◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆( ^ω^)百鬼夜行のようです 【十一話 百花繚乱 恋せよ乙女。 後】

前の話/インデックスページ/次の話

1 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 20:53:27.75 ID:jzbI9pYlO
ブーン速。さん
ttp://hoku6363.fool.jp/yakou-yakou/0000.php
くるくる川 ゚ -゚)さん
ttp://kurukurucool.blog85.fc2.com/?mode=m&no=163
面白蛇屋さん
ttp://hebiya.blog40.fc2.com/?mode=m&no=9295

まとめて下さってます、ありがとうございます。










2 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 20:56:14.42 ID:jzbI9pYlO

 ねぇ猫さん、どうしてこっちに来ないの?

 ねぇ猫さん、どうして悲しそうに鳴くの?

 ねぇ猫さん、どうして町が襲われてるの?

 ねぇ猫さん、ねぇ、ねぇ。



     ( ^ω^)百鬼夜行のようです。

      【十一話 百花繚乱 恋せよ乙女。 後】
      閲覧注意


 ねぇ猫さん、どうしてお姉ちゃんが、あんなに怒っているの?

 ねぇ猫さん、どうして?

 どうして、




4 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 20:59:17.66 ID:jzbI9pYlO

 雷獣邸。

 人々の避難先の一つである其処は、内藤宅や盛岡屋のよりは人が少ない。
 それも、家主の存在に怯えてだろう。

 疎らに避難する人々の世話も、大変と云う程でもなく。

 雷獣邸に奉公に来ている幼子は、やる事もなく、ぼんやりと外を見ていた。


ζ(゚-゚*ζ「……」

(´<_` )「外に出ると、危ないぞ」

ζ(゚-゚*ζ「あ、弟者さん……」

(´<_` )「戸を開けていても、良いのか?」

ζ(゚-゚*ζ「奥様が……巣を張り巡らしてるって」

(´<_` )「ああ……なら、大丈夫か」

ζ(゚-゚*ζ「……」

(´<_` )「…………どうしたんだ?」

ζ(゚-゚*ζ「ん……でれには、何も出来ないと……思って」




6 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:02:11.33 ID:jzbI9pYlO

(´<_` )「君は子供だ」

ζ(゚-゚*ζ「……はい」

(´<_` )「だから、無理に何かをしようとしなくても良い」

ζ(゚-゚*ζ「…………でも、悔しいです」

(´<_` )「……俺もだ」

ζ(゚-゚*ζ「お姉ちゃん……東の通りを、守ってるらしいです」

(´<_` )「つんが……?」

ζ(゚-゚*ζ「たった一人で……守ってるらしいです……」

(´<_` )「……」

ζ(゚-゚*ζ「お姉ちゃん、ちっちゃくて、ほんとはさみしがり屋で、弱いです」

(´<_` )「……」

ζ(゚-゚*ζ「でも、頑張って、立ち向かってる……」

(´<_` )「何故、立ち向かえると思う?」

ζ(゚-゚*ζ?




9 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:06:40.43 ID:jzbI9pYlO
(´<_` )「つんは、愛する奴が居るからだ」

ζ(゚-゚*ζ「内藤さん……ですか?」

(´<_` )「ああ……あれの為なら、つんは何でも出来るんだろうな」

ζ(゚-゚*ζ「…………愛、ですか」

(´<_` )「君には、未だ好いた男は居ないだろう」

ζ(゚-゚*ζ「……はい」

(´<_` )「もう少しすれば、それも解る筈だ」

ζ(゚-゚*ζ「…………弟者さんには、居ますか?」

(´<_`;)「え?」

ζ(゚-゚*ζ「弟者さんは、好きな人はいますか?」

(´<_`;)「ぇ、あ……や……」

ζ(゚-゚*ζ「いない、ですか?」

(´<_`;)「や、その……あの……」




11 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:09:21.09 ID:jzbI9pYlO

(´<_`;)(やべぇ格好良い事云ったのに居ないとは云えねぇ……)

(´<_`;)(しかし仕事ばっかしてたから出会いなんてねーよ……どうするよ……)

(´<_`;)(ええと、好きな女……好きな女……)

(´<_`;)

(∩<_∩;)(居ねぇよ!! そんなもん居ねぇよ!!!!)

(∩<_∩;)(畜生! この歳になって童貞だよこちとら!! 畜生!! 出会いくれよ!!!!)

(∩<_∩;)

(∩<_∩;)(兄者も童貞だろうし……まあ良いか……)

(∩<_∩;)(いやそうじゃなくて何て答えれば……)

(∩<_∩;)

(∩<_∩;)

(∩<_∩;)(何とかはぐらかすか……)




13 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:12:27.50 ID:jzbI9pYlO
(´<_`;)「ええとだね、俺の好きな人h」

ζ(゚ー゚*ζ「あ、猫さんだ!」

(´<_` )

ζ(゚ー゚*ζ「猫さんおいでー、そっちいると危ないよー」

(´<_` )

ζ(゚、゚*ζ「あれー……こっち来ないなー…………ちちちちー、おいでー」

(´<_` )

ζ(゚ー゚*ζ「んー……ほら弟者さん、猫さんですよ!」

(´<_` )「ア、ウン、ソウネ」

ζ(゚ー゚*ζ「どしたんですか?」

(´<_` )「ウウン ナンニモ」

ζ(゚ー゚*ζ「? 猫さーん、おいでー」

(´<_` )(死にてー)




15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:12:52.46 ID:xfGNYlk/0
弟者イ㌔


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:13:23.75 ID:kXwLWBVhO
嫌な予感しかしません


18 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:15:03.71 ID:jzbI9pYlO

ζ(゚ー゚*ζ「んしょっと……おいで猫さん」

(´<_` )「あ、外に出るのは流石に危ないと思うぞ」

ζ(゚ー゚*ζ「んー、黒くてふわふわだー」

(´<_` )「聞いちゃいねぇ」

ζ(゚ー゚*ζ「猫さん避難しないの? 危ないよー」

(´<_` )「……それ、普通の猫か?」

ζ(゚ー゚*ζ「へ?」

(´<_` )「……何か怪しいぞ」

ζ(゚ー゚*ζ「そう、ですか?」

(´<_` )「…………こっち来いよ、猫」

ζ(゚ー゚*ζ「猫さーん」

(´<_` )(屋敷に上がらない……いや、上がれないのか……?)

ζ(゚ー゚*ζ「猫さん、どうしたのー?」




20 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:18:23.81 ID:jzbI9pYlO

(´<_` )「余り近付かない方が良い」

ζ(゚ー゚*ζ「へ……でも、」

(´<_` )「無理に上がらせなくても良いだろう、止めておけ」

ζ(゚ー゚*ζ「……わかりました……」

(´<_` )(下手に近付かせて、何かあっては危険だ)

ζ(゚ー゚*ζ「猫さん……」

(´<_` )(一応は、年上として守っておかなきゃならんしな……)


 にゃあん。


ζ(゚ー゚*ζ「あ」

(´<_` )「ん?」

ζ(゚ー゚*ζ「猫さん……」




21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:19:03.71 ID:mAunmZx4O
そいえば兄者はあさぴの所でほったらかしか。可哀想だな
支援


23 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:21:07.27 ID:jzbI9pYlO

川д川「にゃあん」

ζ(゚ー゚*ζ「……」

川д川「……」

ζ(゚ー゚*ζ「弟者さん、猫さんが変体しました」

川; д川そ

(´<_` )「変化と云ってあげなさい」

川; д川「に、にゃん」

(´<_` )「お前も無理に猫語を使うな」

川; д川「にゃ……」

(´<_` )

川; д川

(´<_` )「未だ媚びるか」

川; д川「す、すみません……」




24 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:24:10.97 ID:jzbI9pYlO

ζ(゚ー゚*ζ「猫さんが女の人になっちゃった……」

(´<_` )「化け猫か、どうして上がらない?」

川; д川「あ、その……蜘蛛とは、相性悪くて……」

(´<_` )「ほー」

川; д川

(´<_` )

川; д川「にゃ」

(´<_` )「俺はそうやって媚びた物が何よりも嫌いだ」

川; д川「すみませっ」

ζ(゚ー゚*ζ「だめですよ弟者さん、猫さんいじめちゃ」

(´<_` )「ん、あ、ああ、すまん」

(´<_` )

(´<_` )(何故だ、この子供に頭が上がらん……)




26 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:27:13.31 ID:jzbI9pYlO

ζ(゚ー゚*ζ「猫さん、きれいなくろぎぬですねー」

川* д川「あ、ありがと……」

ζ(゚ー゚*ζ「触ってみても良いですか?」

川* д川「え、えぇ……」

(´<_` )(くろぎぬ……黒衣…………)

(´<_` )(黒衣に、黒髪……帯の色は…………赤……?)

ζ(゚ー゚*ζ「んしょっと、失礼しま」

(´<_` )「でれ下がれ! そいつに触るなッ!!」

ζ(゚-゚;ζ「ふぇっ!?」

川; д川!?

