◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆( ^ω^)百鬼夜行のようです 【第八話 百聞一見 餓鬼姫の御姿。 前】

前の話/インデックスページ/次の話

1 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 20:59:18.47 ID:umyeeOD8O

ブーン速。さん
ttp://hoku6363.fool.jp/yakou-yakou/0000.php
くるくる川 ゚ -゚)さん
ttp://kurukurucool.blog85.fc2.com/?mode=m&no=163
面白蛇屋さん
ttp://hebiya.blog40.fc2.com/?mode=m&no=9295




2 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:02:45.59 ID:umyeeOD8O

 町は大騒ぎのてんてこまい。

 やれ誰を守りに置くだの、やれ何を守るだの。
 坊っちゃんを先頭に乗っけまして、皆がそれに従いましょう。

 町の者は一致団結。
 妖怪人間構わずに、町を守れと奮起する。



     ( ^ω^)百鬼夜行のようです。

      【第八話 百聞一見 餓鬼姫の御姿。 前】



 そんな大騒ぎの中。
 ふらり現れたるは、黒髪美しい角持ち女。

 誰かを求めてふらふらと、町の周りをふらふらり。




3 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:04:11.06 ID:umyeeOD8O

ξ゚⊿゚)ξ「町に……妖怪が、攻め込む……?」

( ^ω^)「お……」

ξ゚⊿゚)ξ「そんな、どうしてそんな事を……」

( ^ω^)「西の輩は、僕らには解らない事を考えているお……」

ξ゚⊿゚)ξ「…………また、誰か死にますか……?」

( ^ω^)「死なせないお」

ξ゚⊿゚)ξ「内藤さん……」

( ^ω^)「死なせない、絶対に。……だからつん、つんも手を貸してくれお」

ξ゚⊿゚)ξ「…………はい、勿論」


 大変な騒ぎに飲み込まれた町。
 そんな中、坊っちゃんとつんは深刻そうな顔で言葉を交わす。

 つんは事態を漸く飲み込めたのか、団子の包みを持つ手が震えていた。




4 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:06:16.84 ID:umyeeOD8O

lw´‐ _‐ノv「はふ……表に出たのは、久々にありんす……」

( ΦωΦ)「大丈夫であるか? しゅう」

lw´‐ _‐ノv「はいな、旦那様……たまには外の空気も良い物でありんす」

( ^ω^)「おっとさん、おっかさん」

lw´‐ _‐ノv「はいな」

( ^ω^)「弟者は、大丈夫ですかお?」

lw´‐ _‐ノv「未だ完治はしておりんせん。でれちゃんに見て貰っとりんす」

( ^ω^)「おー……」

( ΦωΦ)「息子よ」

( ^ω^)「お?」

( ΦωΦ)「一人匿うも二人匿うも同じ、我輩の屋敷へ力持たぬ者達を招こうと思う」

( ^ω^)「お……い、良いのですかお?」

( ΦωΦ)「構わん、我輩とてこの町を好いて此処に居るのだ」

( ^ω^)「おっとさん…………解りましたお、お願いしますお」




5 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:08:48.47 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「みんなー! 人間さん達は安全の為に盛岡屋か僕の家へ避難するお!
      収まりきらなかった人達はおっとさん、雷獣邸に行く様にしてくれお!」

