◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆(´・ω・`)は青春と共に在るようです その5

前の話/インデックスページ/次の話

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 19:54:25.00 ID:MQLjvyfrO
規制解除でお久しぶり


3 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 19:56:36.21 ID:uJpGJBhBO
あら、久しぶり


4 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 19:58:01.58 ID:MQLjvyfrO

お久しぶりです

年始に投下しようとしたらまさかの規制

さて

まとめ様

ブーン芸VIP様
ttp://boonsoldier.web.fc2.com/tomoniaru.htm

面白ネタの蛇屋様
ttp://hebiya.blog40.fc2.com/blog-entry-8722.html

ブーン文丸新聞様
ttp://boonbunmaru.web.fc2.com/rensai/youth/youth.htm

くるくる川 ゚ -゚)様
ttp://kurukurucool.blog85.fc2.com/blog-entry-149.html



5 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:04:26.10 ID:MQLjvyfrO

(´ ω `)「………………」

从'ー'从「あの……ショボン先輩………」

从'ー'从「私…出過ぎた真似を………すいません…」

(´ ω `)「……いいんだよ、渡ちゃん。なるべくして、こうなったんだ…」

(´・ω・`)「君は自分の気持ちを…真っ直ぐ貫いただけだ。悔いるべきじゃない……」

(´・ω・`)「……でも…ごめんね。君の気持ちには応えられそうもない」

从'ー'从「………………」



7 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:06:00.37 ID:MQLjvyfrO

(´・ω・`)「君のことは…かわいい後輩としか思えないんだ。ごめんね、渡ちゃん…。わかってほしい」

从'ー'从「………いえ…大丈夫です。すいません。いろいろ迷惑かけて」

(´・ω・`)「迷惑なんて…そんなこと思ってないってば。それより、こんな僕なんかを好いてくれて…ありがとうね」

从 ー 从「……………はい……」



8 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:08:27.22 ID:MQLjvyfrO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

从 ゚∀从「おぉーっと!ついに山が動いたねぇ!」

(´・ω・`)「…生き生きしてるね、ハイン」

从 ゚∀从「ったりめぇよ!!ゴチャゴチャした色恋沙汰は大好物だぜぇ!!」

(´・ω・`)「人事だと思って………」

从 ゚∀从「ハハハ。まぁな。それにしてもお前…意外とモテたんだな」

(´・ω・`)「この時だよ、ほんと。恋愛運はこの時にもう使い果たしちゃったみたい」

从 ゚∀从「確かに、スキャンダルの欠片もねぇもんな、お前。」

(´・ω・`)「うるさいな……いいことじゃないか…」



9 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:10:14.28 ID:MQLjvyfrO

(´・ω・`)「さて、それじゃあ帰るかな」

从 ゚∀从「あ?なんでよ」

(´・ω・`)「別れるとこが聞きたかったんだろ?もうそこまで話したじゃん」

从 ゚∀从「あぁーん?んじゃあ、それから今日までその子とはなんにもなかったってのか?」

(´・ω・`)「………いや…これまた大きな事件がひとつあってだね」

从 ゚∀从「それみろ!まさかこれで終わりってこたぁないわな!よし!聞かせろ!」

(´・ω・`)「やれやれ…帰るの、何時になることやら……」



10 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:11:35.93 ID:MQLjvyfrO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

あの後のことだけど…まず渡ちゃん。
彼女は…いつも通りだったよ。
きっぱり割り切っていたんだろう。
自分が僕に告白した、という事実さえ、誰にも言わなかったっぽいしね。
だからその件について誰かに言及されるようなこともなく、僕は渡ちゃんに対しては特に後ろめたい気持ちにならずに済んだ。
問題は…もう1人の方だった………。



11 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:14:43.31 ID:MQLjvyfrO

僕と彼女はあれ以来、全く会話していなかった。
僕は……怖かったんだ。
これ以上、話がこじれるのが怖かった。
だから、このままでいい…そう思っていたんだよ。
それに彼女から僕に話しかけてくることもなかった。
流石にここまでくると、僕らのことは噂となり始めた。
そんなある日の昼休み…