ζ(゚-゚;ζ「ど、どうしたん、ですか……?」




29 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:30:08.38 ID:jzbI9pYlO

(´<_` )「……おい化け猫、お前、西の猫だな」

川; д川「え……」

ζ(゚-゚;ζ「そ、そうなん、ですか……?」

(´<_` )「西の妖怪は黒の装束を好む、そして赤帯は、朝日や周りの連中が締めていた物だ」

川; д川「ぁ……」

(´<_` )「今すぐ此処から出て行け、毒婦の君を呼ばれたいか?」

川; д川「あ、ま、待ってぇ……私は……」

(´<_`#)「出て行け西の妖怪がッ! 未だしらをきるかッ!?」

川; д川「ひんっ」

ζ(゚-゚;ζ「お、弟者さんっ! いじめちゃだめです!」

(´<_`#)「下手をすればお前が殺される事もあるんだぞっ!?」

ζ(゚-゚#ζ「だからってお話くらい聞いてあげても良いでしょっ!?」

(´<_`;)「すみませんっ!?」




30 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:31:45.44 ID:1KSAJgr7O
でれつええWW


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:33:11.56 ID:ZbP+xkwp0
弟者ww


32 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:33:48.27 ID:jzbI9pYlO

ζ(゚ー゚*ζ「猫さん、こっからでも良ければ、お話聞かせてもらえませんか?」

川; д川「あ……ぅ、うん……」

(´<_`;)(もうやだ何なの……何なのこの子、普通に強いよ……)

ζ(゚ー゚*ζ「猫さん、西の人ですか?」

川; д川「……うん」

ζ(゚ー゚*ζ「でれ達を、殺しに来ましたか?」

川; д川「ち、違うの……私は、誰かを殺しに来たわけじゃ……」

ζ(゚ー゚*ζ「じゃあ、なぜですか?」

川; д川「あ……その……あの……」

ζ(゚ー゚*ζ「なぜですか?」

川; д川「ぅ……」

(´<_` )(誰かー、この幼女怖いぞー)




33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:34:45.90 ID:RMM7spNDO
閲覧注意……怖いな


34 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:36:26.06 ID:jzbI9pYlO

川; д川「……私の、好きな人が……ね」

ζ(゚ー゚*ζ「はい」

川; д川「この町に、執着してて……」

ζ(゚ー゚*ζ「はい」

川; д川「それで、もしかしたら……好きな女でも……出来たのかと思って……」

ζ(゚ー゚*ζ「はい」

川; д川「だから、それっぽい人を……探してて……」

ζ(゚ー゚*ζ「それだけですか?」

川; д川「は……はい……」

ζ(゚ー゚*ζ「この進軍に、参加は?」

川; д川「形だけ、参加を……」




35 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:38:58.55 ID:jzbI9pYlO

ζ(゚ー゚*ζ「弟者さん、あぶない人じゃないみたいです」

(´<_` )「あ、うん、そうね」

川; д川

ζ(゚ー゚*ζ

(´<_` )

ζ(゚ー゚*ζ「どうします?」

(´<_` )「一応は敵だからなぁ、放り出すか」

ζ(゚ー゚*ζ「それはかわいそうだなー……」

川; д川「あ、あの……それっぽい人が見付からなかったので……私、もう行きます……」

ζ(゚ー゚*ζ「……」

川; д川「あの……?」

ζ(゚ー゚*ζ「今は、通りに出ない方がいいです」

川; д川「へ」

ζ(゚ー゚*ζ「お姉ちゃんの、声がするから」

ttp://imepita.jp/20100620/066400
066400.png



36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:40:55.37 ID:04MmdfX50
デレ可愛い


38 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:41:06.76 ID:jzbI9pYlO


ξ゚⊿゚)ξ「……多い、ですね」


 親指の爪をこり、と噛んで、つんはくるりと巻いた髪を風に靡かせ、立っていた。

 門の方は、騒ぎも収まった。
 自分はただ、この通りを守る事に徹しよう。

 そう、冷たい迄の無表情で前を睨む。


 溢れんばかりの西のあやかし。
 それらの相手を片手間にしつつ、つんは何かを待つように厳しい表情を見せる。

 くすんだ緑の着物に、前掛けと襷を外して身構えるつん。
 蛇の目で襲い掛かるあやかしの手足を石にし、動きを止める。

 相手を傷付けずに、動けなくする蛇の呪い。

 初めて役に立ったと小さく笑い、つんは其処から微動だにしない。
 ただ、睨むだけで良いのだから。




40 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:43:31.56 ID:jzbI9pYlO

 端から見れば阿鼻叫喚とも云える、その状況。
 己の肉体が石と化し、恐怖に叫ぶ妖怪共。

 つんを口汚く罵れば、きっと睨んで口を動かせなくした。
 それでも命に別状はない蛇の攻撃に、妖怪達は恐怖に叫んだ。

 そのあたりにごろごろと転がる、半ば石像と化したあやかし。
 殴るでも蹴るでも、怒鳴るでもなく、ただただ静かな暴力。


ξ゚⊿゚)ξ「……未だか」


 ぎり、と強く爪を噛む。

 噛みすぎて形の崩れた親指の爪。
 そこから口を離し、苛立たしげに舌を打った。


 その瞬間。


 通りの向こうから、女の影が近付くのが、見えた。




41 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:46:06.20 ID:jzbI9pYlO

ξ゚⊿゚)ξ(…………来た)


 遠目にも解る、鋭く伸びた二本の角。
 薄汚れた白い着物、長い黒髪。

 俯きがちにふらふらと、ゆっくりと、こちらへと歩いて来る。

 きゅっと唇を噛み、背筋を伸ばした。
 こちらへとやって来る女の姿に身構え、拳を強く握る。


 もう少し。

 あと少し。

 迎え撃つべき女が、目の前に立つまで。

 あと、少し。


川 ゚ -゚)


 来た。




42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:47:58.32 ID:czUY+JGm0
つん大丈夫なのか…


43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:48:45.80 ID:T0zOKYeO0
ドクオなにやってんだ


44 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:49:10.69 ID:jzbI9pYlO

川 ゚ -゚)「……ん…………」

ξ゚⊿゚)ξ「あなたが、くうさん、ですね」

川 ゚ -゚)「お前……は……?」

ξ゚⊿゚)ξ「私はつん、この通りを守る蛇」

川 ゚ -゚)「…………どうして……守る……?」

ξ゚⊿゚)ξ「この先へ、あなたを行かせない為に」

川 ゚ -゚)「なぜ、だ……?」

ξ゚⊿゚)ξ「この先には、私が守るべき方が居るからです」

川 ゚ -゚)「……」


 話に聞いた通りの、美貌だった。

 美しく、虚ろな鬼。


 これが、餓鬼の姫、餓神くう。




46 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:54:01.61 ID:jzbI9pYlO
川 ゚ -゚)「……な、あ」

ξ゚⊿゚)ξ「はい」

川 ゚ -゚)「どくお…………知らない……か?」

ξ゚⊿゚)ξ「存じています」


 刺激をせずに流す事は出来たかも知れない。
 けれどこれを、そのままにしていても、結局は同じ事。

 ならば、挑発して、相手にしてやろう。


ξ゚⊿゚)ξ「この先に、居ます」

 さあ、乗れ。


ξ゚⊿゚)ξ「私の愛しい人と共に、居ます」

 挑発に乗ってみろ、愚かな神。


ξ゚⊿゚)ξ「あなたの憎むどくおさんは、主人である内藤さんと共に、居ます」

 この私を、喰い殺せるか?




49 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 21:54:55.77 ID:T0zOKYeO0
ツンかっけ


50 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:56:53.52 ID:jzbI9pYlO
川  - )

ξ゚⊿゚)ξ「さあ、この先に進みたいでしょう」

川  - )

ξ゚⊿゚)ξ「先に進み、どくおさんを殺したいでしょう」

川  - )

ξ゚⊿゚)ξ「やれるものなら、やりなさい、愚かな神様」

川  - )「どく……お……」


 かかった。


川# - )「あ゙あ゙ぁ゙ぁあああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああッ!!!!」


ξ゚⊿゚)ξ(簡単な挑発に乗る、元より理性はほんの欠片しか持ち合わせていないか)

川# - )「私を捨てて見殺したあいつが、あいつがあ゙あ゙あ゙あ゙ああああぁああああああッ!!!!」

ξ゚⊿゚)ξ(可哀想、恨まれているどくおさんが、恨んでいるこの人が)


 ほんの小さな擦れ違いから、こんなに醜悪になれるだなんて。



51 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 21:59:48.20 ID:jzbI9pYlO

ξ゚⊿゚)ξ(内藤さんからお話を伺った通り、綺麗だけど可哀想な人)

ξ゚⊿゚)ξ(どくおさんは会いたがっていたらしいけれど、会わせる訳にはいきませんね)

ξ゚⊿゚)ξ(存在を聞いただけでこうなのだから、実際に会えば、話し合いなんて出来やしない)

ξ゚⊿゚)ξ(…………なら、私が冷静に、させてあげます)


 通りを守る者として、今の状態の彼女を、通す訳には行かないから。

 この命をかけて、この暴れん坊の相手をし、通せる状態にしてみせよう。


川# - )「退け小娘ぇええええッ!! 貴様も私に食われたいかぁああああああああッ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「お断りします
      私が此処を退けば、あなたは内藤さんとどくおさんの元に行きますから」

川# - )「当たり前だッ!! 私が、このくうがッ!!
      この様な姿で狂い生きていると云うのにッ!! 奴は、奴はのうのうとッ!!
      私の事など忘れて主を持ち、幸せそうに……ッあああああああああッ!!!!」