爪'ー`)y‐「盛岡屋の守りは僕らがするよぉ、だから安心してねぇ」

ミ,,゚Д゚彡「内藤んちは俺らが守れば良いわけだな」

爪'ー`)y‐「にゃんこと鳥が居るんだっけぇ? 戦力的に大丈夫?」

ミ,,゚Д゚彡「お前らには劣るだろうけど、何とか持ちこたえるだけの力はあるぞ」

爪'ー`)y‐「うんうん、じゃあもし手が足りなかったら誰か派遣するよぉ」

ミ,,゚Д゚彡「おう」

爪'ー`)y‐「……君、飼われるの嫌がってたわりにはやる気あるねぇ」

ミ,,゚Д゚彡「……元は外の妖怪でも、情くらいあんだよ……」

爪'ー`)y‐「ははぁん、情が移ったねぇ?」

ミ,,゚Д゚彡「うるせー…………一応、俺の小屋もあるんだ、……守らなきゃしょうがねぇだろ」

爪'ー`)y‐「にゃんこがでれたよーぉ!」

ミ#,゚Д゚彡「ふぎゃーす! 止めろうぜぇ!」




6 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:10:38.74 ID:umyeeOD8O

(,,゚Д゚)「盛岡屋はでけぇからな、俺も守りに入る」

ノパ⊿゚)「神社は任せろおおおおおおおッ!!」

(;,゚Д゚)「……神社は大事だろうが、お前はもっと人の多い所に行ったらどうだ」

ノパ⊿゚)「神社には子供と人間しか居ないんだぞ! 私が守らなくて誰が」

从 ゚∀从「神社は私に任せて、君は町を守り賜えよ」

ノパ⊿゚)「あれぇえええええええッ!?」

从 ゚∀从「私の神社と私の子だ、私が守る。巫女を嘗めない事だね」

ノパ⊿゚)「…………じゃあ町を守るぞぉおおおおおおおおッ!!」

o川*゚ー゚)o「うちは自分の店と店の子を、他にも避難してくる子が居るならその子らも守ろか」

lw´‐ _‐ノv「わっちと旦那様は、わっちらのお家で避難してきた子達を守りんす」

(,,゚Д゚)「狼の野郎は森山を守るつって、もう山の方に行ったぞ」

爪'ー`)y‐「山の主だからねぇ」




8 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:12:56.57 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「おー、着々と進んで行くお……」

('A`)「事が急ぎだからな」

( ^ω^)「お、んじゃ手の空いてる力のある奴らは町全体の警備を頼むお!
      出来れば家屋の破壊も防げるなら防ぎたいお!」

(,,^Д^)「僕は診療所を守ります、患者さんが多いですから。事が過ぎたら各方向に様子を見に」

(*゚ー゚)「うちは町の警備を、相手を転ばして足止めするんは得意やから」

( ^ω^)「おっおっ、みんな頼んだお!」

('A`)「しかし……盛岡屋とうちと雷獣邸だけで町の奴らみんなを匿えるのか?」

( ^ω^)「おー……無理に前線に出たら、危ないからお……」

(´・_ゝ・`)「半数以上はうちで匿える」

( ^ω^)「うお、出た」

(´・_ゝ・`)「うちには地下もある、貯蔵も多い、安心すると良い」

('A`)「…………地下なんかあったのか」

(´・_ゝ・`)「上では出来ない事をする為に作られた」

('A`)「何か理解したからもう良いわ」



9 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:14:25.57 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「守りの方は……こんなもん、かお?」

('A`)「だな、人間の避難場所とそこの守りは確保した」

( ^ω^)「おー、人間達を守る事はこれで出来そうだお……」

('A`)「あとは」

( ^ω^)「お?」

('A`)「町の四方にある門と通りを、守らなきゃな」

( ^ω^)「おー……そうだお、町の中心に来る前に止める事も大事だお」

('A`)「西門は固めなきゃな」

( ^ω^)「でも、裏をついて別方向から来る可能性も……」

('A`)「朝日は羽、あるんだよな……」

( ^ω^)「空の警備も必要だお……」

('A`)「空……」

( ^ω^)「空……」




10 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:16:43.27 ID:umyeeOD8O

('A`)「……なァ、俺らの周りに空いける妖怪って……」

( ^ω^)「…………ほとんど、居らんお……」

( ´∀`)「僕が居ますモナ」

( ^ω^)「お」

('A`)「? 誰だ?」

( ^ω^)「お、れもなの探し人だお」

( ´∀`)「もなぁと申しますモナ、もなと軽く呼んでやって下さいモナ」

('A`)「おう、俺はどくお、よろしくな」

( ^ω^)「もなさんは……烏、でしたお?」

( ´∀`)「八咫烏モナ、僕は空から町の警護をしましょう」

('A`)「でも、あんた此処に来たばかりで……良いのか? そんな事を頼んで」

( ´∀`)「此処はれもなが住まう土地、いずれは僕らも此処に腰を据えるつもりモナ」

( ^ω^)「お……有り難うだお、よろしくお願いしますお!」

( ´∀`)「いえいえモナ」




13 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:19:12.65 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「あ……でも一人で町の空は、辛くないですかお?」

( ´∀`)「モナ、妹が居ますので一緒にしますモナ」

( ^ω^)「妹さん?」

( ´∀`)「はいモナ、がなー! おいでモナー!」

( ‘∀‘)「はいはーい」

( ´∀`)「ほら、ご挨拶」

( ‘∀‘)「子供扱いしないでよ、もう……もなの義理の妹
      紅雀のがなです、不束者ですがよろしくお願いします!」

( ^ω^)「おー、がなさんかお! よろしくですお!」

( ‘∀‘)「鳥と蛾のあいのこ妖怪です、毒も持ってるから戦えるわ!」

( ^ω^)「おっおっ、心強いお!」

('A`)(似た様な顔の奴らが並んでる……)




14 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:20:33.32 ID:umyeeOD8O

('A`)「あと空の方は、天狗達に頼みに行っても良いかもな」

( ^ω^)「お、……でも天狗は気難しいからお……」

('A`)「余所者に厳しい、排他的なところがあるしなァ……」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、それでしたら」