(´・ω・`)「さて、購買にでも行こうかなっと………」

ドドドドドド…

(´・ω・`)「……ん?」

ノパ⊿゚)「ショボン先輩ィイイイイイイ!!」

(;´・ω・`)「うわぁああああああ!」

ノパ⊿゚)「あああああああああああああ!!」



12 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:18:17.85 ID:MQLjvyfrO

ノパ⊿゚)「おはようございまぁああああす!!」

(;´・ω・`)「ヒ…ヒーちゃん…おはよう。今日は一段と燃えてるね…」

ノパ⊿゚)「これが燃えらずにぃいいいいいいられますかぁあああああああ!!」

ノパ⊿゚)「ショボン先輩ィイイイイ!!しぃ先輩と別れたって本当ですかぁあああああああ!!」

(;´・ω・`)「ちょ…声デカいよ…」



13 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:19:28.72 ID:MQLjvyfrO

ノパ⊿゚)「答えて下さいぃいいいいい!!どうなんですかぁあああああああ!!」

(;´・ω・`)「ちょ…ちょっと…それ情報源は何?」

ノパ⊿゚)「さっきぃいいいいいしぃ先輩からぁあああああああ直接ぅう聞きましたぁあああああああ!!」

(;´・ω・`)「ほ…本人に聞いたんなら、それでいいじゃん…ってかうるさッ!」

ノパ⊿゚)「ショボン先輩の口からぁあああああああ確認したいんですぁあああああああ!!」

(;´・ω・`)「…なんなんだよ…もう……」



14 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:21:32.77 ID:MQLjvyfrO

ノパ⊿゚)「どうなんですかぁあああああああ!?答えて下さいぃいいああああああ!!」

(´・ω・`)「……………しぃがそう言うなら、事実だよ。彼女はもう、僕と関係を持ちたくないんだろう」

ノパ⊿゚)「…………………」

ノハ#゚⊿゚)クワッ

ノハ#゚⊿゚)「うぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!熱血パァアアアアアンチィイイイイイ!!」

(;´・ω・`)「うわッ!危ない!なんだよ一体!」



15 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:24:00.42 ID:MQLjvyfrO

ノハ#゚⊿゚)「てぇぇえええんちゅうぅうううぁああああああああああああああ!!」

(;´・ω・`)「ぎゃあああああああああああああああ!!」

ノハ#゚⊿゚)「みしるしぃいいいいいぃいいいいいちょうだいぃいいいいいいいいいいいいいいい!!」

(;´・ω・`)「ちょ、ちょっと!ヒーちゃん!落ち着いて!一体なんで…こんな…」

ノハ#゚⊿゚)「シュー姉からぁあああああああ言われてたんだぁあああああああ!!」

(;´・ω・`)「なっ…何を?」



18 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:27:27.34 ID:MQLjvyfrO

lw´‐ _‐ノv「もし、ショボンがしぃしぃを傷つけたり、泣かしたりした場合」

lw´‐ _‐ノv「構わん」

lw´‐ _‐ノvb「殺っちまいなー」

ノハ#゚⊿゚)「ってなぁああああああああああああああ!!」

(;´・ω・`)「わぁあああああああ!そんな適当な発言、真に受けないでぇえええええええええええ!」



19 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:29:29.21 ID:MQLjvyfrO

ノハ;゚⊿゚)「ハァ…ハァ………」

(;´・ω・`)「ぜぇ…ぜぇ………」

ノハ;゚⊿゚)「……くそぅ…なかなか素早い……」

(;´・ω・`)「ちょ…ヒーちゃん……勘弁してよ……」

(;´・ω・`)「これは……僕としぃの問題じゃないか………。何もこんな………」

ノパ⊿゚)「……そんなことはわかってます」

ノパ⊿゚)「シュー姉の言葉も…本当に真に受けた訳じゃないです」

(´・ω・`)「………なら、なんでこんなこと…」

ノハ ⊿ )「………………ショボン先輩と……しぃ先輩は……」

ノパ⊿゚)「………私の憧れだったんです………」

(´・ω・`)「…憧れ?」



20 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:32:37.50 ID:MQLjvyfrO

ノパ⊿゚)「…あんな風に……あんな風に、ほのぼのした…幸せな2人が…私の憧れだったから…」

ノハ;⊿;)「………悲しくて…なんで…なんでこんなことに…?」

ノハ;⊿;)「ショボン先輩のことも、しぃ先輩のことも私は大好きなんです。だから……だから………」

(´・ω・`)「………ヒーちゃん…」

複雑な気分だった。
僕らは端から見ればそんな雰囲気だったのか、ってね。
改めて、思った。
彼女と過ごした日々は、本当に幸せで溢れていたんだな、と。



22 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:33:41.17 ID:MQLjvyfrO

ノパ⊿゚)「…………はぁ……」

(´・ω・`)「……落ち着いた?」

ノパ⊿゚)「…はい。すいません、取り乱して………」

(´・ω・`)「…………いや…大丈夫だよ」

ノパ⊿゚)「私…感情が高ぶると、つい熱くなっちゃうんです。すいません…」

(´・ω・`)(流石はシューさんの妹…一味違う……)