52 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:02:26.98 ID:jzbI9pYlO

ξ゚⊿゚)ξ「私は」

川# - )「ッ」

ξ゚⊿゚)ξ「私は、ここから退きません、あなたに八つ裂かれようとも」

川# - )「何故だッ!? 何故そう云えるッ!?
      所詮は男など、女を捨てて裏切り逝くのだッ!! 何故全てを賭せるのだッ!?」

ξ゚⊿゚)ξ「愛していますから
      私は、内藤さんを愛しています、それはもう、心から、あの頃から
      私が見続けてきたのは内藤さん、あの方こそが、私の至高、私が愛する殿方」

川# - )「それが何だと言うッ!? その様な感情はすぐに消え去るッ!!
      そんな事の為に命を捨てるかッ!?」

ξ ⊿ )ξ「…………そんな事、ですか」

川# - )「ああそんな事だ、くだらん世迷い事だッ!!
      一時の迷いで全てを失い子を捨て世を捨て逝くのかッ!! 愚かなッ!!」

ξ ⊿ )ξ「黙りなさい」

川# - )「な……ッ」




56 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:05:24.15 ID:jzbI9pYlO

 冷静に相手を勤めようとしたけれど、腹の底から、何かが沸き上がる。

 言葉には気を付けよう、感情を出さずに挑発しよう。

 そう決めていた筈なのに、怒りがふつふつとたぎる。


 理由は解っている。

 この女が、私の想いを、そんな事と、下らないと、吐き捨てたからだ。


 そんな事だと?
 私が十余年抱き続けた心の支えである全てが、そんな事だと?

 この想いがどれだけ私を救い私を支え私を満たし私を抱き私を包み私を壊し私を狂わせたかも知らずに。


 ふざけるなよ、この無知なる神。

 恋する女を、甘く見るな。




57 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 22:05:58.11 ID:kXwLWBVhO
つんかっけぇ


59 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:08:18.17 ID:jzbI9pYlO

 もう、良い。

 私は其処まで、出来た女ではない。
 私は自分が何よりも大事にしている想いを吐き捨てられ、冷静で居られるほど大人じゃない。

 解ったよ、解った。

 私が売った喧嘩を、売り直す。


 恋する乙女を舐めるなよ。


ξ# ⊿ )ξ「これ以上、私の思いを下らないと吐き捨てるな。
      私はあの方になら全てを捧げる覚悟で居る、その覚悟があるから此処に来た
      この思い、この覚悟、この決意は蛇眼で出来た石などよりも遥かに固い
      お前にそれを打ち崩す言葉なんて吐けはしない、愛する人の居ないお前などに負けはしない
      文句があるのならこの愛を崩してみせろッ!! この私を喰らってみせろッ!!
      私は内藤さんを愛してるッ!! だから私はお前を殺してでも私が死んででも此処を守るッ!!
      さあ掛かって来い哀しい女ッ!! 私の愛で打ち砕けろ餓鬼の姫ッ!!!!
      私はつん、蟒蛇であり蛇蠱の頭元つんッ!! 全てを石と化しその腹から打ち壊してくれるッ!!!!」




60 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 22:09:44.86 ID:xfGNYlk/0
完全にキレたな


61 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:11:24.55 ID:jzbI9pYlO

川# - )「くうに喧嘩を売るか……小娘ぇ……ッ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「だから何だ愚か者ッ!! お前如きが私に勝てると思うのかッ!?」

川# - )「愚かだとッ!? このくうを愚かだと云うのかッ!? たかが蛇風情がぁああああッ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「ほざけ蛇の恐ろしさも知らぬ愚図がッ!!
      蛇を怒らせるその恐怖ッ!! 身を持って知れ愚か者おおおおおおおおッ!!!!」

川# - )「黙れ黙れ黙れ黙れ小娘がぁああああああああッ!!!!
      くうを罵る事など許されるものかああああああああああああああッ!!!!」


 怒りに任せた蛇と鬼が、地を蹴って走り出した。

 その恐ろしさたるや、般若と夜叉とも云えようか。

 髪を逆立たせて怒り狂う、二人の女。

 腹の底から炎を吐く様に怒りを撒き散らし、固く握った拳を、互いの顔へと叩き付けた。




63 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:14:54.65 ID:jzbI9pYlO

 めぎり、と頬へ叩き付けられる拳。
 真っ直ぐにそれを受け止めた二人は、怯む事もせず、更に腹へと拳をめり込ませる。

 頬を殴られた時に切れた口の中。
 腹を殴られ、血と息を吐いて僅かに呻く。

 しかし鬼の方が先に体勢を建て直し、蛇の肩へと噛み付いた。

 鋭い牙がごりと皮膚を裂き、薄い肉を突き破って骨を抉る。
 その痛みに目を見開くも、蛇は直ぐ様、鬼の首へと腕を振り抜く。

 拳と腕が直撃し、鬼は鈍い悲鳴を上げて肩から離れる。
 肩の痛みに眉を寄せながらも、続けて胸ぐらを掴んで引き寄せ、顔面へと拳を叩き付けた。


 ごふ、と再び血と息を吐く音。

 背中から倒れた鬼に飛び掛かり、馬乗りになって拳を掲げ、降り下ろす。

 怒りに燃える蛇の目には、恐れなどは、微塵も存在しなかった。




65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 22:15:32.91 ID:mAunmZx4O
百鬼夜行のキャラってキレやすいな


66 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:17:17.87 ID:jzbI9pYlO

 顔へと降り下ろされる拳。
 それから逃れる為に腕で顔を覆う。

 しかし蛇の拳はそんなちっぽけな防御など無視して、腕ごと目一杯に殴り付ける。


ξ#゚⊿゚)ξ「お前如きにッ!! あの方への想いをッ!! 馬鹿にさせるものかぁッ!!」

川# - )「ぐっ、げふっ……ほざけ小娘がぁッ!! 恋など、想いなどッ!! 下らんッ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「黙れ愚か者ッ!! お前に恋の偉大さなど解るものかぁあッ!!」

川# - )「げほっ……ああ解らんッ!! 解るものかッ!! そんな下らん幻想などッ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「黙れ無知がぁああああああああッ!!!!」

川# - )「ほざけ下朗がぁああああああああッ!!!!」
ttp://imepita.jp/20100620/066520
066520.png


 愛する者への想いの為に。
 憎む者への怒りの為に。

 二人の女は、一歩も退かずに、ただただ殴り合う。




67 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 22:19:18.43 ID:kXwLWBVhO
そんだけどくおが好きだったんだよな


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 22:19:47.80 ID:Di3RVJFS0
画風がいきなり変わったな
でもシリアス感が出てて素晴らしえん


69 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:20:48.93 ID:jzbI9pYlO

 馬乗りになる蛇を蹴り飛ばし、髪を掴んで引き起こす。
 その腹へと膝を叩き込み、地面へ放り投げた。

 膝がめり込んだ瞬間、腹からみしりと嫌な音がした。
 地面に転がると息が出来ず、鋭い痛みに脂汗が滲む。

 しかしふらふらと立ち上がり、鬼を睨んで唇を噛む。


 殴られ、地面を転がり、蹴飛ばされ。
 二人は血を吐き、顔を腫らして息も荒い。

 流れる鼻血を乱暴に拭って、蛇が駆ける。

 通りを守れない事よりも、愛しい想いを吐き捨てられ、負け転がる事の方が腹立たしくて。
 このまま負ける事など、絶対に許されない事で。


 殴り掛かる蛇の拳を受け止めて、首を掴んで地面へ叩き付ける。

 憎い相手を野放しにするよりも、今は己を散々愚かだと罵ったこの女を放置する事が出来なくて。
 このまま放置すれば己が無知だと認めるみたいで、それだけは絶対に許されない事で。




71 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:23:09.82 ID:jzbI9pYlO

ξ# ⊿ )ξ「がっ……ぐ、げぅっ……!」

川# - )「取り消せ……ッくうが愚かだと云う言葉を取り消せッ!!」

ξ# ⊿ )ξ「誰ッ……がッ! この、愚図が……ッ!!」

川# - )「くうを罵るなッ!! このくうを罵る事など許されんのだッ!!
      くうは誰よりも強くある、くうは誰よりも美しいッ!! くうは誰よりも聡明だッ!!」

ξ# ⊿ )ξ「何処が……ッただの餓鬼が……おつむはがきのままが……ッ!!」

川# - )「黙れ黙れ黙れ黙れ黙れぇええええッ!!!!
      くうはお嬢様なんだッ!! くうは誰よりも偉いんだッ!! くうは、くうはぁあああああッ!!!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「…………黙れ、愚か者」

