◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆未来の世界の人型ロボッ(゚、゚トソンのようです その6

前の話/インデックスページ/次の話

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 21:51:20.32 ID:GaSx0fcw0
代理


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 21:56:46.32 ID:acM3kV2TO
毎度毎度代理ありがてぇ

      ,,r'!^!^!^ィ,
     ,r''゙´ ̄ `゙'J゙゙i,
     〈((( (,(,!、 i[》《]i
     || 0  0リ)| 、|、 規制解けてください…マジで…
     !\ ヽ  !|ヽ//
      /::E〔X〕:ヨ⌒ヽ、
     (:::::E;::::::;ヨ::::::::::::i
     /::∧  ~ヽ;ノヾ;::\_,
     ./:_/ )、_,,〈__`<´。,ゝ
 _∠゚_/ ,;i'`~~j;:::: ̄´ゞ’\_
 `つノ /j゙      'j;:::\:::::::::;/´::|
     /;i'        'j;::::::::\/ ::::;/
    /;i'         :j;:ヽ:::/ ;;r'´
    /;i'       ,j゙::ヽ/::;r'´
   /;i'_,,_,,_,,_,,_,_,_,_,i゙::::;/ /
  ヽ、:::::::::::::::::::::::__;r'´;/
    `├‐i~ーヘ,-ヘ'´
    i⌒i.~j   fj⌒j
      ̄      ̄
まとめ くるくる川 ゚ -゚)さん http://kurukurucool.blog85.fc2.com/blog-entry-348.html
      ブーン文丸新聞さん http://boonbunmaru.web.fc2.com/rensai/humanrobot/humanrobot.htm
      ブーン系小説グループさん http://boonnovel.g.hatena.ne.jp/bbs/558


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 21:59:13.35 ID:acM3kV2TO
ガラッ

( ´_ゝ`)「うぃーす」

(´、`トソン

('A`)「おーっす…って、トソンさんどうしたんだ?」

( ´_ゝ`)「ああ…それな。ほら、前回今が五月だって発覚しただろ?」

('A`)「その言い方はおかしいけどその通りだな」

( ´_ゝ`)「だから五月病にかかったんだって」

('A`)「へー」

('A`)

(;'A`)「って急にかよ!リアルは十一月なのに!?まだこれ六話目なのに!?」

(;'A`)「せめてもうちょっとやってからかかれよ!ただでさえゆるゆるなんだぞこの話!」

( ´_ゝ`)「うん、その言い方もおかしいよ」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:00:06.93 ID:acM3kV2TO


未来の世界の人型ロボッ(゚、゚トソンのようです




7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:02:14.33 ID:acM3kV2TO
(;'A`)「ってか、五月病って精神的なものだろ…なんでロボットがかかってんだよ」

(´、`トソン「私は精密なAIを搭載していますから…」

('A`)「精密通り越して最早めんどくさいよ」

( ´_ゝ`)「朝も大変でな」


~~~回想~~~

( ´_ゝ`)「飯は?」

(´、`トソン「やる気出ません」

( ´_ゝ`)「じゃあ自分でやるか」

~~~回想終わり~~~


( ´_ゝ`)「ってな感じで」

('A`)「いやそれ一人暮らしのときに戻っただけだろ」


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:03:56.12 ID:NN+tL9EHO
今最もwktkしている現行支援


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:04:17.87 ID:acM3kV2TO
( ´_ゝ`)「今日は家で寝てろって言ったんだけどな」

('A`)「寝て治るもんか…?」

(´、`トソン「さぁ…」

( ´_ゝ`)「ご覧の通り受け答えも覇気がまるでない」

(´、`トソン「デリヘル好きの変態野郎とか思っててすいません…」

( ´_ゝ`)「しかも謝っちゃう」

('A`)「おいお前謝られてないぞこれは」

(´、`トソン「うっぜぇなこの人とか思っててすいません…」

('A`)「ああ…やっぱそんな扱いなんだ俺…」


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:06:23.59 ID:acM3kV2TO
( ´_ゝ`)「しかしどうしたもんかね。これはこれでこっちの調子が狂う」

