線を伏せ、少し恥ずかしそうに俯くシューさん。

その上半身には、何一つ身に着けていない。

身体の前で組み合わせた両腕で、乳房の先端の部分を隠している。
胸の深い谷間の部分は影になり、影は両腕の下に隠れて腰まで続く。

首筋から鎖骨、そして両胸の盛り上がり。
それらが月光を受けて、闇の中に、ぼう、と浮かび上がって見えた。

月明かりの下で、その上体は、それ自身が薄く光っているように見えた。

いきなり目の前に現れたシューさんの身体に、僕は魅入られた。

文字通り、夢にまで見た、シューさんの身体だった。

(*´・ω・)「あ……」

その身体は……言葉を失うほど、美しかった。
僕が想像していたより、ずっと、ずっと、美しかった。

思い切り泣いて、幾分気持ちに整理が付いた状態でなければ。
また僕は、自己嫌悪の海に沈むような真似をしてしまいそうだった。



63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:00:41.70 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「……あのね、あんまりジロジロ見ない。
       別に、裸を見せたい訳じゃないんだから」

恥ずかしげに身体を揺らして言い、シューさんは身体をひねる。
僕に向かって、その身体の右半分を向けた。

すると。

今まで腕の影になり、視界から隠れていたそれが、僕の目に映った。

(;´・ω・)「!」

腕に押さえられて形を変えた乳房。その付け根の下辺りの脇腹から、
身体の前面、へその横に向けて、斜め下に大きなカーブを描いて。



――大きな傷痕が、シューさんの身体に一筋、走っていた。

   丁寧に縫合されたその痕は、手術痕だ。


先ほどまでとは全く違う意味で、再び僕は言葉を失う。

シューさんの、白い、綺麗な肌に、みみず腫れのように盛り上がり、
残ったその手術痕を、ただ目を見開いて見つめた。

あまりにも、痛々しい傷痕。



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:03:31.49 ID:RFDuQ2/70
(;´-ω-)「……っ」

僕は思わず、視線を反らす。
その僕の動きを察して、シューさんは僕に顔を向けないまま、呟いた。

lw´‐ _‐ノv「醜い?」

(;´・ω・)「いえ、違いますっ。そんな……」

必死で否定するけれど、言葉は続かない。

何て言ったらいいのか、見当も付かなかった。
僕が何を言っても、シューさんのこの傷痕は、消えないのだから。

lw´‐ _‐ノv「……答えにくいね。ごめん」

そのままの姿勢で。
シューさんは、静かに口を開いた。

lw´‐ _‐ノv「中学校に入ってすぐ、腎臓の病気にかかったんだ。
       腎臓に膿が溜まってしまって、何年もベッドから出られなかった」

(´・ω・`)「……」

月の光を浴びて、美しい塑像のように裸の上半身を晒したまま。
シューさんは、話を始めた。



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:06:07.22 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「幸い、悪くなったのは左右ふたつの腎臓のうち、右のひとつだけだった。
       家族で何度も話し合った結果、私は悪い腎臓を取り出す手術に同意する
       ことにした」

腎臓には利き手と同じように「利き腎臓」というものがあって、そちらは摘出はできない。
シューさんの場合は幸運にもその利き腎臓は左腎で、手術を行うことができた。

そう、補足する。

シューさんは片腕を解いて、左手の指先で傷痕をなぞる。
戒めを半分だけ解かれた右の乳房が、すこし揺れた。

lw´‐ _‐ノv「当時は、内視鏡手術なんて、並の病院じゃ受けられなかった。
       脇腹を大きく切り開いた傷痕は、こうして私の身体に残ってる」

想像する。

まだ幼かったシューさんは、どんな思いで手術に臨んだのだろう。

女性のシューさんは、身体にこんな傷跡が残ると知っていたのだろう。
知っているとしたら、どれだけ悩んだ末に、結論を出したのだろう。

(´・ω・`)「……」

掛けるべき言葉は、何も見つからない。
僕はただ、その傷痕を見ている。



66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:10:18.73 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「その時かな。医者になろう、って決心し始めたのは」

遠い目をして、夜空の雲の切れ目を見渡す。

lw´‐ _‐ノv「私を、また元通りの生活を送れるようにしてくれた医学への憧れ。
       それに、こんなひどい傷痕を残す術式なんて根絶してやる、ってね」

その努力が実って、医学の道を歩むことになった。
そう言って、少し誇らしげに、シューさんは笑った。

lw´‐ _‐ノv「腎摘出手術はね、今でも、国内で行う摘出手術の55%……半分以上。
       内視鏡手術じゃなくて、私のこのお腹と同じ傷痕を残す術式を採用してる。
       下らないよね。時代遅れもいいところだよ」