23 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:34:58.70 ID:MQLjvyfrO

ノパ⊿゚)「…お二人の間に何があったか…そこまで深くは聞かないです」

ノパ⊿゚)「…けど、もしそれが些細なことなら…もう一度、二人でしっかり話し合って欲しいです」

ノパ⊿゚)「それで…二人で、キチンとした結論を出して欲しいです」

(´・ω・`)「…………」

結論…確かにそうかも知れない、と思った。
彼女に「さよなら」と言われたのは事実だ。
けど、僕はそれに対して、なんの返事もしてなかった訳だ。
まだ…僕らは終わった訳じゃない。
けど、それは自惚れだった。
すぐに僕は、そう思い知らされることになる。



24 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:37:29.65 ID:MQLjvyfrO

(;´・ω・`)「ハァッ…ハァッ……!」

(;´・ω・`)「文化部になって…体力落ちたな………ハァッ……!」

ヒーちゃんに諭された僕は、すぐにでも彼女に会いたかった。
だから走ったんだ、彼女の教室へ。
すぐにでも…すぐにでも話し合いたかったから。
でも、悲しいかな、神様は残酷なんだよ。
…いや、むしろあれは神様の優しさだったのかな。



25 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:42:25.51 ID:MQLjvyfrO

ちょうど、僕とヒーちゃんがいた位置から、彼女の教室に向かうルートはいくつかあった。
けど、時間は昼休み。
どこも人で溢れている。
だから少しだけ遠回りだけど、人通りが少ないルートを選んだんだ。
廊下を懸命に走る、僕。
その脇の非常階段。
走り抜けようとした僕の視界に、それは映った。

(;´・ω・`)「ハァッ……ハァッ……!」

(´・ω・`)「ハ……………」

(*゚ー゚)

( ゚∀゚)

(´・ω・`)「……………!!………」

信じがたいかった。
けど、信じざるを得ない状況だった。
渡ちゃんの告白から一週間。
彼女は……もう、他の男と付き合っていたんだ。



26 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:46:07.03 ID:MQLjvyfrO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

从#゚∀从「ビィィィィイッチ!!」

(;´・ω・`)「うわ!いきなり何だよ!」

从#゚∀从「糞ビッチじゃねぇかよ!どんだけ乗り換え早ぇんだよ!」

(´・ω・`)「あー…まぁ、そうだけど」

从 ゚∀从「こりゃいずれ浮気されてたな、お前。別れて正解だったんじゃね?」

(´・ω・`)「………そうかな」



28 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:50:26.90 ID:MQLjvyfrO

(´・ω・`)「…彼女なりにさ、あったんだよ、いろいろ」

从 ゚∀从「んだよー、甘ちゃんだなぁ」

从 ゚∀从「ところで相手はどんなやつだったんだ?」

(´・ω・`)「長岡ジョルジュ。サッカー部のエースで絵に描いたようなイケメン」

从 ゚∀从「うわー…マジか。神様のいたずらじゃ済まねぇよ。いじめだ、いじめ」

(´・ω・`)「まぁ……僕もずいぶん驚かされたもんだよ」

从 ゚∀从「月とスッポンどころか、宇宙とスッポンエキスくらいの差だな」

(´・ω・`)「比較相手おかしくない、それ?」



29 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:53:12.28 ID:MQLjvyfrO

(´・ω・`)「まぁ、この長岡の登場が、また話をややこしくするわけで……」

从 ゚∀从「あらあら、そんなに帰りたくないのかい?ショボンくん」

(´・ω・`)「あれ?帰っていいの?」

从 ゚∀从「死ね」

(´・ω・`)「…はいはい、話します。話しますとも…」



31 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:55:43.19 ID:MQLjvyfrO

―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―*―…

驚きのあまり、僕は一瞬動けなかった。
けど、ここで彼女と鉢合わせるのは気まずすぎる。
その一念が、僕を物陰へと走らせた。

( ゚∀゚)「しかし、俺は幸せもんだなー。まさか椎名さんとこんな関係になれるなんて」

(*゚ー゚)「そんな……私こそ、あの長岡くんが………」

(*゚ー゚)「でも……私…もうすぐいなくなるんだよ?それでも…いいの?」

( ゚∀゚)「何言ってんの!距離なんて問題ないよ!愛があればね!」

(*゚ー゚)「長岡くん……」

(´・ω・`)「…………………」

僕が言えなかったことを、平然と言ってのけた。
悔しいけど、その時の僕には長岡に対抗出来る術なんてありはしなかった。
ワガママとエゴで彼女を傷つけて…それで終わり。
そんな状態で、彼女に新しい男が出来たのなら、僕にはもうどうしようもなかったんだ。