('A`)「まぁ確かに」

(´、`トソン「あの…クーさんに見てもらうのはどうでしょうか…」

( ´_ゝ`)「ゲゲェーッ!分解を自己申告したぁーッ!」

('A`)「お前はなんで無駄にハイテンションなんだ」

(´、`トソン「このままでは皆さんに迷惑がかかりますし…」

('A`)「重症だなこれ」

(´、`トソン「背に腹は変えられません…」

( ´_ゝ`)「ちょっとだけ思いやりの心が芽生えたようです」

('A`)「このままのほうがマシな気もしてきた」


11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:08:27.12 ID:acM3kV2TO
キーンコーンカーンコーン…

( ´_ゝ`)「っと、もう講義か」

(´、`トソン「あ…では私は外に出ていますね…」

('A`)「え?マジで?」

(´、`トソン「はい…邪魔になりますし…それでは…」

ガラッ バタン

( ´_ゝ`)

('A`)

('A`)「本当にいいんじゃないかこのままで」

( ´_ゝ`)「いや、うん…でもこのままだとただの大学生活話になっちゃうし…」

('A`)「異次元台詞自重」


14 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:10:19.81 ID:acM3kV2TO
~講義中~

                ( ´_ゝ`)「何で俺右向いてるんだろう」
_________   /    ヽ、
||\             / |   | |
||\\         (⌒\|__./ ./
||  \\          ~\_____ノ|
||   \\             \|    ('A` )「不便な顔してるからだよ」
.     \\             \ /    ヽ
.       \\             / .|   | |
.        \\         (⌒\.|__./ ./
          \\         ~\_____ノ|


15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:12:16.83 ID:acM3kV2TO
キーンコーンカーンコーン…

( ´_ゝ`)「ふー。昼か」

('A`)「結局トソンさん一度も入ってこなかったな」

( ´_ゝ`)「だな…何してんだか」

('A`)「さっき見たらぼーっと立ってたけど」

<パシャ!パシャ!パシャ!パシャ!パシャ!

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「写真撮られてるよ…」

<モウチョット『シナ』ツクッテミヨウカ!

( ´_ゝ`)「ポーズ指導されてるよ…」

('A`)「今外出たくねー」


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:14:51.93 ID:acM3kV2TO
<オッケー!イイシャシントレタヨ!

<ハァ…ソウデスカ…

( ´_ゝ`)「あ、終わった」

<ジャアマタヨロシク!

('A`)「よし、今しかないぞ」

( ´_ゝ`)「おう」

ガラッ

( ´_ゝ`)「トソン大丈夫か?」

('A`)「変なことになってなきゃいいけど」


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:17:44.39 ID:acM3kV2TO
ゾロゾロ ゾロゾロ ゾロゾロ ゾロゾロ  (´□`トソン ハァ…
                     / /と
  (゚、゚トソン  (゚、゚トソン  (゚、゚トソン / /ニ⊃
   」 」     」 」     」 」

(;゚A゚) そ「変なことなってたーーー!!」

( ´_ゝ`)

(;゚A゚)「今週のビックリドッキリメカかよ!!」

( ´_ゝ`)

( ´_ゝ`)「…すげぇ…」

(;゚A゚)「いやすげぇけど嫌だろあれ!!」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:20:01.91 ID:acM3kV2TO
 (゚、゚トソン
  」 」

(;'A`)「つーか何、これはどう対応したらいいの」

( ´_ゝ`)「とりあえず撫でてみよう」

( ´_ゝ`)つ)) ナデナデ
    (゚、゚トソン
     」 」

(゚、゚トソン「サワンナヤ」

( ´_ゝ`)「おお…喋った…」

(;'A`)「無駄に高圧的だ…」


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:20:42.93 ID:X82j/bFVO
川д川が
ミ*゚д川→ミセ*゚、川→ミセ*゚ー゚)リってなるのはいつですか?