ふいに声のトーンを落として、続ける。

lw´‐ _‐ノv「……でもね。話は、それだけじゃないんだ。
       少年は、『病気腎移植』って言葉を聞いたことがあるかな?」

僕はかぶりを振る。
けれど、その言葉の意味は何となく分かるような気がする。

lw´‐ _‐ノv「重い腎不全の患者さんを助けるために、病気の人の腎臓でもいいから
       移植手術を行う。今は色々な問題があって廃止に傾きかけているけど、
       当時はそんな議論はなかったよ」

ふ、と息を吐く。



67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:12:15.78 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「偶然、取り出した私の腎臓を、それでも必要としてる人がいた。
       私の腎臓は、顔も知らない患者さんに移植されることになった」

(´・ω・`)「……その人は?」

シューさんは、ゆっくりと首を振った。

lw´‐ _‐ノv「医者になってから、こっそり調べてみたんだ。いろいろな手を使って、ね。
       当時でさえ珍しい生体腎移植だから、記録を見つけるのは難しくなかった」

言葉を切り、シューさんはため息を付く。
口を開き、息をついて、また閉じる。

少しためらいがちに、後を続ける。
その顔には、深い憂いの色があった。

lw´‐ _‐ノv「とっくに死んでたよ。
       移植手術のあと、すぐに拒否反応が出たって。
       二週間も保たなかったらしい」

(;´・ω・)「……」

lw´ _ ノv「それを知って、私は――」

僕に背を向ける。

白い、たおやかな肩。背中の中央の背骨の窪みに沿って、影が落ちている。
その肩胛骨に、さらさらと艶のある髪がかかる。



69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:15:18.23 ID:RFDuQ2/70
lw´ _ ノv「決めたんだ。
      醜い傷痕を残す摘出術。そんな手術に頼らなければいけない内臓の病気。
      そんな下らないものに苦しむ人を、ひとりでも減らすって。そう、決めたんだよ」

シューさんは、自分自身に言い聞かせるように。
自分の胸に刻み込むように、その決心を語った。

lw´ _ ノv「ずっと、弔い合戦だからね。責任重大だよ。
      だから、私だけの都合でやめてしまうわけにはいかない。そういうこと」

医者一人の力なんて、たかが知れている。
自分ひとりでは、何も変えられないかもしれない。

でも、何もしないわけにはいかない。だから。

そう結んで、シューさんは背中向きのまま、静かに俯いた。

lw´ _ ノv「でも。ここに来てから、何度も自問自答したな。
      誰もいないところで、一人きりで。ふふ……我ながら、女々しいね」



――数日前の夜。

   誰もいない食堂で、無表情で、無言で座っていたシューさん。

   あの時彼女は、声に出さずに何事かを呟いていた。

   それは……。



72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:19:07.75 ID:+Y/5uTQr0
人工透析は不便だからな・・・



73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:19:54.62 ID:RFDuQ2/70
(´・ω・`) 「シュー……さん」

僕は座ったまま、シューさんの背中を見上げたまま、呟く。

僕は、知らなかった。

シューさんに、そんなことがあったなんて。
彼女が、そんな想いを抱えて悩んでいたなんて。

僕はただ、結婚と仕事の板挟みだけになっているだけだと思っていた。

僕は……シューさんのことを、何も知らなかった。
何も知らずに、そこに付け込むような真似をさえ……。

シューさんは、しばらく、俯いていた。
そして……僕に背中を向けたまま、両腕を解いて、下ろした。

lw´ _ ノv「……うん。やっぱり、そうだ。
      どんなに考えても、どちらか片方にはできないんだな。
      私は、どっちも諦められない。君の兄さんも、仕事も」

大きく肩を動かして、息を付く。
そして、言った。

lw´ _ ノv「私は、わがままだからね。
      どっちの願いも叶えるには……戦わなきゃ、いけないんだね」

僕は、彼女の言葉を聞く。
それは強い意志と、決心の言葉。そして……。



74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:21:40.52 ID:nKeKr0a/O
世の秀才達が開拓してきた道でこれなんだから現実は厳しいやね



75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:22:56.61 ID:RFDuQ2/70
lw´ _ ノv「それに――」

横顔を僕の方に向け、微笑んで。

lw´‐ _‐ノv「――こんなに慕ってくれる、いい子をソデにするんだものね。
       負けてなんかいられないね。ね、少年?」

僕を許してくれる、シューさんの……その、優しい声。

( ´;ω;) 「……シューさん、っ……」

知らず知らずのうちに、また涙が目に溜まる。

僕は立ち上がり、シューさんの背中を見る。

脇腹の傾斜と乳房の麓の膨らみに押し上げられ、盛り上がった手術痕。
右脇に残るその傷は、真後ろからでも見えるほどだった。



――分かってる。

   最初から、決して成就はしない片思いだって。

   それでも、悲しく、名残惜しくて、愛おしい。





77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:25:27.77 ID:RFDuQ2/70
そっと手を伸ばして、脇腹の傷に触れる。