川# - )「あ゙あ゙あ゙あ゙ああああぁああああああああああああああぁああああああああッ!!!!」


 子供だ。

 大きい体の、ただの子供だ。




75 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:26:12.17 ID:jzbI9pYlO

 この餓神は、図体だけが大人になってしまった子供に過ぎない。

 神と呼ばれているものの、それはこの子供さ故の力から。

 手加減を知らず、強い自尊心。
 邪魔な物は壊して進み、感情だけが全ての力となる。

 こんな子供に、神の聡明さも慈愛も何もありはしない。
 ただ無理矢理に叩き起こされ、神と崇められてしまった哀れな子供。


 可哀想だ事。
 ひねくれた子供が、泣きじゃくっている。


 お嬢様なんだ、誰よりも可愛いんだ、誰よりも偉くて聡明なんだ。

 ええそうね。

 でもそれは、あなたが人間だった、子供の頃のお話。


 悲しいけれど、今のあなたはただの愚か者。




77 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:29:42.90 ID:jzbI9pYlO

 孤独の悲しみ。
 生への苦しみ。
 餓えへの恐怖。

 いたい、かなしい、くるしい、こわい、さみしい。

 全てを感じない様に、憎しみと怒りに身を任せる子供は泣く。

 この人も、この子もまた、一人は嫌だと泣いているのだ。

 ただただ、叫ぶように泣いているのだ。

 まるで昔の私の様に、あの方の様に。

 孤独が巣食うその魂。
 ねじ曲がってしまったその魂。


 私が 叩き直してあげます。




79 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:32:15.70 ID:jzbI9pYlO

 ご、と額を額へ叩き付けた。

 その衝撃で尻餅をついた鬼の長い髪を掴み、お返しをする様に、顔へ膝を叩き込む。
 骨の折れる感触を膝に感じ、そのまま頭を蹴り飛ばした。

 どうと倒れる体に飛び付き、片手で首を掴み、もう片手で頬を張り飛ばす。

 左右の頬を何度も、血に濡れた顔を、何度も殴る。


ξ#゚⊿゚)ξ「お前は子供だ、ただの子供だッ!! 何も解らずにただ吼えるだけのッ!!」

川# - )「黙れッ! 黙れぇえッ!! くうを殴るな、あいつらみたいにくうを殴るなぁあああッ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「何故殴られているかも理解できないのか愚か者ッ!!
      全てがお前の思い通りになるとでも思っているのかッ!?」

川# - )「うるさいッ! 黙れ黙れ黙れッ!! 殴れればそれで良いのだろうッ!!」

ξ#゚⊿゚)ξ「だからお前は愚図なんだぁあああああッ!!
      拳の意味も理解せずに恨み言を云うしか能の無い愚図がぁあッ!!」

川# - )「意味なんてあるものかッ!! くうを殴る拳なんて知るものかッ!!
      ただくうを殴った癖にッ!! ただどくおを殴った癖にぃいいいいいッ!!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「ッ!」




80 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:35:10.94 ID:jzbI9pYlO

川# - )「みんな嫌いだみんなみんなみんな嫌いだぁあッ!!
      くうを殴る奴もどくおを殴る奴もみんなみんなみんな死んでしまぇええッ!!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「餓神くう」

川# - )「うえがみなんて呼ぶなぁあああああッ!! くうは、くうはお嬢様なんだッ!!
      神なんているものかッ!! そんなものくうは絶対に認めるものかぁあッ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「お前は、何故どくおさんを憎む」

川# - )「あいつがくうを捨てて逃げたからだッ!! 死ぬも生きるも共にと約束したのにッ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「本当に、憎んでいるの?」

川# - )「当たり前だッ!! あいつはッ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「どくおさんを殴った相手に、怒るのに?」

川# - )「ッ!!」

ξ゚⊿゚)ξ「憎むべき相手が殴られるのに、怒るの?」

川# - )「ぁ……あっ……?」




83 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:39:52.08 ID:jzbI9pYlO

ξ゚⊿゚)ξ「餓神……いいえ、くう」

川# - )「あ……」

ξ゚⊿゚)ξ「あなたは、勘違いをしている」

川# - )「かん……ちがい……?」

ξ゚⊿゚)ξ「そう、勘違い。どくおさんがあなたを捨てたと云う、勘違い」

川# - )「な……ッ!?」

ξ゚⊿゚)ξ「あの人は、あなたを捨てていない、あなたを救いたがっていた」

川# - )「どう云う、事……だ……ッ!?」

ξ゚⊿゚)ξ「落ち着いて、聞きますか? 私の話を、噛み付かずに聞きますか?」

川# - )「…………」

ξ゚⊿゚)ξ「あなたが噛み付くならば、私は話す事を止める
      そして今度は、あなたを石像にして噛み砕きます」

川# - )「…………聞……く」




84 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:42:13.80 ID:jzbI9pYlO

 くうの上から退き、前に座って身を起こさせる。
 着物の袖を裂いてくうに渡し、鼻を押さえさせながら、つんは口を開いた。

 ふ、と互いの目から怒りが少し失せ、冷静さが宿る。

 これなら、話が出来そうだ。


ξ゚⊿゚)ξ「あなたとどくおさんは、仲が良かったんですね?」

川 ゚ -゚)「友達で、家族だった」

ξ゚⊿゚)ξ「あなたはどくおさんが好きでしたか?」

川 ゚ -゚)「……うん」

ξ゚⊿゚)ξ「でも、今は嫌いなんですね?」

川 ゚ -゚)「…………うん」

ξ゚⊿゚)ξ「それは、どくおさんがあなたを捨てて逃げたから?」

川 ゚ -゚)「うん」




88 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:45:14.50 ID:jzbI9pYlO

ξ゚⊿゚)ξ「どうして、逃げたと思ったんですか?」

川 ゚ -゚)「くうが苦しんでる時に、あいつはくうを置いて村から出ていった、そして一人で死んだ」

ξ゚⊿゚)ξ「その理由を、考えた事はありますか?」

川 ゚ -゚)「りゆう……?」

ξ゚⊿゚)ξ「はい、あなたを置いて村から飛び出した理由を」

川 ゚ -゚)「……嫌になったから、逃げたんじゃないのか」

ξ゚⊿゚)ξ「生きていた頃のあなたには、考える余裕はなかったかも知れません」

川 ゚ -゚)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「でも、今は?」

川 ゚ -゚)「いま……」

ξ゚⊿゚)ξ「……お腹は、空いていますか? 一人が、怖いですか?」

川 ゚ -゚)「…………おなかは、……すいてる」




91 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:48:12.82 ID:jzbI9pYlO

ξ゚⊿゚)ξ「なら、どうぞ」

川 ゚ -゚)「?」

ξ゚⊿゚)ξ「私の腕でも喰らって、お腹を満たして下さい」

川 ゚ -゚)「ぇ……」

ξ゚⊿゚)ξ「それであなたが満たされるなら、私はあなたを満たします」

川 ゚ -゚)「どう……して、?」

ξ゚⊿゚)ξ「あなたが、子供だからです」

川 ゚ -゚)「……」

ξ゚⊿゚)ξ「体は大きくなっても、あなたは死んだ時から心がそのまま
      子供を満たすのが、年上としての勤めです、さあ、どうぞ食べてください」

川 ゚ -゚)「……で、も……」

ξ゚⊿゚)ξ「…………あなたは良い子です」

川 ゚ -゚)「っ」




93 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:51:19.34 ID:jzbI9pYlO

ξ゚⊿゚)ξ「先刻までは、怒って混乱していただけ、私が怒らせたから」

川 ゚ -゚)「……ごめん、なさい」

ξ゚⊿゚)ξ「いいえ、怒らせて殴ったのは、私です」

川 ゚ -゚)「…………くう、は……悪い子だ……だから、殴られる……のか」

ξ゚⊿゚)ξ「今は、良い子です」

川 ゚ -゚)「……うん」

ξ゚⊿゚)ξ「だから、良い子には優しくします……どうぞ、お腹を膨らませて下さい」

川 ゚ -゚)「…………良い、のか?」

ξ゚ー゚)ξ「……はい」


 くうの頭を優しく撫でて、胸へと抱いた。

 心持ち縮んだ角を指先で撫でてやれば、くうは戸惑いながらも口を開く。

 そして、柔らかい肉へと牙を立てた。




95 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:54:40.81 ID:jzbI9pYlO

 着物越しに、ぷちぷちと皮膚が裂ける音が体に響く。
 脂肪を裂いて筋肉を噛み切り、わき腹の肉を、ぷちり、噛み千切った。

 痛みに眉を寄せるが、つんは脂汗を流しながら、くうの頭を撫でる。

 ああ、落ち着いている。
 きっと、もう大丈夫。

 けれどもう少し、もう少し、この子を壊す事になる。

 未だ、事実を告げていない。


ξ;゚-゚)ξ「っ……」

川 ゚ -゚)「だい、じょうぶ……か?」

ξ;゚ー゚)ξ「……はい、一口で満たされますか?」

川 ゚ -゚)「…………どうして……?」

ξ;゚ー゚)ξ「たくさん殴ってしまったけれど……こうすれば、私を信用してくれるでしょう?」




98 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 22:57:46.28 ID:jzbI9pYlO

