◆スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◆がんばるようです

前の話/インデックスページへ/次の話

1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 20:40:50.52 ID:0dIDFSYa0
ちゃれんじいちねんせい!


2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 20:41:47.03 ID:WOf1wlp40
などと>>1は意味不明の供述をしており、埼玉県警へ連行された。


4 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 20:45:39.58 ID:vo3kNwQj0
代理ありがとうございます
ある食卓のそうせいじ、のようですの続きっぽいものです
視点は割と変わります
まとめて下さったところ
くるくる羅針盤さん
http://kurukururasinban.blog33.fc2.com/blog-entry-556.html

僕の小規模なブーン系生活さん
http://littleboonlife.blog60.fc2.com/blog-entry-129.html



5 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 20:46:35.00 ID:vo3kNwQj0
──6/10.A.M 07:15─────────────────
ζ(゚ー゚*ζ「ヤター!デレちゃん特性ホットケーキできたよー!」

ξ゚⊿゚)ξ「……うん」

ζ(゚ー゚*ζ「ちょっと焦げちゃったけど、食べれるから安心してね」

ξ゚⊿゚)ξ「……うん」

ζ(゚ー゚*ζ「ツン?」

ξ゚⊿゚)ξ「……うん」


6 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 20:49:04.23 ID:vo3kNwQj0
ツンの様子が変だ、蜂蜜のかかっていないホットケーキを
文句も言わずに食べている事が、それをあたしの
気のせいでないことを裏付けている。
文句どころかさっきからまともな会話もないこれは気まずい。
主にあたしが
これはちょっと無理してでも会話を成り立たせねば!
会話開始!

ζ(゚ー゚*ζ「カーテンレールに吊してあるメザシってなにに使うのー?」

ξ゚⊿゚)ξ「……うん」

会話終了
ぱねぇ
まだだ!まだ終わらんよ!


7 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 20:51:17.43 ID:vo3kNwQj0
ζ(゚ー゚*ζ「あのね、もちろん感謝してるし味は美味しいんだけどね」

ξ゚⊿゚)ξ「……うん」

ζ(゚、゚*ζ「今日の晩ごはんはそろそろ違うの食べたいなー?」

ξ゚⊿゚)ξ「……ごめんね」

ζ(゚ー゚;ζ「いや、美味しいよ?もちろん美味しいよ?でもね流石に10日間連続で豆腐ともやしは飽きちゃったカナー」

ξ゚⊿゚)ξ「……うん」

ζ(゚ー゚;ζ「お弁当ありがとう遅刻しちゃうから、先に行くね」

ξ゚⊿゚)ξ「……うん」



8 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 20:52:45.56 ID:0dIDFSYa0
前回読んできた
まったりしてて俺に良し


9 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 20:53:22.09 ID:vo3kNwQj0
ζ(゚ー゚*ζ「今日は買い物当番わすれないでねー」

ξ゚⊿゚)ξ「……うん」

ζ(゚ー゚*ζ「いってきまーす」

ξ゚⊿゚)ξ「……いってらっしゃい」

まぁほんとの買い物当番はあたしなんだけどね!
─────────────────6/10.A.M 07:30──

10 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 20:57:22.46 ID:vo3kNwQj0
──6/10.A.M 08:05─────────────────
ξ゚⊿゚)ξ(おちつけおちつけおちつけおちつけおちつけおちつけ)

緊張が頭のてっぺんから爪先まで入り込んでいて落ち着かない
教えてもらったおまじないに目をやっても、
朝日を受けてきらきらしているだけで
とてもあたしの願いを叶える手伝いなんてしてくれなさそうだ
しかしいつまでもこうしてはいられない
もし遅刻してしまったらこの10日間の努力が水の泡だ

ξ-・-)ξ(あんなに練習したんだもん、絶対大丈夫)

玄関のドアがいつもより重い



11 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:01:13.09 ID:vo3kNwQj0
( ^ω^)ノシ「ツーンおはようだおー」

ξ゚⊿゚)ξ「おはようブーン」
ξ*゚⊿゚)ξ
( ^ω^)「おっ!そのワンピース似合うお可愛いお」

ξ*゚⊿゚)ξ「あっあんたが誉めてくれ……たってすっごく嬉し…くないんだからっ!」

( ^ω^)「おーあの犬モップみたいだお可愛いお!」

ξ;ー;)ξ(うんしってたけどね)

( ^ω^)「ツン?どうかしたかお?」

ξ゚⊿;)ξ「なんでもないわ…これお弁当」


13 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:18:53.74 ID:vo3kNwQj0
( ^ω^)「いつもありがとうだお」

ξ゚⊿゚)ξ「どういたしまして」

ξ゚⊿゚)ξ(今よ今言うのよさあ言えあたし!)

ξ///)ξ「あっあああのねブーンあたっあたし ('A`)ノシ「ブーンはよー」

( ^ω^)「ドクオおいすー」

ξ゚⊿゚)ξ

( ^ω^)「じゃあ僕は先にいくお」

ξ゚⊿゚)ξ「…………じゃあね」

( ^ω^)ノシばいばいおー

15 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:22:21.77 ID:vo3kNwQj0
ξ;ー;)ξ(ドクオ覚えてなさいよ)

ブーンの鞄についているぬいぐるみが揺れるのを眺めながら、
あたしは緊張が友人への憎しみに一瞬でとってかわるのを自覚しました。
ドクオ■ねっ!

