◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆未来の世界の人型ロボッ(゚、゚トソンのようです その4

前の話/インデックスページ/次の話

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:41:32.28 ID:CSMyEmB8P
代理


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:46:42.47 ID:PGTcAVTxO
      ,,r'!^!^!^ィ,
     ,r''゙´ ̄ `゙'J゙゙i,
     〈((( (,(,!、 i[》《]i
     || 0  0リ)| 、|、 代理スレ立て感謝の極みです
     !\ ヽ  !|ヽ//
      /::E〔X〕:ヨ⌒ヽ、
     (:::::E;::::::;ヨ::::::::::::i
     /::∧  ~ヽ;ノヾ;::\_,
     ./:_/ )、_,,〈__`<´。,ゝ
 _∠゚_/ ,;i'`~~j;:::: ̄´ゞ’\_
 `つノ /j゙      'j;:::\:::::::::;/´::|
     /;i'        'j;::::::::\/ ::::;/
    /;i'         :j;:ヽ:::/ ;;r'´
    /;i'       ,j゙::ヽ/::;r'´
   /;i'_,,_,,_,,_,,_,_,_,_,i゙::::;/ /
  ヽ、:::::::::::::::::::::::__;r'´;/
    `├‐i~ーヘ,-ヘ'´
    i⌒i.~j   fj⌒j
      ̄      ̄
まとめ くるくる川 ゚ -゚)さん http://kurukurucool.blog85.fc2.com/blog-entry-348.html
      ブーン文丸新聞さん http://boonbunmaru.web.fc2.com/tanpen/humanrobot.htm
      ブーン系小説グループさん http://boonnovel.g.hatena.ne.jp/bbs/558


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:48:21.05 ID:PGTcAVTxO
( -_ゝ-) zzz

(゚、゚トソン

(゚、゚トソン「あーるーはれたーひーるーさがりー」

( -_ゝ-)

(゚、゚トソン「いちばーへつづーくみちー」

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン「にーばーしゃーがーごーとーごーとー」

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン「こうしーをのせーてゆくー」

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン「あ、おはようございます」


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:49:11.02 ID:PGTcAVTxO


未来の世界の人型ロボッ(゚、゚トソンのようです




6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:51:04.50 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソン「アラームでは不服だったようですので、メロディーで起こしてみました。美声の」

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「それしかラインナップなかったのか」

(゚、゚トソン「ないです」

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン「朝から鬱屈とした気持ちになれたでしょう?」

( ´_ゝ`)「大分鬱屈としたよ」

(゚、゚トソン「私ももう外に出たくないです」

( ´_ゝ`)「自分が鬱屈としてるじゃねーか」

(゚、゚トソン「今日は留守番します…」

( ´_ゝ`)「別にいいけどなぜ歌ったし」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:51:45.83 ID:c1VE0UiGO
朝からドナドナとは

支援


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:52:59.45 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソン「それはそうと今日の朝食です」

( ´_ゝ`)「なんで海苔とかひじきとか黒いものばっかりなんだ?」

( ´_ゝ`)「言っとくがハゲの心配なら無用だぞ、親父はハゲてるけど」

(゚、゚トソン「ハゲは知りませんが、鬱屈とした気持ちを表してみました」

( ´_ゝ`)「朝食の仕込みの段階からドナドナかけるつもりだったんだ…」

(゚、゚トソン「何分レパートリーが乏しいものですから」

( ´_ゝ`)「じゃあ俺のiPodでも聞くか?」

(゚、゚トソン「そうですね。ただ留守番していても暇ですし、お願いします」

( ´_ゝ`)「ほい来た。っていうかiPodも知ってんのな」

(゚、゚トソン「もうその注釈いいですよ面倒ですし」


12 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:55:08.07 ID:PGTcAVTxO
カチカチ