川 ゚ -゚)「……つ、ん」

ξ;゚ー゚)ξ「はい」

川 ゚ -゚)「…………おい、しい……よ」

ξ;^ー^)ξ「有り難う御座います」

川 ゚ -゚)「へびの、にく……」

ξ;゚ー゚)ξ「……食べながらで構いません、聞いてくれますか?」

川 ゚ -゚)「……うん」

ξ;゚ー゚)ξ「今のあなたなら、考えられますか? どうしてどくおさんが、村から出たか」

川 ゚ -゚)「……」

ξ;゚ー゚)ξ「食べ物がなくて、あなたが床に臥せった……どくおさんは、あなたが好きだった」

川 ゚ -゚)「…………」

ξ;゚ー゚)ξ「それまでに、どくおさんはあなたを嫌った様子は、ありましたか?」

川 ゚ -゚)「なかった……いつも、くうのしんぱい……してくれた……」




100 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:00:12.76 ID:jzbI9pYlO

ξ;゚ー゚)ξ「じゃあ……何故、村を出たと思いますか? 村の外には、何があると信じてましたか?」

川 ゚ -゚)「たべもの……ある、と…………ぇ……?」

ξ;^ー^)ξ「答えの尻尾、見付けましたね」

川 ゚ -゚)「…………どくお……くうの、ため……ぇ……えっ……?」

ξ;^ー^)ξ「どくおさんは……あなたを裏切ってはいないんです……先に、死んでしまったけれど」

川 ゚ -゚)「……どくお……くうのために、外に……出たのか……?」

ξ;゚ー゚)ξ「はい……あなたを、助けたくて、食べ物を探しに行ったんです」

川 ゚ -゚)「ぁ…………どくお……怪我……して……」

ξ;゚ー゚)ξ「食べ物を探している時に、妖怪に襲われたんです」

川  - )「あ……っ」

ξ;゚ー゚)ξ「あなたを助けたい一心で……あなたの事を思って、死んだんですよ……」

川  - )「どく……お……」






101 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:01:23.05 ID:RMM7spNDO
つんも欠損に…支援


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:02:02.03 ID:Di3RVJFS0
切ねえなぁ・・・・


支援


103 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:03:19.56 ID:jzbI9pYlO

川  - )「…………くう……かんちがい……して……?」

ξ;゚ー゚)ξ「どくおさんは、何か持っていましたか?」

川  - )「……花……ちいさい、花……」

ξ;゚ー゚)ξ「それは、薬草の花」

川  - )「…………」

ξ;゚ー゚)ξ「唯一見付けた、口に出来る物、あなたの病を治す為に手にした、唯一の物」

川  - )「……ぅ、あ…………あぁ、あっ……」

ξ;゚ー゚)ξ「あなたを置いて死んでしまった、あなたを忘れて生きてしまった……
      それは、事実だけれど……どうか、どくおさんを許してあげて下さい……」

川  - )「ど、く……ぉ……ぁ、う……うぁあああっ……!」

ξ;^ー^)ξ「泣いても良いですよ、食べても良いですよ……私があなたを、受け止めます」

川∩ -;)「ぁっ……あ、あぁぁぁぁっ……うわぁああああああああああっ!!」




105 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:05:21.41 ID:T0zOKYeO0
たのむうまくいってくれ


106 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:06:12.56 ID:jzbI9pYlO

 寂しいなら、満たします。
 お腹が空いたなら、満たします。

 あなたの空っぽの部分、満たしてあげます。

 だからもう、悲しい事をしないで。
 あの優しい人を、憎んだりしないで。

 もう憎しみと怒りに任せて、あの人を責めないであげて。


 私を、食べても良いから。



 肋骨が、肉の隙間から覗く。
 ぷちりぷちり、くうは泣きながら肉を貪った。

 受け入れ切れない悲しみから目を反らす様に、蛇の肉を食む。
 口許を血で汚し、顔を涙で濡らし、つんに抱きついたまま、つんを喰う。

 つんが血を吐く事にも気付かず、ただ、肉を噛んだ。




107 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:07:09.48 ID:VmmfS+oi0
端から見たらすごい光景だな・・・


108 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:07:57.37 ID:5jjyWrDiO
つん…つよいな…


109 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:08:01.30 ID:T0zOKYeO0
おい



おい


110 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:09:12.05 ID:rZFeqVGz0
つん……ストップかけてくれ……


111 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:09:30.29 ID:jzbI9pYlO

川 ∩-;)「あっ、ぅあ、あ、ああぁっ……ひっ、……ぃ、ぐ……うっ……!」

ξ;^ー^)ξ「大丈夫、大丈夫……もう一人じゃありません、もうお腹を空かさなくても良いです」

川 ∩-;)「どくおっ……どくお、あっ……うわぁぁあああああんっ!!」

ξ;^ー^)ξ「……どくおさん……許して、くれましたか……?」

川 ∩-;)「ゆるっ……す……! ちがっ、ゆるして、もらっ……くう……っ!」

ξ;^ー^)ξ「どくおさんは、あなたに許されたがっていました……あなたを忘れて、しまってたから」

川 ∩-;)「そ、なっ……そんな、ことっ! くう、が……悪いっ……!!」

ξ;^ー^)ξ「誰も、悪くないです……」

川 ∩-;)「ちがっ……ちがうぅっ……くうがわるいっ、わるい、のっ……」

ξ;^ー^)ξ「……じゃあ、どくおさんに、ごめんなさいしましょう?」

川 ∩-;)「う、ん……うんっ」

ξ;^ー^)ξ「お互いにごめんなさいして、もう、終わりにしましょうね?」

川 ∩-;)「うんっ……うんっ!」




113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:11:33.48 ID:pssa4araO
蛇って肉とか内臓とか再生……しないよな


115 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:11:57.72 ID:jzbI9pYlO

 腹の肉を抉られ、もう、ふと見て肋骨が見える。

 内臓までは喰われてはいない、なら、大丈夫。
 この薄い肉だけを喰ったのなら、すぐに治る筈だ。

 こぽ、と血を吐く。
 耐え難い痛みも、この幼子の涙に比べれば、易いもの。


 体も幼子に戻ってしまった、小さなくう。
 つんの腕の中にすっぽりと収まってしまう、幼いくう。

 脇腹から口を離させ、そっと抱き上げる。
 そして肩へと噛み付かせ、ふらふらと、青い顔をしてつんは立ち上がった。


 随分と、荒療治をしてしまった。

 たくさん殴ってしまったし、罵ってしまった。
 感情的になってしまった自分が、全て悪いのだろう。

 けれどこの子は、やっと戻れたから。

 数本の骨と腹の肉だけで、この子を救えたのだから。


 もう、何だって良い。




116 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:12:05.03 ID:l64npdiT0
まとめ読んできたけど、作者、相対性理論好きだよね。


117 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:12:13.97 ID:0Cq0szE2O
もうリョナラー来てたか支援


118 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:14:50.85 ID:Di3RVJFS0
治るのか!?治るんだな!!


支援


119 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:15:45.67 ID:jzbI9pYlO

ξ;^ー^)ξ(あはは……何で、こんなに必死なんでしょう……見ず知らずの子の、為に……)

ξ;^ー^)ξ(……似てた……私に、あの方に…………泣いてる子供を放って、おけるものか……)

ξ;^ー^)ξ(ふふっ…………小さく、なっちゃって……もう、ただの子供ですね……)


 小指ほどの大きさまで縮んだ角。
 鋭かった牙も、もう小さな犬歯と変わらない。

 噛み付かれる痛みだって、先程とは比べ物にならないくらいに小さい。

 ただ、脇腹からこぼれそうになる臓物を押さえる事が大変で。


 一つの脅威は、幼子となって姿を潜めた。
 この通りは、もう大丈夫。

 ああ、私は。

 私は文字通り、この身を呈して、此処を守ったのだ。

 何故だろう、不思議と、誇らしい気持ち。




123 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:17:31.22 ID:kXwLWBVhO
見てるこっちが痛い


125 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:18:42.67 ID:jzbI9pYlO

 飛び掛かる妖怪を石にして、つんはくうを抱いたまま東門へと向かう。

 ごうごうと風の音がする、何かを殴る金属の音がする。

 二人の背中が見える。
 わらわらと居るあやかしを退ける為に、二人が戦っている。

 ああ、ああ。

 愛しい人。

 あなたの為に、この身をやつして戦いました。
 そしてあなたの愛する方の、愛する方を、この身をもって救いました。


 ああ、頭を撫でて。

 よくやったねと、微笑んで、ほめて。

 私の恋い焦がれる、何物にもかえがたい、愛しいお方。


 内藤さん、私はあなたを、愛しているから、今こうして立っているの。




129 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:21:32.89 ID:jzbI9pYlO



(;^ω^)「むがーっ! 敵多すぎるお! 何だおこれ!!」

(;'A`)「本当多いなァ……殴っても殴っても湧いて来やがる」

(;^ω^)「ええい西の妖怪は化け物かっ!!」

(;'A`)「そのまんまじゃねェか……」


 扇をぶわりと翻し、坊っちゃんが西の妖怪を吹き飛ばす。
 その取りこぼしをどくおが殴り飛ばして外へと追いやり、走り回る。

 すっかり立ち直った坊っちゃんは、汗を流して立ち回る。
 ぜぇぜぇ肩で息をしながら、日頃の運動不足を呪った。


( ^ω^)「つかお、どくお」

('A`)「あん?」

( ^ω^)「主人公すげえひさびさ」

('A`)「そうね」




131 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:22:23.42 ID:xfGNYlk/0
主人公やっほーwww


132 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:23:18.00 ID:Di3RVJFS0
珍しく主人公活躍中かww


支援す


134 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:24:19.14 ID:jzbI9pYlO
('A`)「つか、影薄いよなァ俺ら……主人公こんびなのに」

( ^ω^)「お前さんはまだマシだお」

('A`)「ん?」

( ^ω^)「お前さんは……まだマシだお……」

(;'A`)「ど、どうしたよ坊っちゃん……」

( ∩ω∩)「この……人気投票一位が……」

(;'A`)「あ、一位だったの俺……」

( ∩ω∩)「主人公を差し置いて……一位……とか……」

(;'A`)「ぼ、坊っちゃんは!? 二位とかだろ!?」

( ∩ω∩)

(;'A`)「…………坊っちゃん?」

( ∩ω∩)「…………無投票……」

(; A )そ

( ∩ω∩)「投票……ぜろ…………だお……」

(; A )



135 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:24:23.49 ID:5jjyWrDiO
おひさ主人公


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:24:31.33 ID:pssa4araO
主人公がんばれー


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:25:05.95 ID:xfGNYlk/0
ゼロwwwww


139 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:25:56.13 ID:mAunmZx4O
マジかよ
2位と3位は?


