◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆('A`)ヘイヘイ、マイマイのようです プロローグ「ウェルカムトゥザジャングル」

インデックスページ/次の話

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 00:55:49.74 ID:hNBNMC9lO
代理


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 01:04:14.02 ID:8TJ8diCIO
>>1乙です
ながらで行くのでゆっくりお付き合い願います


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 01:11:19.35 ID:8TJ8diCIO
プロローグ「ウェルカムトゥザジャングル」


夏のような冬のような、だけど粘つくような湿度だけははっきりと感じられる夜。
ライブハウス「VIP」では今日もライブが行われていた。

('A`)「……じゃあ最後の曲です」

今日のトリは俺だ。
ハードなロックバンドが続いたあとに弾き語りの俺で締める。
なかなか良い出番順だと思う。

俺も俺でバランスの良いセットリストを組んだつもりだ。
なのに、トリの最後の曲にも関わらず、ここは静まりかえっている。
それもそのはず、今この場内に観客は数人しかいない。



6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/21(月) 01:17:10.47 ID:8TJ8diCIO
('A`)(シケてやがるな……)

ぼやいてやりたいところだったが、マイクに拾われるとマズイのでやめにした。

('A`)「えー最後の一曲はカバーをやろうと思います」

観客たちが僅かに拍手をする。
まあもっとも、その音は防音加工のされた壁にすぐさま吸い込まれたのだが。

('A`)「ニールヤングの曲です。有名な曲なのでもし良ければ一緒に歌って下さい」

今度は塵ほどのレスポンスもない。
軽く嘆息した後にフッと息を吸い込んで、
俺はAmのコードを掻き鳴らした。

('A`)ヘイヘイ、マイマイのようです




インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。