◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆未来の世界の人型ロボッ(゚、゚トソンのようです その12

前の話/インデックスページ/次の話

30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:21:53.32 ID:wxde0c3D0
('A`)「…ダメだ。ツモ切り」

( ´_ゝ`)lw´‐ _‐ノv川д川「「「ロン」」」

('A`)

(゚、゚トソン「ご主人がチャンタ、シューさんがチンイツリャンペイ、貞子さんが国士…ドクオさん、ハコですね」

( ´_ゝ`)「っていうか土井さん役満かよ。恐ろしいな」

lw´‐ _‐ノv「しかもこれ十三面待ちじゃね?」

川д川「…すいません…負けられない戦いが私にもあるんです…」

(゚、゚トソン「負けた分血液採取でしたっけ?私は注射器とメスシリンダーも取り揃えてますが」

('A`)

コンコン

('A`)「あ、おきゃくさんだ!でなくちゃ!」

lw´‐ _‐ノv「逃げんな」


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:22:53.81 ID:wxde0c3D0



未来の世界の人型ロボッ(゚、゚トソンのようです





32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:24:08.88 ID:wxde0c3D0
( <●><●>)「どうも」

( ´_ゝ`)「おう、那荷茂加茂じゃないか」

( <●><●>)「…できれば名字はやめてほしいのですがね。あと、私だけではありません」

(;><)「ど、どど、どどどうもなんです!」

lw´‐ _‐ノv「おう、誰だっけ」

(;><)「ほ、放送部の、若菜なんです…」

( <●><●>)「実は今日はSF研に頼み事がありまして」

川д川「頼み事ですか…?」

('A`)「こんな非生産的なところに何の用だよ」

(゚、゚トソン「自分で言いますか」

( <●><●>)「ええと…確か、トソンさん…でしたね?初めまして。放送部のワカッテマスとビロードです」

(゚、゚トソン「はい。よろしくお願いします」


33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:26:02.28 ID:wxde0c3D0
( <●><●>)「それで、本題ですが。私たち放送部は、月に数回のペースで校内ラジオを行っています」

川д川「あ、私聴いたことあります。すごく面白かったですよ」

( ><)「ええと…どうもなんです…」

(゚、゚トソン「…お二人とも、体育祭のときと大分イメージが違うような」

('A`)「こっちが素だからな。普段は若菜、噛み噛みだし」

(;><)「うう…耳が痛いんです…」

( <●><●>)「まぁあまりいじめないでやってください」

lw´‐ _‐ノv「わーってるわーってる。んで、ラジオのゲストでも募ってんのかな?」

( <●><●>)「ご名答です。特に、そちらのトソンさんをゲストに迎えたいと思っていまして」

(゚、゚トソン「私ですか?」

( ><)「は、はい…トソンさんは校内でもものすごい人気なんです…」

( ´_ゝ`)「良くも悪くも目立っちまったからなぁ」


35 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:28:30.26 ID:wxde0c3D0
lw´‐ _‐ノv「何言ってんの。トソっちが人気なのは可愛いからに決まっとろうが」

(゚、゚トソン「恐縮です」

( <●><●>)「理由はともかく、あのメイドは何者だ、という声が非常に多いのですよ」

( <●><●>)「新聞部や写真部、それからゴシップ部なども動き出しています」

川;д川「ゴシップ部って…本当、不思議な部活が多いですね…」

( <●><●>)「こんなのも張り出される予定です」

lw´‐ _‐ノv「どれどれ…突如現れた謎のメイド、正体は宇宙人か?だと」
  つ□と

('A`)「まぁ、本当はロb( ´_ゝ`)「宇宙人はねーだろー!!」

( ´_ゝ`)「(黙っとけ。今の流れでバレたら死ぬほど面倒なことになりそうだ)」

('A`)「(すまんこ)」


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:30:25.95 ID:wxde0c3D0
( <●><●>)「まぁゴシップ部の記事ですから。誰も信じませんよ」