140 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:26:14.44 ID:rZFeqVGz0
主人公wwwwwww


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:26:17.37 ID:VmmfS+oi0
今からでも俺が1票いれよう、ツンに


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:26:20.44 ID:04MmdfX50
ゼロwwwwww


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:26:38.65 ID:T0zOKYeO0
クソワロタwwwwwwwwwwwwwwwwざまぁwwwwwwwwwwwwwwwwwww


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:26:50.57 ID:pssa4araO
主人公は誰かが投票するだろうと思って違う人に投票しちゃったよ……


145 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:27:15.12 ID:jzbI9pYlO

( ∩ω∩)「もう良いお……今度からお前さんが主人公やれお……どうせ僕は無投票男だお……」

(;'A`)「俺が! 俺が投票してくるから! 俺が坊っちゃん一位にするから!!」

( ∩ω∩)「投票期間とうに終わったお……」

(;'A`)「じゃあ俺がもう一回坊っちゃんの良いところ投票開催するから!!」

( ∩ω∩)「ねえお……どうせ「太い」で終わるお……」

(;'A`)「終わらないって! 俺ァ坊っちゃんの良いところ煩悩の数くらい上げられるし!!」

( ∩ω∩)「いやそれもそれで怖いけど……」

(;'A`)「自分で云っといて怖かった!!」

( ∩ω∩)イジイジ グスグス

(;'A`)「な、泣くなよ坊っちゃん……俺の中ではぶっちぎり一位だから……」

( ∩ω∩)「投票ではお前さんがぶっちぎり一位だったお……」

(;'A`)「いじけるなよォ……こないだの過去編ではね上がっただけだって……」

( ∩ω∩)「僕の過去編もどくおの人気の底上げだったんだお……流石の僕もこれは泣くわ……」




146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:28:22.81 ID:5zVQo4Jb0
('A`)百鬼夜行のようです


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:28:27.19 ID:C7Mu7VCN0
主人公wwwwwwww


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:28:45.17 ID:Di3RVJFS0
>>146
やめてやれwww


150 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:30:12.91 ID:jzbI9pYlO

(;'A`)「ほ、ほら……人間には坊っちゃんの良さが解らなかったんだって……」

( ∩ω∩)「それの方がきついだろうお……」

(;'A`)「あ、や、まァ確かに……坊っちゃん人間だしな……」

( ∩ω∩)「そりゃ僕だってどくおは好きだけど……一位でも平気だけど……」

(;'A`)「……無投票」

::( ∩ω∩)::

(;'A`)「泣かないで! 坊っちゃん泣かないで! ほらまた和菓子作ってあげるから!!」

(*^ω^)+

(;'A`)(可愛いやら面倒やら……)

(*^ω^)「あんみつ! あんみつ食べたいお!」

(;'A`)「はいはい、何でも作るよ……」

(;'A`)(……ま、良いか)




151 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:30:16.07 ID:5jjyWrDiO
投票したかった支援


152 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:30:37.27 ID:xfGNYlk/0
そんな坊ちゃんが可愛い


153 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:31:04.58 ID:0Cq0szE2O
ごめんね、俺ふぉっくすなんかに投票してごめんね


154 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:32:22.01 ID:rZFeqVGz0
投票し忘れたよ
坊ちゃんに入れる予定はなかったけどね!


155 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:33:19.55 ID:jzbI9pYlO

( ^ω^)「うっし、もう一踏ん張り…………お?」

('A`)「ん?」

( ^ω^)「あれ、つん……かお?」

('A`)「つん? ……あ、本当だ、誰か抱いてんな」

( ^ω^)「お…………おおっ!?」

(;'A`)「ど、どした!?」

(;^ω^)「つん怪我してるお! ちょっと行くお!!」

(;'A`)「え、え? 怪我って…………よく見えるなおい、まだ影くらいしか見えねェぞ……」



(;^ω^)「つーんっ! つーんっ!! 大丈夫かおーっ!?」

ξ;^ー^)ξ「ぁ……内藤、さん……」




159 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:35:51.74 ID:0Cq0szE2O
まだだ、まだ油断しちゃ駄目だ…

相手はリョナラーだ、どんな罠があるか分からない


160 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:36:13.21 ID:jzbI9pYlO

(;^ω^)「つん!! どうしたんだお、怪我だらけだおっ!?」

ξ;^ー^)ξ「えへ……この子の、相手……してました」

(;^ω^)「この子は……?」

ξ;^ー^)ξ「くう、ですよ……餓鬼の……」

(;^ω^)「う、うえがみのっ!?」

ξ;^ー^)ξ「いいえ……この子は神なんかじゃありません、ただの子供です……」

(;^ω^)「お……? それよりひどい怪我だお、大丈夫かお?」

ξ;^ー^)ξ「はい……ちょっと、骨と肉持ってかれただけですから」

(;^ω^)「ちょっとじゃないお!! 何したらこんな事になるの!?」

ξ;^ー^)ξ「話せば、長くなりますね……」

(;^ω^)「ああ話しは後で良いお! とにかく手当てするお!!」

ξ;^ー^)ξ「あ、あは……ごめんなさい……」




164 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:39:22.46 ID:jzbI9pYlO


(;^ω^)「んっしょっと……で、何があったんだお?」

ξ;^ー^)ξ「えっと……ちょっと、叩き直しました……」

(;^ω^)「…………」

ξ;^ー^)ξ「それで、お腹が空いたって云うので……」

(;^ω^)「食べさせた、と?」

ξ;^ー^)ξ「は、はい……」

(  ω )そ

ξ;^ー^)ξ「……内藤、さん?」

(  ω )「お前さんは……また……」

ξ;^ー^)ξ「ぇ……えっ……」




167 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:42:05.53 ID:jzbI9pYlO

(# ω )「……っ馬鹿たれえっ!! また無茶して、もし死んだらどうすんだお!!」

ξ; ⊿ )ξ「っ!」

(# ω )「つんは向こう見ず過ぎるお! 命あってこそなのにそれを直ぐに捨てようとするっ!!
      いつもいつも突っ走って傷だらけになってッ! 僕らがどれだけ心配するかも知らずにッ!!」

ξ; ⊿ )ξ「あ……」

(# ω )「どくおに噛み付いた時も! 自分が殴られるかも知れないのに突っ走ってッ!!
      僕の為と云いながらいつも傷だらけになるッ!! 僕が心配しないとでも思うのかッ!?」

ξ; ⊿ )ξ「ない、と……さ……」

(# ω )「少しはッ!!」

ξ; ⊿ )ξ「はひっ!」

(# ω )「少しは僕にもッ!! 僕にもつんを守らせてくれおッ!!
      好きな女に守られてばかり、守る隙も与えてくれないッ!!
      これじゃあ情けないばかりだッ!! どうしてつんは僕に君を守らせてくれないッ!!?」

ξ゚⊿゚)ξ「内藤……さん……」




169 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:42:32.96 ID:0Dv/PSq+0
語尾が…


172 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:44:40.57 ID:varB6IJ8O
こんなに男らしいのに投票しなくてごめん主人公
どうせ誰か入れるだろうと思って…
支援


173 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:44:52.93 ID:T0zOKYeO0
キャー


174 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:45:06.85 ID:jzbI9pYlO

(# ω )「好きな女が僕の所為で怪我を負う事が、どれだけ苦しいかッ!!
      僕は君を守りたいと、支えたいと思いながら大人になったと云うのにッ!!!!」

ξ゚⊿゚)ξ「……ごめんなさい、内藤さん…………」

(# ω )「一人で全部背負い込むのは止めてくれおッ!! 君の重荷は僕にも分けてくれおぉッ!!!!」

ξ゚ー゚)ξ「ごめんなさい……ごめんなさい、内藤さん……私、全部、抱えすぎました……」

(# ω )「はぁ……はぁ…………っ……すまんお、つん……」

ξ゚ー゚)ξ「いえ……私を叱ってくれて、有り難う御座います……」

(# ω )「すまないお……すまないお、怪我をして、僕のためにしてくれたのに、怒鳴って……」

ξ゚ー゚)ξ「……私を叱ってくれるのは、内藤さんだけですから…………有り難う、御座います」

(# ω )「僕は……僕の弱さに、腹が立つんだお……いつまで経っても子供のままで、弱い……」

ξ゚ー゚)ξ「…………私は、そんな内藤さんが好きです」

(# ω )「つん……?」

ξ*^ー^)ξ「弱くても、泣き虫でも、私の足である内藤さんを、私は愛していますから」

( ^ω^)「……つん…………」




175 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:45:15.01 ID:0Dv/PSq+0
ゴメン、(´・_ゝ・`)に投票してたわ…
支援


178 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:46:35.52 ID:T0zOKYeO0
なぜだろう最後の( ^ω^)にむかつく


179 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:46:43.04 ID:RMM7spNDO
内藤株がまた下がry


181 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:47:18.61 ID:0Cq0szE2O
……アレ?今回は別に無投票主人公のためじゃなくね?