その後の7時間の過ごし方は授業なんて受けている場合ではなかった、
ことから察して下さい

ξ゚⊿゚)ξ(次は絶対言うんだから!)


16 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:24:07.20 ID:vo3kNwQj0
( ^ω^)つ□「ツンごちそうさまだお」

ξ゚⊿゚)ξ「お粗末様でした、どうだった?」

( ^ω^)「つくねはもうちょっと味が濃い方が好きだお」

ξ゚⊿゚)ξ「つくねね分かったわ」

(*^ω^)「あとブーンの好物ばっかで嬉しかったお」

ξ*゚⊿゚)ξ「アンタの好物なんて覚えて……るわけないでしょ、偶々よ」

( ^ω^)「それでも嬉しいお」

ξ*゚⊿゚)ξ(自然な会話…これは言える!)


17 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:27:18.42 ID:vo3kNwQj0
ξ///)ξ「あのね、ブーン( ^ω^)ゴシゴシ「ツン、ほっぺたに土がついてるお」

ξ゚⊿゚)ξ「…ありがと」

( ^ω^)「そういえば、まだ渡してなかったおごめんお」

ξ゚⊿゚)ξ「毎回言ってるけど、毎日じゃないし二人分も三人分も変わんないからいらないわ」

ξ///)ξ「そっそれにアンタとあたしの仲じゃないっ」

( ^ω^)「僕はツンとずっと友達でいたいお、だからこういう事はきちんとしないと駄目なんだお」

ξ ⊿ )ξ

( ^ω^)「それにあの弁当で300円は安いお」

ξ゚⊿゚)ξ「うん」


18 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:30:11.39 ID:vo3kNwQj0
300円をしまいながらブーンの鞄にくっついてるぬいぐるみをみて、
これ赤い糸がぐるぐるまきでちょっと怖いなぁ
なんてどうでも良いことを考えた、所謂現実逃避というやつです

(;^ω^)「ツンどうしたお?何か顔色悪いお?」

ξ゚⊿゚)ξ「なんでもないわ」

( ^ω^)「そうかお、」

( ^ω^)「僕はツンに本当に感謝してるお、なにか手伝える事があったら教えて欲しいお」

ξ///)ξ(ラストチャーンスよ、無駄にしたら10日間豆腐とモヤシ料理にした意味がなくなるわっ!今だ勇気だせ!ファイフォー)


20 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:33:47.00 ID:vo3kNwQj0
(;^ω^)「300円じゃ僕の気がおさまらんお」

ξ*゚⊿゚)ξ「じゃあさ、今日買い物当番なの、付き合ってよ」

ξ*゚⊿゚)ξ(言えた!ついについに言えたわ!
ganbaru-20.gif
――――――――――――)

(*^ω^)「お!荷物持ちならまかせるお」


21 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:34:18.44 ID:vo3kNwQj0
( ^ω^)「ツン?」

ξ*゚ー゚)ξ「なんでもなーい」

( ^ω^)「おっおっお」





<ギャー、俺の靴にだんごむしがびっしりぃぃっ!?



('A`;)ナニコレ
─────────────────6/10.P.M 15:35──


22 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:37:33.67 ID:vo3kNwQj0
──6/6.P.M 20:45─────────────────

もともとバイトはしていたが、
今月は短期のバイトと掛け持ちしているためもうくたくただ
生活のためなら普段通りで問題ない
やりくりすれば少ないながらも自分で自由にできる金も作れる。
が今回はいつもの自分で自由にできる金じゃあ足りない。
もちろん妹に事情を話せば快く俺に回してくれるだろうが
  _
(  ゚∀゚)「~本物そっくりにつくりました~もみ☆もみ☆おっぱいを買いたいからお前の分の小遣い俺にくれ」

とは言えない、おっぱいがとれてもいえない
それにこれはおっぱいの女神様に捧げるお布施だ
妹の小遣いでお布施だなんてオッパイストとしての恥だ



23 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:40:27.87 ID:vo3kNwQj0
それでも
  _
( -∀-)「あ゛ーいやだー行きたくねー」

今は、晩飯を食いに帰ってきただけなのだ、
もうすぐ家を出ないと次のバイトに遅れてしまう
最近妹の帰りも遅いことがのしかかる憂鬱に拍車をかけている
少し前はだいたいいっしょに晩飯は食べていたのに…女の子の成長は速いようだ
晩飯を用意してくれるだけでもいいじゃないか

  _
( ゚∀゚)(でもお兄ちゃんは寂しいんだぜ)

見た目どうり薄っぺらいドアが今はゾルディック家の扉くらい重い
  _
( ゚∀゚)(ネガティブこわい)


25 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:43:37.29 ID:vo3kNwQj0
  _
( ゚∀゚)「ギコさーんお疲れさまでーす、休憩しましょう」