シューさんは微かに身じろぎするけれど、僕を制止はしない。

両手をシューさんのお腹の前に回して、僕はシューさんの腰を抱いた。
頬を、シューさんの背中に、肩胛骨の脇に押し当てた。

( ´;ω;) 「……ごめんなさい。
      シューさん、ごめんなさい……」



――好きになってしまって、ごめんなさい。

   助けてあげられなくて、ごめんなさい。

   辛い思いをさせて……ごめんなさい。



lw´‐ _‐ノv「ううん。私の方こそ、謝らないと。
       君の想いには応えられない、そうはっきり言うべきだったんだね。
       それなのに、私はただ君を遠ざけるだけで」

シューさんは、優しく首を振る。



78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:27:00.87 ID:BSQSvTOHO
胸がいっぱいになってきた……



79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:28:01.01 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「ごめんね。悩ませてしまった。
       ありがとう。それでも、こうして私の話を聞いてくれて」

身体の両脇に垂らしていた腕を上げる。

お腹の前で組まれた、僕の両手に沿えて。

lw´‐ _‐ノv「私が決心できたのは、君のおかげだよ。
       ……ありがとう。心から、そう思うよ」

そのシューさんの言葉に。
僕はまた、声を上げて泣いた。

それは、決してただ空しいだけの涙ではなかった。



81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:30:10.51 ID:RFDuQ2/70
不意に。

涙を流す僕の目の前に、中庭から何かが、つい、と飛び込む。

(´・ω・`)「あ……」

それは輝くセロファン状の羽根を震わせて舞い飛び、シューさんの素肌の肩に
止まった。

頭の両脇の、濃褐色の大きな丸い複眼。
広げたままの透明な四枚の羽根には、黒い編み目に似た脈がモザイク状に走る。
その付け根、淡褐色の胸から伸びる胴は、鮮やかな朱色。

それは、アキアカネだった。

黒い夜空。銀色の月に照らされる、白いシューさんの肩。

そこに垂らしたような赤が、微かに羽根を揺らして休む。

lw´‐ _‐ノv「夏も……もう、終わりだね」

呟き、シューさんが指先で、肩を払う。

アキアカネは慌てたように彼女の肩から離れ、飛び去っていく。

それが飛んで行った、夜の闇を。
僕たちはただ、見つめ続けていた。



84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:33:23.34 ID:RFDuQ2/70



――暑い、夏の始まりに。

   僕は、心の底から、あなたに恋しました。

   いいことばかりではなかったけれど……本気で恋しました。

   辛かったけれど、苦しかったけれど……本当に幸せでした。

   だから……。

   だから……ありがとうございます。

   僕は、幸せです。

   本当に、幸せです。





86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:36:31.44 ID:RFDuQ2/70

【 十三 】

翌日の朝。
食堂に差し込む日差しはまだ、変わらず強いけれど、激しく、貫くような強さはない。

さんさんと、と表現するのにふさわしい日光が、開いた窓から差し込む。

lw´‐ _‐ノv「え?」

目を細めた僕の顔を見返して、シューさんは聞き返した。
バターを乗せたトーストを両手で持って、角の部分をかじろうとした姿勢の
まま、目だけで僕の方を見た。

焼きたてのトーストの上を、バターが、つつ、と滑った。

二人きりの、朝の食卓。
こうして差し向かいに座るのは何日ぶりのことだろうか。

僕は繰り返す。

(´・ω・`)「今日辺り、東京に戻ろうかと思います」

シューさんは何度かぱちくりと瞬きをする。



87 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:38:26.98 ID:RFDuQ2/70
lw´‐ _‐ノv「でも、まだ夏休みは終わりじゃないよね。
       ちょっと急すぎないかい? それに、電車とかは?」

(´・ω・`)「大丈夫です。鈍行でも十分帰れますし」

僕の言葉に、そうか、と呟いて、改めてトーストをくわえる。
さく、と軽い音がした。

lw´‐ _‐ノv「……んむ。
       帰れるなら別に問題はないけど、寂しいなあ。
       何でまた、急に?」

トーストを飲み込んでから、心底残念そうに眉を寄せる。
なぜそんなことを言い出すのか、見当が付かないといった様子だ。

僕は、はにかむ。

コーヒーのマグを食卓に置き、シューさんの目を見返す。

(´・ω・`)「……失恋、しちゃいましたから」

シューさんは、僕を許してくれた。
こうして、また一緒に食卓を囲んでくれる。

僕も、今は気持ちの整理は付いている。

けれど、こうしてまた一日中顔を合わせているのが、今度は少し怖い。
いつかまた、僕は衝動的に、シューさんをひどく傷付けてしまうのでは
ないか。それだけが、今もまだ不安だ。