(゚、゚トソン「予想通りアニメソングばっかりですね」

( ´_ゝ`)「ロボットソングと言ってくれ。もしくは兄尊」

(゚、゚トソン「自分を尊べと言いたいのですか?」

( ´_ゝ`)「兄者の兄じゃないから」

(゚、゚トソン「そうですか」

( ´_ゝ`)「ちなみに俺のおすすめはこの辺だけど…スピーカーどこやったかな」

(゚、゚トソン「あ、でしたら少々お待ちを」

( ´_ゝ`)「ん?」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:56:41.41 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソンと ゴソゴソ

(゚、゚トソン――=- ビローン

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン――=-「繋いでください」

( ´_ゝ`)「本当多目的だよね…」

(゚、゚トソン――=[◎□] グサッ

( ´_ゝ`)「再生っと」

カチッ


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 18:58:49.29 ID:PGTcAVTxO



(゚、゚トソン「夜空の星が輝く影で悪の笑いがこだまする」

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン「星から星に泣く人の涙背負って宇宙の始末」

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン「銀河旋風ブライガー お呼びとあらば即参上!」

( ´_ゝ`)「再生しといてなんだけど」

(゚、゚トソン「J9 J9 情け無用」

カチッ

(゚、゚トソン「…?何故止めたんですか?」

( ´_ゝ`)「たいらいさおボイスで歌うメイドは嫌だと気付いた」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:00:19.21 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソン「そうですか…じゃあ次に行きましょう」

カチカチ カチッ




(゚、゚トソン「恋をするように 声を重ねれば KISS」

( ´_ゝ`)「やっぱり女性ボーカルがいいよね」

( ´_ゝ`) モシャモシャ

(゚、゚トソン「あたしのHEARTは ここにあるよいつだって」

( ´_ゝ`) モシャモシャ

カチッ

(゚、゚トソン「あの」

( ´_ゝ`)「ん」

18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:01:33.77 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソン「これ、原曲わかってる人いるんでしょうか」

( ´_ゝ`)「きっといるよ」

(゚、゚トソン「じゃあいいですけど」

カチッ

(゚、゚トソン「だけど Oh!君の 輝く目は何を」

( ´_ゝ`) モシャモシャ

(゚、゚トソン「さがし続けるの? Oh! MY FRIENDS」

( ´_ゝ`)「(今までで一番役立っている気がする)」


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:02:50.87 ID:7V1Bev19O
兄者の趣味が古い件


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:03:28.44 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「んじゃ行ってきます」

カチッ

(゚、゚トソン「お供します」

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「鬱屈とした気分はどうなった」

(゚、゚トソン「歌の力って偉大ですね」

( ´_ゝ`)「ああ…そう…」

(゚、゚トソン「ヤック・デカルチャー!」

( ´_ゝ`)「俺が言いたいよそれ」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:05:06.13 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「あー、そういやタイヤ替えてもらわないとな」

(゚、゚トソン「自転車の悲鳴が聞こえるようですね…可哀想に…」

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン「すいません」

( ´_ゝ`)「わかればいい」

(゚、゚トソン「誰がこんなことを…」

( ´_ゝ`)「わかってなかった」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:23:06.42 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「今何時?」

(゚、゚トソン「おやじ」

( ´_ゝ`)「いつか言おうと思ってたけど君ギャグセンス壊滅してるよね」

(゚、゚トソン「薄々気付いてました」

( ´_ゝ`)「…まだ時間あるな。先に自転車置いてくるか」

(゚、゚トソン「近くに修理屋さんがあるんですか?」

( ´_ゝ`)「ああ、結構世話になってるところなんだ」

(゚、゚トソン「じゃあ行きましょうか」

( ´_ゝ`)「面倒だからロボットは隠すぞ」

(゚、゚トソン「了解です」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:06:09.37 ID:PGTcAVTxO
カラカラカラ

( ´_ゝ`)「うぃーっす」
  _
( ゚∀゚)「おー、兄者か。久しぶりだな」

(゚、゚トソン「おはようございます」
  _
( ゚∀゚)「あ、どーも」
  _
( ゚∀゚)
  _
(; ゚∀゚)「って誰!?メイド!?っていうか彼女!?」

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン
  _
(; ゚∀゚)「え?何固まってんの?」

( ´_ゝ`)「いや…まともな反応だったから逆に何て言っていいかわからなくて…」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:07:56.96 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソン「今まで変人しかいませんでしたからね」