( ^ω^)「お?」

ξ゚⊿゚)ξ「さっき“いいおとこ”の人が居ましたから、お願いしてみましょうか」

( ^ω^)「まさかの大天狗阿部さん」

('A`)「この鼻でお相手つかまつるってか……じゃあ頼む、あの人は気さくな人だしな」

ξ゚⊿゚)ξ「解りました、あと私も町の警護……内藤さんのお宅に続く道を守ります」

( ^ω^)「お……良い、のかお……?」

ξ゚⊿゚)ξ「蛇は負けません、私はあなたの蛇ですから。それでは」

( ^ω^)「つん……」

('A`)「…………あれ、怒らせると本気で怖いからな……」

( ^ω^)「うん……」




15 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:22:31.98 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「じゃあ門の守りを決めるおー!」

( ^Д^)「はーい!」

( ^ω^)

( ^Д^)

( ^ω^)「ああ、蝦蟇かお」

( ^Д^)「君のあんよくっつけたの俺っちの油だからね? ね? 存在忘れないでね?」

( ^ω^)「じゃあ蝦蟇は南の門頼むお」

( ^Д^)「わぁい問答無用だよぉう…………把握」

( ^ω^)「蝦蟇は何だかんだで強い妖怪の筈だからお、一匹でもいける筈だお、頑張れお」

( ^Д^)「わぁい……これはこれ以上お前に出番なんてねーよプギャーwwwwふらぐ……」

( ^ω^)「はい次ー」

( ^Д^)「泣いてなぁいもぉん……」




16 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:24:25.60 ID:umyeeOD8O

ミセ*/ー゚)リ「ほーい!」

( ^ω^)「お、みどりちゃん」

ミセ*/ー゚)リ「はいはいみどりみどり、北の門はおやっさんちがあるから、そこ守る!」

( ^ω^)「…………みどりちゃん、が……?」

ミセ*/ー゚)リ「みせりちゃんが」

( ^ω^)「門を守……る……?」

ミセ*/ー゚)リ「何か文句ありますかい」

( ^ω^)「…………無茶だお……」

ミセ*/ー゚)リ「んだとこんなろ、白稚児なめんなってーのよ?」

( ^ω^)「ええ……だって、みどりちゃん……子供……」

ミセ*/ー゚)リ「子供だから守れないなんて、ただの逃げ。わたしはわたしにやれる事をやる」

( ^ω^)「お……」

ミセ*/ー゚)リ「みせりはおやっさんと一緒に、北の門を守る。負けないさ、だってこの町を守りたいから」




18 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:27:37.26 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「でも、流石に心配だお……」

ミセ*/ー゚)リ「でーじょぶだってば、ご飯があればおやっさんも強いし」

从 ゚∀从「じゃあ、私の使いを寄越そうかい?」

ミセ*/ー゚)リ「ありゃ、巫女さん……良いの? 神社も手薄っしょ?」

从 ゚∀从「私が守る物は神社と我が子、それくらいならいける筈さ。
      だから、長く使ってないけれど、式神みたいな物を寄越してあげるよ」

ミセ*/ー゚)リ「……あんがと巫女さん、巫女さんも頑張ってね!」

从 ゚∀从「嗚呼、勿論さ」

( ^ω^)(何かみどりちゃん出してたら主人公の座がやばい)

('A`)(しょうがない、なんかもうしょうがない)

ミセ*/ー゚)リ「んじゃわたしもう行くね! またねー!」

( ^ω^)=3ホッ「またおー!」




20 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:31:05.11 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「残るは西と東門、かお……」