(,,゚Д゚)「お疲れさまでーす」

(,,;゚Д゚)「つ疲れたぞ」
  _
( ゚∀゚)「ここ、時間と金以外クソっすからね」

(,,゚Д゚)「金以外だよ」
  _
( ゚∀゚)「オレは掛け持ちできるんでこの時間もありがたいっすよ」

(,,゚Д゚)「ジョル、ほかにもバイトしてんの!?」
  _
( ゚∀゚)「してますよー」

26 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:46:28.48 ID:vo3kNwQj0
(,,-Д-)「がんばるなぁ…これ飲め」
  _
( ゚∀゚)「それほどでも、ってそれギコさん飲みましたよね、良いっすいらないっす」

(,,゚Д゚)「俺が何言われても傷つかないと思ったら大間違いだぞゴラァ」
  _
( ゚∀゚)「サーセンwwww」
  _
( ゚∀゚)「ところでギコさん、この仕事なれました?」

(,,゚Д゚)「ぼちぼちな、4日目にしてすでにやめたいけどな」
  _
( ゚∀゚)「初めてのバイトがここで、4日続けば自慢できるっすよ」

(,,-Д-)「金が必要じゃなきゃたぶんとっくに辞めてるけどな」


27 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:49:16.32 ID:vo3kNwQj0
  _
( ゚∀゚)「なんかあるんすか」

(,,゚Д゚)「もうすぐな、彼女が誕生日なんだ」

(,,゚Д゚)「で、何が欲しいか聞いたら」

(,,゚Д゚)「ギコクンからはコンビニのコラーゲンドリンクでいいよ♪」

(,,;Д;)「って」

(,,;Д;)「だからなんとしてでも良いもん買ってやろうってきめたんだ」

28 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:49:40.32 ID:vo3kNwQj0
(,,*゚Д゚)「でもーそういう謙虚なところが可愛いっていうか」

(,,*゚Д゚)「この前も、ギコクンがしぃのために3日もバイト続けてくれただけで満足だよ」

(,,*゚Д゚)「とか可愛くない?可愛いだろ?」

(,,*゚Д゚)「かわいーんだよ」
  _
( ゚∀゚)「ギコさーん休憩終わりっすよーぶつぶつ言ってないで来て下さーい」

─────────────────6/6.P.M 23:50──


29 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:54:11.55 ID:vo3kNwQj0
──6/9.P.M 20:30─────────────────

生活するための仕事とはいえ、疲労する時間が終わる時は、やっぱり心が軽くなる、目標金額に達したので今日はもうゆっくりできる
ただ早く帰っても妹はいないんだろうなあと思うと、どうにも心が重たくなる
安っぽいドアを開けてすぐの狭い部屋はやはり誰もいなかった
  _
( -∀-)(いいさオレにはおっぱいの女神様がいる)
  _
( -∀-)(でも今日も一人で飯かなぁ)


31 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:56:46.33 ID:vo3kNwQj0
重たいため息を一つ外へ押しやった時バタンと大きな音をたててドアが開いた

从 ゚∀从「ただいまー」

从*゚∀从「アニキ!」

从*゚∀从「おかえり!ただいま!もう飯食った?」
  _
(;゚∀゚)「ただいま、おかえり、まだ食ってねーよ」

从*゚∀从「そっか、ちょっと待っててくれすぐ、すぐだから5分もかかんねーから!」
  _
(;゚∀゚)「ゆっくりでいーからちょっと落ち着けって」


32 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 21:58:31.79 ID:vo3kNwQj0
ハインはバタバタと台所に飛び込むと本当に5分もしないうちにもどってきた

从*゚∀从「はい、米こんなもんでいいか?たりる?もっと?」
  _
(;゚∀゚)「たりるたりるからお前も座れって」

ようやく座ったかと思うとオレを凝視してきた、
食べろ食べろとやかましいが正直食べずらい
  _
(;゚∀゚)「いただきまーす」

从*゚∀从「どうぞー」

見た感じ害はなさそうだがオレは食後、トイレに籠る覚悟をきめ箸をつけた

33 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:02:34.60 ID:vo3kNwQj0
あれ
  _
( ゚∀゚)「う、うまい」

从*゚∀从「ほんとか、ほんとにか」
  _
(*゚∀゚)「うん、うまいよ」

从*゚∀从「もやしとトーフで出来ててヤスアガリだから沢山たべていいぞ!」

きらきら笑顔を振りまく妹の指は傷だらけだった
オレが指を見ているのに気づくと背中に隠してしまった

34 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:04:09.79 ID:vo3kNwQj0
从;゚∀从「へへ、ちょっと失敗したんだ」

从 ゚∀从「オレ、すぐバイト首になるしせめて家事くらい全部したいけどさ」

从 ゚∀从「アニキ、飯の後5回に一回はげっそりしちゃうし」
  _
( ゚∀゚)「ハイン…」

从 ゚∀从「今月、バイトも増やしてたし」

从 ゚∀从「なにか手伝いたかったんだ」

从 ゚∀从「友達に料理上手な子がいて、告白?の練習に付き合うかわりに料理教えてもらったんだ」

たぶんお星様のおとうさんおかあさん、ハインはこんなに立派になりました
女の子の成長は本当にはやいです


36 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:11:00.45 ID:vo3kNwQj0
  _
( ゚∀゚)「ハイン」