( ´_ゝ`)「こいつはこいつで変人だけどな」
  _
( ゚∀゚)「相変わらず失礼なやつだな。俺はただおっぱいを愛しているだけだ」

(゚、゚トソン「変人ですね」
  _
( ゚∀゚)「つーか、マジで彼女なの?兄者はそういうのと縁無いと思ってたんだけど」

( ´_ゝ`)「んー…まぁ、説明すると長くなるんだが、とりあえず彼女ではない」

(゚、゚トソン「デリヘルでもありませんよ」
  _
(; ゚∀゚)「わかってるよ!そんな勘違いしないって!」

(゚、゚トソン

(゚、゚トソン「変人とか言って本当すいませんでした」
  _
( ゚∀゚)「え?ああ、うん」


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:09:41.65 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソン「申し遅れました、メイドのトソンと申します」
  _
( ゚∀゚)「俺は長岡ジョルジュだ。兄者とは高校の同級生」

(゚、゚トソン「大学生ではないのですか?」

( ´_ゝ`)「大学に入らずに実家を継いだんだよな」
  _
( ゚∀゚)「親父の手伝いの延長線で楽だったからな。乗り物も好きだし」
  _
( ゚∀゚)「っと、それで思い出した。今日は何の用なんだ?」

( ´_ゝ`)「ああ、自転車のタイヤを替えて欲しいんだ」
  _
( ゚∀゚)「パンクでもさせたのか?」

( ´_ゝ`)「ご覧の通り」
  _
( ゚∀゚)「どれどれ」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:12:14.70 ID:PGTcAVTxO
  _
(; ゚∀゚)「ってうっわめっちゃ磨り減ってる!!どんだけ乗り回したんだよ!?」

(゚、゚トソン「五分ぐらいですかね?」
  _
(; ゚∀゚)「いやこれ年単位の磨り減り方だぞ!確か半年ぐらい前に替えたばっかだろ!?」

( ´_ゝ`)「色々あったんだよ…」
  _
(; ゚∀゚)「色々ありすぎだろ!便利な言葉だな!」

( ´_ゝ`)「まぁともかく頼むわ。通学が面倒で仕方ない」
  _
( ゚∀゚)「…わかった、深くは聞かねーよ。どうせ教えてもらえないだろうしな」

(゚、゚トソン「そうしてくださると助かります」
  _
( ゚∀゚)「でもせめてこの人のことは教えてくれないか?気になりすぎる」

(゚、゚トソン「私ですか」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:14:10.76 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「ぼちぼち出ないと講義に間に合わないんだが」
  _
( ゚∀゚)「げ、もうそんな時間かよ…しょうがねーな」
  _
( ゚∀゚)「タイヤは替えとくから、取りにくるときにでも話聞かせろよ」

( ´_ゝ`)「考えとく。じゃあ頼んだ」
  _
( ゚∀゚)「あいよ。んじゃまたな、トソンちゃん」

(゚、゚トソン「はい。失礼します」
  _
( ゚∀゚)「…ふむ…サイズは80ギリってとこか…?」

(゚、゚トソン「聞こえてますよ」
  _
( ゚∀゚)「サイズは80ギリってとこか!!」

(゚、゚トソン「だからって堂々と言わないでください」


34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:17:13.36 ID:7V1Bev19O
80か…


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:15:43.72 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「よし、行くか」

(゚、゚トソン「そうですね」

( ´_ゝ`)「もうタイヤだめにしないでくれよ」

(゚、゚トソン「遅刻しそうな時に限定します」

( ´_ゝ`)「遅刻するほうがマシだから止めて」

(゚、゚トソン「そんな遠慮なさらなくても」

( ´_ゝ`)「してねーよガチ拒否だよ」

(゚、゚トソン「わかりました、無料にしますから」

( ´_ゝ`)「金取る発想も止めろ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:18:39.98 ID:PGTcAVTxO
教室