('A`)「東、か……うちの方向だな」

( ^ω^)「…………東門は、僕らが受け持つお」

('A`)「……おうよ」

( ^ω^)「しかし、一番の問題の西門が……」

('A`)「あっちは確か、過疎区……だよな」

( ^ω^)「人の被害は少ないだろうけど……ううん……」

('A`)「力のある奴らは、町の警護……だしな」

( ^ω^)「おー……参ったお」

('A`)「他、他……なァ」

(゚、゚トソン「おう、野郎共」

( ^ω^)「お、とそん」




21 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:33:02.03 ID:umyeeOD8O

('A`)「あんま出とると危ねェぞ、早めに荷物持って避難しとけ」

( ^ω^)「そうだお、とそんは生粋の人間なんだからお」

(゚、゚トソン「その事だけどな」

( ^ω^)「お?」

(゚、゚トソン「西門を、あたしに任せろ」

(;^ω^)「お、おぉっ!?」

(;'A`)「な、なに云ってンだお前!? そんな事、」

(゚、゚トソン「あたしには守るもんがある」

(;^ω^)「で、でも人間にそんな……っ!」

(゚、゚トソン「あたしは、祖父さんが遺した店を守る義務があるんだよ」

(;'A`)「店は警護の奴らが、何とかっ!」

(゚、゚トソン「それに、あいつらは店から離れられねんだよ、あの三馬鹿共は」




22 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:34:29.77 ID:umyeeOD8O

(゚、゚トソン「祖父さんの時代から居続けるあいつらを置いて、店から逃げる訳にはいかねぇ」

( ^ω^)「お……でも…………」

(;'A`)「もしお前に何かあったら、意味無いだろうが……」

(゚、゚トソン「店から離れて、あいつら見捨ててのうのうと生きるくらいなら、あたしは店と心中する」

( ^ω^)「とそん……」

(;'A`)「…………そんなに、大事か」

(゚、゚トソン「愚問だな、あたしが一人じゃなかったのはあの店のお陰だ」

( ^ω^)「……寂しい思いをした原因が、店でも、かお?」

(゚、゚トソン「まあ、祖父さんが店やってなきゃあたしはもっと自由だったかもな
      こうして、わざわざ死にに行く様な真似もしなくて済んだだろうし」

( ^ω^)「それでも、」

(゚、゚トソン「あたしは、店が好きだ」

( ^ω^)「……」

(゚、゚トソン「寂しくなったのも、寂しくならなかったのも、店があったから
      もし店が無かったらなんて、何度も何度も考えたよ、祖父さんを恨んだ事もある」




23 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:36:17.32 ID:umyeeOD8O

(゚、゚トソン「でもな、もうがきじゃねんだよ、あたしは」

( ^ω^)「……僕より若い、くせに」

(゚、゚トソン「覚悟が違うぜ内藤よ、傾いた店をずっと支えてきたんだ
      お前はその日食う飯に困った事があるか? お前にすきま風の寒さに泣いた事はあるか?」

( ^ω^)「…………無いお、僕はいつでもあたたかい部屋で、あたたかい場所で、生きてきたお」

(゚、゚トソン「温室育ちを自覚してるのは嫌いじゃねぇな」

( ^ω^)「……だから僕には、とそんの気持ちを理解しきる事は出来ないお」

(゚、゚トソン「当然だ、あたしにもお前が理解できない、それは誰でもそうだろうよ」

( ^ω^)「…………」

(゚、゚トソン「何度も憎んだし何度も恨んだ、だい以外の妖怪なんざと馴れ合っても満たされないと思った
      だから何度も、何度もあたしは店の奴らを足蹴にしたり、虐げた事がある」

('A`)「……」

(゚、゚トソン「でもな、あいつらは可愛いよ、たまに来てくれるつんも可愛いよ
      めげずに飽きずにずっと、ずっと、あたしの側に居て、あたしを支えてくれたんだ」




24 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:38:28.61 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「とそん、」

(゚、゚トソン「こんな根性悪のためにな、ずっとだぜ、何年も何年も、十年近くだ
      ……大馬鹿野郎共だよ、馬鹿のする事だ。さっさとみかぎれば良いのをずっと」

( ^ω^)「…………とそんは、みんなが大好きなのかお」

(゚、゚トソン「ああ、こんな馬鹿に馬鹿みてぇに尽くす馬鹿が嫌いになれるわけがねぇ」

( ^ω^)「……僕も、とそんが好きだお」

(゚、゚トソン「悪戯された記憶しかねぇけど、あたしもお前らは好きだよ」

('A`)「……なァ、とそん」

(゚、゚トソン「ありがとよ、止めてくれて」

('A`)「…………友達、だもんな」

(゚、゚トソン「……お前らに守るもんがある様に、あたしにも守るもんがある
      あたしの守るもんは、店と、家族……それだけだよ、お前らとそう変わらねぇ」




25 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:41:55.34 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「…………とそん」