33 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:58:01.16 ID:MQLjvyfrO

(´-ω-`)「…………………」

僕は静かにそこから立ち去った。
これでいい。
長岡が彼女を幸せにしてくれるんなら、それで構わない。
所詮は青春の淡い恋物語。
そう思い、僕は彼女を忘れ…生きることに決めた。



35 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 20:59:31.08 ID:MQLjvyfrO

それからの僕の心は、真っ直ぐ夢にだけ向いて行った。
卒業後、進学せずに劇団に入る決意をしたのもこの頃だ。
何か心のよりどころが欲しかったんだと思う。
がむしゃらに将来のことを考えてると、他のことは忘れられたからね。
この傷心のパワーを、全て夢に費やしたおかげで、今の僕があると言っても過言じゃないよ。
もちろん部活は続けていたよ。
彼女とは完全に疎遠だったけど。
周りも空気を読んでか、あまり僕らのことに口出しはしなかったね。

そして…クリスマスも近付いたある日、僕はツンさんとシューさんに呼び出された。



36 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:04:24.95 ID:MQLjvyfrO

ξ゚⊿゚)ξ「悪いわね。部活終わりで疲れてるところ」

(´・ω・`)「いえいえ…大丈夫ですよ。それよりどうしたんですか?ふたりして…」

lw´‐ _‐ノv「うむ。それは絶壁おっぱいのツンに説明してもらおう」

ξ゚⊿゚)ξ「絶壁おっぱいってもはや何かわかんないわよ」

lw´‐ _‐ノv「ツンの胸板に、船越英一郎がよくロケに来るのは企業秘密じゃ」

ξ゚⊿゚)ξ「来ねぇよ」



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 21:06:58.62 ID:uJpGJBhBO
シューwww


37 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:06:37.79 ID:MQLjvyfrO

ξ゚⊿゚)ξ「全く…今日はあんまりふざけた話じゃないってのに……」

lw´‐ _‐ノv「ごめんぬ」

ξ゚⊿゚)ξ「さて、本題」

ξ゚⊿゚)ξ「ショボンくん…しぃちゃんと何があったか…ちゃんと聞かせてもらいたいの」

(´・ω・`)「…………」



40 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:08:36.10 ID:MQLjvyfrO

ξ゚⊿゚)ξ「今、彼女、長岡って子と付き合ってるわよね?私達、部活の方に顔出せてなかったからよく知らなかったんだけど…」

lw´‐ _‐ノv「うむ。ふたりからもなんの相談もなかったしな」

ξ゚⊿゚)ξ「お節介かもしれないけど…ショボンくんもしぃちゃんも、大事な後輩なの。だから心配で…」

lw´‐ _‐ノv「無理にとは言わんが」

(´・ω・`)「………………」

ふたりからは、明らかに心配の眼差しが向けられた。
特にシューさんのこんな表情は、あまり見たことがなく、驚いた。
そして……僕は忘れ去ろうとしていた、彼女とのいざこざを洗いざらい話した。