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:40:37.29 ID:RFDuQ2/70
勝手なことだとは分かっている。
けれど僕に今できることは、他に思いつかない。

lw´‐ _‐ノv「私は、別に気にしてないけど?」

シューさんは、そう言って僕をじっと見る。
真っ直ぐな目。不思議な色の、瞳。

(´・ω・`)「ありがとうございます。でも、決めたんです。
       僕にとって、あまり良くないのかな、って。だから――」

変わらないその優しさが、少しだけ怖い。

だから、僕は。

(´-ω-`)「――ごめんなさい。最後まで、わがまま言って」

少しの間を置いて。
シューさんは、頷く。

lw´‐ _‐ノv「そうか。君が決めたなら、私は何も言わない。
       別れは惜しいけどね。愛別離苦の心境だよ。四苦八苦だ」

久しぶりに聞く、良く分からない言い回し。
なぜか妙に懐かしい気すらする。



89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:42:15.69 ID:RFDuQ2/70
優しい声に、柔らかく細めた目で僕を見つめ返すシューさん。
その声には、やはりどこか、寂しさが滲んでいるように感じられた。



――しばし、無言で。

   僕たちは、お互いの目を見る。



ふふ、と、シューさんが笑った。

lw´‐ _‐ノv「私は、やれる所までやってみる。
       これから何をするにせよ、少年もくじけないで。約束だよ」

僕は、深く頷いた。



91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:44:10.03 ID:RFDuQ2/70
朝食を食べてすぐ、荷造りをする。
といっても、着替えをバッグに詰め込むだけだけれど。

それが終わると、シューさんに声を掛けて、僕は家を出た。

(´・ω・`)「出る前に、ちょっと散歩に行ってきます」

lw´‐ _‐ノv「ん。景色の見納めかい?」

(´・ω・`)「……ええ。そんな所です」

そんな会話を交わす。

行き先は告げずに、僕は玄関をくぐった。



――行く所は、決まっている。

   僕には、ひとつだけ、やり残したことがある。

   帰るのは、それを済ませてからだ。





93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:46:19.99 ID:RFDuQ2/70
晩夏の空は、高かった。

引き始めた熱はそれでもアスファルトの上に篭もっていて、暖められた
空気が足元から立ち上る。

通りの植え込みも、まだ変わらぬ深い緑を残している。

夏の盛りよりも一回り小さくなったように感じる太陽を見上げて、僕は
目を閉じた。



――僕ができることは、なんだろう。

   シューさんと兄のためにできることは、どんなことだろう。



それを、ずっと考えていた。

結局、思い付いたのは、たったひとつだけだった。
それでも、何もしないよりはずっといい。

(´-ω-`)「そうだ。それに、何より……」

何より、僕自身が、そうすることを望んでいる。



94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:48:48.60 ID:RFDuQ2/70
記憶を頼りに大通りを歩き、円筒形の古いポストのある交差点を折れる。
大時代的な薬局の、木製の古びた軒先を過ぎて、さらに曲がる。

そこに、兄の勤める診療所があった。

(´・ω・`)「何年ぶりなのかな。ここに来るのって」

独りごち、鉄柵の開け放たれた門をくぐる。

敷石の並ぶ向こうに、白く塗られた木造の建物。

塗装は遠目にも分かるほどあちこちが剥がれて、日陰になる西側の
壁はツタが這い登りかけている。

かつて父が勤めていたここに、兄は毎日通っている。

僕が最後にここを訪れたのは、十年ほど前だろうか。
それとも、もっと前だろうか。

記憶に残る、この診療所。
それはもっと厳めしく、そしてもっと大きく感じたものだった。

それは、僕が成長したということだろうか。

苦笑して僕は敷石を踏み、診療所の木製の戸を押し開いた。

中に入ると、幸い忙しい時間帯ではないようだった。
何人かの老人が待合室の隅のソファに腰掛け、世間話をしているだけだ。



95 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:51:19.27 ID:RFDuQ2/70
僕が頭を下げると、彼らはじろり、と僕を一瞥し、また何事もなかったかの
ように世間話の続きに戻る。