182 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:48:05.67 ID:jzbI9pYlO

ξ*^ー^)ξ「強くなる事に、急がないで下さい……あなたが強くなるまで、私が支えますから」

( ^ω^)「お……でも……」

ξ*^ー^)ξ「あなたを支える幸せを、奪わないで下さい……」

(*^ω^)「おっ…………強くなったら、支えては、くれないのかお?」

ξ*^ー^)ξ「あなたが望むなら……いくらでも」

(*^ω^)「つん……守れなくてすまないお、強くなって、君をちゃんと守るお……」

ξ*^ー^)ξ「はい……内藤さん」

(*^ω^)「おっ……」


('A`)

('A`)「ねぇ、もう入って良い?」

(^ω^;)「うおびっくりしたあっ! どくおいつからそこに!?」

('A`)「うん、馬鹿たれの所から」

(^ω^;)「すげえ最初!!」




184 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:51:19.62 ID:Di3RVJFS0
ほったらかしにされて西の奴等涙目しえん


185 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:51:20.91 ID:jzbI9pYlO

('A`)「あのね二人とも、ばかっぽぅするのは良いけどね、今はいくさの真っ只中なの」

(;^ω^)「はい……」

('A`)「そうやってね、安易に死亡ふらぐに見せかけた幸せをふらぐ立てるの止めて? 折るよ?」

ξ;゚⊿゚)ξ「ご、ごめんなひゃい……」

('A`)「大体ね、何で道の真ん中でいちゃいちゃしてるの? 馬鹿なの? 死ぬの? まじ何なの?」

(;^ω^)「す、すみません……」

ξ;゚⊿゚)ξ(内藤さん、どくおさんが怖いです……)

(;^ω^)(たぶん親馬鹿だお……)

ξ;゚⊿゚)ξ(ああ……)

(#゚A゚)「戦場でいちゃつくなぁああああああああああああああッ!!!!」

(;^ω^)「はひぃいっ!!」

ξ;゚⊿゚)ξ「ごめんなさぃいっ!!」




186 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:52:12.74 ID:C7Mu7VCN0
wwwwwwwwwww


187 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:52:45.84 ID:5jjyWrDiO
どっくん支援


188 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:52:59.29 ID:Di3RVJFS0
wwww


189 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:53:17.97 ID:8lOFzcXv0
超正論wwwwwwww


190 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:53:25.27 ID:0Cq0szE2O
そして放置されてるくぅ


191 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:54:25.15 ID:jzbI9pYlO

('A`)「ッたく……何考えてんだ…………ん?」

ξ;゚⊿゚)ξ「は、はひ?」

('A`)「それ、何だ?」

ξ゚⊿゚)ξ「あ、この子ですか?」


ξ゚⊿゚)ξっ川 - -)スヤスヤ

( 'A`)

(;゚A゚)そ !?


(;゚A゚)「くくくくくうううううううううッ!?」

ξ゚⊿゚)ξ「はい、くうさんです」

(;゚A゚)「何で!? 何で居るの!? 何で縮んでるの!? 何これどう云う状況なの!?」

ξ゚⊿゚)ξ「かくかくしかじかしかくいむーぶ」

(;゚A゚)「全く解らんッ!!」




192 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:54:46.54 ID:xfGNYlk/0
どくおwwww


194 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/20(日) 23:57:08.25 ID:jzbI9pYlO

川 - -)゙

川 ゚ -)゙ パチ

川 ゚ -゚)゙ パチクリ

(;゚A゚)

川 ゚ -゚)

(;゚A゚)「く……う?」

川 ゚ -゚)

川 ゚ -゚)゙ ?

(;゚A゚)!?

川 ゚ -゚)「つん……このおっさんは……?」

ξ゚⊿゚)ξ「それがどくおさんですよ」

川 ゚ -゚)「ぇ……おっさん……」

:(; A ):




195 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:57:45.88 ID:5zVQo4Jb0
おっさん呼ばわりww


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:58:11.26 ID:0nW0hUUZO
おっさんwww


198 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/20(日) 23:58:20.11 ID:8pj4mASzP
おwwwwwwwwwっwwwwwwwさwwwwwwwんwwwwwww


199 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:00:09.75 ID:a5BMhVF5O

ξ゚⊿゚)ξ「あなたが先刻まで大人だった様に、どくおさんも大人になっちゃったんですよ」

川 ゚ -゚)「えー……あんなにかわいかったのに……」

:(; A ):

川 ゚ -゚)「なにこのさえないおっさん……」

:(; A ):「坊っちゃん……言い過ぎたの謝るから……あの子、何とかして……再会一言目が……」

( ^ω^)「…………おっさん」肩ポン

:(; A ):「おっさんじゃないよ!? 外見は青年だよ!? 言い過ぎましたごめんなさい助けてッ!!」

( ^ω^)「お嬢ちゃん、大人はね、ある程度の歳になるとおっさんとか云われると傷付くのよ」

川 ゚ -゚)「うん……わかったおにいちゃん」

:(; A ):「差!? この差!? 何この差!?」

川 ゚ -゚)「おにいちゃんはわかい、おっさんはおっさん」

:(>; A )>:「ぐぎゃあああああああああんッ!!」




200 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:01:12.57 ID:g2YbZtk5O
ドンマイおっさん


201 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:01:17.56 ID:p2Bn/IH4O
くうw しえーん


202 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:01:21.95 ID:PftcancvO
どっくんが二度目の死を迎えそうな位ダメージ負ってるwww


203 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:01:35.75 ID:VrSVWe7HO
どっくん老け顔なのかw


204 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:01:43.34 ID:kJSJAT4p0
これが1位と無投票の差・・・慢心・・・


205 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:02:25.96 ID:OAQGQ3Wf0
おっさん()


206 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:03:47.92 ID:uMdi2ENI0
おっさんwwwwwww


209 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:04:45.51 ID:AtoAdYG7O
それもっとこたえるだろwww


210 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:05:05.04 ID:a5BMhVF5O

川 ゚ -゚)「…………で、どくお?」

(;'A`)「あ、はい、どくおです」

川 ゚ -゚)「……しばらく見ないうちに、老いたな」

(;'A`)「まだ引っ張るの……?」

川 ゚ -゚)「…………くうは、子供のままだ」

(;'A`)「え……」

川 ゚ -゚)「心が、子供のままだ……死んだときから、かわらない」

('A`)「くう……」

川 ゚ -゚)「でも、さっき……少し、大人になったぞ」

('A`)「?」

川 ゚ -゚)「……ごめんな、どくお」

('A`)「ッ!」

川 ゚ -゚)「おまえのこと、裏切ったとおもってた……でも、違ったんだな」

('A`)「くう……何で……」




211 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:05:32.75 ID:8Zfq6/Ix0
ドックンこれで死んだら餓神になって生き返るんじゃね?www


213 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:05:46.28 ID:nt8I9Ndd0
おっさんwwwwwwwwww


214 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:06:17.06 ID:mzgeb9LNO
どくお哀れwww


217 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:08:18.71 ID:a5BMhVF5O

川 ゚ -゚)「さっき、つんが教えてくれた……おまえはくうのために村を出て、死んだと」

('A`)「……そっか、知ったのか…………ごめん、くう」

川 ゚ -゚)「どうして、謝る?」

('A`)「おまえと一緒だって、約束したのに勝手に死んだから」

川 ゚ -゚)「……くうのためだ……そんなの、どうでも良い」

('A`)「……でも、後悔したし、悔しかった」

川 ゚ -゚)「くうも、後悔した」

('A`)「…………今度は、お前を置いては死なない」

川 ゚ -゚)「……うん」

('A`)「今度こそ、約束だ」

川 ゚ -゚)「…………後悔、するなよ?」

('A`)「ああ、勿論だ」




219 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:10:04.77 ID:X4Kp412kP
なんだろう
ドクオに死亡フラグが・・・


220 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:10:58.21 ID:uMdi2ENI0
死亡フラグじゃないよな?


221 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:11:39.99 ID:a5BMhVF5O


 二度目の指切り。

 小さな体を抱き締めて、髪を撫でながらの指切り。


 今度はもう離れない様に。
 今度こそ、約束を破らずに済む様に。

 大好きだよと、言葉に出さなくても伝わる。
 数年、数十年、数百年越しの想いを、やっと交わし合えた指切りげんまん。


 指切りげんまん

 嘘吐いたら

 その身を喰らい尽くす

 ゆぅびきった


 呪いとも云える約束が、再び廻り出す。




223 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:13:26.29 ID:PftcancvO
戦場でいちゃついてんじゃねーぞ


224 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:13:56.70 ID:p8Y/bHHt0
こいつらはいちゃついてても羨ましくない!不思議!!


225 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:14:12.99 ID:mzgeb9LNO
死亡ふらぐ……?