从 ゚∀从「?」
  _
( ゚∀゚)「今日は風呂のあと一緒にフルーツ牛乳飲もーな」

从*゚∀从「一緒に?」
  _
( ゚∀゚)「うん、コーヒー牛乳でもいいぞ」
  _
( ゚∀゚)「それと土曜日はエプロンとか買いにいこう」

从*゚∀从「ほんとか!」
  _
( ゚∀゚)「ほんとだ」

从;゚∀从「でもそんなに贅沢していーのか?」
  _
( ゚∀゚)「いーんだ兄ちゃん今月リッチだから」

おっぱいの女神様ごめんなさい、ナイチチでもオレはやっぱり妹が可愛いです
─────────────────6/9.P.M 23:50──


37 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:12:22.04 ID:vo3kNwQj0
──6/10.P.M 16:00─────────────────
やめておけばよかった、応援なんてするんじゃなかった
行かなければよかった、
行こうなんて言うんじゃなかった
せめて何時もの時間にしておけばよかった
そうできていたら…

川 ゚ -゚)「あんなものをみなくてすんだのに」

ぽつりと零れた言葉はわりと騒がしい病院の空気に溶けて、
私の頭にずるずると広がった、気持ち悪い
心臓の音がやけに大きいのも息がつまって苦しいのも
全部走ったせいだ、それ以外の理由なんてない
その証拠に鏡に写った私は普段通りだ



38 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:14:48.07 ID:vo3kNwQj0
四角い病室は窓際の一角を除き、誰もいなかった
一声かけてカーテンをめくると見知った顔が表れて安心した
ネームプレートで確認はしたもののやはり少し不安だったのだ

( *´_ゝ`)「おぉ!変態じゃないか久しぶり」

川 ゚ -゚)「見舞いにきてやったぞ」

( ´_ゝ`)「見舞い品は?」

川 ゚ -゚)「私の美しい顔をみせることだ」

( ´_ゝ`)「いらねぇ……」

川 ゚ -゚)「ベッド窓際で良かったな」


39 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:17:57.66 ID:vo3kNwQj0
川 ゚ -゚)「やっぱり病院は薬くさいな、私はちょっと苦手だよ」

川 ゚ -゚)「病院食は不味いと聞くが、どうだった?」

川 ゚ -゚)「ナース服っていいよな、私も入院したいよ」

川 ゚ -゚)「えっと……今日はいい天気だな」

( ´_ゝ`)「……椅子、そこにあるぞ」

川 ゚ -゚)「あぁ、悪いな」

( ´_ゝ`)「そこにある饅頭もおれ今食えないから食ってもいいぞ」

川 ゚ -゚)「いや…私もいいそんな気分じゃない」
川 ゚ -゚)(あれ…)


41 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:20:36.23 ID:vo3kNwQj0
( ´_ゝ`)「あのさ」

( ´_ゝ`)「今日は饅頭ふかふかから食ってもなんも言わないし」

( ´_ゝ`)「ヘリカルたんルートからやっても文句言わないし」

( ´_ゝ`)「看護婦さんあと一時間はこないし」

( ´_ゝ`)「あーなんだ、その」

( ´_ゝ`)「あんま無理すんなよ」

川 ゚ -゚)


42 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:24:12.70 ID:vo3kNwQj0
川 ゚ -゚)「…なにを言ってるんだ」

川 う -゚)「別に無理なんて」

川 ; -゚)「むりなんて」

川 ; -;)「う、あ……うわ、ぁぁあああああぁああん!!」


視界がぼやけて困るので
腕で目元を擦ったが、ずるずると水分が気持ち悪く広がるだけで
視界は依然、ぼやけたままだ
気持ち悪い吐きそうだ

川 ; -;)「知らな、っく、う……かったんだ」

川 ; -;)「あ、あんなに…好、きだなんて、ぉも……わなかった………うぇ、あああ」



43 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:25:37.21 ID:0dIDFSYa0
   / ̄\
  /| 'A`  |\  
   \_/ <カメンライドゥ シシシシエーン
     ||
    " "
星野カーヴィーン


44 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:27:24.71 ID:vo3kNwQj0
川 ; -;)「気付きたく、……うぅ…てなかったんだ」

口からは吐瀉物のかわりに言葉がでてきた

川 ; -;)「んで…な、んで私じゃだめなんだ、私だって……ひ、っひぃ…好きなのに私の方が――ンのこと好きなのに」

川 ; -;)「邪魔して、……じゃましてやれば良かったよ協力なんてするんじゃなかった」

( ´_ゝ`)「今からでも邪魔すればいいじゃないか」

川 ; -;)「それは」

川 ; -;)「できないよ」

川 ; -;)「だって、っく、う……めて、初めてできた友達、な、んだ、…私に友達になろうって言ってくれたんだ――ンに会わてくれたんだ」



45 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:28:29.14 ID:vo3kNwQj0
川 ; -;)「それに」

川 ; -;)「私はすきなひとにしあわせになってほしいんだ」

川 ; -;)「でもさみしいよ」

川 つ -∩)「どうして私じゃないんだろう」

気持ち悪さに任せて吐き散らかしたあと声を出して泣いた

こいつは慰めもしなかったので好きなだけ泣いた


46 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:30:06.39 ID:vo3kNwQj0
川 う -゚)「……つかれた」