この村で僕の顔を覚えている人は、ほとんどいない。仮にいたとしても、
「跡継ぎになれずに村を出た、医者の次男」として記憶しているだけだろう。

僕は真っ直ぐ進み、待合室の奥の戸をノックする。
そこが、兄が常駐している診察室だ。

(´・ω・`)「兄さん、僕だよ。
       今……入ってもいいかな?」

声を掛けて、そのまま待つ。

暫くして戸が開き、白衣姿の兄が顔を出した。

(`・ω・´) 「お前か。ここに来るのは、珍しいな。
       でも、勤務中だぞ。話なら後にして貰えるか?」

(´・ω・`)「うん……できれば、すぐ話したいんだ。ごめんね」

仕事中の兄は、厳しい顔をしている。
それでも、腕組みをして何事かを呟いた後、僕を診察室に迎え入れてくれた。

(`・ω・´) 「あまり時間は取れないからな。
       午前中に一件、往診があるんだ」

(´・ω・`)「……うん。ありがとう」



96 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:53:46.52 ID:RFDuQ2/70
診察室に入る。兄は診察用のデスクの前にある椅子ではなく、
入り口の脇のベッドに腰掛けた。

ふう、と大きく息をつく。

(`・ω・´) 「で、何なんだ。その話したい事って言うのは」

僕は、診察室の入り口に立ったままだ。
清掃に使うクレゾールと薬品類の臭いが入り交じって、鼻を刺激する。

(´・ω・`)「あのね。
       まず……急で悪いけど、僕、今日じゅうに戻ることにするよ」

兄は、眉を上げた。

(´・ω・`)「向こうでやることもあるし……今は、シューさんがいるしね」

(`・ω・´) 「……そうか。
       やっぱり、気を遣わせたかな。悪いな」

そう言って、軽く頭を下げる。

兄は、僕とシューさんの間に起こったことを知るよしもないだろう。

(`・ω・´) 「で? それが、話なのか?」

問われて、僕は俯く。



97 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:56:07.39 ID:RFDuQ2/70
(;´・ω・)「えーと……あのね。あの……」

言葉が、つかえる。

兄が、怪訝そうな顔で僕を見る。



――こんなことをして、いいのだろうか。

   僕は、出過ぎた真似をしようとしてはいないだろうか。

   ほんの短い時間に、何度も自問自答する。

   そして……決心する。



改めて一度、深呼吸して、口を開いた。

(´・ω・`)「……兄さん。兄さんは、どう思ってるの?
      シューさんの……シューさんの、仕事のこと。
      結婚しても仕事を続けたいって……そう言ってたこと」

兄は顔を上げ、僕を睨む。
それから困ったように腕組みをし、低い声で唸る。

(`・ω・´) 「……あの、晩飯の時の話か……」



98 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/07(水) 23:58:30.28 ID:RFDuQ2/70
(`・ω・´) 「……お前が、何でそんなことを気にするんだ?」

(´・ω・`)「だって。僕の義姉になるかもしれない人なんでしょう?
      その人が困ってたら、僕だって……気になるよ」

兄は押し黙った。

クリーム色のカーテンが、窓辺で揺れている。
木枠の窓の向こうに、高く伸びた夏草が見えた。

(`・ω・´) 「……俺も、迷ってる。
       でも……やっぱり、仕事は諦めて貰うしかないのかな」

兄の口調は、苦い。

(´・ω・`)「……でも。それは、父さんがそう言ったからでしょ?」

(`・ω・´) 「ああ、そうだよ。でも……お前だって、分かるだろう。
       父さんがそう言ったのなら、俺は……」



――違う。

   違うんだよ、兄さん。





99 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:00:30.17 ID:JO99a5wM0
兄は、父に縛られている。

悔しかった。
兄が、シューさんが、そんなものに縛られていることが、悔しかった。

だから、僕は……。

( ´-ω-)「……違うよ」

僕は兄の言葉を遮る。
兄に逆らったことは、今までに数えるほどしかない。

兄も苛立ったようで、声を荒げる。

(・ω・´#) 「だって、仕方ないだろう!
       お前にだって、俺の――」

( ´;ω;)「違う!」



――僕は、叫んでいた。

   耐えられなかった。



(・ω・´;)「……」



101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:02:37.74 ID:JO99a5wM0
( ´;ω;)「兄さんは、シューさんを愛してるんでしょ?
       シューさんだってそうだ。そこに父さんなんて関係ないはずだよ!」

拳を握りしめる。

身体に傷痕を残して、自分の身体の一部を譲り渡した相手を失って。
ずっと弔い合戦だ……そう言ったシューさんの表情を、僕は思い出す。

( ´;ω;)「シューさんは、悩んでるんだよ。苦しんでるんだよ。
       どうしても続けていきたい仕事を、諦めるのは嫌で、それでもっ、
       兄さんを愛してるから……苦しんでるんだよ……」

僕は、俯く。
涙が床にぱたぱたと落ちる。

兄は、呆然とした表情になる。



――ふと、思い出す。

   僕が踏みつけて殺してしまった、緑色の昆虫。

   無念そうに光る甲殻。

   それは……僕自身だ。

   広い庭から逃げ出すこともできず、踏みにじられて死んでいく……。



102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:05:21.47 ID:JO99a5wM0
( ´;ω;)「シューさんは……。シューさんは……僕だ」