(゚、゚トソン「傍迷惑な部ですね」

( ><)「それで、僕たちはですね…生のトソンさんの声をお届けしたいな、と…」

lw´‐ _‐ノv「なーるほど。面白そうじゃん。トソっち、行ってきタラバガニ?」

川д川「(ダジャレだ…)」

(゚、゚トソン「(…ご主人、どう思いますか?)」

( ´_ゝ`)「(死ぬほどつまんないダジャレだったな)」

(゚、゚トソン「(そっちじゃないです。もういいです)」

(゚、゚トソン「わかりました。ゲストの件、しかと承ります」

( <●><●>)「本当ですか?ありがとうございます」

( ><)「あ、ありがとうございます!」


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:32:22.32 ID:wxde0c3D0
( <●><●>)「それから、出来れば流石くんにも出演願いたいのですが」

( ´_ゝ`)「え、俺?」

( <●><●>)「ええ。やはり、いつも近くにいる人の話も聞きたいですからね」

( ´_ゝ`)「いいけど…俺そういう場でたことないからな」

( ><)「大丈夫なんです。僕でもできるようなことなんですから」

('A`)「妙な説得力があるな」

( ´_ゝ`)「それはそれでどうかと思うが」

川д川「うわぁ…なんだか放送が楽しみですね!」

lw´‐ _‐ノv「うんうん。私も出たいね!」

( <●><●>)「須尚先輩は合計二十回ぐらい出てるじゃないですか…準レギュラーレベルですよ」

( ´_ゝ`)(゚、゚トソン川д川('A`)「(出すぎだ…)」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:34:05.15 ID:wxde0c3D0
~放送当日~

('A`)「…くそっ、これ切るしかねぇな」

lw´‐ _‐ノv川д川「「ロン」」

('A`)

lw´‐ _‐ノv「お前弱いな…そしてさだっち強すぎだろ…緑一色って…また役満かよ…」

川д川「…すいません…真剣勝負に手は抜けないので…」

('A`)

lw´‐ _‐ノv「おっと、もう時間か。いつもは切ってる放送スイッチオーン!」

カチッ

<ホウソウブノオールアフタヌーンニッポーン

('A`)


40 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:36:02.26 ID:wxde0c3D0
( ><)「はい、というわけで今回も始まりました放送部のオールアフタヌーンニッポン!」

( <●><●>)「司会進行は私ワカッテマスと腐れ外道ビロードでお送りします」

(;><)「いきなりひどいな!」

( <●><●>)「さらに本日は特別ゲストとして、話題のメイドトソンさんとその他一名が来ています」

( <●><●>)「みなさん心の中だけで拍手をお願いします」

(゚、゚トソン「いや、ちゃんと拍手してくださいよ」

( ´_ゝ`)「どうも、その他一名こと流石兄者です」

( ><)「早速なんですけどトソンさん!是非自己紹介をお願いしたいんです!」

(゚、゚トソン「了解しました。…カメラはどれでしょう?」

( ><)「これラジオなんですけど」


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:39:01.66 ID:wxde0c3D0
(゚、゚トソン「では、僭越ながら自己紹介をさせていただきます」

(゚、゚トソン「ご主人…流石兄者さんのメイドをしております、トソンと申します」

( <●><●>)「好きな物や嫌いな物はありますか?」

(゚、゚トソン「好きな物はグリース、嫌いな物は二年生の鬱田ドクオさんですね。多分これ聴いてると思いますが、白骨化してほしいです」

(;><)「リスナー名指しで殺意剥き出しにしないでください!」

( ´_ゝ`)「グリースはいいのか」

(゚、゚トソン「それから、座右の銘は『科学を発達させてきたのはいつも戦争である』です」

(;><)「怖っ!座右の銘怖っ!」

( ´_ゝ`)「俺は『人に厳しく自分に甘く』ね」

(;><)「ダメ人間の発想だ!聞いてないし!」

( <●><●>)「私は『こいつうるせぇな、ちょっと黙れよ』です」

(#><)「僕に言ってんのかそれ!!」


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:42:09.38 ID:wxde0c3D0
( <●><●>)「いい感じに場も暖まりましたので、最初のコーナーへ行きましょう」