( ´_ゝ`)「お疲れ?」

川 ゚ -゚)「あたまいたい」

( ´_ゝ`)「タオルは二段目の引き出し、飲み物は冷蔵庫にあるよ」

川 ゚ -゚)「うん」

喉も乾いていたし、顔もひどいことになっているだろうから
ありがたく使わせて貰う
冷蔵庫にはポカリしかなかったが、私はポカリ党なので問題は無い
タオルで顔を拭いたあと、鼻もかませてもらった


47 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:33:16.57 ID:vo3kNwQj0
川 う -゚)「……つかれた」

( ´_ゝ`)「お疲れ?」

川 ゚ -゚)「あたまいたい」

( ´_ゝ`)「タオルは二段目の引き出し、飲み物は冷蔵庫にあるよ」

川 ゚ -゚)「うん」

喉も乾いていたし、顔もひどいことになっているだろうから
ありがたく使わせて貰う
冷蔵庫にはポカリしかなかったが、私はポカリ党なので問題は無い
タオルで顔を拭いたあと、鼻もかませてもらった


48 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:33:58.75 ID:vo3kNwQj0
( ´_ゝ`)「人のもんに容赦なさすぎだろ常考…」

川 ゚ -゚)「出てる分は拭いたんだから一緒じゃないか」

( ´_ゝ`)「それにしたってだな」

川 ゚ -゚)「あとお腹も空いたから饅頭貰ってるぞ」

(;´_ゝ`)「ぜ全部食いやがった」

川 ゚ -゚)「まんじゅうおいしいです」

( ´_ゝ`)「おれはくやしいです」

川 ゚ -゚)「兄者」

( ´_ゝ`)「なに愛の告白?」

川 ゚ -゚)「ハハッワロス」


50 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:35:31.18 ID:9lKD5iM9O
ふむ
そうせいじ読んでくる



51 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:36:56.37 ID:vo3kNwQj0
川 ゚ -゚)「真面目にお礼を言おうとした私が馬鹿だった」

川 ゚ -゚)「おまえがたとえ女の子だったとしてもそれは…………」
川*゚ -゚)「いや、ありだな」

( ´_ゝ`)「今心の底から男で良かったと思いました」

川 ゚ -゚)「微妙にむかつく」

川 ゚ -゚)「ゲーム、やっぱり渡辺さんルートにしてもいいぞ」

( ´_ゝ`)「ヘリカルたんで良いよ」

( ´_ゝ`)「その代わり写真撮らせてくれ」

川 ゚ -゚)「お安い御用というやつだ、でも一人では嫌だ」

( ´_ゝ`)「それはおれの生命の存続に関わるから却下」

川 ゚ -゚)「なんだそれ」


52 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:38:00.19 ID:vo3kNwQj0
( ´_ゝ`)「あとさ、おれも一応おまえの友達だぜ」

川*゚ -゚)

川 ゚ -゚)「兄者が早く良くなるおまじない教えてやろう」

( ´_ゝ`)「……さんきゅ」

川 ゚ -゚)「まず好きな色のリボンを用意します」

( ´_ゝ`)「ふんふん」

川 ゚ -゚)「次にピッチピチの魚を用意します」
川 ゚ -゚)「魚の変わりに水槽一杯の虫でも良いでしょう」

( ´_ゝ`)「ストップストップ」

川 ゚ -゚)「なんだ?メモか?」

(;´_ゝ`)「そんな血生臭そうなおまじないはやりたくないよ」

川 ゚ -゚)「わがままめ」

( ´_ゝ`)「うるせー」

川 ゚ ー゚)「ははっ」

53 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:40:29.00 ID:vo3kNwQj0
川 ゚ -゚)「なんか元気でた、ありがとう」

川 ゚ -゚)「帰るよ、妹ほったらかしたまんまだ」

(*゚∥壁

(*゚ー゚)「こんにちはー」

川 ゚ -゚)「あっ」

( ´_ゝ`)「おっ」

(*゚ー゚)「もうっほってくなんてひどいよお姉ちゃん」

川 ゚ -゚)「すまん」

(*゚ー゚)「夕ご飯はしぃの好きなものね」

(*゚ー゚)「流石さん、こんにちは!いつも姉がお世話になってます」

( ´_ゝ`)「こんにちは、いつもお世話してます」

(*゚ー゚)「あはは、何が良いかわからなかったんで、こんなので申し訳ないんですけどこれお見舞いです」

( ´_ゝ`)「わざわざすみません、ありがとう、おれアクエリ大好きです」


54 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:42:19.99 ID:vo3kNwQj0
川 ゚ -゚)「いまひどい差別をみた」

(*゚ー゚)「思ったより元気そうで安心しました」

( ´_ゝ`)「たいしたことないですからね」

(*゚ー゚)「お姉ちゃん今連れて帰りますから、どうぞお大事にー」

( ´_ゝ`)「暗くなってきたから、素直さんもお気をつけて」

川 ゚ -゚)ノシ

( ´_ゝ`)「おまえは大丈夫だよ絶対」

( ´_ゝ`)ノシ



55 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:45:19.99 ID:vo3kNwQj0
(*゚ー゚)「お姉ちゃん」