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:22:07.54 ID:acM3kV2TO
(´、`トソン「あ…お二人とも…講義終わったんですね…」

('A`)「ああ、うん…そうなんだけど…それよりさ…」

( ´_ゝ`)「意外と軟らかい」
 つ゚、゚トソと
   ノ=ヽ バタバタ

('A`)「何これ」

(´、`トソン「ミニトソンです…」

('A`)

(´、`トソン

('A`)「えっ」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:24:11.34 ID:acM3kV2TO
('A`)「いやいやいや。なんかもっと説明ないの」

(´、`トソン「ないです…すいません…」

  ( ´_ゝ`)「おいこれ意外と伸びるぞ」
 つ ゚  、 ゚ ト  ソ と
    」     」

('A`)「うわーほんとだーすげー」

    ( ´_ゝ`)
つ  ゚   、  ゚  ト   ソ  と
    」       」

    ( ´_ゝ`)
つ              と パッ
(  ゚   、  ゚  ト  ソ  ン
    」       」

  ( ´_ゝ`)
  つ   と
Σ (゚、゚トソン そ パチーン!!
    」 」


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:26:24.96 ID:acM3kV2TO
(゚、゚トソン「コワレルワボケ」

('A`)「むしろあれでまだ壊れなかったのが驚きだよ」

(´、`トソン「ご主人には敬語を使いなさいとあれほど…」

(゚、゚トソン「オマエモツコテヘンヨウナモンヤンケ」

( ´_ゝ`)「そこも上下関係ないんだ」

(゚、゚トソン「ウチハソンナモンニシバラレヘンネン」

('A`)「(というか何で関西弁なんだ…)」


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:28:54.09 ID:acM3kV2TO
  ワイワイ   ガヤガヤ        |
                         |
( ´_ゝ`) (´、`トソン ('A` )      |

  (゚、゚トソン (゚、゚トソン (゚、゚トソン

                        (゚-| ヌゥッ
                         つ
( ´_ゝ`) (´、`トソン ('A` )      |

  (゚、゚トソン (゚、゚トソン (゚、゚トソン

                        (゚-| ……
                         つ
( ´_ゝ`) (´、`トソン ('A` )      |

  (゚、゚トソン (゚、゚トソン (゚、゚トソン


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:30:56.06 ID:acM3kV2TO
川 ゚ -゚)「(い…今起こったことをありのまま話すぜ…)」

川 ゚ -゚)「(『トソンさんの様子を見に来たらちっちゃいトソンさんがいっぱいいた』)」

川 ゚ -゚)「(……)」
       ヤ
川*゚ -゚)「(分解りてぇ…)」
             ヤ
川*゚ -゚)「(むしろ…分解らざるを得ないっていうか…)」

川*゚ -゚)「(なんで喋れるんだよ…なんで伸びるんだよ…なんで関西弁なんだよ…)」

川*゚ -゚)「(……)」
               ヤ
川 ゚ -゚)「(…あーでも…分解るとトソンさんに嫌われそうだな…)」

川 ゚ -゚)「(……)」

川 ゚ -゚)「…三体いるな、あれ」 ボソッ

……

天 ゚ -゚) フッ… (゚- ゚ 悪


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:32:06.35 ID:NN3/7vJLO

出たw


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:32:42.25 ID:acM3kV2TO
天 ゚ -゚)「ダメですよクー…」

