◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆(,,゚Д゚)「もしもし○○?今すぐ来て!」~助け屋GU~のようです 十一日目 暁

前の話/インデックスページ/次の話

16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:35:15.63 ID:HMNInfh/0


どこかの世界の、いつかの時間。
弱虫ですぐ泣いて、ほんの少しだけ変わっていて、……何よりとても優しい男の子がいました。
彼の周りには人も人じゃないモノも沢山いて、みんな彼と同じく“ほんの少しだけ”普通ではありませんでした。

…でも。きっとそういうものなのでしょう。
人には言えない事情や取り返せない過去なんて、誰でも一つぐらいは持っているものです。
変わることも、進むことも、強くなることも、中々できないもので。


――それでも今日も、きっと明日も明後日も、彼等は助け合って生きていきます。
「多分だけど『幸せ』って感覚は皆一緒なんじゃないかなぁ?」
……これは、そんな物語。


(,,゚Д゚)「もしもし○○?今すぐ来て!!」~助け屋グロウアップ~のようです



十一日目 暁
『リスタート?「助け屋」メンバー、バイトしますっ!』



17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:38:16.78 ID:HMNInfh/0
――どこかの世界のいつかの時間。
具体的に言えば、ある呪われていそうなボロアパートの裏庭にて。
「助け屋」メンバーが会談していた。

( ^Д^)「えー、集まるだけ集まってもらったのは他でもない」

その中でも特に主要な人物。
燕尾服を身に纏い髪は烏の濡れ羽色。「イケメン」と言えなくもない顔の男は、かつて最高峰の実力を誇った陰陽術師。
…八咫烏のプギャーは、集合した人外達に語りかける。

( ^Д^)「ご存知の通り、先日ご主人はちょっと妙な事件に巻き込まれてしまった」

『な、なんだってー』

( ^Д^)「……こんな時だけ声を揃えるな」

腹立たしい連中だった。
一息置いて、続きを話し始める。

( ^Д^)「――それにより、なんやかんやで借金が出来た」

ある特務機関より公園の設備等の請求書が。
そして、そこには決して冗談では済まされない程度の金額が記されていたわけだ。


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:41:17.37 ID:HMNInfh/0
そこでだが、と一区切り。
数にして十に満たない人外達の顔を、一人は首から上がないが、とりあえず顔を見回す。

( ^Д^)「連帯責任ということで全員でバイトを――」


――刹那。
場にいたほぼ全員が、何の躊躇いもなく方向転換。
普段ゲームをやっている時には見せない、まさにまさしく“人ならざる者”の素早さを以て逃走を謀る!!

(;^Д^)「ちょっ、まっ、テメェ等に恩義ってもんは――」

「雷帝フラァァァァッシュ!!」

(;うД )「うぐおっ!目潰しか!!――っていうかボル、テメェ姿見せなかったらバレないと思ってんじゃねぇぞ!!」

清水寺に埋めてやる、と鵺に向かい叫ぶ陰陽師。
『源平盛衰記』によれば源頼政が退治した雷獣は京に埋められたそうな。
と、それは置いておいて。

――だが。
仲間達が逃走すること程度を見抜けぬ策士ではない。


19 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:44:14.61 ID:HMNInfh/0


( #^Д^)「この――馬鹿共がっ!!」

――“ひゅん”と、妙な音がした。
それが極細の『糸』……ワイヤーが空気を切り裂いた音だと、普通の人間は気づけまい。

(;∵)「うぁぁ!首が、首がぁぁぁ!!」

o川*゚ー゚)o「ないじゃん」

…重火器の発達した近代では想像もできないことだが、『絃使い』という存在がいる。
大雑把に分ければ“暗器使い”にカテゴライズされる技術である。実際「忍」と呼ばれる職業にも使用者がいたらしい。

糸刀、鋼糸、もしくはワイヤーソー。
その“速さ”と“細さ”により宛ら蜘蛛の巣のように対象を絡め取り、必要があらば切断も可能とする殺人芸。
あらゆる力学的法則を掌握したそれは、室内の――特に中距離ではほぼ無敵とも言える。

…まぁ鬼門として、世界に満ちる力場を瞳に映すことのみで『遮断』する超能力もあったりするのだが……
そんな稀有な二十人といない例外の話を持ち出しても仕方あるまい。


……なんにせよ。
何処で学んできたのか不明だが、旅烏な八咫烏はかなりの完成度で結界を完成させていたのだ。


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:47:17.35 ID:HMNInfh/0
( ^ω^)「あまいおっ!」