(゚、゚トソン「生きろよ、お前ら」

( ^ω^)「とそんも、生きろお、絶対に」

(゚、゚トソン「それは大地主の命令か?」

( ^ω^)「友達としてのお願い、だお」

(゚、゚トソン「…………じゃあ、あたしからもお願いだな」

( ^ω^)「お……生きるお」

(゚、゚トソン「……」

('A`)「……行けよ、とそん」

(゚ー゚トソン「…………またな、友達共、つんによろしくな」

( ^ω^)「御武運を……っ死ぬなお!」

(^ー^*トソン「当たり前だろうが! ばーかっ!!」




26 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:44:17.68 ID:umyeeOD8O

('A`)「……行っちまったな」

( ^ω^)「とそんなら大丈夫だお、絶対」

('A`)「…………おう」


 いやになるほどのものを背負った小柄な背中が、人混みの中に消えて行く。

 小さな娘が、小さな家族と小さな店を守るために、命すら惜しもうともしていない。


 十と幾つかの小娘だ。

 綺麗に切り揃えたおかっぱ頭を揺らす、男勝りな言葉の小娘だ。


 そんな小娘でも、死ぬる覚悟を持つ。
 これは、それだけの事態。

 このいくさを甘く見てはいけないと、再確認せざるをえない。




28 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:46:14.91 ID:umyeeOD8O

 数日の内に、西の妖怪が訪れる。

 今度のいくさは、それほどの被害は出ないだろう。
 しかしその次に訪れるいくさは、双方が本気を全て出さねばなるまい。

 今の内に全ての準備を整え、その次のいくさも迎え撃てる様にせねば。
 小さな綻びがあれば、そこから裂けて、全てが駄目になる。


 着々と、準備は進む。

 各門の砦も、守りの体勢に入ろうとしている。
 人間や力無き妖怪は、盛岡屋や屋敷に集まり始めた。


 森山の方はどうだろうか。
 そう坊っちゃんが思った時に、獣が姿を見せた。


(;TДT)「うおーい」

( ^ω^)「お、もか」

(;TДT)「町の方はどうだー?」




29 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:48:18.15 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「ご覧の通り、準備は進んでるお」

(;TДT)「山の方なんだけどなー」

( ^ω^)「お?」

(;TДT)「木霊と天邪鬼が怪我をしてたから、保護しといたぞー」

(;^ω^)「お! びこは大丈夫かお!?」

(;TДT)「大した怪我じゃないし、天邪鬼も腕が取れてるけど大丈夫だー」

(;^ω^)「腕!?」

(;TДT)「何か、千切られたらしいぞー……」

(;^ω^)「え、ええ……」

(;TДT)「ただ」

( ^ω^)「お?」

(;TДT)「おれが行った時には、もう手当てされてたんだー……」

( ^ω^)「おー、優しい人が手当てを…………誰がしたんだお……?」

(;TДT)「わからん」




30 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:50:36.82 ID:umyeeOD8O

(;TДT)「手当てされた木霊と天邪鬼、泣いてる火の玉が居るだけで他にはいなかった」

( ^ω^)「おー……と云うか、誰に千切られたんだお? 朝日かお?」

(;TДT)「? 何か、女らしいぞー」

( ^ω^)「朝日……は、小柄だけど男だったお?」

('A`)「まァ、野郎だったな」

( ^ω^)「おー……? じゃあ朝日の仲間かお?」

(;TДT)「あさひ……って、誰だー?」

( ^ω^)「この戦の原因の奴だお」

(;TДT)「わ、悪い奴なのかー!?」

( ^ω^)「悪い悪い」

('A`)「悪い悪い」




32 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:52:17.22 ID:umyeeOD8O

(;TДT)「そ、そーなのかー……悪い奴だったのかー……」

( ^ω^)(知らずにばたばたしてたのかお……)

('A`)(相変わらずのへたれさで落ち着くな……)

( ^ω^)(もか楽しいよもな)

('A`)(……最中、食いたいな)

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)(作れお)

('A`)(このいくさが終わったら……俺、最中作るんだ)

( ^ω^)(おお、死亡ふらぐ死亡ふらぐ)

('A`)(坊っちゃんも立てとけ)

( ^ω^)(お主も悪よのう)

('A`)(お代官様こそ)




34 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:54:16.47 ID:umyeeOD8O

(;TДT)「あ、その女だけど」

( ^ω^)「お?」

(;TДT)「火の玉が北の方に行けって嘘ついたらしいけど、北の方見に行っても居ないんだー……」

( ^ω^)「お……? 何で嘘ついたんだお?」

(;TДT)「何か、どくお探してたって」

(;'A`)「俺ェ!?」

(;TДT)「火の玉はそう云ってたぞー」

(;'A`)「え……女が俺探してた……? 何だそれ、告白……?」

( ^ω^)「よう、もて男」

(;'A`)「いやそんなのどうでも良い、雌は苦手だ」

( ^ω^)

(;TДT)




37 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:56:06.92 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)(童貞風情が……)

(;TДT)(余裕たっぷりなのかー……)

(;'A`)「不穏な空気を感じるから止めてくれ、と云うか、俺の知り合いにそんな物騒な女居ねェぞ」

(;TДT)「でも、どくおの行方を追ってたって」

(;'A`)「またんきの腕千切ったんだろ? そんな怖い女は知らねェよ」

(;TДT)「むー……じゃあ、個人的な怨みかー……?」

(;'A`)「外で恨まれる様な事はしてねェぞ……?」

( ^ω^)「町では?」

(;'A`)「あの頃は俺も若かった」

( ^ω^)「全くだお」

(;'A`)「…………ゴメンネ」

( ^ω^)「もか、他にその女の情報は? 十分脅威たりうるお」

(;'A`)「……」




39 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 21:58:39.76 ID:umyeeOD8O