(゚- ゚ 悪「いいじゃねーかやっちまえよ」

川;゚ -゚)「(くっ…私の中で天使と悪魔が闘っている…!)」

天 ゚ -゚)「ここは謙虚に、分解は一体だけに留めておくのです…」

(゚- ゚ 悪「構うもんか、三体全部バラバラカーニバルだ」

川;゚ -゚)「(バラバラカーニバルだと!?くそっ、なんて甘い響きなんだ!)」

川;゚ -゚)「(だが、トソンさんには嫌われたくない…私はどうすれば…)」

天 ゚ -゚)「クー…」

(゚- ゚ 悪「クー!」

川 ゚ -゚)「(…私は…私は…!)」

川 ゚ -゚)「(悪魔には屈しない!!)」

(゚- ゚ 悪「うわっちょっやめ…ぎゃー!!」


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:34:07.37 ID:acM3kV2TO
゚::  -::
 亜::  心::
    ゚::

川;゚ -゚)「(はぁ…はぁ…やった!私は悪魔に勝ったんだ!)」

天 ゚ -゚)「おめでとう…成長しましたね、クー…」

川 ゚ -゚)「(ああ、ありがとう…天使。これでトソンさんに嫌われずに…)」
                      ヤ
川 ゚ -゚)「(いや、待て。どっちにしろ分解るんじゃん、数の問題だけじゃん)」

天 ゚ -゚)

天 ゚ -゚)b「一体なら許してくれますよ」

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)b「(だよね!!)」


川;д川「(さっきからどうしたんだろう…あの人…)」


30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:36:14.85 ID:acM3kV2TO
川 ゚ -゚)「そういうわけで」

('A`)「いや待てどこから現われてどういうわけだ」

川 ゚ -゚)「このミニトソンさんは貰っ…うわ何これ想像以上に軟らかい!」
つ゚、゚トソと
  」 」

ダダダダダ…

(;'A`)「微妙な捨て台詞残して逃げた!!」

( ´_ゝ`)「おい、あれ間違いなく分解されるぞ」

(´、`トソン「……」

(´、`トソン「別に…まだいっぱい残ってますし…」

(゚、゚トソン「セヤナ」

( ´_ゝ`)

('A`)


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:37:53.15 ID:acM3kV2TO
                                         川д;川 そ

                                川*゚ -゚) ウッヒョオオオ
                           ε= つ゚、゚トソと
                                 」 」

                       / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                      |
                      |

   「「じゃあいいか…」」

( ´_ゝ`)   ( 'A`)   (´、`トソン

       (゚、゚トソン  (゚、゚トソン


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:40:16.86 ID:acM3kV2TO
全講義終了

( ´_ゝ`)「あー、そういや昼のうちに須尚に頼んでおけばよかったかな」

('A`)「トソンさんのことか?」

( ´_ゝ`)「そうそう。二つ返事で受けてくれたと思うんだけど」

(´、`トソン「ミニトソンのことで考えがそれていましたからね…」

('A`)「…そういえば、ミニトソンはどうしたんだ?」

(´、`トソン「飲みました…」

('A`)

( ´_ゝ`)

('A`)「しまう時は飲むんだ…あれ…」

( ´_ゝ`)「相当ショッキングな場面だっただろうな…」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:42:30.49 ID:acM3kV2TO
コンコン

( ´_ゝ`)「流石と愉快な一行です」

「どぞー」

('A`)「愉快かなぁこのパーティ」

( ´_ゝ`)「そこかよ」

ガチャ

lw´‐ _‐ノv「シュッ!シュッシュッ!」

( ´_ゝ`)「あぶなっ」

('A`)「え?」

シュッ! lw´‐ _‐ノvつ)A`).∴; ゴッハァ


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:44:52.89 ID:acM3kV2TO
(#)A`)「当然のように殴られる俺」

( ´_ゝ`)「ドンマイ」

lw´‐ _‐ノv「ドンマイ」

(#)A`)「殴った本人が言うのはどうかと思うの」

(´、`トソン「というか…何故ボクシングを…?」

lw´‐ _‐ノv「うむ、もうすぐ体育祭という名の戦争が起きるからねぇ」

lw´‐ _‐ノv「それに備えて予行練習よ」

( ´_ゝ`)「(体育祭にボクシングはないけどな)」(#)A`)