あの昆虫は、僕だ。
そしてシューさんも、そうなってしまう。

( ´;ω;)「このままじゃ、僕と同じになっちゃうよ……!」

(・ω・´;)「!」



――僕は、シューさんの力にはなれない。

   兄が助けてあげないと、シューさんは独りぼっちになってしまう。

   見捨てられた、僕のように。

   僕が大好きな、シューさんを助けられるのは……僕じゃない。

   ……兄さん。



兄は、何も言わなかった。



103 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:07:43.18 ID:JO99a5wM0
黙って俯いていた兄は、膝を打って立ち上がる。

僕のそばに立って、泣いている僕の頭をくしゃくしゃと撫でた。
無骨で、固くて、それに温かい掌だった。

シューさんの手は、母親のようで。
兄さんの掌は、父親のようだった。

(`・ω・´) 「……そうだったな。
       お前も、大変だったんだよな……」

( ´;ω;)「……っ」

そう言ったきり、兄は考え込むように黙りこくった。



――診察室を出るときに振り返り、見た兄の目。

   その目は真剣で、僕がドアを閉じる最後の瞬間まで考え込んでいるようだった。





104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:09:41.71 ID:F/k6AWNv0
いい兄すぎる



106 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:11:21.07 ID:JO99a5wM0
戻った僕はバッグを肩から提げて、再び屋敷の玄関に立つ。
今度は、本当の別れだ。

(´・ω・`)「僕、そろそろ行きます。
       ……お世話になりました。シューさん」

シューさんは僕の挨拶を聞いて、少し不思議そうに首をかしげた。

lw´‐ _‐ノv「君が自分の家を出るのに、お世話になった、っていうのは妙だね。
       私の方こそ、お世話になったよ」

二人で顔を見合わせて、笑った。

lw´‐ _‐ノv「会者定離……とはいえ、また幾らでも顔を合わせる事になるかも
       しれないけれど。そうなったら、よろしく頼むよ。少年」

(´・ω・`)「はい。僕の方こそ、よろしくお願いします」

軽く頭を下げて、シューさんを真っ直ぐ見る。

暫くその優しい顔を見るけれど、気の利いた挨拶は浮かばない。

大好きになってしまって、困らせてしまって。
嫌な目に遭わせて、そして最後は、目の前で思い切り泣いて。

すっぱりと忘れられるようなものじゃ、ない。

まだ、シューさんへの想いは、胸の奥底でくすぶっている。
それを嘆く気持ちはあるけれど、全否定しようとは思わない。



107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:13:20.01 ID:JO99a5wM0
僕は、シューさんに恋した。そして、失恋した。

とても形容しにくいけれど……。
……それを忘れてしまうのは、もったいない。

そう表現すればいいだろうか。そんな気持ちが、残っている。

(´・ω・`)「……それじゃ」

去りがたい気持ちを、ほんの一瞬だけ押し込めて。
僕は別れの挨拶をして、シューさんに背を向けた。

玄関の引き戸を、開く。



lw´‐ _‐ノv「――またね。ショボン君」



その言葉に、僕はもう振り向かない。
頭を下げ、そして玄関をくぐった。

南に向かう太陽の日差しは、強かった。



108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:16:31.49 ID:JO99a5wM0
診療所に向かうのとは逆の通りを進み、バス停に辿り着く。
時刻表を見ると、次のバスまではあと30分以上あった。

ヘッドフォンを耳に掛けてプレイヤーの電源を入れ、ベンチに腰掛ける。

流れてくるのは……女性ボーカルの歌声。
シューさんが好きだと言ってくれた、あの歌だ。

(´-ω-`)「……」

ベンチに深く腰掛け直し、空を仰ぐ。
目を閉じ、その歌声を聞きながら、これからのシューさんを思う。



――あなたが、幸せになれますように。

   ただひとつの願いが、かないますように。

   大切な祈りが、届きますように。

   いつの日か、悲しみを……全て、消し去って。





111 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:18:37.82 ID:JO99a5wM0
目を開き見上げれば、まばゆい光。