('A`)「兄者おせーなー」

ガラッ

(゚、゚トソンつ< ´_ゝ`)「噂をされたところでタイミングよく現われましたよ」

('A`)「その光景を見慣れてる自分が怖い」

(つ´_ゝ`)「髪」 ゴシゴシ

(゚、゚トソン「おはようございます」

('A`)「今日は遅かったな、どうかしたのか?」

( ´_ゝ`)「自転車屋行ってた。タイヤの交換に」

('A`)「へー」

川 ゚ -゚)「パンクでもしたのか?」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:20:19.54 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「ああ、ちょっとな…っておい」

(゚、゚トソン「何故いる」

川 ゚ -゚)「ファイティングポーズをとらないでくれ」

(゚、゚トソン「そう言いながらドライバー持ってるのはどういうことですか」

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)「いつの間に…」

( ´_ゝ`)「無意識かよ、こえーよ」

川 ゚ -゚)「まぁ今日は二人と同じ講義を取っているだけで他意はない」

('A`)「そう言いながらスパナを取り出すなよっていうかどこから出した」

川 ゚ -゚)「…いつの間に…」

(゚、゚トソン「わざとやってますよねあなた」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:24:55.46 ID:PGTcAVTxO
川 ゚ -゚)「とにかく大丈夫だ。今日は朝これを分解してきたからな」

( ´_ゝ`)「っていいながらばらばらになったパーツ見せられてもなんだかわからないから」

川 ゚ -゚)「冷蔵庫だ」

(;'A`)「でかっ!!分解対象でかっ!!」

(゚、゚トソン「これはパーツの一部ですか」

川 ゚ -゚)「粗大ゴミに出てたんでつい…」

( ´_ゝ`)「まぁ不法投棄されっぱなしよりはマシだな」

(;'A`)「なんかもうそういう問題じゃないだろ…」
                ヤ
川 ゚ -゚)「くくく…気を抜くと分解ってしまうかもしれないぞ…」

(゚、゚トソン「あなた、最低です」


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:26:04.57 ID:TcaXaAuB0
このクー好きだ支援


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:26:25.35 ID:PGTcAVTxO
~講義中~

 「(ドライバー手入れしてるよ…)」
    O        O                         「……」
    o        o                    (゚、゚トソン
   ( ´_ゝ`)    ( 'A`)    川 ゚ -゚) ~♪       ∪ ∪ )
   つ[ l ]と  つ[ l ]と   つ==--と         (__(_⊃
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 l  \                          \
 l   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
 l   .l                           l
 l   .l                           l
 \  l                           l
   \l__________________.l


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:28:00.80 ID:PGTcAVTxO
川0゚ -゚)「ふー、やっと講義が終わったな」

( ´_ゝ`)「やだ…つやつや…」

('A`)「ってあれ?トソンさんは?」

( ´_ゝ`)「どうやら不穏な空気を察して逃げたらしい」

川0゚ -゚)「何?せっかくの語らいの時間を…MOTTAINAI」

('A`)「語らいたくないから逃げたんだろ」

川0゚ -゚)「まぁそういうことならしょうがないな…」

( ´_ゝ`)「しかしどこ行ったのかねぇ」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:29:46.88 ID:PGTcAVTxO
その頃トソン

(゚、゚トソン「ふぅ…危ない危ない。またあんな目に遭っては敵いませんからね」

(゚、゚トソン「せっかくですし、購買でご主人のお昼でも買って帰りましょうか」

(゚、゚トソン「お金は、と…ちゃんとありますね。ご主人の財布」

(゚、゚トソン「隙を見てスっておいて良かったです」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:32:04.09 ID:PGTcAVTxO
ミセ*゚ー゚)リ「ふぃらっしゃしゃっしゃせ…せー」