(´、`トソン「シューさんって意外と真面目なんですね…尊敬します…」

lw´‐ _‐ノv「キャラに似合わないことを言わないでくりゃれ、ってなんか顔おかしくね?」

( ´_ゝ`)「ええ、まぁ…」

lw´‐ _‐ノv「どったの?ついにうちの分解さんにやられた?」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:46:33.55 ID:acM3kV2TO
( ´_ゝ`)「五月病らしいです」

lw´‐ _‐ノv「へー」

( ´_ゝ`)

lw´‐ _‐ノv

( ´_ゝ`)「ってそれだけかよ!」

lw´‐ _‐ノv「えーだってロボットだって死にたくなるときぐらいあるだろー」

('A`)「五月病は自殺志願じゃないっすよ」

lw´‐ _‐ノv「私だってこの時期には地面に埋まりたくなるからな。っていうか埋まった」

(´、`トソン「五月病でも穴を掘る元気はあるんですね…」

( ´_ゝ`)「本当にそこでいいのかツッコミポイントは」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:48:23.56 ID:acM3kV2TO
ガチャ

川д川「こんにちは」

lw´‐ _‐ノv「よっす!シュッシュッ!」

川;д川「え、あの、え?」

( ´_ゝ`)「止めてください」

lw´‐ _‐ノv「ちぇー。さだちゃん今まで周りにいなかったタイプだからいじるのめっさ面白いのになー」

川;д川「(好かれていると解釈していいのかな…)」

川д川「ところで…どうしてボクシングを…?」

lw´‐ _‐ノv「体育祭の準備ー」

川д川「ああ…もうすぐ体育祭ですもんね」

('A`)「土井さんはうちの体育祭のことって知ってるの?」


38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:50:18.41 ID:acM3kV2TO
(´、`トソン「何か変わった催しでもあるのですか…?」

川д川「はい。ここの体育祭では、全部活とサークルが対決を行うんです」

(´、`トソン「はぁ…それはまた、変わっていますね…」

川д川「それで、その成績で今年度の活動費が決まるんですよ」

('A`)「いい成績のとこほど活動費たっぷりってわけ」

( ´_ゝ`)「去年は血みどろの争いだったな…」

lw´‐ _‐ノv「っていうか、毎年血みどろだけどね」

(´、`トソン「でも…それだと文化部は圧倒的に不利なのでは…?」

( ´_ゝ`)「文化部は基本出店で稼いでる。順位で活動費が決定して、さらに稼いだ分も活動費にできる」

(´、`トソン「なるほど…では、SF研は何をやるんですか…?」

川д川「あ、私もそれをお聞きしようと思っていて…」


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:51:36.94 ID:acM3kV2TO
( ´_ゝ`)

('A`)

lw´‐ _‐ノv

川д川「…?」

lw´‐ _‐ノv「いいか、サダリーヌ」

川д川「は、はい」

lw´‐ _‐ノv「SF研は確かに文化部だ…なれば、出店で稼ぐのが道理と思うのは致し方ない」

( ´_ゝ`)「しかし。出店で稼ぐには、それ相応の能力と売り物が必要だ…そして」

('A`)「このサークルには、売り子適性のある人間も、売れる物もない…」

lw´‐ _‐ノv「っていうかぶっちゃけめんどくさい!というわけで!」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:53:47.44 ID:acM3kV2TO
lw´‐ _‐ノv「我 々 は 文 化 部 だ け ど 運 動 で 頑 張 っ て
       活 動 費 を 貰 い ま す ! ! !」