その視界の縁に、ふと涙が滲んで、揺れる。
瞳のすぐそばで陽を照り返すその光を、僕はそっと指でなぞる。

視界一面の空。
夏から秋へと巡る季節を教えてくれる、風の匂い。

風に細く流れる雲を見ながら、僕は。

家を出るときのシューさんの別れの言葉を、繰り返し思い出していた。



114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:25:49.52 ID:JO99a5wM0

【 結 】

早めに帰省先から戻ってからは、何事もなく、普段通りの日常が待っていた。

灰色の空と排気ガスで汚れた空気には、いつも通り閉口させられたけれど、
それも部屋でごろごろしている内に気にならなくなる。

いつも通りの、夏の終わりだった。

ただ、ただ……どこか、何かが欠けてしまったような、そんな物足りなさは、なぜか
ずっと残り続けていた。

時折、胸がちくり、と痛むことがある。

それは決まって、僕がふとした拍子で寂しさを感じるときに起こる。



――僕はあれから今に至るまで、新しい恋をしていない。





116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:28:27.77 ID:JO99a5wM0
三月になり、僕は高校を卒業した。
実家で父に話した通り、僕は大学には進学しなかった。

高校の面談でも、実家の都合で仕送りを受けられなくなった、
だから卒業後は仕事を探すことにした、と言い張った。

間違いではない。
僕が自主的に、そうなるようにしたというだけだ。

卒業してすぐに、アルバイトを始めた。
それからの時間の流れは、早かった。



――気がつくと、もう夏だった。

   実家に戻り、シューさんに出会ってから、一年が経っていた。

   今年は、実家に戻らなかった。

   シューさんに、会いたい。

   でも……そう思っている内は、会わない方がいい。

   漠然と、そう思った。

   色々考え、悩み……アルバイトに追われるうちに、夏も終わろうとしていた。





118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:31:12.73 ID:JO99a5wM0
夏の終わりの夕方。

見上げる空は、実家の庭から見るあの空とは比ぶべくもない。

僕の部屋は、市街地からは離れた住宅街にある。
周囲には田畑や雑木林もあるけれど、それでもやはり都会だ。

灰色がかってくすんだ空からは、季節の移り変わりを悟るのは難しい。

帰宅した僕は、ポストに一通の封書が届いているのを見付けた。
表面の宛名書きの筆跡には、記憶がなかった。

(´・ω・`) 「……?」

高校の友人とも、今は特に付き合いはない。
誰だろう、と思い、封書を裏返してみる。

差出人の住所は……僕の実家だった。

(´・ω・`) 「これ……」

見覚えのない、丁寧な字で書かれた僕の部屋の住所。
僕の居場所を知っていて、僕の知らない字を書く人。

一人だけ、心当たりがある。



119 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:33:58.29 ID:JO99a5wM0
窓を開け放した部屋の中央に座って、僕はその封書を開く。
傾いた陽の光を反射しながら床に滑り落ちたのは、四つ切りの写真だった。

僕は裏返って落ちたその写真を拾い上げ、見る。

日付は、少し前のものだ。
その写真には、二人の人物が写っていた。



――兄さんと、シューさん。

   二人は、実家の診療所とは違う、どこか大きな病院の一室を背景に。

   白衣を着て、並んで立っていた。

   少しだけ恥ずかしげに、そして誇らしげに微笑む、シューさん。

   その隣で、慌てた様子でこちらに向かって手を振る兄。

   シューさんの手には、白いレースの装飾を施された、小さなケース。

   こちらに向かって開かれたその中には……ゴールドの指輪が、ふたつ。





120 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:36:36.70 ID:JO99a5wM0
(´・ω・`) 「……シュー、さん」

胸の中に、温かいものが広がっていく。
温かくて、優しくて。そして少しだけ、苦い感傷。

この写真がどんなメッセージを僕に伝えたかったのか、すぐに分かった。

シューさんは……願いを、叶えたんだ。

(´-ω-`) 「……おめでとう、ございます。
       兄さん……シューさん」

僕は無言で、その写真を何度も見返す。
幸せそうな兄。幸せそうな、シューさん。

ふと、その写真の隅に、小さな字で書かれた言葉があるのに気付く。
そこには、封筒に書かれた住所と同じ筆跡で、こう書かれていた。



――ありがとう。



……兄は、あの日僕が診療所を訪れたことをシューさんに話しただろうか。
彼女は、僕が兄に話した内容を聞いて、知っているのだろうか。



123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:39:21.58 ID:JO99a5wM0
僕には知る術がないけれど、些細なことだ。