川 ゚ -゚)「なんだ?」

(*゚ー゚)「夕ご飯、回らないお寿司にしよっか」

川 ゚ -゚)「うちにそんなお金はありませーん」

(*゚ー゚)「大丈夫!しぃがだすから」

川 ゚ -゚)「えっ?」

(*゚ー゚)「ほら!」

川;゚ -゚)「なんだその札束」

(*゚ー゚)「賭けでちょっとね、3日以上に賭けたのしぃだけだったからボロ儲けよ!」

56 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:46:06.79 ID:vo3kNwQj0
川 ゚ -゚)「同級生に何してるんだよ」

(*゚ー゚)「先輩たちだから無問題!」

(*゚ー゚)「お姉ちゃん、お寿司好きでしょ?」

川*゚ -゚)

川 ゚ -゚)「しぃ…」

(*゚ー゚)「なぁに」

川 ゚ -゚)「ありがとう、大好き」

(*^ー^)「しぃもお姉ちゃんだーいすき」
─────────────────6/10.P.M 17:45──


58 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 22:48:16.95 ID:vo3kNwQj0
あと少しだけ続きますがその前に風呂入ってきます



62 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 23:43:23.89 ID:GpgtlFKmO
ギコとしぃはハイスコアネタ?保守


63 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 23:46:03.49 ID:vo3kNwQj0
保守ありがとうございます
ネタもわかってくださって嬉しいです
続き投下していきます
もう少しおつきあいください



64 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 23:46:48.39 ID:vo3kNwQj0
──6/4.P.M 23:50───────────────── 

( ´_ゝ`)「弟者ー」

(´<_` )

( ´_ゝ`)「いや、返事しろよ」

( ´_ゝ`)「まぁいいや、DVDみよーぜ」

(´<_` )「いやだ」

( ´_ゝ`)「なんで」

(´<_` )「どうせホラーかスプラッタだろ

( ´_ゝ`)「ぴんぽーん」



65 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 23:49:08.95 ID:vo3kNwQj0
(´<_` )「おれ、ホラーもスプラッタも苦手じゃないけど好きでもないんだけど」

( ´_ゝ`)「そのあたりは大丈夫だ」

(´<_` )「聞くだけ聞いてみよう」

( ´_ゝ`)「弟者→恋愛の絡む感動系すき
おれ→スプラッタがみたい結果→ペットセメタリーみればよくね?」

(´<_` )「ごめん、意味がわからない」

( ´_ゝ`)「あ、2じゃなくて1のほうな」

(´<_` )「そんな事はたいした問題じゃねぇよ、あれのどこに恋愛と感動があんだよ」

( ´_ゝ`)「ラストあたり?」


66 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 23:50:19.00 ID:vo3kNwQj0
(´<_` )「一人でみろ」

( ´_ゝ`)「弟がつめたい」

(´<_` )「わかった、こうしよう」

( ´_ゝ`)「うむ、聞いてやろう」

(´<_` )(おれは漫画の続きを読む、兄者も何か漫画を読む、これでいいだろう)「犬歯ひっこぬきたい」

( ´_ゝ`)「おとじゃー逆逆」

(´<_` )「すまん」

( ´_ゝ`)「ペンチを置くなら許す」

( ´_ゝ`)「もーいいよ漫画読むから」

(´<_` )「うん、ぜひそうして」


68 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 23:53:09.98 ID:vo3kNwQj0
おれは今すごく困っている
あれからおれは漫画を読むのも飽きてベッドに潜り込んだ
しばらくすると睡魔がやってきてじっくり意識が溶けていく感覚を楽しんでいた、
どうでもいいけど、二度寝と眠り始めって同じくらい気持ちいいよね。
話を戻そう
それはいい、それはいいのだ
問題は眠気を大分あるけども尿意も大分あるということと
寝る前に読んだものが不安の種だったということだ
つまりトイレめっちゃ行きたいけど、階段下で待ち伏せされたりしたら怖すぎわろた
しかし道はある、一人で行くのが無理なら二人で行けばよい
おれは二段ベッド上段から華麗に床に降り立った、
小指超痛てぇ絶対折れた

69 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 23:54:43.18 ID:vo3kNwQj0
( ´_ゝ`)「弟者」



( ´_ゝ`)「おとじゃー」



( ´_ゝ`)「弟者弟者弟者弟者弟者おry」

(´<_`#)「うるせー馬鹿!なんだよ!阿呆!」

( ´_ゝ`)「弟者頼む」

(´<_` )「断る、おやすみ」

( ´_ゝ`)「せめて聞いて…」

(´<_` )「嫌だ無理、おやすみ」


70 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 23:57:15.43 ID:vo3kNwQj0
( ´_ゝ`)「マジお願い、トイレついてきて」