( ´_ゝ`)「そういうことです!!」

('A`)「そういうことです!!」

川;д川「え…ええー!!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:55:57.73 ID:acM3kV2TO
川;д川「ほ、本気なんですか!?」

lw´‐ _‐ノv「モチのロンよ」

川д川「…もしかして、みなさん運動に自信があったりは…」

lw´‐ _‐ノv「それなり」

( ´_ゝ`)「普通」

('A`)「ないっ!!」

川;д川「ええー…」

(´、`トソン「まぁ…いいんじゃないでしょうか…どうでも…」

川;д川「良くないですよ…私も運動は得意じゃないですし…」

lw´‐ _‐ノv「そう悲観するこたぁないよ」

川;д川「でも…」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:57:34.07 ID:acM3kV2TO
( ´_ゝ`)「確かに俺たちに大した運動能力はない」

lw´‐ _‐ノv「だがその代わりに、極太のパイプがある」

('A`)「(卑猥…)」

川д川「パイプ…ですか」

('A`)「先輩の人脈…情報網…!その全てをフルに利用し…!」

('A`)「徹底的に…相手の弱みを…突いて突いて突きまくる…!」

('A`)「これが…俺たちのやり方…勝ち方だ…!」

川;д川「そんなスポーツマンシップの欠片もない…」

(´、`トソン「勝負ってそういうものですよね…」

lw´‐ _‐ノv「そうそう、できればトソンちゃんにも出てほしいのよね」

(´、`トソン「私…ですか…?」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 22:59:49.71 ID:acM3kV2TO
( ´_ゝ`)「如何せんまともに活動してる会員が少ないからな。助っ人ってことさ」

川д川「でも、トソンさんは学外の人ですよね…大丈夫なんですか?」

lw´‐ _‐ノv「パイプでどうとでもなるっ」

川;д川「どんな人脈なんですか…」

lw´‐ _‐ノv「ちゅーか、本当はもう一人欲しいのよね」

('A`)「他にも助っ人呼びますか?」

lw´‐ _‐ノv「誰か頼れそうな人いるん?いないだろ?」

('A`)

('A`)「あー丁度あれっす、全員体育祭の日は空いてないっす」

( ´_ゝ`)「お前は友達いないだけだろ」

(ぅA`)


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:01:31.34 ID:acM3kV2TO
( ´_ゝ`)「とはいえ、俺も運動できそうな知り合いは軒並みここの運動部員っすからね」

lw´‐ _‐ノv「流石に鞍替えしてくれるわきゃあないわな」

( ´_ゝ`)「他に空いてそうなやつとなると…あ」

lw´‐ _‐ノv「んー?」

( ´_ゝ`)「こないだの修理屋とか。多分暇してると思います」

lw´‐ _‐ノv「あー、あれね。あの眉毛のね。おっぱいのね」

(´、`トソン「すごい覚え方ですね…」

('A`)「おっぱい!?」

( ´_ゝ`)「とりあえず黙れ。んじゃ、俺のほうから連絡しておきます」

lw´‐ _‐ノv「おkおk。これで六人か…うむ、まぁなんとかなるかいね」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:03:13.42 ID:acM3kV2TO
lw´‐ _‐ノv「っとなると後の問題は…トソンちゃんかな」

(´、`トソン「はぁ…」

川д川「学外の人間をどう参加させるか、ですか」

lw´‐ _‐ノv「いや、五月病治してもらわないとどうにもならんじゃない」

川д川「あ、五月病だったんですか…道理で覇気がないと思いました」

(´、`トソン「どうにもやる気が出ないのです…」

川д川「どうしましょう。スタミナの付く料理でも食べればいいんでしょうか」

('A`)「須尚に分解させるつもりだったけど、今日はもう遅いし明日か?」

川д川「(分解…?)」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:04:39.14 ID:acM3kV2TO
( ´_ゝ`)「あー、そうだ。ふと思い出したんだが、もしかしたら簡単に治せるかもしれん」