(;TДT)「黒髪で、角があったらしいぞー」

( ^ω^)「角……黒髪……」

(;'A`)「角有りの知り合いは少ないからなァ……」

( ^ω^)「角って事は、蟲か鬼……」

(;'A`)「町に鬼なんざ殆ど居ねェよな」

( ^ω^)「どくおの他に見た記憶は無いお」

(;'A`)「俺の他…………鬼……」

(;TДT)「覚えはないかー?」

( ^ω^)「僕には無いお、だからどくおも」

(;'A`)「鬼……俺の、他…………鬼……?」

( ^ω^)「……どくお? どうしたお……?」

(;'A`)「……何か、引っ掛かるな……」




41 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:00:22.58 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「まあどくおは元々、外の妖怪だから鬼を見た事があってもおかしくはないお」

(;'A`)「ああ……でも何か、もうちょっとで……引っ張り出せそうな……」

( ^ω^)「おー? 餓鬼仲間でも居たのかお?」

(;'A`)「…………餓鬼?」

( ^ω^)「お? どくおは、餓鬼だお?」

(;'A`)「……もか」

(;TДT)「なんだー?」

(;'A`)「餓鬼は……どうやって、生まれる……?」

(;TДT)「? 本来なら悪行を重ねた人間が地獄に落ち、その地獄の餓鬼道で苦しむ奴ら?」

(;'A`)「……特殊な、餓鬼は?」

(;TДT)「…………餓えと渇きに苦しみ、怨みなんかを抱いて死んだ子供が、餓鬼になったりする」




42 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:02:24.46 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「どうしたんだおどくお、突然」

(;'A`)「俺が……それなんだよ」

( ^ω^)「特殊な餓鬼……かお?」

(;'A`)「ああ、俺は一度死んで、餓鬼として黄泉返った」

( ^ω^)「……餓えと渇きに苦しんで、死んだのかお……?」

(;'A`)「……ああ」

( ^ω^)「お……でも、それが……?」

(;'A`)「…………俺が黄泉返ったのは、特に理由もなく、だった
      無縁塚で、理由もなく起きた……亡者によくある事だ」

( ^ω^)「まあ……確かに、夜になると起き出すのは、亡者によくある事だけど」

(;'A`)「…………」

( ^ω^)「……なんだおどくお、何かあるならはっきり云えお?」




44 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:04:24.63 ID:umyeeOD8O

(;'A`)「いや、だって……でも……あの……」

( ^ω^)「云いなさいお」

(;'A`)「はい……あの、俺が死ぬ前……女が居たんだ」

( ^ω^)

(;'A`)「いや、がきの頃だからただの幼馴染み」

( ^ω^)「ああ、なるほど、僕にとってのつんみたいな感じかお」

(;'A`)「そうそう……んで、きょうだいみたいに育ってな、仲は良かった」

( ^ω^)「お」

(;'A`)「……でもな、あの……俺ら親無しで、遠縁の夫婦に二人で引き取られて」

( ^ω^)「……」

(;'A`)「…………その時、大飢饉で」

( ^ω^)「あー……見えてきたおー……」




45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/02(日) 22:04:43.57 ID:7j9McX8j0
これは死亡ふらぐ
しえん


48 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:06:43.19 ID:umyeeOD8O

(;'A`)「その義理の親は、厳しいけど優しい人達だった。
      がきの頃はそれを恨んだが、今はあれが優しさだったって思える感じでな」

( ^ω^)「おー、まあそれもよくある事だお」

(;'A`)「うん……でもがきの頃の俺らは、そうは思えなくて……逃げようとしたり、してな」

( ^ω^)「わるがきめ」

(;'A`)「そん時ゃよ、外は餓えた妖怪だらけで……危なくて、外に出るなって云われてて」

( ^ω^)「……何年前?」

(;'A`)「何百年前かなァ……まァ、だから俺らに逃げ場はねェし飯も無かったわけで」

(;TДT)「あー……それ、知ってるぞー」

(;'A`)「ああ、もかは知ってるのか」

(;TДT)「雨が全く降らなかった時期だー……山の方も、被害が大きかった……」

(;'A`)「そっちも、そうだったんだな……みんな、餓え死にしちまったよ」

(;TДT)「妖怪もたくさん死んだ……人間も、そうだったのかー……」




50 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:08:55.64 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「それと、今度の女が……?」

(;'A`)「……俺を、呼んでたんだな、その女」

(;TДT)「う、うん……」

(;'A`)「…………くう」

( ^ω^)「く、う……?」

(;'A`)「……幼馴染みの、名前…………俺が残して、死んだ女……」

(;^ω^)「!」

(; A )「……嘘だよな、くう……あいつが、気の強いあいつが、惨めな餓鬼になんか……」

(;TДT)「どくお」

(; A )「……おう」

(;TДT)「一つ、教えよう」

(; A )?