(゚、゚トソン「一から十まで言えてませんから」

ミセ*゚ー゚)リ「トソンさんじゃないですか。今日は流石さんはどうしたんですか?」

(゚、゚トソン「まだ講義中です。時間を見てもらえばわかると思いますが」

ミセ*゚ー゚)リ「あ、本当だ」

(゚、゚トソン「…念のため言っておきます。砂時計では時間はわかりませんよ?」

ミセ*゚ー゚)リ

ミセ*゚ー゚)リ「ですよね」

(゚、゚トソン「(もうだめだこの人)」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:32:44.56 ID:pxtWEK5o0
もうだめだこの二人。支援


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:34:14.97 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソン「ご主人のお昼でも買おうかと思いまして」

ミセ*゚ー゚)リ「さすがメイドさん、気が利きますね」

(゚、゚トソン「それほどでもあります」

ミセ*゚ー゚)リ「今日は丁度新しいお弁当が入ったんですよ!」

(゚、゚トソン「それは期待できそうですね。ちなみになんというお弁当ですか?」

ミセ*゚ー゚)リ「『地獄の灼熱マカロニ弁当』です」

(゚、゚トソン

(゚、゚トソン「おにぎり三つください」

ミセ*゚ー゚)リ「かしこまりましたー」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:36:08.23 ID:PGTcAVTxO
ガラッ

(゚、゚トソン「ただいま戻りました」

( ´_ゝ`)「お、ちょうどいいところに。俺の財布知らない?」

(゚、゚トソン「どうぞ」

( ´_ゝ`)「なんだ、トソンが持ってたのか。というかその手の袋はなんだ」

(゚、゚トソン「お昼にと思って買ってきたおにぎりです」

('A`)「気が利くなぁ」

(゚、゚トソン「メイドですから」

川 ゚ -゚)「うむ…一体どんなAIが組まれているのか…」

(゚、゚トソン サッ!!

川 ゚ -゚)「だからファイティングポーズは止めてくれ」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:37:49.89 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソン「そういえば、皆さんはお昼はどうなさっているんですか?」

('A`)「俺はこの通り弁当。自炊なんだぜ」

(゚、゚トソン「意外ですね」

('A`)「男の独り暮らしを舐めんなってことよ」

( ´_ゝ`)「須尚は?」

川 ゚ -゚)「コンビニ弁当だ。料理はからきしでな…魚をほぐすのとかは好きなんだが」

(゚、゚トソン「そんなところにまで中毒を持ち込まないでください」

川 ゚ -゚)「小骨を取るのとか心が躍るぞ。全部姉さんに食われるけど」

( ´_ゝ`)「大人げなさすぎるだろあの人」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 19:39:10.20 ID:PGTcAVTxO
~午後講義中~

            「(使い回した…)」   
                            O
        O     O     O          o
       o      o       o            (゚、゚トソン
   ( ´_ゝ`)    ( 'A`)    川 ゚ -゚)           ∪ ∪ )
   つ[ l ]と  つ[ l ]と   つ==--と         (__(_⊃
 l\ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\
 l  \                          \
 l   l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
 l   .l                           l
 l   .l                           l
 \  l                           l
   \l__________________.l


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:09:33.04 ID:PGTcAVTxO
('A`)「終わったーい」

川 ゚ -゚)「私はロボ研があるんで失礼するよ」

( ´_ゝ`)「おう、頑張れよ」

川 ゚ -゚)「ああ。目標に向かって邁進するのみだ」

(゚、゚トソン「真面目なのか不真面目なのかわかりませんね本当に」

川 ゚ -゚)「いつだって真面目だとも。じゃあな」

ツカツカ…

('A`)「真面目だから怖いんだけどな」

( ´_ゝ`)「確かに」

('A`)「まぁいいや。俺らもサークル活動と洒落込もうぜ」

(゚、゚トソン「洒落込むって…」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:11:28.58 ID:PGTcAVTxO
コンコン

