◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆(,,゚Д゚)「もしもし○○?今すぐ来て!」~助け屋ギコ~のようです 八日目 酔いの後

前の話/インデックスページ/次の話

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:13:45.27 ID:ZCUywItS0
お久しぶりです。
まとめは、面白蛇屋さん、ブーンがまとめブログを武器にさん、そしてくるくるくーるさん。


では前回分のおまけから投下します。


5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:16:25.09 ID:ZCUywItS0
【本日出てきそうな一行人物紹介】
(#゚;;-゚)…でぃ。猫又と見せかけて実はただの半妖。前の主人の遺品貰ってパワーアップ。もはや主人公。
o川*゚ー゚)o…キュー。雪の神様らしい妖狐。一言で言えばバイ。来週こそは……
( ・-・ )…シーン。夜行さんというそこそこ有名な妖怪。基本良い人。あと何かの形でどうにかしたい。
爪゚ー゚)…じぃ。麒麟という神獣。鈴がリンリン鳴る。あとちょい活躍。

('、`*川…伊藤ペニサス。妖艶なバーのマスター。なんか心読んでくる。あと、キーマン?
( ´_ゝ`)…兄者。お客さん。基本弟者と一緒だけど、一人の時はふざけなかったり。あとチョイ役。

【本日の敵勢力?】
|゚ノ ^∀^)…レモナ・エルシール。超可愛く活発な僕っ娘。超能力で最高位。あと今日は凄い。
( -∀・)…『正体不明』。人間であることを捨てた化物。いつの間にやら喫煙者に。あと来週から本気出す。

【???】
(,,〃Д゚)…タロス=ギコール=O=ハイドレード=プネウマ。英雄らしい。アレの頂点。あと本日覚醒?

【今宵のテーマ】
真っ青な糸と魔法使い

【あまったスペース、本日の投下クイズ】
錬金術の最終目的は?



7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:19:26.57 ID:ZCUywItS0


多分作品の根幹となる設定のおまけ


八日目 宵の後


('、`*川「……雨、止まないわねぇ」

州境の洒落たバー、『バーボンハウス』の経営者である伊藤ペニサスは窓の外を眺めつつ呟いた。
店内に客は一人だけ。常連なので気遣いは無用だった。

( ´_ゝ`)「そうだな」

カウンターに座っている長身の男、――兄者は適当に相槌を打った。
先ほどから何を頼むでもなくそこにいる。何しに来たのか甚だ疑問である。

('、`*川「…話せばいいんじゃない?こんな美人マスターでよければ」

美人はいらないだろ、と突っ込む。その表情はどこか敵わないなという風でもある。
旧い付き合いだ。わざわざ躊躇う必要もなかったのかもしれない。


8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:22:24.81 ID:ZCUywItS0
( ´_ゝ`)「…とりあえず何か頼む」

('、`*川「適当でいいかしら」

了解を得るとしばし悩み、――ジン・トニックに決めた。その選択に特に意図はなかった。……と、思う。
何か干渉されていなければの話だが。
笑いが出るほどスタンダードなカクテルだ。兄者の好みに合わせビターズを入れる。

( ´_ゝ`)「……昔、ある王国に双子の赤ん坊が生まれたそうだ。可愛らしい男の子と女の子。片方は病弱だったらしいが」

出来上がったカクテルを一口含み、嘆息し、目を閉じる。
その行動に特に意味はない。どうせ酒の味などよく分からない。

( ´_ゝ`)「ある時二人に友達ができた。どこかの旅の一団の少女。いつも三人仲良く遊んでいた」

('、`*川「――けれども何年か後、彼等は仲違いを起こし……。…ここから先はよく伝わっていません」

( ´_ゝ`)「なんだ。知ってたのか」

語りを遮られた兄者は頭を上げる。『ロビー国叙事詩』の一部分だった。
…この後双子の片方が国を襲う悪魔を倒す。が、数万の民を巻き込み殺した罪を問われて話は終わる。
往々にして断片的にしか伝わらない神話。これも例に漏れず、内容が錯綜していた。


10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/12/26(土) 20:25:24.07 ID:ZCUywItS0
――誰が悪かったのか。そもそもどういうことだったのか。
…もはや本人達にしか分かることはない。そして、登場人物の中で唯一生存しているのはあの公園で戦う青年のみ。
もうどれほど昔なのか考えるだけで億劫な、……そんな遠い昔の語り種。

( ´_ゝ`)「どう思う?」

('、`*川「……もしかして意味が分からないとか言うつもり?」

目眩く恍惚と混乱と狂騒の果て。一人取り残された英雄は何を思っているのか。
一度は『親友』と呼び慕った者と殺し合うのは如何なる心持なのだろうか。善良だった彼が人々を焼き殺したのはどういう心境の変化だったのか。
…何よりどのような選択をすれば、自身の片割れは喜んでくれたのか。

――最良の『答え』を見つけるにはもう遅過ぎるのだ。
今更そんなもの拾い上げてどうなるのだ。もう憎むべき相手も謝るべき相手も時空の彼方だと言うのに。

('、`*川「…きっと、中々進化できないものなのよ。人間は」

どことなく小馬鹿にしたような雰囲気を纏いつつ、ペニサスはまとめた。
…神様も悪魔も英雄も人間も。所詮、大きな違いはないのかもしれなかった。



八日目 酔いの後



前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。