52 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:10:44.19 ID:umyeeOD8O

(;TДT)「誇りと憎しみ両手に掲げ、怨みつらつら死んだのならば」

(; A )「……」

(;TДT)「それは、その憎しみが余りにも強ければ…………鬼は、神にすらなりうる」

(; A )「ッ!?」

( ^ω^)「神……そんなもんに、なれるのかお……?」

(;TДT)「この地では、神には容易くなれる、付喪神だって神の一つ
      八百万の神が居る様に……鬼が神になっても、おかしくないぞー……」

(; A )「じゃ、じゃあ、待てよ、じゃあ……くう、は……」

(;TДT)「餓鬼くう、否……餓神、くう……」

(;^ω^)「うえ……がみ……?」

(; A )「か、み…………」




55 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:12:34.55 ID:umyeeOD8O

(; A )「…………くうが……そんな、死んで、黄泉返って……あいつが、そんな惨めな、事……」

(;^ω^)「ど、どくお! 落ち着けおどくお!」

(; A )「だって、だってだぞ!? 元々はあいつ、良いとこのお嬢さんで……それで……」

(;^ω^)「落ち着けお、よしよしお、どくお、落ち着けおっ」

(; A )「だって…………俺みたいに……惨めな格好になる、なんて……そんな……っ」

(;^ω^)「どくお……」

(; A )「何で……餓鬼の、なりそこない……みたいに……っ」

(;TДT)「でも、どくお」

(; A )「う……?」

(;TДT)「餓神は、どくおを呼んでいた……それも、憎む様にらしいぞー……」

(; A )「…………へ?」




56 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:14:23.40 ID:umyeeOD8O

(;TДT)「こう云うのは、酷だと思うけど…………餓神は、」

( ^ω^)「どくおへの憎しみをもってして、黄泉返った」

(;TДT)「…………うん、……そうだと、思うぞー……」

(; A )「……は……ぇ……?」

( ^ω^)「どくおの話ともかの話を合わせれば……そうなるお」

(;TДT)「どくおへの怨みを抱いたまま死に、怨みによって黄泉返った……」

( ^ω^)「その可能性が、凄く……高いお」

(; A )「くう、が……俺を、? なん……ぇ……?」

( ^ω^)「どくお、しっかりしろお」

(; A )「くうが俺を、うらんで……なん、で……?」

( ^ω^)「…………どくお、それは、きっと……」



      私を置いて死に逃げた。




59 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:16:15.97 ID:umyeeOD8O


 ずっと一緒だよ。
 一緒に逃げ出そう。
 一緒に生き延びよう。

 一緒に、一緒に。


 生まれた時から死ぬ時まで。
 一緒、一緒だよ。

 二人で生きようね。
 二人で逃げようね。

 二人で、幸せになろうね。



 小さな約束。
 ゆびきりげんまん。

 うそついたら、はりせんぼん、のーます。


 ゆぅび きぃったぁ。





61 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:18:33.48 ID:umyeeOD8O

 かたかたと震えるどくお。
 その肩を支える坊っちゃん。


 ああそうだ、約束したんだ。
 二人でずっと一緒だと。

 ずっとずっと一緒だと。

 どうして忘れていた。
 どうして記憶に蓋をした。


 ああ違う、違う違う。
 ほんとはとうに気付いてた。

 坊っちゃんの元で生きる様になる、前から、外で生きていた頃から。

 大事な半身の存在を、無理に否定して消していて、過去を消したくて、ほんとは。



 女嫌いの原因は、くうの、存在。

 最後に見た彼女の顔は、憎しみに歪んでいたから。




62 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:20:46.01 ID:umyeeOD8O

 それはそれは過去の事。
 いにしえの記憶の中の事。

 幼い娘と幼い男児。
 親無し子達の哀れな末路。

 悲しみ死ぬか、憎しみ死ぬか。
 餓えと渇きの苦しさに、耐え兼ね手放す幼い命。



 ずっと一緒だと。
 約束したのに。

 二人で幸を得ようと。
 約束、したのに。


 嗚呼、嗚呼、嗚呼。

 憎しみの神となった愛しい存在。
 その姿にさせたのは、誰の、所為?