( ´_ゝ`)「俺です俺」

「勝手に入りゃんせ」

('A`)「どんどん適当になってくよねこのやり取り」

ガチャ

lw´‐ _‐ノv「はろー。今詰め将棋してっから用事なら後でな」

( ´_ゝ`)「相変わらず暇なんですね」

('A`)「先輩四年っすよね?大丈夫なんすか?」

lw´‐ _‐ノv「ああ、いざとなりゃ留年するし」

(゚、゚トソン「それは大丈夫と言いません」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:13:25.30 ID:PGTcAVTxO
lw´‐ _‐ノv「まぁ私も思うことはあるよ…このままでいいのかって」

('A`)「今日はいつになくナーバスっすね」

lw´‐ _‐ノv「このまま何の思い出もなく卒業していのか…って」

( ´_ゝ`)「おいちょっと今俺たちの存在がっつり否定しましたよ」

lw´‐ _‐ノv「なんかさぁ、こう…ぱーっと盛り上がりたい気分なんだよねぇ」

(゚、゚トソン「ぱーっと、ですか」

lw´‐ _‐ノv「そそ。近いうちなんかイベント開くかもだから、覚えといて」

('A`)「わかりました」

lw´‐ _‐ノv「多分私忘れるだろうから」

( ´_ゝ`)「開く気ないだろあんた」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:15:43.56 ID:7V1Bev19O
たまにいるよなこんな感じの人


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:15:43.59 ID:PGTcAVTxO
lw´‐ _‐ノv「…んー…ここは金か…でもそうするとなぁ…」

('A`)「完全に詰め将棋の世界に入っちまったな」

( ´_ゝ`)「こういうときの集中力だけはハンパないからなぁ先輩」

(゚、゚トソン「変人ですね」

('A`)「どうする?俺らも将棋でも打つか?」

(゚、゚トソン「なんなら私が相手しましょうか」

('A`)「打てるの?」

(゚、゚トソン「メイドですから」

( ´_ゝ`)「相変わらず答えになってないがすげー自信」

('A`)「んじゃ、ちょっと相手してもらおうかね」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:17:46.08 ID:PGTcAVTxO
('A`) パチッ

(゚、゚トソン パチッ

パチッ パチッ パチッ パチッ パチッ パチッ

(゚、゚トソン「王手」

( ´_ゝ`)「はやっ」

('A`)

('A`)「詰み…だと…」

( ´_ゝ`)「よわっ」

('A`)「マジかよ…俺、CPUの弱いなら楽勝で勝てるのに…」

( ´_ゝ`)「ただの弱いものいじめだよそれ」

(゚、゚トソン「今の私は激辛設定ですしね」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:20:29.57 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「んじゃ、次は俺がやるよ」

(゚、゚トソン「ご主人でも手加減しませんよ」

('A`)「よし、兄者。いつもの必殺技をかましてやれ」

( ´_ゝ`)「将棋ってそういうゲームじゃねーから」

パチッ パチッ パチッ パチッ パチッ

('A`)「そこでアルファベットPをだな」

( ´_ゝ`)「お前が弱い原因がわかったよ…」

パチッ パチッ パチッ パチッ パチッ

(゚、゚トソン「王手」

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「詰んでるし…」

('A`)「連コインや!」

( ´_ゝ`)「うるせー、言われんでもそうするわ」


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:22:18.76 ID:PGTcAVTxO
キーンコーンカーンコーン…

( ´_ゝ`)「…もう時間か。結局一勝もできなかった」

('A`)「くそ、やっぱCPUにゃ勝てないのか?」

( ´_ゝ`)「まぁ現代だってチェスチャンピオンより強いAIが出来てるからな…」

(゚、゚トソン「加えてお二人とも大して強くないですしね」

( ´_ゝ`)「ぐさっと来た」

('A`)「事実だから仕方ないけどな」

lw´‐ _‐ノv「む…ここは香車が肝か…」

('A`)「まだやってる」


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:23:47.98 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「俺は帰るけど、お前はどうする?」