四肢に巻きついた糸を、ジンの西川はあえて解こうとはしなかった。
彼の特性を考えれば当然である。イスラムにおいて、唯一神が人の前に造りたもうた精霊である彼にとっては。
天使と人の中間に位置する彼。

その身は揺れ動く炎であり、巻き上がる砂であり、吹き抜ける嵐。
というわけで、状態変化で危機を脱しようとしたのだが――、

( ^Д^)『――急急如律令』

(;゚ω゚)「おおっ!?」

( ^Д^)「変化を……『禁ずる』」

初撃。空いている左手から飛んだ呪符は、五行において土の属性を持つもの。
…そして、追撃。
それは厳密に言えば『陰陽道』ではない魔術だった。

――『禁呪』と言う。
道教の影響を受け成立した魔術体系である『呪禁道(じゅごんどう)』と呼ばれるものの中でも最も名の知られた、禍福の気を絶つ魔術。
八世紀頃には陰陽道に吸収され姿を消すことになったが、それでもなお使い手がいることも事実だ。


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:50:16.68 ID:HMNInfh/0


変化することを『禁じ』られたジンはあえなく墜落。捕縛された。
また、それを視界に捉え対策を、――術者から潰すという戦術を取り始めた者が。

ミ,,-Д-彡『――縛れ、ナウシズ』

ウールヴヘジンのフサは、割と迷うことなく技を発動させた。
北欧神話において軍神オーディンが苦行の果てに見出した秘文字の深淵。曰く、『ルーン魔術』である。
直接攻撃ではなく『束縛』の意の“板”を使ったのはせめてもの手加減かもしれない。

――が。
出来損ないの末裔が、その加減こそ命取りであると思い知るのは直後――。


ガリッ

ミ;-Д゚彡「ぐっ……!」

迸る激痛。左足の甲に杭を打ち込まれたような、焼け付く痛み。
攻撃は――受けていない。追撃は当たっていないはずだ。
考えられる可能性は、ただ一つ。


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:53:21.83 ID:HMNInfh/0
( ^Д^)「ハッ……馬鹿が」

卑下た笑いを隠そうともしない男の手にあったのは人形。
紙で作られた簡素なそれの足には、裁縫などで使う、実際貞子が使っているまち針が刺さっていた。


――陰陽道には『撫で物』という言葉がある。
中世の教会では修道女の自傷が多発したが、広義ならばそれと同じ類感魔術。
作られた人型を実際の人間に対応させることで、そちらに穢れを移してしまう呪法だ。
この場合のプロセスは真逆。『厭魅』と呼ばれる……現代で言うところの「丑の刻参り」と同じ原理で、相手に傷を移す呪いの一種。

…現代で、と限定したのは屋代本の記述にある貴船神社で行われたものとは少し意味合いが違う所為だ。
本来は式神――この場合は神道で言う「荒魂」だ――の力を借り、“自身を鬼と化すことで”願いを成就させるという外法も外法である。



そんなことはさておいて。

o川*-ー-)o「元気だな~……」

休日の真昼間から開催された、才能の無駄遣いもここに極まれりな魔術逃走劇はまだまだ続く。
まだまだ続く……のだが、呆れたキューは部屋に戻ってしまった。
猫又のでぃに至っては出てくることすらしなかったので、妥当な判断なのかもしれない。


23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:56:16.61 ID:HMNInfh/0
……………


(*゚∀゚)「またいつでも来なっ!もとい、着なっ!!」

(,,;Д;)「もう二度と着ません!着ませんし、来ません!!」

(*^∀^)「アヒャっ。でも可愛かったよ?」

診療所の前で二人。
泣いている方が「助け屋」社長であるギコール・ハニャーン。
典型的草食系男子な泣き虫さんは本日付けで退院である。

対し、小柄で童顔。朗らかで快活な彼女は、『異端医』の高岡翼。
見送りというわけで、家を兼ねた自らの城――より厳密に言えば“彼女等の城”から出てきていた。

(,,うД;)「じゃあ……お世話になりました」

(*゚∀゚)「あっ、一人で帰れる?」

(,,うД;)「冗談はもういいですから……」

冗談ではない、極めて本気(マジ)である。


24 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 20:59:14.55 ID:HMNInfh/0
“平たい道で転ぶ男”。
…それこそギコを意味する言葉。