シューさんの念願が叶った。それがただ、嬉しかった。

僕は写真を持ったまま、開いた窓を背に、座ったまま壁にもたれた。

( ´-ω-)「……」

そのシューさんの顔を見るうちに、唐突に。
僕はあの、幼い頃の庭の風景を思い出していた。

……それは、どうしても思い出せなかった、あの日の記憶の続きだった。



126 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:42:19.03 ID:JO99a5wM0


――あの後。

   僕は、泣きながら昆虫の死骸を拾い上げた。
   ちぎれて落ちた足も、はらわたも一緒に、震える掌に拾い集めた。

   そして、台所で夕食の支度をしている母に、それを持って行った。
   母なら、どうすればいいのか教えてくれると思ったからだ。

   母は、僕の手を引いて庭の隅まで連れてきた。
   植え込みの隙間の黒く湿った土を手で掘って、小さな穴を作った。

   ここに埋めてあげて、手を合わせてあげなさい、と。
   泣きじゃくる僕に、優しい声でそう教えてくれた。

   僕はそこに、緑の昆虫の死骸を埋めた。
   手を合わせて、その虫が安らかに眠れるように必死で祈った。   

   数日後。

   僕はその場所から、小さな草の新芽が顔を出しているのに気付いた。
   その草は育ち、伸び、そして夏の終わりに小さな花を咲かせた。

   晩夏の清冽な陽光を浴びて伸びる葉は、あの昆虫のように鮮やかな緑だった。

   花は、やがて来る秋を舞うアキアカネの、震える胴のように鮮やかな赤だった……。





128 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:45:27.12 ID:JO99a5wM0



――僕は、同じ立場のシューさんを助けることで、僕自身を弔った。

   そして、シューさんに許され、救われて。

   その思い出を忘れずに、生きていく。

   僕には、責任がある。

   兄さんが、シューさんが……二人が歩んでいく人生を、見届ける責任が。

   これから先、ずぅっと……一生をかけて。





130 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:48:11.55 ID:JO99a5wM0
僕は、はっきりと自覚した。

決して叶わない恋。

それでも心のどこかで引きずって、心残りのまま、ここまで来た。
それがようやく本当の意味で終わろうとしている、そのことを。

辛くはない、と言えば、嘘になる。

けれど、奇妙にすっきりとした心。

(´・ω・`)「シューさん。
       ……いや、義姉さん」

その人は、もう僕が恋したシューさんではない。
僕の兄の伴侶、僕たちと一生を共にする、僕の家族だから。

僕はズボンのポケットを探り、携帯電話を取り出す。

この番号に自分から電話をするのは、初めてだ。

短縮ダイヤルを選択し、通話ボタンを押して耳に当てる。
一瞬の間の後、スピーカーの向こうで呼び出し音が鳴る。



131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:50:38.88 ID:JO99a5wM0
それを待つ間。

携帯電話を耳に当てる僕の目の前に。
開け放した窓の外から、ひらりと何かが部屋に舞い込む。



――それは、目に浸みる赤……。



僕は、そっと目を閉じる。

(´-ω-`)「……」

携帯電話のスピーカーに届く、軽いフック音。
僕と同じ名字を名乗る、柔らかく、澄んだ声。



――話したいことは、たくさんある。聞きたいことも、たくさんある。

   祝福の言葉以外にも、山ほど。

   けれど、最初の一言は……もう、決まっている。

   それは、そう――





133 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:54:16.11 ID:JO99a5wM0






(´-ω-`) 「また、アキアカネが飛ぶ季節のようですね。義姉さん」











                                              <了>





134 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:54:46.94 ID:L+LAjlpRO




135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:54:59.54 ID:F/k6AWNv0
乙。面白かった



137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:56:41.01 ID:CoBLY3K0O
乙、これはいい



138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:56:59.36 ID:m0/s3ewTO
乙!
最後綺麗にスレタイでおわって感動した



141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:58:01.48 ID:DVr1rh5qO

上手く言葉に出来ないが、とても面白かった



142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:58:24.56 ID:61s209ptO
乙。
切なかったけどすごくよかったよ。



143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/10/08(木) 00:58:44.42 ID:8D6f/jzSO
乙でした
前中後編にわたり楽しませてもらいました
面白かったよー



145 :◆BXpnga8YvJwe:2009/10/08(木) 01:05:00.44 ID:JO99a5wM0
またこんな時間になってしまった
読んでくれてありがとう

書きたいことを全部書こうと思ったら、ずいぶん長くなってしまった
Hな展開を期待してた人がいたら、悪かったかなと思ってます

一個だけ、前編でシューが聞いてた曲について

分かる人だけ分かって貰えれば……と言おうと思ったのだけど、
本編で部分的に歌詞を引用しているので、聞かれもしないのに
蛇足で申し訳ないとは思うけど、ここで挙げておきます

平原綾香の『Reset』
大神のタイアップ曲です

じゃあ、また



前の話/インデックスページ




■この記事へのコメント

  1. ■Re: (´-ω-`) 「また、アキアカネが飛ぶ季節のようですね。義姉さん」 後編 [くるくる名無しさん]

    久しぶりにブーン系で泣いたw
    最後のresetもこのストーリーに合い過ぎだと思った
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

お知らせ

管理人へメール

トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)

ブーン系“短編”小説更新状況

    プロフィール

    kuru

    Author:kuru
    特に何も無いよ。

    カウンター

    トータルアクセス:
    ユニークアクセス:
    閲覧者数:



    クリックで救える命がある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。