( <●><●>)「誰が言ったか知らないが、言われてみれば確かに聞こえる」

(゚、゚トソン「空耳アワーのお時間です」

(;><)「いやいやいや違う!空耳アワーやらないんです!普通にお便り質問コーナーなんです!」

( <●><●>)「雪見オナ(;><)「昼間の放送だぞこれ!」

( <●><●>)「ちっ…では、トソンさん宛に届いた大量の質問矢文を消化していきたいと思います」

(;><)「矢文で来たの!?」

(゚、゚トソン「どんと来いです」

( ´_ゝ`)「えーじゃあ最初の質問は、と…『今何色のおパンティをお履きになっていらっしゃいますか?』」

(;><)「一発目からどんな質問選んでんだよ!主人いいのかそれで!」


45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:44:25.91 ID:wxde0c3D0
( <●><●>)「はい、トソンさんお答えをどうぞ」

(゚、゚トソン「死ね」

( <●><●>)「続いての質問です。『おっぱい触らせてください!っていうか揉ませてください!』」

(゚、゚トソン「死ね」

( ´_ゝ`)「『デリヘル嬢みたいな顔してますが、経験あるんですか?』」

(゚、゚トソン「ぶち殺すぞ」

(;><)「三段オチだ!殺意の三段オチだ!」

( ><)「っていうかまともな質問一つもないんです…みんな飢えすぎなんです…」

( <●><●>)「以上、RN.SF研会長からの質問でした」

(;><)「いや一人で送ってきてたのかよ!!ラジオネームおかしいし!!」


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:46:07.67 ID:wxde0c3D0
<ラジオネームノイミネェダロオオオオオオ

dlw´‐ _‐ノvb「やったー!!私の矢文が読まれたぞー!!」

川;д川「何やってるんですか…須尚先輩…」

lw´‐ _‐ノv「目立つように電飾をつけた甲斐があったな…」

('A`)「(…壁に立てかけてある弓はそれで持ってきたのか…)」

lw´‐ _‐ノv「よーし!もう何通か飛び入りで送っちゃるぜ!」 ギリギリ

川;д川「やめてください!」


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:48:24.33 ID:wxde0c3D0
( ><)「まともな質問選んでくださいよ…」

( <●><●>)「反省してまーす」

(;><)「してない!確実にしてないよこの人!」

( ´_ゝ`)「じゃー次な。『何故人々は争い奪い合うのですか?』」

( ><)「何この質問の落差…」

(゚、゚トソン「なかなか難しい質問ですね。まず、人間には本能的な闘争欲求がありまして」

(゚、゚トソン

(゚、゚トソン「まぁ、そんな感じです」

(;><)「終わりかよ!見切り発進すぎるだろ!」

( <●><●>)「深いな」


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:50:11.64 ID:wxde0c3D0
( ><)「もうこのままじゃ収拾つかないんです!手紙はくじで選んでもらうんです!」

( <●><●>)「マジかよ、DJの楽しみ70%減だぜ」

(;><)「どういうキャラなんだお前は!」

( <●><●>)「残り30%は昼飯の楽しみです」

(゚、゚トソン「割合がいろいろとおかしい」

( ><)「それじゃ流石くん、このくじBOXから一枚お手紙を引いてください!」

( ´_ゝ`)「なんか俺アシスタントみたいになってねぇ?」 ゴソゴソ

( <●><●>)「なってますね」

( ´_ゝ`)っ□「否定して~」

( ><)「はい、ありがとうございます!早速内容を見てみるんです!」


49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:52:22.58 ID:wxde0c3D0
┌────────────┐
│ 風呂で中盤に洗うところ  │
└────────────┘

(;><)「うっわすげぇどうでもいいの引いちゃった!これ気にならないだろ!」

( <●><●>)「あー、これ結構聞いちゃいますよね」

(;><)「聞かないよ!中盤聞いてどうすんの!?」

( ´_ゝ`)「俺膝の裏」

(;><)「部位分け細かいなおい!それ足でいいよ!」

(゚、゚トソン「まずそれ以前に入りませんね。錆びるので」

(;><)「入らないの!?錆びるの!?」

( <●><●>)「謎がミステリーを呼びますな」

( ´_ゝ`)「はい、次」 ゴソゴソ


51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:54:16.68 ID:wxde0c3D0
┌──────┐
│  ししゃも ....│
└──────┘

( ><)

( <●><●>)

( ´_ゝ`)