(*-∀-)「ん~……なら、いいけどさ」

(,,^Д^)「じゃ、さよならです。ありがとうございましたー」

一抹の不安を感じながらも患者を送り出す。
実際問題、この後案の定迷子になったわけだが――それは置いておこう。


――異端を専門とする医者、異端医。
彼女は診察に当たって、ある疑問を抱くようになっていた。

(*゚∀゚)「…にしても、そよちゃんほどじゃないけど……やたら回復早かったなぁ」

自己治癒力の異常さ。
本来の人格、即ち神代の英雄たる“もう一人の自分”に乗っ取られたことにより、ギコ自身の回復力も少なからず向上していたのだ。
真っ当な医学では見つけることすら叶わぬ融合の兆候。如実に表れた異形としての業。

…これが骨折などでなく内科系だったならば、優秀な医者である彼女は気づいたかもしれない。
しかし、今回の入院ではつーは気づかなかった。
あるいは――“気づけなかった”のだ。


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 21:02:17.85 ID:HMNInfh/0
……………


(;゚Д゚)「うわっ!どうしたの、その傷」

(メメ^Д^)「ちょっと……限界バトル叩きつけて傷つきました」

――結局、でぃに迎えに来てもらい家に辿り着いたギコを待っていたのは満身創痍のプギャーだった。
…後方に縛られた狼男とジンが見えるが、そちらはスルーという判断らしい。

ミ,,-Д-彡「……ああ、西川。上手く抜け出せたらカラオケ行こうぜい。軽く世界導きに」

( ^ω^)「おっけーだお。銀河の果てまで熱い夢燃やすお」

o川*^ー^)o「あっ、私もー!愛のパワー無限大~♪って」

(#゚;;-゚)「着せたら脱がさない、と続いたら張り倒します。一応言っておきますけど着ないのです」

丁寧に靴を揃えながら「助け屋」の妹キャラが、しっかりツッコミを入れる。
というか散々主人を着せ替えしといてどの口で言えたものなのだろうか。

(,,゚Д゚)「で、結局何があったわけ?」


26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 21:05:08.10 ID:iJ9LAi6E0
来てたのか支援


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 21:05:18.21 ID:HMNInfh/0


斯く斯く然然と説明数分。
…ちなみに「かくかく」も「しかじか」もどちらも省略語、同義である。

(メメ^Д^)「――と言うわけで、結局捕まえられたのは二人しか……」


(#゚;;-゚)「やはり私はシャドーモセスでの最後を見るにフォックスしかないと思うのです。間違いありません」

( ^ω^)「御呼びとあらば即参上、銀河の掃除屋を忘れてもらっちゃ困るお!」

(,,;Д;)「…でもさ、やっぱりヒヅメの最後の『そうか…。これからは人助けをしようと思ったのに、もう駄目らしい……』ってのが――」

o川; ー)o「(あっ、どことなくギコ君に近いもんね~。境遇が)」

ミ;-Д-彡「(これで死んだら完全にアレだぜい)」


(メメ^Д^)「…………」

もはや、いつものことなのでツッコミはしないが……
なんで聞いてないの?と言わんばかりのプギャー。気苦労が絶えない。


28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 21:08:15.32 ID:HMNInfh/0
(#゚;;-゚)「キューさんも是非、有事の際には『追い込まれた狐は――」

o川;>ー<)o「え、“有事の際”って私死ぬ予定なんかないし、そもそもあんな凄惨な死に方やだよう!!」

ミ,,゚Д゚彡「そういや、どうだぜい?そのうち皆でカラオケでも」

(,,^Д^)「ギコハハハ!もちろんオッケーだよ!!……そういや、いづなさんは?」

川д川「女の子には色々あるんですー」

(;゚Д゚)「うわっ、貞ちゃんいたの!?」

川д川「ええ、ずっと」


――数分後。
荷物を纏めての一言。

(メメ Д)「……実家に帰らせていただきます………」

(;゚Д゚)「えっ、あっごめん!やりすぎた!!ねぇごめんってばぁぁぁ!!」

その後ギコは平謝りをすることになったが、またそれは別の話。


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/03/06(土) 21:11:16.86 ID:HMNInfh/0


十一日目 暁 終



――年が明けても、成人式を終えても、相変わらずの「助け屋」の面子。
各々違う場所でバイトをすることになり月日が過ぎたある日のこと。
流石な兄弟が持ってきたのは一枚のチラシで……?



…それはまた、次のお話であるのだが。



前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    07 | 2017/08 | 09
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。