(゚、゚トソン「もちろん帰りますよ」

( ´_ゝ`)「いやお前じゃなく」

('A`)「ちょっとレポートやってから帰るわ。締め切り明日なんだ」

( ´_ゝ`)「何故将棋したし」

('A`)「刹那的に生きてるもんでね」

( ´_ゝ`)「ちっともかっこよくないから」

(゚、゚トソン「同意です。普段もあれですけど余計に」

('A`)「うっせ!俺が泣く前にさっさと帰れ!」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:26:32.77 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「そんじゃジョルジュんち行くか」

(゚、゚トソン「タイヤ、直ってるといいですね」

( ´_ゝ`)「直ってなかったら預けた意味ないから」

(゚、゚トソン「今のうちにイメージトレーニングをしておかないと」

( ´_ゝ`)「なんのだよ」

(゚、゚トソン「こう、急ブレーキをかけながら横滑りになってですね」

( ´_ゝ`)「磨り減らすイメトレは止めて」

(゚、゚トソン「ご主人の神経も磨り減っちゃいますね」

( ´_ゝ`)「すでに大分磨り減ってるがな」


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:29:04.98 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「うぃーっす」
  _
( ゚∀゚)「…っつーわけで、三日ぐらいかかりますかね」

lw´‐ _‐ノv「なるほどのー」

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「何かいるー!!」

lw´‐ _‐ノv「そういうリアクションは君には似合わんぞ」
  _
( ゚∀゚)「え?こちらさん兄者の知り合い?」

lw´‐ _‐ノv「愛人その3です」
  _
( ゚∀゚)
  _
( ゚∀゚)「兄者…お前…随分プレイボーイになったな…」

( ´_ゝ`)「堂々とした嘘ぐらい見破ってくれよ…大学の先輩だから」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:31:24.35 ID:PGTcAVTxO
(゚、゚トソン「それにしてもいつの間に大学を出たんですか?」

lw´‐ _‐ノv「ふと顔を上げたらアメーバしかいなかったんでな。逃げてきた」

( ´_ゝ`)「ドクオ…強く生きろ…」

(゚、゚トソン「それで、こちらには何故?」

lw´‐ _‐ノv「なんかさー、うちのハニーの調子が悪かったのよ」
  _
( ゚∀゚)「とりあえず悪いとこの目処はついたんで、預かって直すって話してたんだ」

lw´‐ _‐ノv「やっぱはちみつぶっかけたのはまずかったかねぇ」
  _
( ゚∀゚)「いや、多分それは違うんで…なんでぶっかけたかは気になりますけど」

(゚、゚トソン「…ハニーだけに…?」

( ´_ゝ`)「スルーしろ。怪我するぞ」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:32:58.29 ID:PGTcAVTxO
lw´‐ _‐ノv「まっ、しょうがないやね。修理のほど、お頼み申し上げます」
  _
( ゚∀゚)「おっけーっす。兄者の知り合いとあっちゃ、手抜きも出来ませんしね」

( ´_ゝ`)「普段はしてんのかよ」
  _
( ゚∀゚)「適度に壊れてもらわなきゃ仕事がなくなっちまうからな」

( ´_ゝ`)「汚れてやがる」
  _
( ゚∀゚)「先輩のとお前のはちゃんと直してやるからほっとけ」

lw´‐ _‐ノv「ところで美人補正でお安くならない?」
  _
( ゚∀゚)「バストは?」

lw´‐ _‐ノv「85」
  _
( ゚∀゚)「20%引きで」

( ´_ゝ`)「汚れてやがる」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:35:19.59 ID:PGTcAVTxO
lw´‐ _‐ノv「んじゃ、また取りに来るんでシクヨロ」
  _
( ゚∀゚)「ありっとしたー」

(゚、゚トソン「しかしまぁ誰とでもすぐ打ち解けますねあの人は」

( ´_ゝ`)「会話は支離滅裂なんだけどな。そこが魅力っちゃ魅力なんだろ」
  _
( ゚∀゚)「着やせするタイプだしな」

( ´_ゝ`)「それは関係ない」

( ´_ゝ`)「ってか、うちの自転車は?」
  _
( ゚∀゚)「そうだったそうだった」

カラカラカラ


86 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:37:09.78 ID:PGTcAVTxO
  _
( ゚∀゚)「ほれ。ついでに油も差しといてやったぜ」