(゚、゚トソン

(;><)「え!?何!?ししゃもが何!?」

( <●><●>)「はい、RN.ししゃもからでした」

(;><)「何の意図でこれ送ってきたんだよししゃも!」

( ´_ゝ`)「次行きまーす」 ゴソゴソ


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:56:41.25 ID:wxde0c3D0
┌───────────────────────┐
│ 家のトイレが臭いんですがどうしたらいいですか?  .│
└───────────────────────┘

(#><)「知らねぇよ!!それゲストに聞かなくていいだろ!!」

( <●><●>)「こら、この人は本気で悩んでいるんですよ」

(#><)「いいから矢文送ってないで自分で処理しろ!!」

(゚、゚トソン「メイド知識としては、消臭剤を置くといいですよ」

( ´_ゝ`)「大体みんなそうすると思う」

( <●><●>)「以上、RN.うんこからでした」

(;><)「なんだそのラジオネーム!!臭いの完全にお前のせいだよ!!」

( ´_ゝ`)「次引くぞーっと」 ゴソゴソ


53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 21:58:41.91 ID:wxde0c3D0
┌──────────────────────────────┐
│ 好きな人がいるんですが告白できません…どうしたらいいですか?   │
└──────────────────────────────┘

( ><)「お、いいですね、学生らしくて。答えはどうでしょう?」

( <●><●>)「甘酸っぱい学生生活送ってるやつは死ねばいいと思うよ」

(;><)「嫉妬深すぎるよ!」

(゚、゚トソン「…あ、すいません。聞いてませんでした」

(;><)「聞けよ!なんでトイレ聞いててこれ聞いてないんだよ!」

( ´_ゝ`)「やはり勇気を持つことが大事ですね。一度思い切って告白すれば、意外といけるかも!」

(;><)「でお前は真面目に回答すんだ!いいけど!」

( ´_ゝ`)「RN.俺、この矢文が読まれたら告白するんだ…さん!頑張ってね!」

(;><)「成功する気ねぇだろこいつ!!」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:01:45.74 ID:wxde0c3D0
( <●><●>)「あー、じゃあまぁいいですかね、質問は。うん。この辺で。ね」

( ><)「適当に締めないでほしいんです…」

(゚、゚トソン「続いてはこちらのコーナー」

( ´_ゝ`)「あいうえおかきくけこ作文ー」

( ><)「いえー…あれ?僕の役目取られてないですか?」

( <●><●>)「お前の役目なんか最初からないよ」

(;><)「あるよ!僕いなかったらこのラジオツッコミ不在だよ!」

( ´_ゝ`)「このコーナーはお題に対してさしすせそ作文を作ってもらうコーナーです」

(;><)「でなんでお前はそんな慣れてんの!?」

(゚、゚トソン「それでは本日のお題を発表します」


55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:05:49.76 ID:wxde0c3D0
 (゚、゚トソン
つ[トソン]と

( <●><●>)「はい、ゲストにちなんで『トソン』でお願いします

(;><)「『ん』入っちゃった!これしっくりくる回答ひとつも来ないぞ!」

( <●><●>)「思いついた方はどしどし矢文で送ってくださいね」

(;><)「やっぱ矢文なんですか…」

ヒュンヒュンヒュンヒュン!!

(:><)「うわめっちゃ飛んできた!思いつくの早っ!」

→(゚、゚トソン スコーン!!

(;><)「って刺さったあああああ!!」


57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:08:28.11 ID:wxde0c3D0
→(゚、゚トソン「じゃあ一通目はこれにしましょうか」

(;><)「えええええ大丈夫なのかよ!!なんだこの人!!」

( ´_ゝ`)「はい、えっと…RN.足軽二等兵さんから」

( <●><●>)「まずはトソンのとー!」

( ´_ゝ`)「トロピカル」

(;><)「いやいいの!?刺さってるけど普通に進めていいの!?」

( <●><●>)「トソンのそー!」

( ´_ゝ`)「ソース」

( <●><●>)「トソンのんー!」

( ´_ゝ`)「んんんんん…仕立て」

(;><)「んんんんん仕立てってどういう仕立てだよ!!しっくり来ないなもう!!」


59 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:10:20.80 ID:wxde0c3D0
( <●><●>)「それではトソンさん、点数をどうぞ。ちなみに一万点満点です」