41 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:11:30.26 ID:MQLjvyfrO

ξ゚⊿゚)ξ「………そんなことが」

lw´‐ _‐ノv「むう…」

(´・ω・`)「……けど…もう終わった話です。僕はもう……」

ξ゚⊿゚)ξ「ショボンくん」

(´・ω・`)「……はい」

ξ゚⊿゚)ξ「…確かに……ショボンくんの意見は…自己中心的な意見だと思うわ」

(´・ω・`)「…………」

ξ゚⊿゚)ξ「でもね、それはそれ。あなたはその意志を、迷うことなく貫いたんだから。それを責めることは、誰にも出来ないわ」

lw´‐ _‐ノv「うむ。それにその気持ち、愛あらばこそだろう。過ぎ去ったこととはいえ、間違いではないぞ」

(´・ω・`)「………ツンさん…シューさん…」

ξ゚⊿゚)ξ「問題はね、ショボンくん。これからなのよ」

(´・ω・`)「……これから?」



42 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:16:16.64 ID:MQLjvyfrO

lw´‐ _‐ノv「今のお前は、しぃに彼氏が出来た、だから終わり、と決めつけているだけだろう?」

ξ゚⊿゚)ξ「そう。あなたはまだ、彼女のさよならに返事をしてないんだから」

(´・ω・`)「………………」

押さえつけていた気持ちが、溢れてくるのがわかった。
あの日、ヒーちゃんに諭された直後のあの気持ち。
非常階段で、儚く砕けたあの気持ち。



43 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:20:12.32 ID:MQLjvyfrO

(´・ω・`)「………でも、僕は…」

ξ゚⊿゚)ξ「ま、すぐには結論出さなくてもいいわ。でもね」

ξ゚⊿゚)ξ「後悔は…どんなに押さえつけても、ふとした時に思い出されるの。それはずっと人生をついて回る」

ξ゚⊿゚)ξ「今のあんたは、それに苛まれて行くと思うの。……そうなって欲しくないから…」

lw´‐ _‐ノv「まぁ結局はショボン、お前次第だ」

lw´‐ _‐ノv「悔いのない青春にしろ、ってことさ。ボーイズビーアンタレス!!夏に輝く一等星!!」

ξ゚⊿゚)ξ「うるせぇよ」



44 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:25:54.96 ID:MQLjvyfrO

ξ゚⊿゚)ξ「あんたはどうしてそうふざけた人間なのかしらね」

lw´‐ _‐ノv「それが素直クオリティ。イヤッフゥゥウウウ!!」

lw´‐ _‐ノv「まぁ、そういうことだ。もういっぺんよく考えんしゃい(キリッ」

(´・ω・`)「…………はい…」

まだ、はっきりとはわからないモヤモヤした気持ちが息を始めた。
彼女に何か…伝えていない言葉があるはず…。
それは…………。



45 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:27:43.81 ID:MQLjvyfrO

ξ゚⊿゚)ξ「それと…実はそれに伴って、ひとつ心配なことがあるのよ……」

(´・ω・`)「……心配なこと?」

lw´‐ _‐ノv「うむ…それは私から説明しよう」

lw´‐ _‐ノv「実はな…あの長岡という男、外面はいいが……裏では悪い噂があるのだよ」

(´・ω・`)「………悪い噂?」

lw´‐ _‐ノv「少し前まで、長岡は照本という娘と付き合っていたんだが…」

lw´‐ _‐ノv「彼女は……体目当てにされていたらしいんだ。しかも、半ば無理やりにな」

(´・ω・`)「……………!!」



47 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:32:14.62 ID:MQLjvyfrO

ξ゚⊿゚)ξ「やるだけやって、飽きたらポイ、って訳ね」

(´・ω・`)「で、でも!それが本当なら……もっと大事になってるんじゃあ!」

lw´‐ _‐ノv「捨てられた当初は、彼女も懸命に訴えたらしいんだが…しかしそこはやつの方がしたたかだった」

lw´‐ _‐ノv「持ち前のビジュアルとおもて面で…やつには大勢のファンがいる。その上、先生からも信頼されてるだろ?」

lw´‐ _‐ノv「そうなると彼女の意見は、振られた女の狂言にしかとられないのさ」

ξ゚⊿゚)ξ「長岡のファンからの圧力も結構あったらしいしね…泣き寝入りよ」

(´・ω・`)「…そんな……」



48 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:34:12.08 ID:MQLjvyfrO

ξ゚⊿゚)ξ「まぁ…信憑性はないただの噂だし…過去の話だけど……」

lw´‐ _‐ノv「もしも、しぃがそんな目に遭ったら…と、考えるとな……」

(´・ω・`)「………………」

lw´‐ _‐ノv「一応、しぃに直接言ってもみたんだが…ダメだった。恋は盲目ってやつだな」

lw´‐ _‐ノv「やつの外面が相当いいか、はたまた本当にただの噂か……」

(´・ω・`)「………………」



49 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:39:00.62 ID:MQLjvyfrO

ξ゚⊿゚)ξ「本当は……ショボンくんに言うつもりはなかったんだけど…やっぱり、あんたは知っておくべきことだと思ってね」

lw´‐ _‐ノv「ま、後はお前次第だ。ただ、確証のない事実だ。早まるなよ」

(´・ω・`)「………………はい……」

(´・ω・`)「……………………」

僕は、考えていた。
どうすべきなのかを。
あの長岡が、そんな悪人には…本当に見えなかった。
僕自身、会話したことはなかったけど、いつ見ても爽やかで、人当たりの良さが滲み出ているやつだったからね。
しかし…その噂が、僕にはどうしても噂とは思えなかった。
そこで僕は、照本さんにことの真相を直接聞きにいくことにしたんだ。





51 :◆OrZwbhoQDU:2010/01/31(日) 21:43:34.10 ID:MQLjvyfrO

とりあえず本日は区切りがいいのでここまでにします

ご支援ありがとうございした



53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 21:46:51.19 ID:Qyx8E7gBO
乙ー


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 21:47:07.99 ID:uJpGJBhBO
おつ


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/01/31(日) 21:56:32.96 ID:Pf1u4TdNO
おつ


前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。