( ´_ゝ`)「毎度毎度ありがたい」
  _
( ゚∀゚)「しめて4000円ってところだな」

( ´_ゝ`)「美人補正もよろしく」
  _
( ゚∀゚)「あ?ぶち殺すぞてめー」

( ´_ゝ`)「俺じゃねーよ、こっち」

(゚、゚トソン「汚いとか言いながらがっつり利用するんですね」
  _
( ゚∀゚)「ふむ…バストは?」

(゚、゚トソン「設計によれば、78です」
  _
( ゚∀゚)「設計?…まぁいいや、サイズは予想通りか」


88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:39:05.77 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「んで、どうよ」
  _
( ゚∀゚)「5%引き」

( ´_ゝ`)「露骨~」

(゚、゚トソン「単純なサイズ比較より敗北感を感じるのですが」

( ´_ゝ`)「まぁ、好みは人それぞれだから…」
  _
( ゚∀゚)「ブラの色を教えてくれたらもう10%引くぜ」

( ´_ゝ`)「お前本当汚いな」

(゚、゚トソン「というか完全にセクハラですよ」

( ´_ゝ`)「色ぐらい言ってやれトソン」

(゚、゚トソン「ご主人ですけど死ね」


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:40:30.72 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「ちっ。じゃあ3800円か…5000円で」
  _
( ゚∀゚)「毎度あり。1200円の釣りな」

( ´_ゝ`)「んじゃ、また何かあったら来るわ」
  _
( ゚∀゚)「おう。おっぱ…先輩にもよろしく伝えといてくれ」

(゚、゚トソン「本当心が汚いですね」

( ´_ゝ`)「一字一句違わず伝えといてやるよ」
  _
( ゚∀゚)「逮捕されない程度で頼む」

( ´_ゝ`)「既に逮捕レベルだと思うけどな…じゃあな」
  _
( ゚∀゚)「ありっとしたー」
  _
( ゚∀゚)
  _
( ゚∀゚)「あ、トソンちゃんのこと聞き忘れた」


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:41:36.04 ID:PGTcAVTxO
カラカラカラ

(゚、゚トソン「しかし見違えましたね」

( ´_ゝ`)「あれで仕事は丁寧だからな」

(゚、゚トソン「人は見かけによらないというか何というか」

( ´_ゝ`)「よっと」

(゚、゚トソン「どうですか?」

( ´_ゝ`)「普通」

(゚、゚トソン「ですよね」


93 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:42:32.11 ID:PGTcAVTxO
( ´_ゝ`)「そんじゃ帰るぞー。トソンはランニングな」

(゚、゚トソン「思いやりのかけらもない」

( ´_ゝ`)「誰のせいで金かかったと思ってんだ」

(゚、゚トソン「その件については反省してます」

( ´_ゝ`)「だといいんだがな」

(゚、゚トソン「とにかくさっさと帰りましょう。ぼやぼやしてると置いていきますよ」

( ´_ゝ`)「ぼやぼやしなくても置いてかれそうな気がする」

(゚、゚トソン「メイドダーッシュ!!」

ダダダダダダダ…

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「のんびり帰るかぁ」

今日の分終わり


94 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/04(水) 20:44:02.79 ID:PGTcAVTxO
またキャラ増えたけど多分次回もキャラ増える
一週間後ぐらいに投下できるといいね

じゃあまた


前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

  1. ■Re: 未来の世界の人型ロボッ(゚、゚トソンのようです その4 [くるくる名無しさん]

    おもしろいなあ
  2. ■ [くるくる名無しさん]

    ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
    新機能キタ━(゜∀゜)━!!
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

お知らせ

管理人へメール

トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)

ブーン系“短編”小説更新状況

    プロフィール

    kuru

    Author:kuru
    特に何も無いよ。

    カウンター

    トータルアクセス:
    ユニークアクセス:
    閲覧者数:



    クリックで救える命がある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。