(;><)「満点のハードル高いな!」

→(゚、゚トソン「7点ですね。トロピカル感が最後で一気に失われました」

(;><)「しかもめちゃくちゃ辛口だ!!ていうか矢抜け!!」

( ´_ゝ`)「7点の足軽二等兵さんには割り箸の片割れがプレゼントされます」

(;><)「嫌がらせか!」

( ´_ゝ`)「さぁどんどん読んでいきましょう」

( <●><●>)「RN.ボールペン組立歴五十年からです」


60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:12:39.16 ID:wxde0c3D0
(゚、゚トソン「トソンのとー」

( <●><●>)「とうがらし」

(゚、゚トソン「トソンのそー」

( <●><●>)「そばめし」

(゚、゚トソン「トソンのんー」

( <●><●>)「んっじゃこりゃあああああ!!!」

(;><)「なんで最後ジーパンなんだよ!とうがらしとそばめしも意味わかんねぇし!」

(゚、゚トソン「7800点」

(;><)「無駄に高評価だ!」

( ´_ゝ`)「割り箸の片割れを差し上げまーす」

(;><)「点数関係なしかよ!!それ余ったからあげたんだろ!!」


61 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:16:42.71 ID:wxde0c3D0
( ´_ゝ`)「はいそれでは次で最後にします」

(゚、゚トソン「RN.トムソンガゼルさんからです」

( ´_ゝ`)「トソンのとー」

(゚、゚トソン「とびきりの」

( ´_ゝ`)「トソンのそー」

(゚、゚トソン「ソープ嬢と」

( ´_ゝ`)「トソンのんー」

(゚、゚トソン「ンジャメナへ」

(;><)「出た!唯一のんから始まるワード出た!」

(゚、゚トソン「旅行の楽しさに溢れたあいうえお作文ですね、2点」

(;><)「評価と点数比例しないのかよ!」

( ´_ゝ`)「パンの袋を止めるやつを差し上げまーす」


62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:19:08.98 ID:wxde0c3D0
♪~(なんかラジオのエンディングっぽい音楽)

( <●><●>)「さて、今日の『放送部の壊れかけRadio』はいかがでしたでしょうか」

(;><)「タイトル徳永英明みたいになっちゃったよ!!」

(;><)「っていうか本当にこれで終わりなんですか!?はっきり言って何もしてないですよ!?」

( <●><●>)「放送時間が10分じゃこれが限界でしょう」

(;><)「もっと時間を有意義に使うべきだったんです…」

( <●><●>)「ゲストのトソンさんとその他一名さん、いかがでしたか?」

(゚、゚トソン「はい、楽しかったですよ。ギャラはスイス銀行にお願いしますね」

(;><)「ギャラ取るんだ!!」

( ´_ゝ`)「俺はすごくつまらなかったです」

(;><)「お前はお前でノリノリだっただろ!!」


64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:21:58.53 ID:wxde0c3D0
( <●><●>)「それでは皆さん、またいつかお会いしましょう。お相手は私ワカッテマスと」

(゚、゚トソン「メイドのトソン」

( ´_ゝ`)「あとその他二名でした」

(;><)「その他側に入れられとる!!」

~フェードアウト~


lw´‐ _‐ノv「いやー…」

('A`)「うーん…」

川д川「終わっちゃいましたね…」

lw´‐ _‐ノv

('A`)

川д川


65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:24:45.75 ID:wxde0c3D0



lw´‐ _‐ノv('A`)川д川「(ひどいラジオだった…)」



次話に続く


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/05/06(木) 22:27:28.24 ID:wxde0c3D0
~アイキャッチ~

(゚、゚トソン「あと30レス弱あるそうですよ」

( ´_ゝ`)「長いよ、なんで一気に投下してんだよ」

(゚、゚トソン「また規制かかったらあれじゃないですか」

( ´_ゝ`)「じゃあもうアイキャッチとかいいから早くやれよ」

(゚、゚トソン「はい」

( ´_ゝ`)「急に素直になった…怖っ」



前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    10 | 2017/11 | 12
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 - -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。