226 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:14:14.52 ID:a5BMhVF5O

('A`)「……もう、俺を殺したくはないか?」

川 ゚ -゚)「うん……もう、平気だ」

('A`)「そっか……あの頃のままだな、くうは」

川 ゚ -゚)「くうはこのままで、体だけ大人になってたからな……」

('A`)「うん……無理矢理、起こされたんだろ?」

川 ゚ -゚)「ん……眠っていたのに、外から恨み言がいっぱい聞こえて……
      いらいらしてたら、起きろ起きろって、甲高い声で云われた……」

('A`)「……朝日、か」

川 ゚ -゚)「あいつの声は、うるさい……嫌いだ……」

('A`)「…………なあ、くう」

川 ゚ -゚)「ん……?」

('A`)「何で、鼻の骨折れてるんだ?」

川 ゚ -゚)

ξ゚⊿゚)ξ




227 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:15:56.18 ID:g2YbZtk5O
だが待って欲しい
どれだけ死亡フラグが立とうとおっさん呼ばわりされようと
幼なじみの娘と幼女の姿のまま再会とか
すべてを補ってなお余りある勝ち組ではないだろうか


228 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:16:07.75 ID:nt8I9Ndd0
はなwwwwwwwwww


231 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:17:07.80 ID:a5BMhVF5O

川 ゚ -゚)「つんと おんなのたたかいを しょうしょう」

ξ゚⊿゚)ξ「ね」

川 ゚ -゚)「ね」

( ^ω^)「つん、わき腹抉られて骨折られて殴られまくった跡があるお
      くうさんも骨とかめきめき折れて殴られまくった跡があるお」

('A`)「お前らどんだけ肉体的な殴り合いしたの、普通女は言葉で戦うんじゃないの」

ξ゚⊿゚)ξ「妖怪ですから」

川 ゚ -゚)「妖怪だからな」

( ^ω^)

('A`)

( ^ω^)「取り敢えず二人とも鼻血拭こうか」

('A`)「鼻血だらだら流す二人のひろいん……」




234 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:17:59.61 ID:PftcancvO
そういえば壮絶に殴り合ってましたね

顔面にも容赦無しとはリョナラーだからこそ出来る所業か


235 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:19:53.48 ID:X4Kp412kP
飢神ってすごく強そうだったのに、普通に殴り合うし
石にする力もあるしツンが居れば怖いものないんじゃ?


236 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:20:11.98 ID:uMdi2ENI0
鼻血流しながらだったのかww


237 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:20:32.13 ID:nt8I9Ndd0
ばいおれんすなひろいんだ


238 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:21:03.56 ID:a5BMhVF5O

( ^ω^)「はー……しかし、何とか丸く収まったおね……」

ξ゚⊿゚)ξ「です、べふっ、ね」

( ^ω^)「つん、鼻血止めながら無理に喋らないで」

('A`)「ま、くうも元に戻った……と云うか、正気には戻ったし」

川 ゚ -゚)「そう、ごべっ、だな」

('A`)「くう、鼻血止めるか喋るかどっちかにしなさい」

川 ゚ -゚)「ごべぶっ」

('A`)「鼻血止めなさい」

( ^ω^)「お」

('A`)「ん?」

( ^ω^)「朝日、だお」

(;'A`)「え、どこ?」

( ^ω^)「いや、お日様の朝日」




244 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:24:21.70 ID:a5BMhVF5O

(;'A`)「ああ……あの朝日かと思った」

( ^ω^)「最初に漢字間違えたお陰でややこしくてしょうがねえお……」

('A`)「旭の筈だったからなァ……」

( ^ω^)「いやあ誤字怖い怖い、あと朝御飯も怖い」

('A`)「んー…………あ、朝日につられて西の奴等が退いてく」

( ^ω^)「はーん……夜明けと共に退くつもりだったのかお」

('A`)「……明日からまた、大忙しだなァ」

( ^ω^)「だおね……被害は少ないけど、えれぇ疲れたお……」

('A`)「っしょ、と……たからん所にでも行くか」

( ^ω^)「つん、くうさん、お医者さん所に治療して貰いに行くおー」

ξ゚⊿゚)ξ「ぐげぶっ」

川 ゚ -゚)「ごべぶっ」

( ^ω^)「本当にひろいんかね君達は」




246 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:25:34.41 ID:mzgeb9LNO
一先ず安心かな


247 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:25:52.55 ID:g2YbZtk5O
鼻血支援


248 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:25:58.77 ID:PftcancvO
無票主人公に鼻血ヒロインか


249 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:27:11.25 ID:a5BMhVF5O

('A`)「安心したらぶり返したんだろ、ほら行くぜ」

( ^ω^)「つん、背中に乗れおー」

('A`)「ほれ坊っちゃん、皆に知らせろ」

( ^ω^)「はいよっと…………西の第一進軍! これにて終了だおーっ!!
      此度のいくさは我らが東の守り勝ちである!!
      次に迫るはいくさが為に!! 皆々様!! 暫しのご自愛をおーっ!!!!」



 お日様が顔を出すその時に、黒がわらわらと西の空へと帰り行く。
 東の町の四方が砦は、壊れる事は無かった。

 されど被害は少ないとは云え、家屋は壊され、妖怪人間、構わず皆が傷付いた。
 お次に迫る進軍に備え、皆は傷を癒す事に専念する事に致しましょう。


 さあさ、さあさあ皆々様。
 一つ目のいくさは、これにて仕舞いで御座います。

 次いで訪れるいくさにも、どうかどうか、お付き合いを。



 『十一話後編 おわり。』




251 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:28:25.51 ID:mzgeb9LNO

次週が楽しみだ


252 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:28:33.56 ID:mH4MmVph0
おつっつ


253 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:28:33.96 ID:8Zfq6/Ix0
何とか無事に乗り切れたようで良かった


超乙でした


254 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:28:53.32 ID:uMdi2ENI0
乙!
ひどい欠損はとそんだけか


255 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:29:04.68 ID:p8Y/bHHt0
おつ。
ねぇ、主人公零表って作者としてどんな気持ち?


256 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:29:25.26 ID:kJSJAT4p0
乙!冷や冷やしっぱなしだったな・・・今回の話は怖かったわwww


257 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:29:25.54 ID:OAQGQ3Wf0
最後まで読んどいて11話前読んでないの気づいた・・・ 乙


258 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:29:37.95 ID:i9tZtLrSO
なんだ・・・西の妖怪弱かったな



259 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:29:38.76 ID:nt8I9Ndd0
乙乙
いい殴り合いでした


260 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:29:42.11 ID:PftcancvO
今週もリョナラー乙!
否、日をまたいだから先週か


261 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:29:41.66 ID:p2Bn/IH4O
乙。来週も楽しみにしてます


262 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:29:56.16 ID:Y3sCU6F00



263 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:30:07.31 ID:g2YbZtk5O



264 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:30:13.60 ID:a5BMhVF5O
支援ありがとうございました。

リョナリョナ言うなよそこまでリョナラーじゃないよ。健全だよ。
妖怪だから大丈夫だもん!


しかしこれにて一回目の攻防が終わりました。
長かったですね。色々ぶん投げたね。意味がわからないね。

ちょっと間だけ平穏?な日が戻りますが、すぐまたこんな感じでてんやわんやになります。
どうか皆様、お付き合い下さいませ。


つか思ったんだけど

どくお→餓鬼になって随分経つ。
くう→餓鬼になったばっかり。

間違いなくどくお先に寿命で死ぬよね。


それでは、これにて失礼!



ps.人気投票ありがとうございました
まだ集計途中なので1票くらい入ってるの見落としてるかも知れないけどどっちにしろ坊っちゃんテラカワイソス。クソワロタ。


265 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:30:46.38 ID:VrSVWe7HO
乙!
つんが欠損にならなくて良かったー



266 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:31:46.78 ID:8Zfq6/Ix0
クーはちっちゃくなって餓神の力はどうなったんだろうね


乙でした


267 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:32:23.53 ID:g2YbZtk5O
上位組のイラスト期待してるぜ


268 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:34:05.23 ID:kJSJAT4p0
どくおは苦労背負うから寿命更にキツイかもしれんな


269 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:34:57.70 ID:PftcancvO
どっちかというとカワイソスよりクソワロタの方が大きいだろさてはw

あと健全な人は趣味で女の子の腕砕いた上に切断なんかしません


270 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:35:02.83 ID:VrSVWe7HO
餓鬼にも寿命があるのか?


272 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:41:55.02 ID:Y3sCU6F00
餓鬼にゃ寿命無いんじゃね、徳を積んだら成仏は出来るかもしれないけど。
物を食おうとしても呪いで消えてしまう代わりに餓死もしないし。


273 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 00:50:36.15 ID:FxXTvEpmO
後悔は
http://imepita.jp/20100621/024860
してない
http://imepita.jp/20100621/029760
024860.jpg 029760.jpg


274 : ◆XCE/Wako2nqi :2010/06/21(月) 00:58:42.70 ID:a5BMhVF5O
>>273
クソワロタwwww何これ超ありがとうwwwww


277 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 02:50:17.51 ID:GGpo9fBe0
ふと思ったんだが…ジョルジュとフサはどうなったの?


278 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 03:46:54.82 ID:29SoJ9TRO



279 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 05:42:09.94 ID:rIpYHhub0
タカラの所通り抜けた妖怪もくるうかと思ってたんだけど誰だったんだろう



285 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 10:20:28.90 ID:i7fLGrBtO
>>279
貞子かと思ったけど違うのかな


284 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/21(月) 09:37:56.74 ID:a5BMhVF5O
何でまだ残ってんだよこえーな。
ttp://imepita.jp/20100621/345840
345840.png





前の話/インデックスページ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    08 | 2017/09 | 10
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。