(´<_` )「なんだそんなことか、一人で行け、おやすみ」

何こいつ底意地悪い…でも大丈夫!魔法の呪文がおれにはある

( ´_ゝ`)「弟者、寝る前に言っておくが、おれは今一人じゃトイレにはいけん」

( ´_ゝ`)「尿意はけっこうギリギリ」

( ´_ゝ`)「おれのベッドは上段、おまえは下段」

(゚<_゚ ♯)「畜生このクソ兄が!」

( ´_ゝ`)「わーい☆兄者うーれーしーいぃー」

(´<_` )「頼む、10本でいいから肋骨折らせて」

怖っ弟がオカルト


71 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/26(金) 23:59:11.44 ID:vo3kNwQj0
( ;゚_ゝ゚)「まて電気はつけるな!」

(´<_`;)「何でだよ怖いんだろ?それに危ないじゃないか」

( ´_ゝ`)「まだまだ甘いな」

( ´_ゝ`)「いいか?奴らは暗いとこにはいるかも知れない、明るいとこには多分いない」

( ´_ゝ`)「それは、暗いとこが明るくなったときに合わせて姿を消すからだと思うんだ」

( ´_ゝ`)「つまり、今電気をつけたら、消え損ねた奴をみるかもしれんだろ!」

( ´_ゝ`)「そうなったら絶対漏らす」

(´<_` )「おまえ、もうホラー好き名乗るな、…ほら行ってこい」

( ´_ゝ`)「うートイレトイレ」

72 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:00:24.26 ID:TubiBtVT0
( *´_ゝ`)「あーすっきりした」

これでゆっくり寝れる、さっさと戻ろう…
って弟者いねぇ 置いていきやがった、あいつきっと鬼の生まれ変わりだろ
だが大丈夫!
さっきは急いでいたから使えなかったが
すっきりした今なら技がつかえる
名付けて兄者ブラインドウォーク
やり方は簡単
まず目を瞑ります、次に両手を前に付き出します、
最後に日々の記憶を頼りに部屋に戻ります。以上
こうすると時間はかかるが怖いものは見なくてすむし、
障害物にも少ししかぶつからない

いてー肘がビリビリする
ファニーボーンとかおれはぜんぜん楽しくないんですけど

73 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:03:28.28 ID:TubiBtVT0
( ´_ゝ`)(もうすぐつくな)

後少しで部屋、というところでなにか弾力のあるものにぶつかった

( ´_ゝ`)「え何弟者?」

( ´_ゝ`)「弟者だろ」

( ´_ゝ`)「もしかして違うの?」

(;´_ゝ`)「えっちょ、まってちょっとまって」

(;´_ゝ`)「もしかして姉者?」

(;´_ゝ`)「頼む弟者か姉者って言って」

(;´_ゝ`)「誰だよ」

( ;_ゝ;)「返事してよ殴るぞ」


バキッ




75 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:06:06.30 ID:TubiBtVT0
(#)´_ゝ`)「顔が痛い」

(´<_` )「殴ったからな」

( ´_ゝ`)「何で兄を殴るんだよ」

(´<_` )「せっかく待っててやったのに殴ろうとしてくるからだろ」

( ´_ゝ`)「返事しろよ」

(´<_` )「みたらわかるだろ」

( ´_ゝ`)「目瞑ってんのに見えるわけないじゃん」

(´<_` )「何でそんな阿呆なことを」


76 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:07:26.90 ID:TubiBtVT0
( ´_ゝ`)「かくかくしかじかしかくい」

(´<_` )「むーぶ」

( ´_ゝ`)「おK?」

(´<_`;)「おK、お前もうホラーに関わんのやめちまえよ!」

( ´_ゝ`)「それはむり、おやすみ」

(´<_` )「おやすみ」

いいなーいいなー布団っていいなー幸せ

(´<_` )「不安の種って面白い?」

( ´_ゝ`)「面白いぞー」


77 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:10:06.06 ID:gAKY3Ns2O
不安の種www


78 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:10:29.10 ID:TubiBtVT0
(´<_` )「マジで?読んでみようかな」

( ´_ゝ`)「絶対はまるぜ」

(´<_` )「おすすめの話は?」

(*´_ゝ`)「そうだなーおちょなんさんとか結構…………」

(♯゚_ゝ゚)「馬鹿やろおおおおおおおおおー!」

(´<_`;)「え何どした」

( ;_ゝ;)「おおおおまおまえのせいで思いだしただろ!馬鹿っ!もうねれん」

(´<_` )「なんという言いがかり」


79 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:13:04.91 ID:TubiBtVT0
( ´_ゝ`)「あー怖っ!弟のせいで一人じゃ寝れない」

(´<_` )(いやな予感)

( ´_ゝ`)「弟者頼む、妹者の部屋までついてきて」

(´<_` )(ほら来たー)「知るかよ、すぐそこじゃん」

(´<_` )「大体こういうのは逆だろ、普通は妹者が来るんだろ」

( ´_ゝ`)「妹者は怖いの結構平気らしい」

( ´_ゝ`)「なーたのむよ」

(´<_` )「いやでーす」


80 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:16:09.53 ID:TubiBtVT0
( ´_ゝ`)「お願いだよ、クーの写真とか撮ってきてやるから」