63 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:22:09.81 ID:umyeeOD8O

(; A )「坊っちゃん……俺、俺、ァ……ああっ……」

( ^ω^)「泣くな、泣くなどくお」

(; A )「俺の所為で……くうは……狂った、のか……?」

( ^ω^)「どくお、しっかりしろお」

(; A )「くう……ああ、くう……俺ァ、ああ…………っ」

( ^ω^)「どくおッ!」

(; A )「っ!」

( ^ω^)「悲しみは横に置けお、今は耽る暇はないお」

(; A )「…………ああ……」

( ^ω^)「このいくさが終われば、僕が肩を抱いてやる」

(; A )「……わか、……た」




64 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:24:23.72 ID:umyeeOD8O

( ^ω^)「もか、その餓神は今、何処へ?」

(;TДT)「山に聞いたけど、北に少し行った所から姿を消してる……」

( ^ω^)「……このままじゃ、朝日達以外にも恐ろしいものが訪れるお」

(;TДT)「探してはみるけど、見つかるかどうか……」

从 ゚∀从「坊っちゃん」

( ^ω^)「お、はいんの姐さん……神社に戻ったんじゃ?」

从 ゚∀从「いや何、嫌な話を聞いてね、伝えに来た」

( ^ω^)「嫌な、はなし?」

从 ゚∀从「恐らくその餓神だろうがね、近くに居るよ」

(;^ω^)!?

(; A )!!




66 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:26:30.76 ID:umyeeOD8O

从 ゚∀从「ひっきぃに外の声を伺って貰っていたら、聞いたらしいのだよ」

( ^ω^)「……餓神の声、かお?」

从 ゚∀从「嗚呼、餓鬼を恨む声がね…………町の、すぐ側で」

( ^ω^)「それは……本当、に?」

从 ゚∀从「あの子が嘘を吐くかイ?」

(; A )「…………じゃあ、本当に……そこに、くうが……?」

从 ゚∀从「そうなるね、警備を更に強める必要がある」

( ^ω^)「もか、皆に伝えてくれお! 大変なものが来ていると!」

(;TДT)「が、がう!」

(; A )「……俺の所為で……くうが……皆にも、迷惑が……」

( ^ω^)「止めろおどくお、お前さんだけの所為じゃあ無いお」

(; A )「ご、め……俺……」




68 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:28:21.17 ID:umyeeOD8O

从 ゚∀从「……こんな時だがね、どくお」

(; A )「ん……?」

从 ゚∀从「君の身の上話を、聞かせてはくれないかイ?」

(; A )「俺、の?」

从 ゚∀从「嗚呼、憎しみのみでこんな時に餓鬼が目覚めるとは思えない
      だから詳しく聞いて、彼女が如何に君を恨んでいるかを把握し、目覚めた理由を探る」

( ^ω^)「姐さん……」

从 ゚∀从「聞かせてくれ賜え、君の話を…………くうの話を、私達に」

(; A )「…………解った……なァ、巫女」

从 ゚∀从「何だイ?」

(; A )「くうは…………救われる、かな……」

从 ゚∀从「……巫女は万能じゃあない、神の道には死は禁忌…………
      しかしね、私は我が子の様に可愛い君達を苦しむ姿は見たくない」

(; A )「じゃあ……」

从 ゚∀从「巫女に出来うる全ての事をすると、約束はしよう」




70 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:30:21.45 ID:umyeeOD8O


 誰かが何処かで泣いている。
 誰かが何処かで鳴いている。


 憎らしい、悲しい、怨めしい、寂しい。

 餓えに狂った神が泣き叫ぶ。
 半身とし生きていた男を探して、鳴き叫ぶ。


 どうして私をおいて逝ったの。
 どうして私をおいて逃げたの。

 どうして私をおいて、幸せになったの。

 約束したのにどうして、どうして。


 幼いままの頭。
 餓鬼の姫が、狂う。



 『八話前編 おわり。』




71 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/05/02(日) 22:31:18.71 ID:umyeeOD8O
支援ありがとうございました。

死亡フラグは乱立させる為にあるんだよ。
そしてへし折るよ。たまに折り損ねるよ。


それでは、これにて失礼!


72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/02(日) 22:31:59.81 ID:GgoCQIz4P
乙!


73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/02(日) 22:33:05.87 ID:FsUnKZZt0
乙!


74 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/02(日) 22:36:10.86 ID:vGdEYu4q0
乙!


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/02(日) 22:48:40.69 ID:22AO8mBcO


毎回ありがとう!
おもしろいぜ!


前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    04 | 2017/05 | 06
    - 1 2 3 4 5 6
    7 8 9 10 11 12 13
    14 15 16 17 18 19 20
    21 22 23 24 25 26 27
    28 29 30 31 - - -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。