('A`)「マージマジマージか」

( ´_ゝ`)「トソン、ちょっと腹開けてくれ」

(´、`トソン「はい…了解です…」

川д川「(お腹を…開ける…?)」

川д川「あの、それはどういう」

(´、`トソン「よっ」

ガパァ

川д川


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:06:10.64 ID:acM3kV2TO
( ´_ゝ`)「どれどれ…っと…」

('A`)「相変わらずシュールな絵だなぁ」

lw´‐ _‐ノv「呼んだ?」

('A`)「いいえ」

川д川

( ´_ゝ`)「あ、あったあった。五月病切り替えスイッチ」

(;'A`)「そんな簡単な仕組みなのかよ!分解いらねーんじゃん!」

( ´_ゝ`)「がちゃんとな」

(´、`トソン

(゚、゚トソン「…ふー」


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:08:00.70 ID:acM3kV2TO
lw´‐ _‐ノv「おおう、顔が戻った」

(゚、゚トソン「はい。大分すっきりしました」

( ´_ゝ`)「一件落着、だな」

('A`)「ああ。これなら体育祭でもフルパワー出してもらえるだろ」

(゚、゚トソン「まぁ、一応ご主人のためですからね。精一杯やらせていただきます」

川д川

( ´_ゝ`)「あんまやりすぎると怪しまれそうだからほどほどにな」

('A`)「もう十分怪しまれてるって」

lw´‐ _‐ノv「そりゃ言えてるわ。メイド服は流石にいないし」

(゚、゚トソン「だからあなた方に言われると釈然としないんですよ」

( ´_ゝ`)「うん、いつも通りだな」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:09:30.16 ID:acM3kV2TO
lw´‐ _‐ノv「んじゃー、情報収集でも行きますかねー」

('A`)「そっすね。弱みは多く握っておかないと」

( ´_ゝ`)「弱みだらけの人間が言うと説得力ねーな」

(゚、゚トソン「見た目からしてもう…ね…」

('A`)「三点リーダ痛いから止めて」

ガチャッ バタン

川д川

川д川

川д川 そ ハッ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:10:47.89 ID:acM3kV2TO
ガチャッ バタン

川;д川「みなさん置いていかないでください!色んな意味で!」

タタタタタ…

<トソンサンサッキノナンダッタンデスカー!!

<ア、ソウイエバドイサンニトソンノセツメイシテナカッタ

<エ?ソウダッタノカヨ?

<マァマタコンドネ、イマメガッサイソガシイカラ

<トイウコトラシイデス

<…ソウデスカ…


今日の分終わり



54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:12:50.16 ID:acM3kV2TO
短めに終わり
つーわけで次は多分体育祭的なことやると思うよ

>>19
川д川の髪型変えるネタはやるかもわからんけど間違いなくミセ*゚ー゚)リにはならない

んじゃまた


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:14:22.52 ID:hqohLtdEO
乙ー
次回も楽しみに待ってる


56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:15:39.85 ID:lLh4BR5EO
乙!


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:26:49.42 ID:BGOIlE1ZO
おっつ。今日も楽しめたぞ。


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:39:55.50 ID:y5sb0Eju0
おつおつおつ
次回にwktk


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/11/16(月) 23:46:55.38 ID:lG1fSVEOO
乙ー


前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

  1. ■ [くるくる名無しさん]

    ドックンドックン~!ふぅん!にゃーんにゃーん
    体育祭?学祭でなくて?
■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 

検索フォーム

お知らせ

管理人へメール

トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Team 2ch @ BOINC

待ち続けている人がいる。
だから僕らは回し続ける。
~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

banner-88.gif
CPUの時間
ちょっとだけ
貸してください
(BOINC Team 2ch Wiki)

ブーン系“短編”小説更新状況

    プロフィール

    kuru

    Author:kuru
    特に何も無いよ。

    カウンター

    トータルアクセス:
    ユニークアクセス:
    閲覧者数:



    クリックで救える命がある。
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。