(´<_`* )「兄者、おれ達兄弟だろ?水臭いじゃないかさぁ妹者の部屋に行こう」

( ´_ゝ`)「さんきゅ、弟者も頼みごとがあったら言えよ」

(´<_`* )「気にするな、でもそうだなもしよかったらさ」

( ´_ゝ`)「うん」

(´<_` )「ちょっとそこの窓から飛び降りて」

(;´_ゝ`)「無理難題すぎる!この人非■!」

(´<_` )「失礼だな、本当なら隙を見せ次第突き落とそうと思ってたのに」

(´<_` )「兄者が素直さんの写真を撮ってきてくれるって言うから、一応希望をくんでやったんだぞ」

(;´_ゝ`)「さっきってそんなに危険な状況だったの!?」


81 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:18:19.03 ID:gAKY3Ns2O
弟者こわい


82 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:19:08.34 ID:TubiBtVT0
(;´_ゝ`)「いくらここが2階でも、おれの運動神経なら骨折くらいするからな」

(´<_` )「兄者飛び降りる→怪我する→入院→ヤターおれの安眠帰ってキタヨー」

( ´_ゝ`)「…………」

( ´_ゝ`)「クーの写真撮るのは撮るけど、あんなのでも一応友達だから変な事には使わないでね」

(´<_` )「使わないよ」

( ´_ゝ`)「えっ」

(´<_` )「え?」


83 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:22:55.59 ID:TubiBtVT0
( ´_ゝ`)「じゃあ写真とか何につかうんだ?」

(´<_` )「うわ気色悪い」

(´<_` )「おまじないにつかうだけだ」

( ´_ゝ`)「メルヘンチック!ちょっと気になる」

(´<_` )「まず頭、両手足のついたぬいぐるみを用意します」
(´<_` )「なるべくお気に入りのものがよいでしょう」

( ´_ゝ`)「メルヘンメルヘン」

(´<_` )「次にぬいぐるみの綿を米に詰め替え対象者の写真をいれます」
(´<_` )「赤い糸で縫い合わせ、糸を切らずにぬいぐるみの体をぐるぐる巻きにします」
(´<_` )「10日間祈りを捧げ持ち歩きます」

( ´_ゝ`)「メンヘルメンヘル」


84 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:26:08.81 ID:TubiBtVT0
(´<_`* )「すると14%の確率でデートに誘われます」

(;´_ゝ`)「人の友達呪うなよ!それに十二分に変なことじゃねーか!」

(´<_`#)「お呪いだっつってんだろ!それに変じゃない、恋だ!」

(;´_ゝ`)「字変わんねーよ!大体そんな禍々しい儀式してデートて、14%て、胡散臭すぎるだろ!誰から聞いたんだよ、騙されてるよ!」

(´<_` )「成功者から聞いたんだから間違いない」

( ´_ゝ`)「成功者いんの!?やばいすごく興味湧いてきた」

行くならさっさと行くぞ」(´<_` )つ< ´_ゝ`)「詳しく聞かせてー」








この話の3日後、兄者君は盲腸で入院する事になり、
その知らせを聞いた弟者君は近年、稀にみる弾けんばかりの輝かしい
笑顔をみせ、マニアの間で「派手さはないけど現実になりそうで読んだら絶対入院とかしたくなくなる」、と評判の本を携えて足取り軽くホラー好きの兄のお見舞いに向かったそうです
めでたしめでたし
─────────────────6/9.A.M 00:10──


85 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:28:13.52 ID:TubiBtVT0
終わりです
質問、ダメ出し等あればどうぞ

支援ありがとうございました
人の優しさでいきてます



88 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:47:31.24 ID:gAKY3Ns2O
おつおつ

弟者がこわいです


89 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 00:52:55.59 ID:SXiVwLOy0
乙!
最初の方でツンの口がξ゚⊿゚)ξなのは仕様?どういう表情なのかよく分かんなかった


90 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 01:09:29.63 ID:26TCy+yaO
乙う
これってまだ続く予定ある?


91 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 01:23:27.23 ID:17C6t8JlO
携帯から失礼します 

>>89
悲しい事故です

>>90 
ネタが膨らんだら書くかもしれません、書くとしても今回の様に続きっぽいものになると思います
参考にしたいので 
分かりにくかった人物関係や読みたい話などよろしければ書いて下さい



92 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2009/06/27(土) 01:51:46.34 ID:DjGaMUBUO
>>91
今更だが乙。雰囲気がすごい良い
このままの流れでいいと思うぜ
次待ってる




前の話/インデックスページへ/次の話

■この記事へのコメント

    ■コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

     

    検索フォーム

    お知らせ

    管理人へメール

    トップバナー画像をうざったい感じにしてみました。

    カレンダー

    09 | 2017/10 | 11
    1 2 3 4 5 6 7
    8 9 10 11 12 13 14
    15 16 17 18 19 20 21
    22 23 24 25 26 27 28
    29 30 31 - - - -

    Team 2ch @ BOINC

    待ち続けている人がいる。
    だから僕らは回し続ける。
    ~まだ見ぬ誰かの笑顔のために~

    banner-88.gif
    CPUの時間
    ちょっとだけ
    貸してください
    (BOINC Team 2ch Wiki)

    ブーン系“短編”小説更新状況

      プロフィール

      kuru

      Author:kuru
      特に何も無いよ。

      カウンター

      トータルアクセス:
      ユニークアクセス:
      閲覧者数:



      クリックで救える命がある。
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。